« 2492 中国は見る(1328) 日本 尖閣“国有化”の方針 (6) 中国の見方 ① 日本 盧溝橋事件記念日に尖閣国有化を持ち出す (Ⅰ) | Main | 2494 中国は見る(1330) 日本 尖閣“国有化”の方針 (8) 丹羽大使を一時帰国  中国情勢を聞く? »

2493 中国は見る(1329) 日本 尖閣“国有化”の方針 (7) 中国の見方 ① 日本 盧溝橋事件記念日に尖閣国有化を持ち出す (Ⅱ)

 

日本在七七事变纪念日欲将钓鱼岛国有化 
2012-07-11 07:13:00       
来源: 央视《新闻1+1 



さて、ここで野田首相の今回の発言がもたらした危険につい

て分析しましょう。 第一は、日中双方に残っていた余裕

ースが急激になくなってしまいました。  このスペースには外

交調停のスペースや双方の民間の人々の意識調査といっ

ゆとりもなくなってしまいました。 

 

また一方、この数日、尖閣をめぐって両岸三地 (大陸・台湾・

香港)では、台湾の指導者・馬英九も、釣魚島は台湾に領有

があり、寸土も譲らないと発言しました。 香港市民も釣

島に対してはっきりした態度表明しました。 中国大陸は

もちろん言うまでもないことで、国内の多くの人々もこのよう

な発言をしています。

 
次に、この事件は日本国内で次第に具体化、エスカレートし

ています。 CCTV(中国中央テレビ局)の日本駐在記者・

李衛兵に中継して聞いて見ます。



釣魚島をめぐって日本国内で次第に具体化、エスカレートし

ているようですが、日本国内はどう見ていますか? 発言は

どんな具合ですか?



李衛兵(CCTV・日本駐在記者):石原慎太郎が “尖閣購入

論”を言い出した時、多くの人はまた、“大ボラ石原”の寝

話だと思い、メディアの中には、社説で石原のこの発言を

判するところもありました。    しかし、その後事態の発展は、

人々の予想を超えるもので、石原慎太郎はこの寝言話を

歩ずつ実現していきました。 初めは口座を開設し、寄付

呼びかけました。 それから、国会で証言を行い、あっという

間に、尖閣を守る英雄になってしまいました。   石原のこの

事態を見て、日本政府をじっとしていられなくなり、  7月7日

に野田首相が、日本政府が地権者と交渉し、国有化すると

発言するまでになったのです。



この時、日本のメディアと世論は、ハッキリ反対する声はな

く、ただ、このような行動をとると中国の反発を招くと心配

るだけで、大部分は日本政府のやり方に一定の理解を示し

ました。 中には、東京が買うよりいいと言う人さえいました。



司会者: 次の問題は、みなさん関心があることだと思います。 

日本国内の分析から見て、尖閣国有化の次の過程はどうな

でしょう? 実現の可能性はありますか?



李衛兵: 日本政府の尖閣購入計画に対して、真っ先に石原

太郎が不満を表明しました。 “たぶん人気稼ぎなんだろう。 

地権者は、国には売りたくない、石原さんにしか売らないっ

言ってる” また同時にこうも言っています。“東京が取得して

から国に渡そう” 言外の意味は、この件は石原が始めたの

だから、その功は石原に帰すべきだということです。   今後、

日本政府が地権者の栗原一族と会い協議を進める中で、

原一族が、  東京都かそれとも日本政府のどちらに先に島を

購入させるか態度を決めることになります。 しかし、個人の

所有であろうと、地方行政機関であろうと、 はたまた 国有に

なろうと、これは日本人同士の内輪のことであり、釣魚島(尖

閣)が中国の固有領土 というこの事実を変えることはでき

せん



記者: 次に次第に計画が明らかとなり、準備が進んでいる事

について、中国国際問題研究所の曲星所長に中継を繋ぎま

す。



曲所長 こんにちは。 あなたはどのような力が、日本国内

で、 釣魚島事件を動かし民間から次第にエスカレートし

今や、“国有化” という三文字がみんなの目の前に踊ってい

ることを、どのように見ていらっしゃいますか?

 

曲星所長: この事が、今日の状況まで発展したのには、大き

背景と小さな背景があります。  大きな背景から言うと、

然なこととして米国がアジア太平洋に戻ってきたことが挙げら

れます。 日本の関係勢力は米国の後押しがあれば、中国は

どうもできないと思い、それで、 この問題を前進させたのです。 

小さい背景としては、 日本次の選挙が近づいてることが

あります。   各派政治勢力は、みな次の選挙を考えながら、政

治上の駆け引きを行っています。



今年は日中国交樹立40周年で、本来、両国政府はこの機会

を利用して両国関係と両国の協力を更に新しい段階に高めよ

うと考えていました。 しかし石原慎太郎という極右勢力、これ

までずっと反中活動を行ってきた政治勢力の 代表的人物が、

この大事な時に、日中関係に障害を作ったのです。 これがも

う一つの理由(背景)です。



その他、現在の情勢、私は日本の政治情勢の変化が大きい

思います。 だから野田首相自身もいろんな方面からの圧

を感じたのだと思います。 一方、彼は日本の首相として、

当然のことながら、釣魚島の違法な不法占拠を放棄すること

はできません。 もし彼の口から釣魚島は日本の領土では

いなどと言ったら、彼は首相を続けることはできません。 

すから、こうした背景の中、彼は政府の責任者として、 政

首脳として、また国家の外交関係の責任者としてやらなけ

ばならないのです。 彼は、もし石原がこのまま騒ぎ続け、

発行為、悪口雑言を言い続ければ、 日中関係を修復できな

いところまで追い込まれ、日本の利益にならない、 政府ま

で責任を負わねばならないと考え、それで彼は、石原を制約

できる方法を考えたのです。



司会者: 今、あなたがおっしゃったことは、なかなか説得力

のあるお話です。  でもこの話は、後でまた解明することに

しましょう。

 
また、野田首相が発言したこの話に戻ります。 “尖閣諸島

は間違いなくわが国の領土だ。 有効に支配しており、領土

問題は存在していない”  を変えて言えば、野田首

は、“ロシアは北方四島を支配している、だからロシア

方四島に対する領土問題は存在していない ” と言われ

かったのか?    だから彼のこの論理は信用できません。 

しかし“尖閣を平穏かつ安定的に維持・管理する観点から、

総合的に検討しているというこの発言どのような意味

持ってるのだろうか? 曲星所長の先ほど話にいくつ

意味深い言葉がありました。 次の短編映画を見ながら

首相の言葉を理解しながら、また引き続き話を続けましょ

う。


 短編映画を放送 )

 

 

日本在七七事变纪念日欲将钓鱼岛国有化 
2012-07-11 07:13:00       
来源: 央视《新闻1+1 

 

再分析野田这番话所带来的危险:第一个,给双方留下的空间都

开始急剧变小,这种空间包括外交斡旋的空间,或者说接下来还

要探讨的是双方民众的一种情绪,空间也留得很小;另外一方面,

这几天围绕钓鱼岛两岸三地,像台湾地区领导人马英九也公开表

示,钓鱼岛是我们的主权,寸土不让。香港市民也开始针对钓鱼

岛表达自己非常清晰的态度,更不要说在大陆、在内地众多的同

胞所表达的这样一种声音。



接下来针对这件事在日本国内逐渐发酵和升级,要连线中央电视

台在日本的记者李卫兵。



围绕钓鱼岛在日本国内逐渐发酵和升级,日本国内怎么看待它?

声音都是什么样的?



李卫兵(本台驻日本记者)

其实在一开始石原慎太郎抛出“购岛论”的时候,许多人还认为

这是“大嘴石原”的狂言梦话,有一些媒体评论还对他的这番言

论进行了批评。但之后事态的发展出乎了人们的预料,在石原慎

太郎把他这一段狂言一步步导演成了一出大戏,先是设立账号,

号召捐款,后来又到日本国会作证,一时间似乎成了日本的守岛

英雄。石原的表演可以说终于让日本政府坐不住了,在77

日本首相野田佳彦宣布,日本政府准备与所谓的岛主来洽谈,使

之国有化。



这一次日本媒体和舆论没有出现明显的反对声音,除了担心这样

的举动会引发中国的反对之外,大部分的声音都对日本政府的做

法表示了一定的理解,有的甚至还认为这比东京都买到要好一些。



主持人:

接下来一个问题大家自然就会关注,从日本国内分析来看,它国

有化的下一步进程怎么样,有多大可能实现的空间?



李卫兵:

对于日本政府买岛的计划,首先是石原慎太郎表示出了不满,认

为日本政府是在抢他的风头,他宣称岛主不愿意向政府出售钓鱼

岛,而愿意卖给他。但同时石原还表示,他可以在东京都买到岛

之后再转给政府,言外之意就是这事是我石原做的,功劳应该是

记在我石原身上,今后可以想见的是日本政府会与所谓的岛主栗

原家族加强协商,栗原家族的态度将决定是东京都还是日本政府

首先买到岛。但是不管是个人拥有、地方政府拥有还是所谓国有,

这都是日本人自己玩的把戏,都不会改变钓鱼岛是中国的固有领

土这一事实。



记者:

接下来针对逐渐发酵、酝酿和发展的事情,要连线的是中国国际

问题研究所所长曲星。



曲所长您好,您怎么看待,是一种什么样的动力推动着在日本国

内围绕着钓鱼岛事件,由民间逐渐发酵升级现在变成了“国有化”

三个字摆放在大家的面前?



曲星:



这个事件发展到今天有大背景和小背景。从大背景来看当然是美

国重返亚太,日本的相关势力觉得有美国在那撑着,中国不敢怎

么样,所以要把这个问题往前推一步。从小背景来看,日本正在

接近下一个选举的周期,各派政治势力都在着眼于下一步的选举,

在进行政治上的较量。



今年是中日建交40周年,本来两国政府计划利用这个机会把两国

关系和两国合作更加推向一个新的高度。但是石原慎太郎这种极

右翼势力,历来是一个极端反华政治势力的代表人物。所以在这

个关键时候,他对中日关系的发展要出来制造障碍,这是一个背

景。



另外,在当前的形势下,我们感到日本政治形势的变化非常大,

所以野田佳彦首相本身感到来自各方面的压力。一方面,他作为

日本首相当然不会放弃日本对钓鱼岛非法的窃据,如果从他嘴巴

里说出来钓鱼岛不是日本的,实际上他这个首相也就做不下去了。

所以在这个背景之下,他作为政府的负责人,作为政府首脑,他

又必须要对国家的外交关系负责。他知道如果是因为石原一意这

样闹下去,胡作非为,满口胡言乱语,把中日关系推向了一个不

可弥补的境地,不符合日本的利益,他这个政府也要负责,所以

他也得想某些办法来对石原有所约束。



主持人:



刚才您的这番话里自有玄机,不过这个玄机留待一会儿的时候再

挨个去破解。



还是回到野田本身所说的这番话,“尖阁诸岛是我们无可争议的

领土,我们控制着该岛,所以我们对尖阁诸岛拥有主权”。换一

种说法他是不是也很想听到的是,俄罗斯控制着北方四岛,所以

俄罗斯对北方四岛就拥有主权呢?所以他这个逻辑是靠不住的。

但是这句话,“我们正在考虑寻求和平稳定管理该岛的最佳方案”,

这句话透露着什么样的意思? 曲星所长刚才的话语当中又蕴藏着

一些玄机。 不过还是透过下一个短片先了解一下野田,我们再接

着聊。

 

(播放短片)

|

« 2492 中国は見る(1328) 日本 尖閣“国有化”の方針 (6) 中国の見方 ① 日本 盧溝橋事件記念日に尖閣国有化を持ち出す (Ⅰ) | Main | 2494 中国は見る(1330) 日本 尖閣“国有化”の方針 (8) 丹羽大使を一時帰国  中国情勢を聞く? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2492 中国は見る(1328) 日本 尖閣“国有化”の方針 (6) 中国の見方 ① 日本 盧溝橋事件記念日に尖閣国有化を持ち出す (Ⅰ) | Main | 2494 中国は見る(1330) 日本 尖閣“国有化”の方針 (8) 丹羽大使を一時帰国  中国情勢を聞く? »