« 2397 中国は見る(1277) 日本女性の愛情武士道 ① | Main | 2399 中国は見る(1279) 日本女性の愛情武士道 ③ 加藤登紀子編(Ⅱ) 日本の“文化大革命”時代 (下) »

2398 中国は見る(1278) 日本女性の愛情武士道 ② 加藤登紀子編(Ⅰ) 日本の“文化大革命”時代 (上)

 

 

新书《日本女人的爱情武士道》试读:发生在日本的“文化大革命”

2012-04-11 08:31:51    辛子IN日本

 


今日は、加藤紀子さんの“自由武士道”を紹介します。 

渡戸稲造の《武士道》の中に、武士道の“”について、こう書いて

あります。



の最高の姿は愛である

”は武士道精神の中の一つで、もし“”の最高の姿がとする

ら、”の最高表現は“尊重”です。     ”が男女あるいは夫

婦の間で使われる場合は、 夫婦が互いに尊敬し合う” というだけ

でなくお互いの意見の違い、異なる個性、異なる生活様式を許容

することでもあります。  この許容の礼、愛を前提とするもので

す。  愛し合ているからこそ、相手と自分との違いを許すことが

き、相手に絶対的な尊重を与え、選択の自由を認めることができる

のです



だから、加藤登紀子さんは、彼女の夫藤本敏夫さんこうえるの

です。


あなたは土、私は風です”



土と風ですから、互いにぴったり寄り添うことはしない―‐互いに独

た存在です。



しかし土と風、遠く離れたりしません。 お互い見守る中で

成長させているのです。


加藤紀子さんが、初めて藤本敏夫さんに出会ったのは1968

年でした。 1968年は事件の多かった年です。  この年は世界で

たくさんの事起こりました。 旧ソ連チェコ侵入、 米軍のベ

トナム戦争の激化、米国の黒人指導者のマーチン・ルーサー・キン

グ牧師暗殺されたなどの事件がありました。     しかしこの年最

注目を集めたのは、世界各国学生運動が盛んだったことです。



1968加藤紀子さんはデビューしたての歌手でした。

1968藤本敏夫さんは、学生運動の指導者で、“全学連”の委

でした。


これから、歌手加藤紀子さんと学生の指導者でありとなる

敏夫さんのラブ・ストーリーをいっしょに見ることにしましょう



Photo


加藤
紀子さんと夫の藤本敏夫さん写真は加藤登

紀子事務所提供)

章:日本“文化大革命” : 60年代の日本の学生運動



加藤紀子さんは、日本の有名な女性歌手であり作詞家、作曲家

で、過去3日本歌謡大賞を受賞している。   またフランス政

府の芸術文化勲章を受賞し、2000年には国連の環境親善大使

務めた 加藤紀子さんは多くの人々に知られ歌を歌っている。 

例えば《百万のバラ》、自分で作詞作曲したひとり寝の子守

歌》などある。  でもその中でも、 一番評判が高いのが《知床旅

情》です。  この曲は1970年代に作られたすばらしい歌、今な

お日本だけでなく、東南アジアでも広く歌われ、愛されている。 

北海道の北東部にある知床半島、 加藤紀子 のこの歌によっ

て、 観光客のあこがれの場所となった 数年前には、中国の有名

な監督馮小剛の映画  《非勿擾(狙った恋の落とし方)で、この

誰もが知っているこの名曲ンディングに使っていた。 



1943年12月、加藤紀子さんは、当日本人“満州”と言って

いたハルビンで生まれた。 登紀子さんの父親・四郎さんは、若い

故郷の京都を離れ、中国のハルビンの語学校に来て、ロシア

語を学んでいた。 学校卒業した後、日本人が経営していた

満州鉄道”に仕事を見つけ、ハルビンで暮らすことになった。

で、紀子たち三兄妹は、みな中国ハルビンで生まれたのである。 

194年、敗戦後、2歳8ヶ月の紀子さんは、両親とおさん

お姉さんと一緒に京都の故郷に戻ってきた。 3歳の時、登紀子

両親いっしょに東京引っ越す。 その後、親が失業したため、

一家はまた東京から京都に戻る。    登紀子中学一年のまた

家族で東京に移り、れからずっと東京で暮らすことになった。


紀子さんのお母さん淑子さんは、大変な人である。 淑子さん

2006の時、高齢の91歳になっていたが、なんと人生の回想録

《ハルビンの詩がきこえる》を出版した。 淑子の晩年はこのように

ったが、若い時も非常によくできる人だった。 1945

日本に送還された後、数年間四郎仕事がなく家に

た。 そ数年の生活費、淑子さんが一人で裁縫をして支

たのである。 

紀子さんの父親・四郎さんは、 音楽趣味で、少年時代

は声楽家を見たことあったという。 ハルビンから日本に戻った

後、幸四郎さんキングレコードに入り、しばらく音楽プロデューサ

ーの仕事をし、また楽団を編成し海外に公演したこともあった。 

のため、家の中は音楽界の達がいっぱい出入りしていた。 

四郎さんは歌好きで、紀子さんの記憶で、小さい時お父さん

の子守歌を聞きながら寝ついたことがあったという。 このよう小さ

いときから音楽環境の影響紀子兄妹への影響大きく、

紀子ピアノを弾き、クラシック熱烈なファンだった。 登

紀子お姉さんは、音楽大学バイオリ専攻した。 父と兄

姉の影響を受け、登紀子は東京都立駒場高校に入ると、学校の超

人気放送クラブ“KHK駒場放送”に入部し、“校内アナウンサー

なった。



ここで、日本学校の“について紹介しましょう 日本は小学校

の高学年から大学まで、さまざまながあります。 例えば野球

部、剣道部、書道、文学部、あるいは料理などがあります。 

これら部活動は日本語では略称“部と呼ばれます。 学

達は自分の興味によって、入りたい部を選ぶことができます。 部

に参加すこと勉強の余暇に個人の趣味を育るだけでなく、

友達を作ることもでき、自分の交際範囲を広げる高のルートで

もあります。


部は自由選択参加できるため、特別人気のある部やまったく人

気のない部があります。 例えば、登紀子さんが入った放送KH

K駒場放送局”は、学校の中で超人気の部でした。 入部希望者が

い場合、定員制限を設けるなど、とても難しいのです。 ですから、

紀子さんがKHK駒場放送局”に入ったと聞いて、族はビックリ

しました。 なぜって、小さい紀子さんは、とても内気で、いつ

もお母さんの服を引っ張り、お母さんの背中の隠れていたり、知

らないを見ると恥ずかしがってきな声で話をすることもできない

子だったからです。


KHK駒場放送局”は、登紀子の性格にすばらしい訓練効果をもた

らした。 高校生の紀子さんは、過去の内気で恥ずかしがり屋に

底的にサヨナラし、朗らかで活発な女子学生に生まれ変わりました-

---自分の性格の転換について、紀子さん本人も不思議感じて

います。   ですからこじつけで、こう説明しています。  小さい頃は

多分臆病だったんです。  現在のこの明るく活発なのが、本当の自

です



紀子さんは、何事にも根気よく続ける精神を持っています。 その

生まれつきの童顔なので、“KHK駒場放送局”に入って間もなく、

心人物になってしまいました。 高校二年の時に、紀子さんは

Hk駒場放送局”の副局長になり、KHK駒場場放送局” の百

あまりのメンバーの指揮をとり、後に有名な映画スターとなった吉永

小百合も登紀子さんの“後輩の部下でした。 

学校のアナウンサーして、紀子さんは時事ニュースについて関

を持つようになりました。  当時、登紀子兄は一橋大学の学生

で、しかも大学の “共産主義同盟” の高校生の指導員をしていまし

た。 の影響を受けて、高校時代に登紀子さんも大学生達の反体

制運動参加し始めました。 1960年の日本、戦後15が経

ち、元気を復し、 高経済成長期に突入すると同時に、 学生運

動の最盛期”にりました。   1920年代初めから、 日本の学生

組織はマルクス主義と社会主義の影響を受けていました。 1948

年、 日本共産党の支持のもと、  日本の各大学の学生自治

日本学生自会総連合”(略称“全学連”) を結成しました。  19

55年、 日本共産党内部分裂起こし、 当時の社会主義国家ソ

連に疑問とを行った学生は、 本共産党から除名され、これ

ら日共から除名された学生達日本の新左翼勢力を結成しました。

この派は “共産主義同盟” (略称“同盟”)に属し “全学連” を指導

することになりました。



1960年6月、“全学連”は、日米安保条約改定に反対するため、

生達にデモ動員をかけた。  登紀子さんも10人ぐらいの学友と一緒

制服のまま、 にプラカードを持ち、デモ行列の中に入ってスロ

ーガンを叫んでいた。  でも、デモの人数がだんだん多くなり、非常

に緊迫した情勢になったため、登紀子さんらの若い女子高生は、

説得され引き上げることになった。  6月15日の、テレビ

ニュースによると、“全学連”のメンバーの一人、東京大学の女

樺美智子さんが国会入の際、警官と衝突し、その場で死亡

た。  樺美智子さんの死亡は、日本中で600万人を超える大規

模なストライが起きただけでなく、30万人以上を超す “国会大包

囲” を招いた。   当時、16だった登紀子さんの心な衝撃

を受けた。    登紀子さんは、初めて“国家”というものに恐ろしさ

感じた。

 

新书《日本女人的爱情武士道》试读:发生在日本的“文化大革命”

2012-04-11 08:31:51    辛子IN日本



《日本女人的爱情武士道》是唐辛子同志在工作、家务、育儿之余,

熬夜苦敲键盘“敲打”出来的一本专门介绍日本女人的传记书籍,

书中介绍了日本著名的女作家:宇野千代、濑户内寂听,以及著名

女诗人:与谢野晶子、柳原白莲,和著名歌手加藤登纪子,等五位

日本女人的人生经历与情感传奇。

目前国内各大书店正在陆续上架中。为感谢网友们一直以来的关

注与支持,今天开始将会在博客陆续张贴书中部分内容,十分期

待能收到网友和读者们对此书的多角度评论。无论褒贬,只要书

评精彩有内容,唐同志都将心怀谢意,并将收到的书评刊登到博

客中。

今天开始贴出《日本女人的爱情武士道》中的: 加藤登纪子的“自

由武士道”第一章。

加藤登纪子的“自由武士道”

日本学者新渡户稻造在《武士道》一书中,这样写到武士道的“礼”,

说:

礼所达到的最高形态便是仁爱。”

礼”是武士道精神之一,如果“礼”的最高形态是仁爱的话,那么

礼”最高的表达方式就是“尊重”。 而当“礼”被使用于男女或夫

妻之间时,不仅仅只是指“举案齐眉”,而更应该是指彼此对于不

同意见、不同个性、不同生活方式的包容。 这份“包容之礼”, 是

以爱为前提的, 正因为相爱, 才能包容对方与自己不同的一切,

给予方绝对的尊重,和不同选择的自由。

所以,加藤登纪子对她的丈夫藤本敏夫说:

你是土,我是风。”

因为土与风,它们并不紧紧相偎---它们是彼此独立的自己;

但是土与风,它们却从不远离---因为它们始终在相互注视的目光

之中延伸自己。

加藤登纪子第一次遇到藤本敏夫,是在1968年。1968年是个多事

之年,这一年世界上发生了许多事:前苏联入侵捷克、美军越战白

热化、美国黑人领袖马丁·路德·金牧师遇刺等。但这一年最引人注

目的,是世界各国爆发的学生运动。


1968
年的加藤登纪子,是初出茅庐的大众歌手;

1968
年的藤本敏夫,是全日本学生运动的领袖,学生组织“全学

连”委员长。

让我们一起来看看日本歌手加藤登纪子,和她的学生领袖丈夫

藤本敏夫的爱情故事。

加藤登纪子和丈夫藤本敏夫(本图片由加藤登纪子事务所提供,

特此感谢)

第一章:发生在日本的“文化大革命”: 60年代的日本学生运动

风潮

加藤登纪子,日本著名的女歌手和词曲家,曾先后三次获得全

日本歌谣大奖,并获得过法国政府颁发的艺术文化勋章,2000

年联合国环境亲善大使。加藤登纪子演唱过不少脍炙人口的日

文歌曲,如《一百万朵玫瑰送给你》、以及自己作词作曲的《一个

人睡着时的摇篮曲》等,但其中最负盛名的,是一曲《知床旅情》,

这支诞生于上世纪七十年代的日文经典老歌,至今在日本乃至

东南亚依旧家喻户晓,深受喜爱。而位于日本北海道东北部的

知床半岛,也因为加藤登纪子的这首歌,而成为游人向往的风

光胜地。几年前中国著名导演冯小刚拍《非诚勿扰》,就曾使用

这首家喻户晓的经典老歌做片尾曲。

1943
12月,加藤登纪子出生在当时被日本人称作“满洲”的哈

尔滨。登纪子的父亲幸四郎,年轻的时候离开老家京都,跑到中

国哈尔滨的语言学校学习俄语, 语言学校毕业之后在当时日本

人办的  “满洲铁路” 找到一份差事, 于是就在哈尔滨长住下来。

因此,登纪子一家三兄妹,全都是在中国哈尔滨出生的。1945年,

日本战败之后, 28个月的登纪子跟随父母与哥哥姐姐一起,

被遣送回了日本的京都老家,3岁时登纪子曾跟随父母一起搬家

到东京, 后来因为父亲失业,一家人又从东京返回京都,直到登

纪子上中学一年级时,再一次举家迁移东京,才从此真正在东京

定居下来。

说起登纪子的妈妈淑子,真是十分了不起, 2006年淑子都高龄

91岁了,居然还出版了一本人生回忆录《聆听哈尔滨的诗》。 淑

子的晚年都如此了得,年轻时也是十分能干自强,1945年战败

被遣送回日本后,有好几年丈夫幸四郎都失业在家,这几年中

一家人的生活费,全靠淑子一个人做裁缝来赚钱支撑。登纪子

的父亲幸四郎,是一位超级音乐迷,少年时代甚至还梦想过成

为一名美声歌唱家, 从哈尔滨回到日本之后, 幸四郎曾进入

King Records唱片公司,干过一段时间的音乐经纪人工作,甚

至还组织过乐团去海外做巡回演出,因此,家中来来往往的,有

不少音乐界的朋友。幸四郎喜欢唱歌,在登纪子的记忆里,小的

时候是听着爸爸的摇篮曲入睡的。这种从小开始的音乐环境熏

陶,对登纪子三兄妹的影响很大,登纪子的哥哥弹得一手好钢

琴,是古典音乐的忠实粉丝,而登纪子的姐姐,则是毕业于音乐

大学的专业小提琴手,受父亲和哥哥姐姐的影响, 登纪子在进

入东京都立的驹场高中之后,加入了学校里超人气的广播俱乐

部“KHK驹场放送局”,成了一名校园播音员。

这儿穿插介绍一下日本学校的“俱乐部”。日本从小学高年级开

始,一直到大学,都设有各种各样的“俱乐部”---例如棒球俱乐

部、剑道俱乐部、书法俱乐部、文学俱乐部,或者料理俱乐部等

等,这些俱乐部活动在日文中被略称为“部活”,学生们可以根

据自己的兴趣爱好,选择想要加入的俱乐部。加入俱乐部不仅

是培养学生们学习之余的个人兴趣,更是学生们交朋结友,发

展自己的人际圈子的最佳途径之一。

因为俱乐部是自由选择参加的,所以,会出现特别人气的俱乐部

或者特别冷门的俱乐部。 例如登纪子加入的这个广播俱乐部“K

Hk驹场放送局”,是学校里超人气的一个俱乐部,想进去的人太

多,而名额又有限制的话,就会有些难度了。所以,登纪子居然能

考入“KHK驹场放送局”,令家里人着实吃惊不小,因为小时候的

登纪子特别内向,总是牵着妈妈的衣角藏在妈妈背后,是个连见

着陌生人都害羞得不敢大声说话的小女孩子。

广播俱乐部“KHK驹场放送局”对登纪子的性格起到很好的锻炼

作用,高中生的登纪子,彻底告别了过去的内向腼腆,脱胎换骨成

了一个开朗活泼的女生----对于自己的性格转换,登纪子本人也感

觉很不可思议,因此只好自圆其说地这么解释:小时候,也许是因

为胆小,而现在这个开朗明快的人,才是真正的自己吧。

登纪子做任何事都拥有一种执著的投入精神,加上天生一副可爱

的娃娃脸,进入“KHK驹场放送局”之后没多久,很快就成为了中

心人物。高中二年级的时候,登纪子还当上了“KHK驹场放送局”

的副局长,指挥着“KHK驹场放送局”里的一百多名成员,就连后

来成为日本著名影星的吉永小百合,当时都是登纪子手下的一名

后辈小将”。

作为校园播音员,登纪子对于新闻时事都会特别关注。当时登纪

子的哥哥是一桥大学的学生,并且是大学里“共产主义同盟”的高

中生辅导员,受哥哥的影响,还在高中时代,登纪子便开始参加大

学生们的反体制运动。1960年的日本,经历战后15年的元气恢复,

在步入高度经济成长期的同时,也开始进入了日本学生运动的“昌

盛期”。从二十世纪二十年代初开始,日本的学生组织就深受马克

思主义和社会主义风潮的影响,1948年,在日本共产党的支持下,

日本各大学的学生自治会结成了 “全日本学生自治会总联合”(简

称“全学连”), 1955年,日本共产党内部出现分裂,对当时的社会

主义国家苏联发出质疑和批评的学生被日本共产党开除,这些被

日共开除的学生们形成了日本的新左翼势力,派属 “共产主义同

盟”(简称为“同盟”),主宰着日本“全学连” (即“全日本学生自治

会总联合”)的一切。

1960
6月,日本“全学连”发动学生们游行示威,反对日美两国重

新修订“日美安保条约”, 登纪子也跟十来个同学一起,身穿高中生

制服,手拿标语走在游行队伍中喊口号,但后来因为示威的人越来

越多,气氛变得异常紧张,登纪子这些年龄较小的高中女生被劝说

提早退场。615日那天,电视新闻报道说:“全学连”成员之一、东

京大学女学生桦美智子在试图冲入日本国会时,与警察发生冲突中

当场死亡。桦美智子的死,不仅引爆了全日本超越600万人的大罢

工,和超过30万人以上的“国会大包围”。也令当时才16岁的登纪

子内心受到巨大的冲击。那是登纪子第一次感到“国家”这个机器的

可怕。

|

« 2397 中国は見る(1277) 日本女性の愛情武士道 ① | Main | 2399 中国は見る(1279) 日本女性の愛情武士道 ③ 加藤登紀子編(Ⅱ) 日本の“文化大革命”時代 (下) »

社会生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2397 中国は見る(1277) 日本女性の愛情武士道 ① | Main | 2399 中国は見る(1279) 日本女性の愛情武士道 ③ 加藤登紀子編(Ⅱ) 日本の“文化大革命”時代 (下) »