« 2383 中国は見る(1266) 小学校の入学式 : 子供の学校での最初の授業 (上) | Main | 2385 中国は見る(1268) 桜と日本人 »

2384 中国は見る(1267) 小学校の入学式 : 子供の学校での最初の授業 (下)

 

日本小学入学式:日本孩子的开学第一课

2010-09-01 11:52:21   辛子IN日本 



5
:幼稚園の子供の入園式にしろ、小学校、中学、高校、大

学の入学式や、それから入社式では、 大人から子供まで、

すべて必ず正装で出席しなければなりません。 そのため、

もし 4月の初めに日本旅行に来られた時は、街の中でスー

ツを着たり、 襟に飾りを付けているお母さん達や 可愛いい

服を着ている子供達を見かけることができるでしょう。


そうです、毎年春4月は、子供達の入園と入学の季節です。 

日本の商店にとっては“絶好”のビジネスチャンスです。 

がいいユダヤ人が昔、こう言っています。 “商売するなら女

と子供をねらえ”と。  この点について、金儲けしている日本

人は、ユダヤ人に全く遜色ありません。


新米のお母さん達にとって、子供の入園や入学に、何を用

意したらいいのか、何に注意したらいいのか、全くわかり

せん。 そこで出版社、 雑誌などの多くが子供用品の会

と連携し、いろんな種類の“入学大全”、“幼稚園入園宝典”

などを出版し、若い両親達に、子供の入学用品をどう用意

するか、 入学式にはどのような身なりを整えるか、髪形は

どうするかなどを丁寧に教えています。 

5

6 日本の入学雑誌上で紹介されている、入学式の親子ルック。

6

 

7

7_3

 

8 :男の子の入学式の服装は通常、短いズボン

+ジャケット+蝶ネクタイあるいはネクタイ。

8

 

 

 

   

9:女の子の入学式の服装:いろんな種類があって目が迷い 

ため息が出ます。

9

 

 

  

 

10:これは私の娘の入学式の時の服装。 着て見るとやはり 

感じが違います。子供が一晩でずいぶん成長したように感じ 

ます。

10



 

 

 

 

  

11:日本の子供は小学校に上がる時、入学式の服装を準備す  

るほか、いろんな学習用品、学習机、椅子なども用意しなけ

ばなりません。 それと重要なものがあります――かばん です。 

 

日本の小学生のかばんは、日本語で“ランドセル”と言われ  

るものです。 “ランドセル”というのは外来語で、オランダ語

の“ranselからきたものです。 小学生の“ランドセル”は、

戸時代、幕府が西洋の軍隊を採用した時、いっしに日本

入ったものです。 明治時代になって、このデザインの本革

ばんが、日本の陸軍将兵達の間で使われました。 

 

その後、日本の有名な華族の学校“学習院”が、この陸軍将  

兵達が使う皮のかばんを、子供達の通学用のかばんとして

使うようになりました。 それから、明治時代の有名な政治家、 

内閣総理大臣の伊藤博文が、当時まだ皇太子だった大正天

の入学祝いに、“皮のランドセル”を贈り物としました。  

伊藤博文が率先したことで、多くの人が次々と見習い、現在  

まで続いているわけです。 小学生が入学する場合、当然の  

ごとく誰もがかばんを持っています。 日本中の子供は小学  

校の登校一日目から、“ランドセル”を使います。学校には  

ランドセル”のサイズをもとに設計した、かばんをしま

あります。

  11_2

 

  

 

12:日本の男の子達が使う“ランドセル”は普通は黒色で、  

女の子達は赤色を使います。 しかし、その後、子供達の 

ランドセル”はどうして色が単一なのか? と批判する人 

現れ、そこで、“ランドセル”の売り場の色の種類もだん  

だんカラフルになってきました。 しかし、黒色と赤色とい  

うこの2種類の色は最も汚れが目立たず、オーソドックス

で、やはり依然として大部分の親が、子供のかばん購入

の際のトップとなっています。 

ランドセル”の前身は、陸軍将兵が徒歩行進の時使った

 ので、そのため擦り切れなどにも強く、とても丈夫です。   

子供達が1年生で入学してから、6年生で小学校を卒業

するまで、 ずっと同じ“ランドセル” を使うことができます。   

その上、大部分の “ランドセル” メーカーが、6年の保証

 を出しています。 6年間ずっと使うため、“ランドセル”  

の品質については、優れていることが求められます。 

そのため、“ランドセル” の価格は安くなく、3万円~5万

らいが 一般的価格で、 もっと高いのは5万円以上し

ます。   ここ数年、日本は不景気で、メーカーもいくつか

安い“ランドセル”を出し始めていますが、いくら安いとい

っても、1万円以上はします。

 

最後に、私の娘が入学式に出席した時の、校長が新入

生のために話した後の言葉を紹介しましょう。  この話

は、 小学生がいる若い両親達を啓発するものであり応

援するものでした。  

校長の言葉: かわいいみなさん、今日からあなた達は

小学生です。私はあなた達をお願いしたいことがありま

す。 私はみなさん一人一人にお願いします。 今日か

ら、自分の事は自分でするようにしましょう。

 

それから、お父さんとお母さんには、三つの事をお願い

したいと思います。

 

第一は:待つことです―― 思いやりを持って、根気よく、

 なさんのお子さんが一人で自分の事をやり終えるま

で待って下さい。 みなさんも生まれつきテキパキやれ

たわけではありません。  お子さんがノロいと思っても、

根気よく待って下さい。 あたたかい目で子供たちを見

守って下さい。 心身ともに健康な子供は、あたたかく

見守る中で成長するもの です。 

 

第二は:聞くことです―― あなたのお子さんがあなたに

話をしたい時は、あなた方はどんなに忙しくても、忙しい

仕事や家事をひとまず止め、しゃがんで、あなたのお子

さんが言いたいことをゆっくり聴いてあげましょう。 子供

が言うこと を 拒絶するようなことは決してしないでくださ

い。 子供とのこうしたちょっとした交流こそが、親子のい

い関係を作り 上げるのです。 

 

第三は:訊ねることです――毎日、家で話をする時間を

作り、親御さんの方から積極的に子供達が学校や外で

どんなことをしたか、どんな気持でいるか、どんなことに

感動したかなど聞きましょう。 子供達にとっては愛され

ているという実感が持て、親子の信頼関係がより深まり

ます。 

 

日本小学入学式:日本孩子的开学第一课 

2010-09-01 11:52:21   辛子IN日本 



5
:无论是幼儿园孩子的入园式,还是小学、中学、高中、大学, 

甚至大学毕业生们的就职仪式,从大人到孩子,都要求必须身着 

正装出席。因此,若在四月初来日本旅游,可以在街头看到许多 

身穿套装、胸襟前别着胸花的日本妈妈们,和同样身穿小礼服的 

孩子们。

 

因此,每年春季四月孩子们入园和入学的季节,是日本商人们 

严重”瞄准的大好商机, 精明的犹太人就曾经说过:做生意 

瞄准的就是女人和孩子。 在这一点上,会赚钱的日本人,也表 

现得毫不逊色。

 

对于许多新手妈妈而言, 孩子入园或入学,该准备什么,该注 

意什么,全然心中没谱。 于是日本的许多出版社、杂志等,会 

和商家联手,推出各类版本的“入学大全”“入园宝典”。 告 

诉年轻父母们,该如何为孩子准备入学用品、 入学式应该如何 

着装,梳各种发型等等,十分详尽。 



6
:日本入学杂志上介绍的各类入学式亲子装。

7 


8
:男孩子的入学式服装通常是短西裤+小西装上衣+领结或领带

9:女孩子入学式的小礼服,就更加令人眼花缭乱到叹息了。

10
:这是我家小朋友入学式时的服装,穿上之后果然不一样。 

感觉小朋友一夜之间长大了许多。

11
:日本孩子上小学,除了要准备入学式的礼服,以及各类学习 

用具、学习桌椅等,还需要挑选一样最最重要的东西---书包。 

日本小学生的书包,在日文中被称为“ランドセル”,按发音可 

写为“兰恩多虽努”。“兰恩多虽努”这一日文外来语,源于荷 

兰语中的“ransel。日本小学生的“兰恩多虽努”书包,是在 

江户时代,日本幕府引入欧洲西洋军队时一起进入日本的。 到 

了明治时代,这一款式的真皮背包,被日本的陆军官兵们所使用。 

后来,日本有名的贵族学校“学习院”开始将这种陆军官兵们所 

使用的皮背包,用作孩子们上下学使用的书包。后来,日本明治 

时代著名政治家、明治时期的内阁总理大臣伊藤博文,在祝贺当 

时还是皇太子的大正天皇入学的时候,赠送“兰恩多虽努”皮背 

包作为入学礼品,有伊藤博文带头,许多人便纷纷效仿,演变到 

现在,日本小学生入学,都理所当然地、必然如此地“人手一包” 

---日本所有的孩子从小学第一天开始,都使用“兰恩多虽努”, 

就连学校存放书包的柜子,也是根据“兰恩多虽努”的尺寸而制 

定的。 



12
:日本小男孩所使用的“兰恩多虽努”一般为黑色,小女孩使 

用红色。但后来有人批评说孩子们的“兰恩多虽努”,怎么颜色 

如此单一?于是摆放在“兰恩多虽努”销售柜台的颜色种类开始 

丰富起来。然后黑色和红色这二种颜色最耐脏也最经典,依旧是 

大部分父母亲为孩子购置书包时的首选。


兰恩多虽努”的前身,既然是陆军官兵在徒步军训时所使用的, 

因此非常耐磨和结实。孩子们从一年级入学,一直到六年级小学 

毕业,都使用同一个“兰恩多虽努”书包,而且大部分“兰恩多 

虽努”的厂家,都会提供长达六年的保证书。因为要一直使用六 

年,对于“兰恩多虽努”的品质要求也就很高,也因此,“兰恩 

多虽努”的价格自然不菲,3万日元—5万日元是普通常见的价格, 

更贵的超过5万日元以上,而近年来日本经济不景气,厂家也开 

始推出一些便宜系列,但即使再便宜,一个“兰恩多虽努”,也 

必须一万日元以上。

 

最后,记录一段我家小学生在参加入学式的时候,校长在为新生 

致词之后的一段讲话。期待这段讲话能对所有家有小学生的年轻 

父母们有所启迪和帮助:

校长说:各位亲爱的同学,今天开始你们是小学生了,我有一件
 

事想拜托你们,我想拜托每一位同学,从今天开始,自己的事都 

由自己动手做。 

还有各位爸爸妈妈,我也想拜托你们三件事: 

第一:要等待----要用爱心与耐心等待你的孩子独立完成他们自己 

的事。我们不是天生就能手脚麻利雷厉风行的,当孩子动作慢的 

时候,请耐心等待,请用最温暖的目光注视他们,每一个身心健 

康的孩子,都是在温暖的注视中成长起来的。 

第二:要聆听----当你的孩子想和你说话时,无论你多么忙,请放 

下你忙活的工作或家务,蹲下身来,细细地聆听你的孩子想对你 

说的话。请不要拒绝孩子想要诉说的请求。与孩子之间的良好交 

流,就是在这样的点滴之间建立起来的。 

第三:要询问----每天要制造家庭谈话时间,要主动询问孩子在学 

校在外面的活动, 心情和感受,让孩子感受到被关爱,建立信赖 

的亲子关系。

 


|

« 2383 中国は見る(1266) 小学校の入学式 : 子供の学校での最初の授業 (上) | Main | 2385 中国は見る(1268) 桜と日本人 »

社会生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2383 中国は見る(1266) 小学校の入学式 : 子供の学校での最初の授業 (上) | Main | 2385 中国は見る(1268) 桜と日本人 »