« 2333 中国は見る(1233) 日本の昔ながらの町  なつかしい町並 (上) | Main | 2335 中国は見る(1235) 桜の木の下での思い ―――日本で暮らした経験から感じた 日本人の第二次世界大戦に対する認識(上) »

2334 中国は見る(1234) 日本の昔ながらの町  なつかしい町並 (下)

 

日本のなつかしき時代に戻ったよう:庶民の心意気が感じ

られる 日本一長い商店街 


昔日重来:全日本最长的商店街,庶民的情绪与忧伤

2012-02-05 21:34:19   辛子IN日本

 


16
:《丁目の夕日》は2005年11日本で上映され

たノスタルジア感じさせる映画です。 これは195

代の昭和の時代が舞台で、東京の丁目”商店街

起った日常の生活を描いたものです。 映画それ自体

描写日常のストーリーで、決して驚くようなものではあ

りませんが、しかし感動を与え、々の胸にあたたかい

ものを感じさせ、感情を抑えきれす人もいました。

 丁目の夕日》は、日本で興行収入35億円に達し、

上映直後、日本人の昭和回顧の気持ちを誘発し、日本

昔を懐かしむ風潮が巻き起こりました。

 

現在の日本の学者の多くが、過去の明治時代を懐かし

ように、昭和の時代も日本人の懐かし年代となりま

た。 昭和代の日本、戦後の廃墟の中から再び

立ち上がり、貧しいけれど、未来に希望を持ち、いろん

なことを復興していきました。 現在の中国のように、

時、経済の高成長にあった日本も、みな気持ちが高

揚しり、揺れ動いたり、不安な気持ちがありました。 

しかし、そんな気持ちの中にあっても、人々は自信と力

ちあふれていました。 なんといっても目標があった

らです。 標がある人には、明日を信じることができ、

未来と望を信ることができます。 



でも今の日本高揚した気持ちなどなく、迷いの方が

多いようです。 現在の日本、まだ政府破産すると

いったではありませんが、しかし次のデータを見る

、日本の楽観を許しません 



 
1月19日、厚生労動省発表したデータによると、現在

本で生活保障を受けている2071924人に

達し1951年の戦後の(混乱期)の生活保障の受給者

数を上回ったという。 日本困者層が増加している

原因して非正規雇用による失業が増えたこ

また日本社会の高齢化、それと東日本大震の影響

により失業して生活保障を受ける人は今後もえると

見られています。 



1月30日、厚生労動省は最新の将来推計人口を表した。 

50年後の日本の人口は、2010年の1億2806万人から、

8674万人少するとしている。 現在日本の65歳以

上の高齢人口は総人口の23%となっているが、2060

には40%増える。 また15歳ー64歳の労働人口は

在の半分少するという。 ということは2060には

65歳以上の老人を扶養する働き手は1.3になるとい

うことである。

ほかに日本がこれまで長い間、世界に誇っていた気製

だが、今年の決算で、日本の造業の大手みな

となっている。


パナソニック(松下電器の今年の予想 最終損益 

7800億円

シャープの予想益 ▲2900億円

ソニーの予想益 ▲200億円

マツダの予想益 ▲1000億円

NECの予想損益 ▲1000億円

住友金属工業の予想益 ▲550億円

TDLKの予想損益 ▲110億円


丁目の夕日》のように、日本の家電製品は人の心を温

ていたが、時代の趨勢で今は落日の様相を呈している。

 

《ウォール・ストリート・ジャーナル》はこれについて、

日本の輸出大国時代は終ったと論評している。



日本の将来はどうなるか? 日本の政界から民間まで含め、

まったく五里霧中の状況にある。 この「五里霧中」状況

は、際のところ、日本だけでく、日本を含先進国

全部がそうなっている。 このような「方向感覚を失っ

た」感覚は、八方ふさがりで助けを求めたくなる”感じ

である――経済発展し一定の高度に達すると、回りに

誰もいなくなり”、手本すことも難しなり、引き続

き発展する目標を見失ってしまう。 発展している国の

揚感とて、目標を喪失し、去就に迷っている様には

色彩が感じられる

16_2


17:《丁目の夕日》の中で、“売れない”貧作家の

茶川、居酒屋の女将のヒロミを好きになり、捨て子

之介を引き取育てま

17_2



18:茶川はきれいな指輪の箱を取り出して、ヒロミに

ロポーズします。茶川はヒロミの前指輪の箱を開け

が、中は空っぽで何もあません。



茶川はヒロミ“申し訳ない。 、指輪の箱を買

うお金しかない。 でも、いずれ早く……,箱の中のもの、

……もし私の原稿料もう少し増えたら……



ヒロミは茶川を見つめ、やさしく微笑みながら手を伸ばし、

茶川に静かに“私に付け……と言います。

茶川はそこで指輪のない箱中から、指輪を取り出す

をし、ない指輪を大事そうにヒロミのに嵌めました。 

ロミは“嵌めた指輪”の手を、電灯の下伸ばし、何も

嵌っていない指を、しげしげと見ながら涙を流し、“指輪

……当にきれい…….という。 

ヒロミは金を稼いで親の病気を治すため茶川のもとか

消えていきます。しかし茶川彼女に贈った“見えな

い指輪”のことはヒロミの心の中にずっと残っており、

、一いる時、指には何もないのに、いつも手を伸ば

してじっつめていました。  ヒロミの心の中では、

いつもその見えない指輪”を大事そうに思っているのでした。

日本人にとっては、それは勤勉、強靱、決心、奇跡と前進

象徴する“見えない指輪”です。 それは今どこに

のでしょう 日本人はそれを探し出すことができるでし

ょうか?

18_2

 




昔日重来:全日本最长的商店街,庶民的情绪与忧伤

2012-02-05 21:34:19   辛子IN日本

16:《三丁目的夕阳》是200511月在日本上映的一部怀旧

电影。 这部讲述了50年代日本昭和年间,发生在东京平民百

姓所生活的商店街“三丁目”所发生的一些生活日常。电影本

身虽然描绘的日常故事并无任何惊天动地,但却感人至深,令

人在心生温暖的同时,情不自禁地流出眼泪。《三丁目的夕阳》

在日本的票房收入高达35亿日元,上映之后甚至引发起日本人

的“昭和情结”,令整个日本陷入无限怀旧风潮之中。就像现

在的许多日本学者无比怀念曾经的明治时代一样,昭和年代也

是日本人最为怀念的一个年代。昭和年代的日本,从战后的废

墟中重新站起来,虽然贫穷,但未来却充满希望,一切都百废

俱兴。就像今天的中国一样,当时处于经济高度成长期的日本,

也一样浮躁、动荡与不安----但这些浮躁、动荡与不安的背后,

人们依旧充满了信心与力量,因为毕竟有目标,有目标的人,

才会相信明天,相信未来与希望。 

而现在的日本,虽然少了浮躁,但却多了迷茫。目前的日本,

虽然还没到政府破产的地步,但看看下面的这些数据,日本的

未来不容乐观:

119日,日本厚生劳动省发布数据说,目前在日本领取最

低生活保障的人,已经上升到2071924人,已经超过了19

51年日本战后领取最低生活保障的人数。造成日本贫困人群

不断增加的原因,第一是因为非正规化雇佣带来的失业、以

及日本社会的高龄化,而且,因为东日本大地震的影响,预

计因失业而申请领取最低生活保障的人数还将继续增加。

130日,日本厚生劳动省公布了最新的未来人口预测,预

50年后全日本人口将从2010年的1亿2806万人,减少到

8674万人左右。目前日本65岁以上的高龄人口占到日本总人

口的23%,预计到2060年,65岁以上高龄人口将占到日本总

人口的40%,而15岁—64岁的劳动型人口预计将减少到现在

的一半。 也就是说到2060年,每1.3个日本人,要养活一名

65岁以上的老年人。 

有:日本多年来以精湛的电器制造业称雄于世,但是在今年

的年度核算中,日本的多家制造业巨头都是一片赤字:

Panasonic松下电器今年预计净亏损7800亿日元;

日本夏普预计净亏损2900亿日元;

索尼预计亏损200亿日元;

马自达预计净亏损1000亿日元;

NEC
预计净亏损1000亿日元;

住友金属工业预计净亏损550亿日元;

TDLK
预计净亏损110亿日元;


就像《三丁目的夕阳》一样,日本的家用电器的品质虽然温

暖人心,但却在时代大潮之中呈现出一派夕阳之景。《华尔

街日报》因此发表评论说:“日本的出口大国时代已经终结”。

日本的未来该何处何从,从日本政坛到日本民间,满头雾水,

一片迷茫。这种“雾水”和“迷茫”,其实还并不仅仅属于

日本,而是属于包括日本在内所有先进国家的。这种迷茫很

有些“独孤求败”的感觉----当经济发展到一定高度,就会开

始“高处不胜寒”,再难找到学习的榜样,也更难以寻求到

继续发展的目标与空间。与发展国家的浮躁相比,失去了目

标的迷茫和无所适从,显然更具悲剧色彩。

17:《三丁目的夕阳》里,“卖不动”的穷作家茶川,爱上

了居酒屋的老板娘广美,并收养了孤儿淳之介。 

18:茶川拿出一个漂亮的戒指盒,去向广美求婚。茶川当着

广美的面,打开戒指盒,里面空荡荡的,什么也没有。

茶川对广美说:“对不起,我现在的钱,只够买一个戒指盒,

不过,很快...,盒子里的东西,...如果我的稿费再多一些的话...


广美看着茶川,微笑着,然后伸出手来,静静地对茶川说:

给我戴上...

茶川于是从没有戒指的盒子里,做出拿戒指的动作,将一只根

本不存在的戒指,小心翼翼地、虔诚地“带”到广美的手指上。

广美将被“戴”上了“戒指”的手,伸到灯光下,细细地端详

着,看着空无一物的手指,流着泪,说“戒指...,真漂亮... 

广美因为要挣钱为父亲治病而悄悄离开了茶川,但茶川送给她

的那只“看不见的戒指”,却一直在广美心中珍藏着,在夜晚

独自一人的时候,广美总会伸出手来细细端详,尽管那手指上

什么也没有,但广美在心里依旧充满爱惜地看到了那“看不见

的戒指”的美。

而属于日本人的,那只象征着勤奋、坚韧、决心、奇迹和奋进

的“看不见的戒指”呢,它现在在哪里?日本人还能不能找将

它找回来?

|

« 2333 中国は見る(1233) 日本の昔ながらの町  なつかしい町並 (上) | Main | 2335 中国は見る(1235) 桜の木の下での思い ―――日本で暮らした経験から感じた 日本人の第二次世界大戦に対する認識(上) »

社会生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2333 中国は見る(1233) 日本の昔ながらの町  なつかしい町並 (上) | Main | 2335 中国は見る(1235) 桜の木の下での思い ―――日本で暮らした経験から感じた 日本人の第二次世界大戦に対する認識(上) »