« 2361 中国は見る(1256) 日本での“雷鋒精神” | Main | 2363 中国は見る(1258) 3月8日の国際婦人デー »

2362 中国は見る(1257) トイレは最高の場所

 

厕所是个好地方 

2012-02-29 08:13:18 辛子IN日本

 

 参考 】

1.1956 中国は見る(952)《トイレの神様》 中国でも評判  

2011年1月16日

2.2085 中国は見る(1050) 日本の家庭のトイレのアクセサリーいろいろ 

2011522

 

 

ニュースを見てたらこんなのがあった。 インド中部ある村に住

でいるノーレイさんという性が、ぎ先にトイレなく、外で用を足

さなければならないため、非常に困り、ノーレイさんは家を出て抗議

をした。  ノーレイさんのが家の中にトイレを作ったので、ノーレイ

さんはやっと家に戻ったという



現在、 インドの一部農村では依然として室内にトイレをける

ことは不だと考えられている。  そのため、インドの一部の地方政

府は保健衛生のため、 これまでずっと室内トイレを無償で設置する

宣伝活動を展開してきたが、しかし依然として村民達の強烈な抵抗

っている。 しかしノーレイさん、現地村民の考えを変

え、全村の“便所革命”を促進させることとなった。 現在、ノーレイさ

んが住んでいるでは、トイレを設ける家庭がどんどん増え、 ノーレ

イさんは、このため民間機関から表彰と1万ドルの賞金もらった。

2010国連の報告書によると、9億近インド人が、みな自分の

携帯を持っているが、 しかしトイレを持っているのは36600万人

に過ぎず、インド総人口のわずか三分の一である。  もう一つの

ータによると全世界70人口の中26億人がトイレないとい

う。 


現代人にとって、トイレはとても重要です。 昔から、トイレはずっと

最高の場所でした。 例えば《鴻門の》 の中で、項羽は「鴻門

の宴で劉邦を殺そうと思った。  項羽のいとこ項荘が、宴会の

で剣舞をしながら、歩一歩劉邦に近づ命を取ろうとした。 

そのため“項荘剣舞、意は劉邦にあり”と言われている 劉邦

は「死の危険」が迫っていた。  いかんせん?   劉邦はその時、

トイレに行った。 “坐須臾、沛公起如厠” (座ってしばらくして、沛

公は立って厠に行った)、 トイレに行く振りをして、 劉邦は素早く

自分の営に逃げ戻り、 兵営にいたスパイを殺し、 自分の命を

守ることができた。 



1972年9月27日、 中国交樹立の2、中国の周恩来前総

と日本の田中角栄元首相など中両国代表、 北京いくつ

かの重要問題交渉を行っていた時、なかなかうまくいってなかっ

た。  田中角栄が交渉は決裂とっていた時、突然毛沢東主席

田中首相と合と言う知らせが入った。 そこでその日の夜、田

中角栄は、中南海で最初で最後毛沢東との会談が行われた。 

その時沢東と田中角栄の通訳した林麗韫さん記憶によると、

田中首相主席と握手した後、最初に言った言葉は、 “申し訳

ありません、トイレをお貸しくださいだったという。 



田中角栄と毛沢東は初めての対面で、その時の雰囲気はまた厳

緊張していたので、 田中首相はトイレを“借り”心の中の苦し

気持をほぐそうとしたのだろう。 田中首相が、トイレから出てく

と、 書斎にい毛沢東は、気軽な口調で田中首相に、“けんか

終りしたか?”と訊ねた。   主席故郷の湖南なまりのユ

ーモアは、 ずっと緊張してい雰囲気を一変させ、 続く会談も順

調に進んだ。  2日後中両国は正式に国交樹立中共

同声明》を発表



2010年、植村花菜という女性歌手が、小さい時おばあちゃん

に暮らした時代を思い出しながら書いた  トイレの神

》という歌があります。  歌詞はこうです。   おばあちゃんは、

トイレの中には女神さまがいて / トイレをキレイにしたら / トイレ

の神様のようにベッピンになれると言った”     植村花菜

な歌声はたくさんの人々の心を動かし、この歌はたちまち日本

一世風靡し、そして第52回“日本レコード大賞”の優秀作品

賞を受賞


緊張した空気を緩和することができるだけでなく、さらに“トイレ

命”賞金をもらうこともできます。 また肝心な時には、避難、脱

出の口実とすることもできます。 トイレは本当にいいところです。 

ただ、“女神さまがトイレに“住みたい”かどうか、私達女神さ

のようにきれいどうか、  トイレを大切にしている

どうかをみないといけません――これは文明人としての教養に

かわるものです。

 

ついでにネット上で見たトイレ写真を転載します。 面白いもの

枚かあります。


TOTO最新トイレの宣伝写真。 これは日本家庭のトイレ

アクセサリー。 現在よく見られるものです。

1

2:これはロートルーター社が、毎年催している“豪華トイレ大会”の

中の優勝作品です。

2

3:日本のスキー場のトイレ 

3

4:洗濯機付きのトイレ 

4



5:日本の“かわいいトイレ”と比、欧米トイレはとても“ユーモア”

あります

5

6

6

7

7

8:韓国ソウルのトイレの案内

8

 

 

 

厕所是个好地方 

2012-02-29 08:13:18 辛子IN日本

看到一则新闻报道,说居住在印度中部某村庄的一位名叫娜蕾

的女子,嫁到夫家后因为没有厕所,只能在室外排便,十分不习

惯的娜蕾用离家出走来表达抗议。直到娜蕾的丈夫在家中设置

了一间厕所之后,娜蕾才重新回家。

到现在,印度一些乡村的村民们依旧顽固地认为:在室内设置厕

所是不洁的。因此,尽管印度的一些地方政府为了保健卫生,一

直在开展无偿设置室内厕所的宣传活动, 但依旧遭到村民们的

强烈抵制。但娜蕾的举动,却改变了当地村民的思维,因此带动

了全村的“厕所革命”。 现在娜蕾所在的村庄,设置厕所的家庭

越来越多, 娜蕾也因此受到一家民间机构的表彰,并获得奖金

一万美元。

2010
年联合国的一份报告指出 :尽管有近9亿印度人都拥有自

己的手机,但却只有3亿6600万人拥有厕所,仅占印度总人口

的三分之一。而另一份数据显示:全世界70亿人口中,有26亿

人没有厕所。

对于现代人而言,厕所是相当重要的,而自古以来,厕所也一直

就是个好地方。

例如《鸿门宴》中,项羽心怀杀机在鸿门宴请刘邦。项羽的叔伯

兄弟项庄,在宴席上假意舞剑助兴,步步逼近沛公刘邦想取其

性命,因此才有了“项庄舞剑,意在沛公”一说。 刘邦眼看有杀

身之祸,怎么办呢?刘邦于是就去上厕所--- “坐须臾,沛公起

如厕”, 借上厕所之名, 刘邦飞快溜回自己的军营,宰掉了营

中奸细,夺回自己一条性命。

1972
927日,在中日建交的前二天,中国前总理周恩来、

与日本前首相田中角荣等中日两国代表, 在北京就几个关键

问题进行谈判时,闹得有些不愉快。 正在田中角荣以为谈判

要闹崩时,突然接到消息,说毛泽东主席要跟他见面。于是当

天晚上,田中角荣在中南海第一次、也是最后一次实现了与毛

泽东的会谈。 当时为毛泽东和田中角荣做翻译的林丽韫女士

回忆说 : 田中与毛握手之后,说的第一句话就是 “对不起,借

用一下厕所。”

田中角荣与毛泽东第一次见面,当时气氛又过于严肃紧张, 于

是田中便 “借用”了一下毛的厕所,缓和一下心中的尴尬。待田

中角荣从厕所出来,等在书房的毛泽东很轻松地问田中:“吵架

吵完了吗?” 毛的一句湖南腔幽默,让一直紧张的气氛活泼起

来,接下来的会谈也变得顺利愉快。 两天后,中日两国发表正

式建交的《中日联合声明》。

2010
年,有一位名为植村花菜的女歌手,怀念小时候和奶奶一

起的童年岁月,写了一首名为《厕所里的小神仙》的叙事歌, 歌

词唱到:“奶奶说/厕所里有个漂亮的仙女儿/如果每天打扫干净/

你就会变得跟仙女一样漂亮好看。” 植村花菜质朴的歌声打动

了许多听众的心, 这首歌很快风靡了全日本, 并获得第52

日本唱片大奖”优秀作品奖。

不仅可以缓和紧张的空气,还能因为闹“厕所革命”而赢得关注

拿到奖金,关键时刻更可以用来作为借口逃难脱身。 厕所还真

是个好地方。 只是,“仙女”是否愿意“入住”厕所,我们能否变

得跟“仙女”一样漂亮好看, 则要看能否善待厕所了—这关系到

作为文明人的教养。

顺便转贴几张在网上看到的厕所图片,有几张很好玩。

1
TOTO最新厕具的宣传写真,这是目前日本家庭厕所装潢中

最常见的一种。

2
:而这张是Roto-Rooter每年举办的“豪华厕所大赛”中的优胜

作品。

3
:日本一家滑雪场的厕所

4
:带洗衣机的厕所。

5
:与日本的“卡娃伊厕所”相比,欧美的厕所很“幽默”。


6


7


8
:韩国首尔的一处厕所标志。

|

« 2361 中国は見る(1256) 日本での“雷鋒精神” | Main | 2363 中国は見る(1258) 3月8日の国際婦人デー »

社会生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2361 中国は見る(1256) 日本での“雷鋒精神” | Main | 2363 中国は見る(1258) 3月8日の国際婦人デー »