« 2384 中国は見る(1267) 小学校の入学式 : 子供の学校での最初の授業 (下) | Main | 2386 中国の三面記事を読む(958) 2012年 今年の武漢の桜(上) »

2385 中国は見る(1268) 桜と日本人

 

樱花与日本人 

2010-05-25 09:26:17   辛子IN日本

 

日本というと、まず思い浮かぶのは桜である。

 
桜は日本のシンボルであるだけでなく、日本人の精神を代表

するものです



日本人の団体意識は誰もが知っていることですが、桜も団体

精神を徹底して表現する花なのです。     毎年、春になると、

日本列島の桜は、南から北へ花うつように咲いて行きま

す。 それは春そのものをすべて巻き込み、桜が実は弱々し

い花だということを、ほとんど人々忘れるほどです。

の花を一つ一つ見ると、それはとても小さく、非常に弱々

しいものです。   でも、すべての桜が一斉に花を開く時、そ

の結集力は、言葉で表現できない感動をもたらします。 で

すから、多くの人々が、桜は、日本という民族の精神を代表

しているというのです。



桜の開花の時期はとても短く、満開となって1週間で、次々

と散っていきます。  春風が吹くたび、桜吹雪となり花が落

ちていきます。 日本人は桜の花の短く光り輝く生命を、武

士道精神に喩え、 “花は桜木、人は武士” と言います。 

治時代の有名な 学者・新渡戸稲造 が英語で著述した名作

《武士道》の最初に、“ いわゆる武士道とは、その表徴たる

桜花と同じなり”と書いています。 



桜の花が波うつように咲いて行き、そして波うつように散っ

ていく


日本の学者は、 桜と武士道精神を同列に論じていますが、

かし、 一般の日本人にとって大好きなのは、桜そのもの

。   桜の優美さは、人々になんともいえぬ感動を与え、

桜の短い命に、生命のはかなさを感じさせます。 また、そ

れにより、ますます生命の貴さを大切だと考えさせます



桜は日本人の精神を代表するだけでなく、日本人の宗教心

れています。    古代、農業に従事していた日本人は、

の木を聖樹として信仰し、 桜の開花から、 一年の吉凶を

予測ていました。    このような桜に対する素朴な信仰は、

古代からあり、代々広く伝えられてきました。    そして現在、

年春、日本列島の“桜前線”(桜の開花予想)と桜の満開

報となっています



桜の花が波うつように咲いて行くのと同様、日本人の “桜見

物の行動”も、波立つようにすごいがあります。  桜の

満開日曜日には、どの家も“一家総出、老人から若者

までみんな桜の木の下に集まります。 地面に大きシー

トを準備した“桜弁当”を開け、気合う友いっしょ

談笑し、酒を酌み交わし、酔った桜の木の下で桜の夢を

見ます。  覚める頃には、夕方になり、夜の暗い景色

中の桜はまた違う美しさがあります。  暗闇に見える夜桜

を見ながら、 また杯を酌み交わし、 酔いに任せて歌ったり

踊ったります。    美しい桜は日常生活の疲れを忘れさせ、

人々の心にずっと仕舞ってきた気持ちを呼び覚ましてくれ

す。



桜の花の華麗な期間はいが、 桜の樹齢は長く、千年を超

るものもあり、 人々に、古い桜、千年の魂が宿って

るのではないかと、思いをはせさせることがあります。 

本の文学作品の中では、桜 が多く取り上げられていす。 


桜は、誰も楽しめです。 桜が代表しているのは、日

本民族の精神だけでなく、日本民族の複雑で矛盾し気性

代表しています。 

 

 

樱花与日本人 

2010-05-25 09:26:17   辛子IN日本


说到日本,人们自然会首先想到樱花。


樱花不仅是日本的象征,甚至还是代表着日本人的精神。 

日本人的团队精神有目共睹,而樱花正是表达团队精神最彻

的一种花朵。  每到春天,日本列岛的樱花,就如同花的浪

潮一样,从南到北地如同潮水一般开放,其席卷春天的架势,

令人几乎要忘记,樱花其实是多么柔弱的花朵。



单独看樱花,一小朵一小朵地,十分柔弱,但是,当所有的樱

花一起开放时,    其凝聚力却能带给人们一种无言表达的震

撼。因此,许多人都说,樱花,代表着日本这个民族的精神。

樱花的花期很短,盛开一周之后,便开始纷纷飘零坠落,春风

徐来时,落下一阵又一阵的花瓣雨。  日本人用樱花短暂而灿

的生命,来比喻武士道精神,说:“花为樱木,人则武士”。

日本明治时代著名学者 新渡户稻造,也曾在其用英文著述的

作《武士道》一书的开章里写道:

所谓武士道,就是如同日本的象征----樱花一样的事物。”


樱花象潮水一般地开放,又象潮水一般地飘落 

虽然日本的学者与武家,将樱花与武士道精神相提并论,但对

于普通的日本人而言,他们所喜爱的只是樱花本身,樱花的细

腻与纤细,带给人无名的感伤,樱花短暂的开放令人感怀生命

即逝,从而愈加珍惜生命之可贵。



樱花不仅代表着日本人的精神,也隐藏着一份日本人的宗教心。

古代从事农业的日本人, 从樱花的开放中预测一年的凶吉,将

樱树 当作圣树来信仰, 这种源于古代的、 对樱花质朴的信仰,

代代流传下来, 演变至今成了每年春天 日本列岛的人们对于

樱花前线”(樱花开花的花期)的预测,以及赏樱的期待。



如同樱花象潮水一般开放那样,日本人的“赏樱行动”也如同

潮水一般“汹涌”。樱花盛开的周日,家家户户都  “倾巢而出”,

老老少少全都“移民”到了樱花树下。 铺上一大块野餐布,打

开特意准备的“赏樱便当”,邀谈得投缘的亲友一起喝上一杯,

喝得醉了便倒头在樱花树下做个樱花梦。  梦醒时分,华灯初

上,夜色朦胧中的樱花别样的娇美,隐隐约约中令人遐思,在

夜樱中再度举杯,借着微醉载歌载舞。  柔美的樱花洗涤去人

们日常生活的疲惫,唤醒人们内心中封存许久的幽幽情怀。



樱花的花朵绚丽短暂,而樱树的树龄却可以高寿长达千年之

久,令人遐想着在古老樱树里,是否居住着千年的灵魂。  在

日本的许多文学作品里, 樱花不仅被描述成仙子,也被描述

成女鬼,既清雅圣洁,又妖冶淫荡,即灿烂又静谧,既大胆又

含蓄,既复杂又单纯。



樱花,这种雅俗共赏的花朵,所代表的不仅仅是日本这个民

的精神,还代表着日本这个民族复杂而矛盾的性情。  (此

文为学生杂志《课堂内外》的一篇约稿)

|

« 2384 中国は見る(1267) 小学校の入学式 : 子供の学校での最初の授業 (下) | Main | 2386 中国の三面記事を読む(958) 2012年 今年の武漢の桜(上) »

社会生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2384 中国は見る(1267) 小学校の入学式 : 子供の学校での最初の授業 (下) | Main | 2386 中国の三面記事を読む(958) 2012年 今年の武漢の桜(上) »