« 2603 中国の三面記事を読む(1030) 映画 『慕情』 の原作者  ハン・スーイン 96歳で死去 (上) | Main | 2605 中国の三面記事を読む(1032) 万里の長城で遭難事故 日本人3人死亡(1) »

2604 中国の三面記事を読む(1031) 映画 『慕情』 の原作者  ハン・スーイン 96歳で死去 (下)

 

ハン・スーイン 来源:百度百科



9999中国系女流作家ハン・スーイン(1917-2012、英

籍の中国系女流作家、医エリザベス・コンバー

 Elisabeth Comber)のペンネームで、本名は周光

瑚(Rosalie Elisabeth Kuanghu Chow)、1917年9

月12河南信陽に生まれた。  ハン・スーイン

"音訳である。 イギリス国籍を取得している中国人

という意味だ。  彼女の主要作品は 20世紀の 中国を舞台に

した生活歴史に材したもので、小説自伝形式多い。 

1952年、ハン・スーインは英文自伝小説《瑰宝貴重な宝物》で

西世界センセーションを巻き起こし、彼女の 国際文壇

位を確立した。  現地時、11月2日昼ごろスイスの小さな

町、ローザンヌで老衰のため亡くなった。 享年96だった


国名ペンネーム:韩素音(ハン・スーイン)、周光瑚


国名Elisabeth Comber (エリザベス・ コンバー)

国籍: イギリス


民族: 漢


出生地: 河南信陽 


生年月日: 1917.9.12


死亡年月2012.11.2


職業: 作家、翻訳家 


卒業: 燕京大学、ブリュッセル大学 


主要業績: ハン・スーイン青年翻訳賞 


代表作品: 《瑰宝 貴重な宝物》《鳥の夏》《再生鳳凰》

悲傷の樹《転生の花》《暁の豪雨》《慕情》《長兄 周恩来の

生涯》 など 


 中国系女流作家の人物紹介



ハン・スーイン(1917.92012.11.2 )、英籍の華人女流作家エリ

ザベス・コンバーElisabeth Comberは、 ハン・スーインのペンネ

ームである。 本周光瑚(Rosalie Elisabeth Kuanghu Chow)、

1917年9月12日に河南信陽に生まれた。


身と経歴


 
客家人、広東の五華県水鎮、氏仁徳公の第22代

の孫である の周映成都郫県で生まれた。  中国

初の款(1900年の義和団事件の際)の留学生だった。 母の

マーガレットはベルギーの貴族出身である  1931年、まだ15

になる前、北京病院でタイプライター員った。   

 

1933周光湖は燕京大学に入学する。 1935年にベルギー

首都ブリュッセル医学を学ぶ。    1938、中国に帰国し、

その年国民党の将校唐保黄と結婚する。      唐1947

遼寧で戦死する。 1944イギリスロンドンに留学し、1948

年卒業、香港に戻り医療に従事する。  

 

1952年、周光湖は出版社コンバーL.F. Comberと結婚

エリザベス・コンバーと改名す。 この後、2人はマレーシアの

ジョホールバルに行き、ハン・スーインは引き続き医者の仕事を

続けながら、シンガポールの南大学立のため奔走した。 

 

離婚した彼女はインド軍の上佐と結婚し、しばらく

ンガロールで暮らしていた。  ハン・スーインは、両親の遺伝と

して、気の強い性格を持ち、欧亜の混血児して、彼女には

、現状に安んじないという要素を持っていたようだ。 若い

代のハン・スーインはいつも医者になりたいと思っていた。

 

1931年、まだ15になる前から、ハン・スーインは北京病院で

タイプライターを打っていた。 2、彼女は燕京大学の予科

に入り勉強した。 1935年秋、彼女は奨学金を獲得してベルギ

ーブリュッセルの自由大学行き、学業を続けた。 ベルギー留学

、ハン・スーインはだんだん文学に対し関心を持ち始めた 

 

自由大学はヨーロッパでも比較的進歩的で開放的な大学で、

ドイツ、イタリアのファシズム分子にいじめられていたユダヤ人子

、ここでは勉強することがされていた。  この学校の図書

には、蔵書が沢山あった。 当時、医学に専念していたハン・

スーインだが、暇な時図書館で暇つぶしに本を読み、多く

の西の名を読みあさった。

 

1937年に7・7事変(盧溝橋事件)が勃発し、ハン・スーインは、

このうわさを聞いて、驚き、かつ憤激しました。 国民政府ベルギ

ー大使館主催の講演会、討論会や愛国集会に何度も参加した

後、彼女は帰国を決します。 彼女はこういています。 “中

国、中国は私の家族、私の魂であり、私の息であり、私の生命!” 

のその時代の海外の国青年のように、彼女は学業を続け

る上で必要な奨学金と医者となる輝かしい 前途をためらうことな

く放棄した。 “帰ろう、帰ろうわが中国に帰ろう!    私は

この祖国愛よりもっと強い愛などないこと知っ

 

愛情遍歴



ハン・スーインの愛情生活は、「小説より奇なり」である。  彼女は

一生の間、何度も遍歴を験し、離婚を3経験した。 ブリ

ュッセル留学、彼女は若くて能力のある弁護士の友達がい

た。 帰国したため、このは結局、自然消滅した。 

 

1938彼女はマルセイユから香港帰国する汽船

最初の夫に出会った。 この最初の幸せから、その後のしい

経験は、彼女の生涯、一番振り返りたくない苦痛な思い出となった。 

当時ハン・スーイン帰国しようとした目的地は、当、 

言われた武漢だった。  汽船の上で、彼女はヨーロッパから帰

国する士官学校卒業生 ― 唐保黄と知り合った 2人は旅行

初対面で意気投合した。唐と彼女は大いに抗日戦争で 盛り上がり、

を救うためには生命を投げ出すことも厭わない語り合った。 

唐の男っぽさにハン・スーイン引きつけられた。  そして、彼らは

に落ちその年の中秋節結婚し  しかし、2結婚前に

本当にお互いを、よく わかっていなかったため、結婚後間もなく、

2人気持ちに問題が起った。 唐は、彼女を しょっちゅう、ののし

殴った。 夫婦同居して顔を見合わせても、他人のようにしてい

た。 唐は彼女が医療の仕事をすることに反対し、彼女に家庭の主

婦としての本分を守るよう求めた ハン・スーインは精神的よりど

ころを求めようとして、1940女の赤ん坊を引き取り、榕梅名前

をつけて育てた。 そして暇な時は日記、回想録を つけて、自ら

慰めていた。 この時、書いていたのが彼女処女作《目的地

重慶》である。 彼女はこの最初の原稿を成都助産学校勤め

いたマリアン修道女に直してもらった。 1941年夏、マリアンはハン・

スーインの書いた原稿を米国に持って行き発表した 1942年末、

英語版《目的地重慶》出版された。 この《目的地重慶》

ハンの文学創作活動を激励するものとなった しかしこの

《目的地重慶》、夫唐保黄を怒らせることになった。    は、

彼女が本分を守らず、あまつさえ本を書いて人前に名前を出したと、

また彼女を殴った……   1941年、唐はイギリスへ行き外交官

なった。 ハン・スーインは夫に従ってイギリスに向かった。  19

45年、唐は帰国して間もなく起った内戦に参加した。 彼女は彼

一緒に戻らず、イギリスに引き続き残り、医学を勉強した。 

1947東北戦場死んだ。  この苦痛の10

生活は終わった。 

 

1952年、ハン・スーインはイギリス出版社の コンバー に嫁ぎ、

リザベス・コンバー と改名した。 このあと、2人はマレーシアへ

った。 彼女は引き続き医者の仕事続け、シンガポールの南

大学設立のため奔走した。 しかしの後、2人は離婚し 

の後、ハン・スーイン当時のインド軍の上佐と結婚した。 

女は彼に陸文星という中国名を付けた。  彼らはインドの血筋

引いた3人の子供を育てた。 現在、みなインドで結婚している。

 

ハン・スーインと陸文星知り合ったことも、なかなか因縁深いもの

がある。  1956年1月、彼女はマルコムインド総督、元香港総督

の招待を受けて、インドニューデリーに行き、を過ごした。 そ

また南アジア一帯は旅行した。 インド総督の官邸で、ハン・

スーインはインドのネル首相に会った。 そのあと間もなく、インド

政府は彼女に新しいプロジェクト見学する手配をした。 その中

道路見学インドが建設費提供案内人は、インドの責任者

陸文星だった。 陸文星は名門の出身で、父は大学の学長である 

 

1993年、ハン・スーインが成都にってきた時、現地メディアが、

真実の話を明かした。 1960年、インドは中印境中国を攻撃

るため、高級将校印国境に派遣した。 しかしこの将校は

中国は友好国だ。中国人を攻撃することできない”と言った。 

彼の上この発言に立て、厳しく彼に言った。 “もし

かないと言うなら、お前を首にする!” 彼は平然とクビになっ

てもかないと答えた。 この話の高級将校こそ、ハンスーイン

の夫陸文星だった 晩年、ハン・スーインと陸文星はスイス西

部の小さな町、ローザンヌみ、夫婦の仲は、とても良かっ

たそうです。 、彼らはそれぞれ自分の仕事をし、互い

邪魔しなかった。 ハン・スーインは、毎年ヶ月間、世界各地

訪問、演します。 陸文星は自分の仕事に没頭していました。 

2003年1月6日、陸文星は病気で亡くなりました。   

 

私の一生は、永遠につの相反する方向を行ったり来たりです。 

愛を離れては、愛に向かい。 中国を離れて、中国に向かう 

――ハン・スーイン(作家、2012年11日昼ごろスイスロー

ザンヌの自宅死去。 享年96



業績 と 栄誉  


15歳の時協和病院でタイプライター員となりました。 その

京大学とベルギーブリュッセル大学医学を学びました。  19

38中国に帰国しした。    1939~1942四川成都米

国教会病院で助産婦になりました。 人と一緒に小説《目的地

重慶》を書きました。 1948イギリスロンドン大学の医学博士

の学位をます。  1955~1963年マレーシアで、光瑚薬局

を開きます。 1960~1963シンガポール大学で、現

アジア文学史の講師を務めます。 1964年、自伝的歴史小説5

を書始めます悲傷の樹》、《転生の花》、《鳥の夏》、《我が

》、《不死鳥、職業作家なります。 彼女はよく、

国、ドイツ、スイスなど20数ヶ講演をしたり観光に行き、中国

歴史、政治、社会改革、宗教、民族、青年、女性、知識人など

題を紹介したり、中国に関する著作を書いています。 その他、

の豪雨》 、《中国、2001年》 、《旅の苦労》、《ラサ、開放的な都市》

など著作がある。   

 

1952ハン・スーインの伝小説《A ManySplendoured Thing

が、ハリウッド映画《慕情》(Love Is A Many Splendoured Thingとし

て映画化された。 1956年以降、文化大革命中も、ハン・スーインは

何度も中国を訪問し、中国中国の指導者に関する著作英文、フ

ランス語出版している。 ハン・スーインは現在スイスローザン

市に住んでいる。 かって、シンガポール大学の教員を務め

いた有名な作家ハン・スーインが 2012年11月2昼ごろスイ

ローザンヌの自宅で亡くなった。  享年の96った

 

社会評価  



ハン・スーインの造詣が深く、現代英米の文壇で一流と言わ

れている。 その美しく、きれいで、簡潔な文章は西評論界で、

からも認められている。  瑰宝貴重な宝物》の中に、よく出てくる風

物描写、情感段落は、みな見事な になっており、深い味わい

学的想がいっぱい込められている 世界、彼女のように

英文の著作で、西文壇で場所を占有できる華人は、極めてまれで

ある。

著作

個人作品


 
周恩来と彼の世紀   

Destination Chungking (1942): 《目的地重慶》   

A Many-Splendoured Thing (1952)  

L'abbPierre (1965、 フランス語)  

L'abbPrvost (1975、 フランス語)  

And The Rain My Drink (1956)  

The Mountain Is Young (1958)  

Asia Today: Two Outlooks (1969): 《今日のアジア: 種類の観点》   

China In The Year 2001 (1967): 2001年の中国》



5
巻の自叙伝


 
The Crippled Tree (1965)
:《悲傷の樹》   

A Mortal Flower (1966):《転生の花》   

Birdless Summer (1968): 鳥の夏》   

My House Has Two Doors (1980): わが家の両開きドア》   

Phoenix Harvest (1982): 《鳳凰の収穫》   

Fleur de soleilhistoire de ma vie (1988、 フランス語): 《太陽の花、

私の一生の物語》   

Lhasathe Open City (1976)  

The Morning Deluge; Mao Tsetong and the Chinese Revolution

1893-1954 (1972)  

Wind In The Tower: Mao Tsetong and Chinese Revolution

1949-1965 (1976)  

Till Morning Comes (1982)  

The Enchantress (1985)  

A Share Of Loving (1988)  

Wind In My Sleeve (1992)  

Eldest Son: Zhou Enlai and the making of modern China

長兄 周恩来の生涯》 (1994)






韩素音 来源:百度百科

 

华裔女作家韩素音韩素音(1917-2012),为英籍华裔女作家、医生

伊丽莎白·柯默(Elisabeth Comber)的笔名,原名周光瑚(Rosalie

Elisabeth Kuanghu Chow),1917912日生于河南信阳。 韩

素音是"汉属英"的音译。意为她这位汉人已入籍英国。她的主要

作品取材于20世纪中国生活和历史,体裁有小说和自传。1952年,

韩素音用英文创作的自传小说《瑰宝》在西方世界引起轰动,奠定

了她在国际文坛上的地位。于当地时间2日中午在瑞士小城洛桑

无疾而终,享年96岁。


中文名: 笔名韩素音,原名周光瑚 


外文名: Elisabeth Comber 


别名: 伊丽莎白·柯默


国籍: 英国 


民族: 汉 


出生地: 河南信阳 


出生日期: 1917.9.12


逝世日期: 2012.11.2


职业: 作家,翻译家


毕业院校: 燕京大学、布鲁塞尔大学 


主要成就: 韩素音青年翻译奖 


代表作品: 《瑰宝》《无鸟的夏天》《再生凤凰》《等到早晨来临》等


英籍华裔女作家人物简介

韩素音(1917.92012.11.2 ),英籍华人女作家伊丽莎白·柯默

Elisabeth Comber)  韩素音的笔名,原名周光瑚(Rosalie

Elisabeth Kuanghu Chow),1917912日生于河南信阳。

韩素音是"汉属英"的音译。意思是她这位汉人已入籍英国。

她的主要作品取材于20世纪中国生活和历史,体裁有小说和

自传。


身世及成长


 

客家人,祖籍广东五华县水寨镇,周氏仁德公第22世孙。父亲

周映彤出生于成都郫县,是中国第一代庚款留学生,母亲玛格

丽特出身比利时贵族家庭。   1931年,还没满15岁时,在北

京医院当打字员。 1933年周光湖入燕京大学学习,1935到比

利时的首都布鲁塞尔学医。 1938年回国,同年和国民党军官

唐保黄结了婚,后者于1947年战亡于辽宁新丘。 1944年留学

英国伦敦,1948年毕业,返回香港从医。   1952年周光湖嫁与

出版商康柏( L.F. Comber),改名伊丽莎白·康柏。随后两人到

马来西亚柔佛州,韩素音继续行医;曾为新加坡南洋大学的创

立而奔走。两人离婚之后她嫁与印度军队上校,曾在班加罗尔

居住过一段时间。  有人说,韩素音一生倔强的性格,可说是

来自父母的遗传。作为一个欧亚混血儿,她天性里就有着不安

分的因子。   青少年时代的韩素音总是想当医生。   1931年,

还没满15岁的韩素音在北京医院当打字员。 两年后,她考入

燕京大学医预科读书。   1935年秋,她获得奖学金到比利时布

鲁塞尔自由大学继续她的学业。在比利时留学期间,韩素音渐

渐对文学产生兴趣。自由大学是欧洲比较进步和开放的大学,

一些被德国、意大利法西斯分子欺凌的犹太人子弟,也准许在

这里读书。该校图书馆藏书丰富,当年潜心医学专业的韩素音,

空闲时间却多在图书馆看闲书,阅读了不少西方名著。   1937

年七·七事变爆发,韩素音闻讯后既惊诧又悲愤。 在多次参加

国民政府驻比利时大使馆组织的演讲会、讨论会和系列爱国集

会后,她决定回国。她写道:“中国,中国是我的骨肉,我的灵魂,

我的气息,我的生命!” 像大多数那个大时代的海外爱国青年

一样,她毅然放弃赖以继续学业的奖学金和做医生的美好前途。

回去,回去,回到我的中国去! 现在我知道,没有什么别的爱

比这种爱的力量更为强大。”


感情经历


 

韩素音的感情生活,其实比小说还要传奇。她一生有过多次感

情经历,以及3次过程结局迥异的婚姻。在布鲁塞尔留学期间,

她曾有一位年轻有为的律师男友。因为回国,这段感情无疾而

终。1938年她在从马赛取道香港回国的海轮上,遇上生命中的

第一位丈夫。 这段开始甜蜜、后来苦涩的情感经历,成为她此

生中最不愿回首的痛楚。   当年韩素音归国的目的地是当时

被称为“抗日堡垒”的武汉。在轮船上,她认识了从欧洲归来的

一名军官学校的毕业生——唐保黄。    两人在旅途中一见如故。

唐跟她大谈抗战,表示不惜为拯救祖国而捐躯。 唐的慷慨男儿

气息深深吸引了韩素音。 于是他们相爱了,很快地,就在这年

中秋节结婚。也因为两人在婚前缺乏真正了解,婚后不久两人

的感情就出了问题。唐经常谩骂殴打她,夫妻同居一室视若路

人。唐反对她去做救护工作,要她做一个本分的家庭妇女。   

韩素音为了寻求精神寄托,于1940年收养了一个女婴取名榕

梅,空闲时间写日记、回忆录自我安慰。在这期间,她写出 处

女作《目的地重庆》初稿。 她把初稿请在成都助产学校任职的

修女玛利安修改。 1941年夏,玛利安帮忙把韩素音写的文稿

带到美国去发表。1942年末,英文版《目的地重庆》出版。就是

这本《目的地重庆》,激励韩走上文学创作这条道路。但也正是

这本《目的地重庆》,触怒了丈夫唐保黄。   唐大骂她不守本分,

写书抛头露面,还殴打她……   1941年,唐赴英国当外交官,

韩素音随丈夫前往英国。1945年唐回国参加即将爆发的内战。

她没有同他一道走,继续留在英国攻读医学专业。 1947年唐

死于东北战场,结束了这段痛苦的10年婚姻生活。     1952

年,韩素音嫁给了英国出版商唐柏,改名伊丽莎白·唐柏。 随

后两人到马来西亚继续行医,还曾为新加坡南洋大学的创立

而奔走。后来两人离婚。之后,韩嫁给了当年印度军队的一位

上校。她给他取了一个中国名字,叫陆文星。他们育有3个印

度血统的孩子,现都已在印度成家。   韩素音和陆文星的相

识也颇为传奇。19561月,她接受印度总督、前香港总督马

尔科姆的邀请,去印度新德里度假,而后又去南亚一带旅游。

在印度总督的官邸里,韩素音见到印度总理尼赫鲁。随后不久,

印度官方向她提供参观的新项目中,有一项是参观 尼印公路

风光(由印方捐建),向导是印方负责人陆文星。陆文星出身名

门,父亲为一所大学的校长。   1993年,韩素音回成都访问时,

跟当地的媒体讲了一个真实的故事。 在1960年,印度为中印

边界一事要攻打中国,派一位高级军官领兵前往印中边界,可

这位军官说:“中国是友好邻邦,不能打中国人。” 他的上级对

此十分气恼,严厉地对他说:“你若不去就撤了你的职!”他却

坦然地回答:“撤职我也不去。”这个故事中的那位高级军官就

是韩的丈夫陆文星。   晚年,韩素音和陆文星 定居在瑞士西

部的小城洛桑,夫妻俩感情很好。平常,他们各做各的工作,互

不干扰;韩每年有7个月在世界各地访问、演说,陆则埋头干自

己的技术工作。200316日,陆文星因病辞世。  “我的一

生将永远在两个相反的方向之间跑来跑去:离开爱,奔向爱;离

开中国,奔向中国” ——韩素音 (作家,当地时间 112日中午

于瑞士洛桑家中去世,享年96

 

成就及荣誉  

 

15岁时在协和医院做打字员。后到燕京大学和比利时布鲁塞尔

大学学医。1938年回到中国。  19391942年在四川成都美国

教会医院当助产士,与他人合写一部小说《目的地重庆》。1948

年获英国伦敦大学医学博士学位。19551963年在马来亚开设

光瑚药房。19601963年在新加坡南洋大学任现代亚洲文学史

讲师。1964年开始写5部传记性著作: 《伤残的树》、《凋谢的花

朵》、 《无鸟的夏天》、《吾宅双门》、《凤凰的收获》, 成为职业作

家。她常到美国、德国、瑞士等20多国讲学和游历,介绍中国历

史、政治、社会改革、宗教、民族、青年、妇女、知识分子等问题,

写了不少有关中国的文章著作。还有《早晨的洪流》 、《中国,20

01年》 、《餐风沐雨》、《回面》、《拉萨,开放的城市》等著作。   

韩素音1952年的自传小说《A Many-Splendoured Thing》 曾被

好莱坞拍摄成电影 《生死恋》 (Love Is A Many Splendoured

Thing)。   1956年以后以至文化大革命期间,韩素音多次访问

中国,并出版关于中国及中国领导人的著作,用英文、法文写作。

韩素音现居瑞士洛桑市。  曾在新加坡南洋大学任教的著名作

家韩素音在当地时间2012112日中午于 瑞士洛桑的家中

去世,享年96岁。

 

社会评价  

 

韩素音的英文造诣在当代英美文坛堪称一流,其精美、清丽、雅

洁的文笔早在西方评论界获得公认。 《瑰宝》中时时出现的景物

描写、抒情段落都是优美的诗篇,饱含深情与哲思。在当今世界,

像她这样能用英文写作并能在西方文坛占有一席之地的华人寥

寥无几。

 

个人著作

 

个人作品
 

周恩来与他的世纪   

Destination Chungking (1942): 《目的地:重庆》   

A Many-Splendoured Thing (1952)  

L'abbé Pierre (1965, 法语)  

L'abbé Prévost (1975, 法语)  

And The Rain My Drink (1956)  

The Mountain Is Young (1958)  

Asia Today: Two Outlooks (1969): 《今日的亚洲: 两种观点》   

China In The Year 2001 (1967): 2001年的中国》


五卷自传
 

The Crippled Tree (1965):《伤残的树》   

A Mortal Flower (1966):《凋谢的花朵》   

Birdless Summer (1968): 《无鸟的夏天》   

My House Has Two Doors (1980): 《吾宅双门》   

Phoenix Harvest (1982): 《凤凰的收获》   

Fleur de soleil, histoire de ma vie (1988, 法语):

《太阳之花,我一生的故事》   

Lhasa, the Open City (1976)  

The Morning Deluge; Mao Tsetong and the

Chinese Revolution 1893-1954 (1972)  

Wind In The Tower: Mao Tsetong and Chinese Revolution,

1949-1965 (1976)  

Till Morning Comes (1982)  

The Enchantress (1985)  

A Share Of Loving (1988)  

Wind In My Sleeve (1992)  

Eldest Son: Zhou Enlai and the making of modern

China (1994)《周恩来传》

 

|

« 2603 中国の三面記事を読む(1030) 映画 『慕情』 の原作者  ハン・スーイン 96歳で死去 (上) | Main | 2605 中国の三面記事を読む(1032) 万里の長城で遭難事故 日本人3人死亡(1) »

文学」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2603 中国の三面記事を読む(1030) 映画 『慕情』 の原作者  ハン・スーイン 96歳で死去 (上) | Main | 2605 中国の三面記事を読む(1032) 万里の長城で遭難事故 日本人3人死亡(1) »