« 2344 中国は見る(1244) ネットの質問に対する回答 : 日本の「 職場実態 」など | Main | 2346 中国は見る(1246) もうすぐ ひな祭り(上) »

2345 中国は見る(1245) 中国の“暖かい料理”と日本の“冷めたい料理”

 
中国的“热菜”与日本的“冷饭” 

2009-09-10 19:07:52   辛子IN日本




一時、私は日本式の弁当に凝っていたことがあった。 色と

りどりにおかずが並んだお弁当箱は、見ているだけでとても

楽しい。 自慢気に思い写真に撮りネットに載せ、誰かこれ

見て褒めてくれるのをずっと待っていた。 



でも、私の親しい友達が、容赦なく私を批判した。



あなたの作った弁当は美しいわよ。 でも冷たいものって中

国人の胃袋には合わない。 中国人はなんたって熱いご飯、

い料理、熱いスープですもの”



このような批判は本当にイヤになります! ショックで、しば

らく弁当作るのをやめ、写真も載せるのをヤメました。

でも考えてみると、中国人と日本人、皮膚の色や顔も似てい

のに、しかし飲食の習慣はまるで違います。  飲食の習慣

の違いから、性格もずいぶんと違います。

日本料理は“冷た料理”です:刺身、生の野菜、冷めたい

ぎりなど、冷たいものばかりです。 もちろん、日本人もこれ

の冷たい食べものに汁物を添えています。   でも、決して

い汁”ではなく“温かい汁”です。 日本の“熱い汁(熱湯)”

風呂屋の中だけです。   日本人は入浴する風呂水を湯”

呼びます。



生や冷たいものばかり食べるので、日本人の性格も自然と食

る料理と同じようです。  良くいえば、日本人は理知的、悪

言うと、日本人は“冷たい”と言えます。 ほとんどの人がみ

んな、日本料理は“見る”料理だと言います。    日本料理は

り付け、見た目の美しさを尊重します。 これも日本人の人

なりに似ています-----例えば日本人が大事にする公共の

場所での礼儀は、 人に接する時、きちんとした態度を求め

す。   れらは人々の目に礼儀の美しさとして映ります。


ところで日本料理には香りがあまりありません----見た目に

美しいのですが、食欲がそそられません。  これは日本人

つきあった時の感じに似ています。  いつも相手の礼儀正

さに感心し対応に満足するものの、ただそれだけなのです。 

更にもう一歩 “意気投合”するとか “ウマがあう”とかまでは

いかないのです。 



しかし中国料理は違います。 中国料理は見た目と香りと味

を重んじています。 中国料理で大事なのは熱いうちに食べ

ることです。 料理が熱い時は、食欲がどんどん進みます。 

でも、料理が冷たくなると、どんなに山海珍味だろうと、食

がでません。  中国人のこのような“熱いうちに料理を食

る”型の民族は、日本人と比べると親切で明るくおおらか

が、感動しやすく感情的な面もあります。 気持が高ま

反面、それが過ぎると落ち込むことがあります


日本の男性が浮気をしたのを日本の女性がこれを知った時、

泣かず騒がず大声を上げません。 離婚届を書いて机の上

置いておきます。   財産は半分分け、ほかに毎月、子供

の養育費の支払いを求め、顔色ひとつ変えずに出て行きま

。  しかし中国の女はそうはいかない。 激しく泣き叫び、

感傷的になり、たとえ首を吊らないまでも、怒り叫び、ヒステ

ーを起こし、ひどい場合には、包丁を持って二人共々切っ

やると大騒ぎします。  二つの国の女のこの違いについ

て、ご覧なさい! やはり日本の女の方が、教養がある!”

いう人がいます

 
しかし私は個人的にこう思います。 これは教養の問題では

ありません。  昔から今までの二国の飲食構造の違いから

じた性格の違いから起ったものです。 性格の違いが、自

と何に対しても違ってくるのです。   例えば、日本人の葬

ですが、中国人の葬式のように絶対大泣きすることはあり

せん。 日本人は葬式では静かに挨拶をします。  また泣

もせず、叫びもしません。   時には、顔にほほえみを浮か

ます。 これは日本人の死生観と中国人の違いという人も

ます。 日本人が中国人より生を達観しており、生死を超

して見ているというのです。   この話には道理があります。 

でも私はやはり日本人のこのような性格を作った大きな理由

は、やはり日本人の飲食構造がそもそもの源だと思っていま

す。 考えてもご覧なさい。 先祖代々、冷たい食物を食べ

成長してきた民族に、喜びや悲しみを大胆に表現する性格

期待できると思いますか?



中国的“热菜”与日本的“冷饭” 

2009-09-10 19:07:52   辛子IN日本


有段时间我热衷于做日式便当,红红绿绿地摆在便当盒里,煞

是好看。心中得意,拍了N多照片摆到网上来,“守株待兔”般地

专门等着朋友们的表扬。 



可是我最亲密的一位朋友却毫不客气批评我了:



你做的便当虽然好看,但冷冰冰地不适合中国人的胃。 中国

人习惯的是热饭热菜热汤。”

这样的批评真是令人大倒胃口啊!受了打击,所以我现在好久

不做便当也不贴照片了。



不过想想,中国人和日本人,虽然肤色脸孔都长得比较接近,

但饮食习惯却是如此不一样。

因为饮食习惯的不一样,性情也因此大大地不一样。 

日本料理是“冷料理”:生鱼片,生蔬菜,冷饭团,全是冷的

的。    当然日本人也会给这些生冷食物配个汤,但绝不会是

热汤”而是“温汤”。 日本的“热汤”只在澡堂里有,因为日本

人管洗澡水叫“汤”。 



吃多了生冷的东西,日本人的性格也自然和他们所吃的料理一

样。说好听点是日本人很理智,说难听点就是日本人其实和他

们的料理一样“生冷”。大家都说日本料理是用来“看”的料理。

日本料理讲究造型,追求视觉的美感。这也有些类似日本人的

为人----- 例如日本人讲究公共场所的礼仪,追求待人接物

得体。这些看在人们眼里,就很美,礼仪之美;



但是日本料理很少有香味----看上去很美,却刺激不了人的食欲。

这就像你与日本人打交道一样,你时刻感受到对方礼节的周全,

感受到一种得到尊重的满足----但是,也就仅此而已。你很难更

进一步地与其“臭味相投”或是“香味相投”。 



但中国料理不一样。中国料理讲究色香味,吃中国菜最重要的

是必须趁热吃,菜热的时候胃口大好吃得张扬,菜一旦凉下来,

再是山珍海味,也难提起胃口。也因此我们中国人这种“趁热

吃菜”型的民族,相比日本人要来得热情开朗,但也更容易激

动与情绪化。情绪来了一遍高昂,情绪过后一遍凄凉。 



日本男人闹婚外情,日本女人知道了,不哭不闹不大声。写好

离婚协议书摆在男人的桌子上,财产分走一半,外加每月支付

孩子的赡养费,不动声色地走人。但中国女人不同了:痛哭,

感伤,即使不去上吊但一定愤怒到歇斯底里,严重的,恨不能

拿刀去砍了那对狗男女才好。对比二国女人的不同做法,有人

就说了:瞧啊!还是人家日本女人有修养阿! 



但我个人认为:这不是修养的问题呢。而是从古到今二国的饮

食结构的不同而引起的性格不同,性格不同,自然对事物的处

理方法上也会大不一样。例如说日本人的葬礼,绝对不会像中

国人的葬礼那样哭得呼天抢地死去活来,日本人在葬礼上安静

地鞠躬,不哭不喊,甚至还能面带微笑。有人说这是日本人的

生死观与中国人不一样,说日本人比中国人活得透彻,能更能

坦然地面对生死。这话当然也有道理。但我还是认为造成日本

人这样的性格的主要因素,还是源于日本人的饮食结构,你想

想:一个世世代代总吃着生生冷冷的食物长大的民族,你能期

待他们拥有大喜大悲的淋漓尽致的性格吗?

|

« 2344 中国は見る(1244) ネットの質問に対する回答 : 日本の「 職場実態 」など | Main | 2346 中国は見る(1246) もうすぐ ひな祭り(上) »

社会生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2344 中国は見る(1244) ネットの質問に対する回答 : 日本の「 職場実態 」など | Main | 2346 中国は見る(1246) もうすぐ ひな祭り(上) »