« 2408 中国は見る(1288) 石原慎太郎:東京都が「尖閣諸島購入」と発言 (6) 「尖閣諸島購入」と放言した 石原慎太郎とはいかなる人物? ① | Main | 2410 中国は見る(1290) 石原慎太郎:東京都が「尖閣諸島購入」と発言 (8) 「尖閣諸島購入」と放言した 石原慎太郎とはいかなる人物? ③ »

2409 中国は見る(1289) 石原慎太郎:東京都が「尖閣諸島購入」と発言 (7) 「尖閣諸島購入」と放言した 石原慎太郎とはいかなる人物? ②

 

放言“购买钓鱼岛” 石原慎太郎是何许人也?
2012
0418 10:57  来源财讯COM



作家として


4

石原の作品には、《太陽の季節》、

《弟》など、出版時、センセーション

を巻き起こしたものがある。

小説《太陽の季節》は芥川賞を得た作品だが、内容は浅薄

で通俗的である。    “ボクシングに熱中している高校生が、

盛り場で女を引っ掛ける。 いわゆる湘南の上流階層の生

活を見せたもので、ナイト・クラブ、海辺のモーターボートで

のセックス、暴力、残酷などの話が次々と繰り広げられてい

く中、女の子が妊娠し、妊娠中絶に失敗して死んでしまう。 

葬儀の夜、 青年は突然、女の子の霊前に立つと、遺影に

向かって香炉を投げつけ、狂ったように叫びながら部屋を

飛び出していき、参列していた人々を唖然とさせる。

 
当時、選考委員だった佐藤春夫は、この小説を厳しく批判

し、“このような風俗小説は文芸としても、一番低俗なも

だ。 この作者の鋭敏げな時代感覚もジャナリストや興

者の域を出ず、決して文学者の物ではないと思ったし、

この作品から作者の美的節度の欠如をみてもっとも嫌

悪を禁じ得なかった。   これでもかこれでもかと厚かまし

く押しつけ説き立てる作者の態度を卑しいと思ったもので

ある。  僕にとってなんの取り柄もない 『太陽の季節』

人々が当選させるという多数決に対して… これに感心

たとあっては恥ずかしいから僕は選者でもこの当選には

連帯責任は負わない.”と述べている。


著書:

《太陽の季節》


《狂った果実》

《化石の森》


《青年の樹》

《青春とはなんだ》

《スパルタ教育》


《野蛮人の大学》

《生還》

《弟》 石原裕次郎の一生を題材とした小説

《老いてこそ人生》

《「NO」と言える日本》盛田昭夫共著

 

《それでも「NO」と言える日本 -日米関係の根本問題-

 渡部升一、小川和久共著


《断固「NO」と言える日本》江藤淳共著

《宣戦布告「NO」と言える日本経済 アメリカの金融奴

 隷からの解放》一橋総合研究所共著

《国家なる幻影》

《「父」なくして国立たず》


《いま、「魂」の教育》

《僕は結婚しない》

《わが人生の時の時》

《秘祭》


《聖餐》


《風についての記憶》

《息子たちと私―子供あっての親》

 アニメ映画《宇宙戦艦ヤマト復活編》ストーリー原案を

書いた。



その他:初期の作品に《価値紊乱者の光栄》(1958)、

《安全な遊戯》、(1957)、長編小説《亀裂》(1956―

1957) その外に映画の脚本《若い野獣》がある。 

東宝で撮影制作された。 

《狼生きろ豚は死ね・幻影の城》が、劇団四季で公演

された。 1961年、日生劇場の理事となる。 この時

期には《鴨》(1961)、長編小説《日本零年》(1960ー

1962)、長編小説《挑戦》(1959ーー1960)、長編

小説《青年の樹》(195ー1960)などがある。  代表

的作品である長編小説《化石の森》は上下2巻で、19

70年9月に新潮社から出版された。 この小説は《太

の季節》のテーマをより深く描いたものである。

 

放言“购买钓鱼岛” 石原慎太郎是何许人也?
2012
0418 10:57  来源财讯COM


文学成就:



石原的作品《太阳的季节》、《弟弟》等,出版时轰动过。



小说《太阳的季节》曾获芥川奖,情节恶俗:“热衷拳击的

高中生某某,在玩闹时勾上了一个女孩。在所谓湘南上流阶

层生活展示,和不断的夜总会、海滨游艇上演出的色情、暴

力、残酷的细节递进中,女孩怀了孕,堕胎失败而死。丧礼

之夜,某某突然来到女孩灵前,举起香炉砸碎了遗像,狂叫

着冲出房间,满屋的人目瞪口呆”。



当时列入评奖者的佐藤春夫对这部小说有严厉批评,称:

如此风俗小说即使作为文艺,也属最低级的东西。作者佯

装敏锐的时代感觉,其实未出媒体人及演出商的框子,而绝

非文学者之作。又从作品可见作者对美欠缺节度,尤其不知

害羞喋喋强词之态度更属卑劣。如此无端可取的《太阳的季

节》被多数表决选中,于我而言心感可耻,因而我作为评选

者,对其当选不负连带责任。”

著作:

《太阳的季节》(太阳の季)

《发狂的果实》(狂った果実)

《化石之森》(化石の森)

《青年的树》(青年の树)

《青春是什么》(青春とはなんだ)

《斯巴达教育》(スパルタ教育)

《野蛮人大学》(野蛮人の大学)

《生还》(生还)

《弟弟》(弟)

以石原裕次郎的一生作为题材的小说《老了才是人生》

(老いてこそ人生)

《日本可以说“不”》(「NO」と言える日本)

 与盛田昭夫合著

《日本还是说“不” -美日关系的根本问题-》(それでも

NO」と言える日本 -日米间の根本问题-)与渡部升一、

 小川和久合著

《日本坚决说“不”》(断固「NO」と言える日本)

 与江藤淳合著

《日本经济可以说“不” -从美国金融奴隶解放出来-

(宣戦布告「NO」と言える日本経済 ―アメリカの

 金融 奴隷からの解放―)

《国家的幻影》(国家なる幻影)

《无父而国不立》(“父”なくして国立たず)

《魂的教育》(今、「魂」の教育) 


《我不结婚》(仆は结婚しない)

《我的人生时刻》(わが人生の时の时)

《秘祭》(秘祭)

《圣餐》(圣餐)

《关于风的回忆》(风についての记忆)

《儿子与我》(息子たちと私―子供あっての亲)

动画电影《宇宙战舰大和号复活篇》编剧。 

其他:早期著有《价值紊乱者的光荣》(1958)、《安全的游戏》、

1957)、长篇小说《龟裂》(1956——1957)。此外著有电影脚本

《年轻的野兽》,由东宝电影公司摄制。话剧《狼生猪死》,由四

季剧团演出。1961年任日生剧场的董事。这一时期着有《鸭》(19

61)、长篇小说《日本零年》(19601962)、长篇小说《挑战》

1959——1960)、长篇小说《青年之树》(1951960)等。其代表

作长篇小说《森林化石》分上下两卷,19709月由新潮社出版,

这部小说深化了《太阳的季节》所表现的主题。

|

« 2408 中国は見る(1288) 石原慎太郎:東京都が「尖閣諸島購入」と発言 (6) 「尖閣諸島購入」と放言した 石原慎太郎とはいかなる人物? ① | Main | 2410 中国は見る(1290) 石原慎太郎:東京都が「尖閣諸島購入」と発言 (8) 「尖閣諸島購入」と放言した 石原慎太郎とはいかなる人物? ③ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2408 中国は見る(1288) 石原慎太郎:東京都が「尖閣諸島購入」と発言 (6) 「尖閣諸島購入」と放言した 石原慎太郎とはいかなる人物? ① | Main | 2410 中国は見る(1290) 石原慎太郎:東京都が「尖閣諸島購入」と発言 (8) 「尖閣諸島購入」と放言した 石原慎太郎とはいかなる人物? ③ »