« 2396 中国は見る(1276) 日本人の“アヒル的同調主義”と中国人の“ニワトリ的生存方式” | Main | 2398 中国は見る(1278) 日本女性の愛情武士道 ② 加藤登紀子編(Ⅰ) 日本の“文化大革命”時代 (上) »

2397 中国は見る(1277) 日本女性の愛情武士道 ①

 


日本女人的爱情武士道 

2012-04-09 16:48:24   辛子IN日本



Photo《日本女性の愛情武士道 》は私が仕事、家事、

育児の合い間に、徹夜しながらキーボードに

打ち込み”作成した日本女性の伝記です。 

本の中では、日本の有名な女流作家:宇野

代、瀬戸内寂聴、 それに女性歌人の 与謝野

晶子、柳原白蓮、歌手の加藤登紀子ら5人の

女性の生と恋の遍歴について紹介していま

す。


現在、中国国内の各書店で販売されています。 これまでネ

ットの人達が私に関心を持ち、支持して頂いたことにお礼申

しあげたく、今日からブログで続々と本の内容の一部を紹介

し、ネットの人や読者からこの本に対する、いろいろな感想

を頂けたらと思っています。 どんな批判でも、書評がすば

らしい内容であれば、私は心から感謝申し上げたいと思いま

す。 また、受け取った書評はブログに掲載するつもりです。 

今日は、まず《日本女性の愛情武士道 》の“序文”を紹介し

ます。 



《日本女性の愛情武士道  序文



中国の男性は日本女性の話になると、大体二種類に分けられ

ます。 猫をかぶる人か、不まじめな人。



猫をかぶってる奴、“米国の家に住み、日本の嫁さんをもらい、

中国料理を食べる”これが “人生の三大楽しみ”だという言葉

をバカの一つ覚えのように信じ------日本女性は従順でやさ

しく、思いやりがあり、何でも言うことを聞く、まるで全世界の女

性はこれをお手本にしろとでも思っている。  だから中国の男

性は、“日本の嫁さんをもらい、中国女性とは遊ぶんだ”という

大口をたたいている。 



不まじめな奴、 日本女性というと、すぐAVを思い浮かべる。 

亡くなった飯島愛から、今人気爆発中の蒼井そらまで、中国

男性の性の啓蒙の先生である。  AVは日本女性の代名詞

なっており、もしブログに、日本の幼稚園や小学校の女の

を紹介すると、中国の男性から、 “これはこれは、未来の

Vスターですね”と書き込みがくる。  多くの“愛国糞青”

日本というと、 恨み骨髄の気持ちを持っており、日本製品

イコットから、日本と関係あるすべてのものを排斥しています。 

しかし、反日の気持は最高の水準に達しているのに、依然と

してはっきり区分しているものがあります。 曰く、日本女性

は例外とする”-----すべての日本製品はボイコットするが、

唯一日本女性だけは排除しない。 



日本女性は本当に良妻賢母か? 日本女性は本当に浮気

で淫蕩か? 



とは思えません 



日本は本当に亭主関白の国で、日本の女性は本当に私達

が想像しているように、 まったく社会的地位がなく、 ただ男

性に依存しているだけなのでしょうか? 



まったくそのようなことはありません。 



日本の女性は一体どういう人たちでしょうか?   彼女たちの

生活は? 感情は? 一体どのようなものでしょうか? 本

の中で、宇野千代、与謝野晶子、柳原白蓮、瀬戸内寂聴、

藤登紀子ら5人の日本女性を紹介しています。  みな近代

本から現代日本までの優れた女性達です。 彼女たちの人

と恋愛遍歴は、それぞれ違っており、決して普遍性はありませ

んが、 しかし、 彼女たちの人生や愛情に対する思いからは、

同じような資質を見ることができます。 勇気、情熱、誠実、慈

悲、尊重などです。  この何種類かの資質は、日本の武士道

精神で提唱している“義、勇、仁、礼、誠、忠”と偶然に一致し

ています。 

 

もとより本書の目的は、決して日本女性を賛美するためでは

なく、また女性達にある種の人生の手本としようとするもの

もありません。  日本女性であろうと、中国女性であろうと、

誰もがみなそれぞれ違う個人なのです。 千人いたら、千種

類の対応があり、千種類の解答があります。 誰もほかの人

の代りをすることはできません。 誰もが唯一の人間なのです。 

本書の目的は、5人の日本女性の物語を通して、読者のみな

さんに、彼女たちがどのように波乱の人生の体験の中から、

考体系を完成させ、最後にどうやって自分達の人生を成し

遂げたかを知ってもらいたかったのです。  また読者のみな

さんに、人生をこのように過ごし、愛情問題をこのように整理

するのを見てほしかったのです。 もし男にとって、経済的独

立が飛躍の基礎だとするならば、女にとって、愛情問題の独

立は飛躍の根本と言えます。 本書の女性歌人・与謝野晶子

はこう言っています。



私は人として、男性であろうと女性であろうと、人格を形

るためには、理想として、必ず4つの独立を経験し完成ない

といけないと思っています。 4つの独立とは、①思想の独立 

②愛情の独立 ③創作の独立 ④経済的独立です。 この4

つの独立を前提としてこそ、人としての独立が果たせることに

なります” 



限りある時間をいかにとらえるか? 私達は、それぞれ異な

る人生の道のりで、また生活の戦いの場で、愛情問題の泥沼、

人生の迷路の中で、自分を経済的、思想的、精神面に於いて、

本当の意味で独立した女性としての準備ができているでしょ

うか? もしこの本の中で述べた物語が、読者、特に女性の

読者に参考あるいは啓発となることができたとすれば、本書

の存在意義があると思います。 



唐辛子

2011年6月  日本大阪


中国国内の各書店で販売中、ネットの購入アドレス:

http://product.dangdang.com/product.aspx?product_id=22633524

購入歓迎、ネットのみなさん、読者からの書評や読後感を期

待しています。 唐辛子のメールアドレス:xinzijj@gmail.com

 私は頂いたものは真剣に読み、メールで必ずご返事します。

 

 

日本女人的爱情武士道 

2012-04-09 16:48:24   辛子IN日本



《日本女人的爱情武士道》是唐辛子同志在工作、家务、育儿

之余,熬夜苦敲键盘“敲打”出来的一本专门介绍日本女人的

传记书籍,书中介绍了日本著名的女作家:宇野千代、濑户内

寂听,以及著名女诗人:与谢野晶子、柳原白莲,和著名歌手

加藤登纪子,等五位日本女人的人生经历与情感传奇。 

目前国内各大书店正在陆续上架中。为感谢网友们一直以来的

关注与支持,今天开始将会在博客陆续张贴书中部分内容,十

分期待能收到网友和读者们对此书的多角度评论。无论褒贬,

只要书评精彩有内容,唐同志都将心怀谢意,并将收到的书评

刊登到博客中。 

今天先贴出《日本女人的爱情武士道》一书的“前言”。 

《日本女人的爱情武士道》 前言 

中国男人每谈及日本女人,大体可概括为二种:假正经或不正

经。

假正经的,简直是死不瞑目地相信这么个段子:“住美国房子,

娶日本老婆,请中国厨子”----认为这是“人生三大享受”,认

为日本女人低眉顺目,温柔忍让,体贴有加,唯命是从,简直

是全天下雌性生物类应该学习的标榜与典范。为此,有中国男

人壮志凌云地喊出口号“娶日本老婆,玩中国女人”。 

不正经的,一提起日本女人,就想到AV,从已经去世的饭岛爱,

到于今人气爆发的苍井空, 都成了中国男孩成长为男人的性启

蒙老师。AV简直成了日本女人的代名词,即使去网络博客上发

个贴, 介绍日本幼儿园或小学校里的小女孩,都会有中国男人

留言说“好啊~这些都是未来的AV明星啊”。许多“爱国粪青”

说起日本, 就咬牙切齿,碎尸万段的心情都有,他们从抵制日

货开始,抵制与日本相关的种种一切, 但尽管仇日心理已经日

益修炼得炉火纯青,却依然得划分出界线来, 曰:“日本女人

例外”-----抵制一切日货,唯一不抵制日本女人。 

日本女人真那么贤妻淑女吗?日本女人真那么风骚淫荡吗? 

不见得。 

日本真的是个大男子主义国家,日本女人真的就如同我们所想

象的那样,毫无社会地位,仅仅只是依附于男人的玩物吗? 

根本不是那么回事。 

日本女人到底是怎样的?她们对待生活、对待情感的态度,究

竟如何?本书中所介绍的宇野千代、与谢野晶子、柳原白莲、

濑户内寂听、加藤登纪子等五位日本女性,都是近代日本至现

代日本中出类拔萃的女人,她们的人生传奇和情感经历,虽然

完全不同,且并不具备广泛性,但是,从她们对待人生与爱情

的态度中,依旧可以寻找到相同的品质:勇气、情义、真诚、

仁慈、尊重。而这几种品质,正与日本武士道精神中所提倡的

义、勇、仁、礼、诚、忠”不谋而合。 

当然,本书的目的,并非为了赞美日本女性,也不是为了要给

女性们树立某种人生楷模。因为无论日本女人也好,中国女人

也罢,每个人,都是不同的个体,一千个人,就会有一千种态

度,一千种答案,谁也不能代表谁,每个人都是独一无二的自

己。本书的目的,只是想通过所介绍的五位日本女人的故事,

让读者们知道:她们是如何从曲折的人生经历中,逐步完成情

感的独立,并最终成就具备有独立人格的人生。让读者看到:

原来人生可以如此度过,情感可以如此梳理。如果说,对男人

而言,经济的独立是崛起之基石的话,那么,对女人而言,情

感的独立则是崛起之根本。就像本书中的日本女诗人与谢野晶

子所说过的那样:

我认为,作为人,不管是男是女,作为理想,必须经历并完

成四个独立,才能形成完整的人格。这四个独立就是:思想的

独立、感情的独立、创作的独立、经济的独立。有了这四个独

立做前提,才真正完成作为人的独立。” 

如何把握有限的时间,在我们各自不同的人生道路上,在生活

的修罗场中,走出情感的泥沼,人生的困惑,让自己成为经济、

思想、精神都具备真正独立意义的女人?若这本书里所讲述的

故事,可以提供给读者、特别是女性读者们某些参考甚或启迪,

那将是本书存在的最大意义。 

唐辛子

2011
6 于日本大阪

 

国内各大书店陆续上架中,当当网购地址:http://product.dangdang.com/product.aspx?product_id=22633524

欢迎购读,并期待各位网友读者们的书评或读后感。唐辛

子邮箱:xinzijj@gmail.com 我将认真阅读,并回复每一

封邮件。

|

« 2396 中国は見る(1276) 日本人の“アヒル的同調主義”と中国人の“ニワトリ的生存方式” | Main | 2398 中国は見る(1278) 日本女性の愛情武士道 ② 加藤登紀子編(Ⅰ) 日本の“文化大革命”時代 (上) »

社会生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2396 中国は見る(1276) 日本人の“アヒル的同調主義”と中国人の“ニワトリ的生存方式” | Main | 2398 中国は見る(1278) 日本女性の愛情武士道 ② 加藤登紀子編(Ⅰ) 日本の“文化大革命”時代 (上) »