« 2360 中国は見る(1255) 思い出の “雷鋒日記” | Main | 2362 中国は見る(1257) トイレは最高の場所 »

2361 中国は見る(1256) 日本での“雷鋒精神”


雷锋精神”在日本

2012-03-04 14:15:13   辛子IN日本

 

(注:雷鋒精神 : 雷鋒とは1960年代に殉職した中国人兵士。 苦し

い生活の中でも勉学に励み、 人々に奉仕する心を忘れなかったと

して表彰され、「雷鋒に学ぼう」という国民運動が行われた。   雷鋒

は社会主義と共産主義の思想と道徳を実践した手本であり、雷鋒

精神は中華民族の精神と讃えられている)



昨日外出した時、電車大阪梅田を通った。 電車の制服を

た駅員2人が、一人傾斜板を持ち、もう一人折り畳み式の車

椅子を持って、阪電車梅田のプラットホームで、静かに何

待ってい

Photo0




しばらくして、電車が駅に入ってきた。 電に乗っていた乗客達

降りた後、 2人の員は先車両とプラットホームのすきまに 傾斜

板を設置し、 それから人はいっしょに折り畳ん車椅子を車両に

持ち込んだ。 約2,3くらいして、2人は首を曲げた全身麻痺の

人を降ろしてきた。


梅田は大阪最大の駅で、毎日人の行き来が絶え間ない。 だから、

この駅員が何をしているのか注意するいません。 この二人の

駅員は、雷鋒を学んだことなどないだろうし、恐らく雷鋒の名前さえ

聞いたことがないだろう。 彼らは“雷鋒精神”がかわからないま

ま、ただ彼ら本の仕事をしているのです。  身体の不自由な乗

の面倒を見るのが、彼らの当然の務なのです。



日本幼稚園小学校の運動会に行った時、足障害があり

椅子に乗った子を先生が推して、他の子供と一緒に“体操”させ

ているのを見たことがあります。  また、子供達の演技邪魔にな

らないよう、先生は灼熱の太陽の下、ずっとしゃがみどおしです。 

これら日本幼稚園学校の先生も雷鋒を学んだことなく、

雷鋒の名前すら聞いたことがありません。 彼らも“雷鋒精神”が

かわからないまま、 駅員と同、彼らもただ本の仕事をして

いるのです。 乗客を大切にするのは、“人”としての前提であり

見守るのも、“先生”としての条件なのです

111111







 

我が家の娘が5歳の時、彼女の幼稚園の運動会に出たことがあり

ます。 運動会が終わった後、自分った小さい椅子を教室に

戻す前に、歳のは先ず雑巾で椅子の足の汚れをきれいにし

いました-----この歳の、自分のもの自分で責任を持

つ、自分の事、自分で必ずやることは言ってはいたけれど、

お母さんは、これまで彼女に雷鋒を学ぶよう求めてませ

んでした。  彼女は雷鋒を学ばなかったのに、 人として成長する

過程で、持つべき常識を学んでいたのです。 将来、人を手助け

できる人となれるよう、彼女はしっかり一人立ちできることを学んで

いました。


21の後、私のは小学校に行きました。 私はいつも

のように、女の小学の運動会に出席しました。 

運動会が終わった後、5,年生達は、1,2

テーブル運搬の手助けをしていた外、 みんながいなくなっ

動場で、これら高学年の子供達は、そのまま残、腰をかが

たりしゃがんだりして、大きい子がきれいな運動場を、小さい

ごみが落ちていないか、事細かにもうチェック査していました。

 この日本の小学生、彼女たちもこれまで雷鋒のことを聞いたこと

ないでしょう。 “雷鋒精神”とは何かもわからないでしょう。  

彼らがこんなことをても表彰を受けることはありません。  小学校

の高学年の生徒として、これは彼女たがやるべき常識の一つ

です。



それでは、“雷鋒”を知らずわからない日本に、“雷鋒精神”はあ

るのだろうか? ノーです。 もし雷鋒のようによい事をし

ても名を残さないという基準で評価するとすれば、日本

鋒”に似たようなものがあります。 例えば、こ写真、トラのマ

クをかぶっ、名を“伊達”と言う人、中国のメディアで、

日本の雷鋒”と言われています。

31伊達は、日本のアニメ《タイガーマスク》の主

人公で、小さいときから孤児院で育ちました。 

長してその後有名なレスラーになり、そして自分が得

賞金を、無償で孤児院に寄付します。  篤志家として活躍す

るアニメのキャラクターです。



2010年のクリスマス、日本の多くの児童福祉施設に、“伊達

人”という匿名でクリスマスプレゼントが届けられました。 続いて、

2011年の初春、子供達の入学際、児童福祉施設にまた“伊

人”という人からの新しいかばん文房具用品が届けられ

ました。 最初に、“伊達人”が現れ後、日本の全国各地

々と多くの“伊達人”が現れました。  “伊達人”がアニメ

タイガーマスク》の主役であったため、 この善行は匿名のよい

行いとし、日本のメディアに “タイガーマスク運動” として取り

上げられました。  日本のメディアの調査によると、2010年のク

リスマスから2011115日まで、このわずか短い間に、 日本

各地の児童福祉施設幼稚園などには、全部で1000件以上

の“伊達人”の贈り物が届けられました。  合計すると、子供

達に贈られたかばんは750余り、 現金と商品券3200

円でし



今なお、この“伊達人”の“タイガーマスク運動”は続ていま

す。 32日のアジア通信によると、東日本震災を受けた

浦市庁は、31日に郵送80万円の現金を受け取りま

した 

差出人匿名、姓名と住所書いていなかったため、土浦市

は遺失物として処理し、警察署に届けました。   土浦市

遺失物処理法の規定では、保管期間が3か月なので、もし3ヶ月

たってもこの80万円のお金を受け取る人いなければ、 寄付

して社会福祉部門に渡すということです


日本メディアの“パパラッチ”達、何度も児童福祉施設幼稚

の近く身を隠し、“伊達人”の謎を解こうとしましたが、

れら伊達人”達は、あるいは匿名で郵送したり、あるいは夜

更け寝静まった頃をんでいます。 メディアはやっと早朝に、

“伊達人”を捉まえましたが、やはりタイガーマスクをつけてい

まし



今なお出現する日本の“伊達人”は、依然として姓名はわか

らないままです。


32


アニメ《
タイガーマスク》の主人公の“伊達人”

日本各地大量に出現する“伊達人”の慈善行為、とて

人のを温めます。  しかし日本政府はこうした状況に便乗

して大規模に“タイガーマスク運動”を展開しようとしません。 

学校の先生達も学生達に“日本の雷鋒—伊達人”に学べとは

求めません。

 

人民に奉仕する”このような崇高な理想と比べて、日本学校

教育理念、あまりにも小さく、低いものです。  先生達は子

、大きくなっても人民に奉仕するよう求めません。 子供

達に求めるのは、一人で生活できる能力であり、社会に面倒を

かけない、人々のお荷物にならないということなのです

雷锋精神”在日本

2012-03-04 14:15:13   辛子IN日本



昨天出门时,乘电车路过大阪的梅田,看到两位穿制服的阪急

电车公司职员,一人手拿一块斜台板,另一人手中拿着一辆折

叠式轮椅,站在阪急电车的梅田站台上,安静地等待着什么。



一会儿,一辆电车进站了。待车上的乘客们都下车离去后,两

职员先将斜台板垫在一节电车车厢与站台的缝隙之间, 然

后两人一起拿着折叠轮椅进了车厢。大约过了23分钟,两个

人从车厢里推出一位脖子歪到一边的全身瘫痪者。



梅田是大阪最大的电车站,每天人来人往,川流不息,没有人

意这两位电车公司的职员在干什么。 这两位日本的电车公

司职员,他们没有学过雷锋,恐怕连雷锋的名字,也没有听说

过。  他们并不懂得“雷锋精神”是什么,他们只是在做一件他

们应该做本职工作:照顾一位身体不便的乘客,是他们应有的

职业操守。  去参加日本的幼儿园和小学校的运动会,我看到

腿有残疾的孩子, 座在轮椅上,由老师推着,和其他孩子一起

“做体操”,为了不影响孩子挥舞呼啦圈,老师必须在烈日炎炎

下始终蹲着。  这些日本幼儿园和学校的老师,他们也没有学过

雷锋, 也一样恐怕连雷锋的名字,也没有听说过。 他们也一样

并不懂得“雷锋精神”是什么,和电车公司的职员一样,他们也

只是在做一件他们应该做本职工作:关爱他人, 是作为“人”的

前提,关爱学生,是作为“老师”的条件。



我家小朋友5岁那年,我去参加她在幼儿园的运动会。运动会结

束之后,在将自己坐的小椅子搬进室内的教室去之前,5岁的小

朋友懂得先拿出抹布,将椅脚上的灰尘认真擦干净-----这位5

的小朋友,她的老师和妈妈也从来没有要求她学雷锋,但要求

己的东西要自己负责,自己的事,必须自己去做。  她不在学

雷锋,只不过在学习她作为人的成长过程中,必备的一点常识。

她必须先学会很稳妥地独立行走,将来才有能力去搀扶需要帮

助的人。  后来,我家小朋友上小学了。我照例去参加她的小学

生运动会。    运动会结束之后,我看到五六年级的高年级小学

生们,除了帮助一二年级小朋友搬比较重些的桌子之外,在大

家都从操场退场之后, 这些高年级的孩子们,仍然留下来,弯

腰、蹲下来,将诺大一个已经很干净的操场细细地再检查一遍,

防止漏掉了一些细小的垃圾。这些日本小学生,她们也从来不

曾听说过雷锋。 不懂得什么叫“雷锋精神”。他们干这些也不会

受到表扬。因为作为一名小学高年级的学生,这是她们必须具

备的常识之一。



那么,不知道也不懂得“雷锋”的日本, 是否便不存在有“雷锋精

神”呢。答案是否定的。如果拿雷锋做好事不留名这条标准来衡

量,日本貌似也是有“雷锋”的。例如下面图片中,戴着虎头面具,

自称名叫“伊达直人”的人,在中国的新闻媒体上,被称为“日本

雷锋”。



伊达直人是日本的一个老动画片《虎面人》里的主人翁,从小在

孤儿院长大,长大之后成为有名的摔跤选手,并将自己所得的

奖金,无偿捐献给儿童福利院,是一位善乐好施的漫画人物。

2010
年的圣诞节,日本的好几家儿童福利院,都收到了名为“伊

达直人”的人匿名赠送给孩子们的圣诞礼物。接下来,在2011

初春,孩子们的入学之际,又有不少儿童福利院收到名为“伊达

直人”的人, 赠送的崭新的书包和文具用品。 从第一个“伊达直

人”出现之后,日本全国各地相继出现了越来越多的“伊达直人”,

因为“伊达直人”是动画《虎面人》的主角,所以,这场善乐好施的

匿名好事,被日本媒体称为“虎面人运动”。根据日本媒体的调查

显示:从2010年圣诞节开始到2011115日,短短的时间里,

日本各地儿童福利院和幼儿园等,一共发生了超过1000件以上

的来自“伊达直人”礼物。合计赠送给孩子们的书包有750多个,

现金和商品券约3200万日元。



而至今,这场“伊达直人”的“虎面人运动”依旧在继续。32

日本新闻报道说:遭受过东日本震灾的茨城県土浦市政府,在3

1日收到了装在信封里邮寄来的80万日元现金。  因为寄信人是匿

名的, 没有写姓名和地址,因此土浦市政府只好将其作为失物处

理,转交给市警察署,土浦市政府准备按日本的失物招领法规定,

等待3个月,如果超过3个月这笔80万日元的钱依旧无人认领的话,

就将作为捐款转交给社会福利部门。



日本媒体的“狗仔队”们,曾经多次躲藏在儿童福利院或幼儿园附

近,想解开“伊达直人”之谜,但是这些“伊达直人”们,或者选择匿

名邮寄,或者选择夜深人静。媒体好不容易在一个大清早,“抓”住

了一个“伊达直人”,但居然还是个戴着虎头面具的。   

 

至今,出现在日本的“伊达直人”,依旧不知道他们姓甚名谁。

动画片《虎面人》的主人公“伊达直人”。



日本各地涌现的“伊达直人”善举,很温暖人心。但日本政府并没

有因此而因势利导地展开一场轰轰烈烈的“伊达直人”运动。 学

校的老师们也没有要求学生们必须向“日本雷锋—伊达直人”学习。

与“为人民服务”这样崇高的理想相比, 日本学校的教育理念,无

疑是渺小而卑微的:老师们不要求孩子将来长大为人民服务, 只

要求孩子们将来长大后有独立生活的能力,不要给社会添麻烦,

不要成为人民的包袱。

|

« 2360 中国は見る(1255) 思い出の “雷鋒日記” | Main | 2362 中国は見る(1257) トイレは最高の場所 »

社会生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2360 中国は見る(1255) 思い出の “雷鋒日記” | Main | 2362 中国は見る(1257) トイレは最高の場所 »