« 2303 中国は見る(1203) 園子さんの伝統的結婚式 (上) | Main | 2305 中国は見る(1205) 日本の正月 »

2304 中国は見る(1204) 園子さんの伝統的結婚式(下)


圆子的日式传统婚礼(组图) 

2010-05-05 13:38:14  辛子IN日本





14:神前結婚式が終ると、引き続き結婚披露宴が行われる。 

披露宴が始まる前は、静かに来賓である新郎新婦が登場する

のを待つ。 

14




15:中国の披露宴と違うところは、日本の新郎新婦は二人

だけで貴賓席みたいなところに座らせられることだ。

15


16:新婦が披露宴で最初に着替えの前に席を外す時、父親

がまず新婦を伴い会場を一巡する。

16


17:新郎新婦が着替えをして登場、新婦は江戸時代の美人姿、

新郎は柔道愛好家なので、この日は特別に格好よく決めている。 

ご覧なさいこの柔道着。 本当に格好いい。 みんな驚いてい

た。

17

18:新婦の園子さんと彼女の友達は一緒になって、「モーニ

ング娘」の流行歌「楽しい婚礼」を歌った。

18


19:新婦の園子さんは来賓達のためにピアノの独奏を行った。 

園子さんは高校の先生で、4歳の時からピアノ、ダンスを習い

始め、ピアノは特に上手である。

19


20:日本の習慣として、披露宴の最後に新婦がみんなの前で、

両親が育ててくれた恩を思い出しながら、自分の両親に書いた

手紙を朗読することになっている。 新婦の園子さんは泣きな

がら読み上げ、会場の誰しも心に感慨ひとしおの思いがあるの

だろう、ひっそりと静まり返っていた。


ここに園子さんが両親に書いた手紙を紹介します: 

お父さん、お母さん:

お父さん、お母さん:今日まで私を育てていただいたことに感

謝申し上げます。 私はわがままなところがあり、時にはお父

さんとお母さんにご面倒をお掛けしたと思います。 今日この

日、私はお父さんとお母さんに心からのお礼の言葉を申し上げ

たいと思います。



お父さん:お父さんは口数が少ないですが、決して物事をいい

かげんにする人ではありません。 そのため、いつもいいかげ

んな私は、お父さんから厳しくしかられました。 多分そのため

でしょう? 小さい時から、私はこれまでお父さんが私を好き

ではないのだろうかと思っていました。 でもある時、私はお

母さんと一緒にアルバムを見ていたら、私の小さい時の写真が

無くなっていました。 お母さんに尋ねると、“それは園子が

小さい時のとてもわいい写真で、お父さんが取って自分の大事

なノートに挟んでいるの”というのです。 その時、お母さん

のこの言葉を聞いた時、私は涙を流してしまいました――お父

さんは私が好きだったんだ。 であるところです!お父さん、

今までですが、私はあなたに対して一度も言い出したことがな

くて、しかし今日私はお父さんに対して言います:私はたいへ

んあなたを愛して、お父さん。



お母さん:私はお母さんとは何でも話しましたね。 いっしょ

に夜通ししゃべったり、いっしょにお風呂でたくさん話をしま

した。 多分ただのどうということもない話でしたが、でもお

母さんは、その中で私にいろんな大事なことを教えてくれまし

た。 それらは私のその後の生活の指針となりました。

 

娘として見るお母さんは、とてもかわいく、誰からも好かれる

人です。 お母さんの性格は生真面目で、いつも感動してばか

りいます。 でも、自分を失うようなことはありません。 そ

うしたことが、みんなから受け入れられる理由なのでしょう。 

お母さん、今日このような日でなければ、私は一生、お母さん

にこんなこと言えませんでした。 今まで私は、お母さんのよ

うになることにあこがれていました。 私もお母さんのような

女性になりたいと思います。



総一郎さん、あなたは本当にやさしい男性です。 いつも悩み

事を相談すると、いつも黙って素直に聞いてくれました。 あ

りがとう、総一郎さん。 あなたが私の弟になるなんて、本当

にうれしい!



お父さん、お母さん、子供のような私が、今、お嫁に行きます。 

お父さんとお母さんは、心中きっと不安に思われていることで

しょう。 でも、これからは、私の側には大輔さんがいて、し

っかり引っ張ってくれます。 大輔さんは見た目には頼りなさ

そうに見えますが、実際はとてもはっきりとしたところがあり、

よく気がつく、まじめな人です。 彼は私に、新しい人生観を

与えてくれただけでなく、特に大事なことは、彼は私をとても

大事に思ってくれるということです。 だから、お父さん、お

母さん、心配しないでください。 私達は一緒に心を合わせ、 

あたたかい幸福な家庭を作りたいと思います。

20


 

21:両親への手紙を読み終わった後、新郎新婦は一緒にそれ

ぞれの両親へ花を贈呈した。 その後、誓いの言葉を読み上げ

た:“苦労があろうと、これからは共に手を携え共に歩みます”

娘の嫁ぐめでたい日なのに、娘が両親に書いた手紙を聞いて、

生まれた時から大きくなるまでの、来し方のあれこれを思い出

し、両親の目からは自然と涙が流れ落ちる。

21


22:これは新郎の家から新婦の家へ納めた結納の品で、

中国の「聘礼」に似ている。 「結納」は、普通、結婚

式に先立ち、新郎女性の家に届ける

22




 

圆子的日式传统婚礼(组图) 辛子IN日本


14:神前结婚式结束之后,接下来是婚宴。在结婚酒宴开始之

前,安静地恭候婚宴来宾的新郎新娘。 

15:和中国的婚宴不同,日本的新郎新娘是二人单独坐在类似

于主席台之类的地方。 

16:新娘在婚宴中第一次离场更衣前,先由父亲领着绕场一圈。 

17:新郎新娘更衣后登场新娘着江户时代的美人装扮,新郎

是柔道爱好者,所以今天为自己做了个特别的打扮瞧这身柔道

服,真是干净利落看得大家浑身是胆。

18:新娘圆子和她的朋友们一起为大家演唱[早安少女组]的流

行金曲[快乐婚礼]


19:新娘圆子为来宾们表演钢琴独奏。圆子姐姐是中学老师,

四岁开始练琴,舞蹈,钢琴都非常棒。

20:按日本的习俗,在婚宴的最后,新娘都要当众朗读自己写

给爸爸妈妈的信,回忆起父母的养育之恩,新娘圆子泣不成声,

宴会厅全场一片寂静,每人心中都有感慨无数。 



下面是圆子给爸爸妈妈的信: 



爸爸妈妈:

爸爸妈妈:谢谢你们将我抚养至今,我是个任性的人,有时会对

爸爸妈妈说些不懂事的别扭话。但在今天这个的日子里,我想对

爸爸妈妈说几句心里话。

爸爸:爸爸虽然沉默寡言,却决不是个敷衍了事的人。为此对于

老是打马虎眼的我,爸爸曾经给予过严厉的批评。也许是这个原

因吧?从很小的时候,我就从来不知道爸爸是不是喜欢我?直到

后来,有一次我和妈妈一起翻看影集,我留意到自己小时候的一

张照片不知道给谁拿走了,便询问妈妈。妈妈说:“那是圆子小

时候拍得最可爱的一张照片,爸爸便取下来夹在自己随身的笔记

本里了。”当时听到妈妈这么说,我差点流泪了----原来爸爸是喜

欢我的!爸爸,虽然到现在为止,我从未对您说起过,但今天我

要对爸爸说:我非常爱你,爸爸。

妈妈:我和妈妈是无话不谈的。我们一起熬夜,一起洗澡时,总

是会有许多话要说。也许不过是一些闲聊的话题,但妈妈却从中

教会了我许多重要的东西,它们将指引着我今后的生活。

即使是从女儿的视角来看,妈妈也是非常可爱的,而且是人见人

爱的一个人。妈妈性格率真,总是那么容易被感动,但却又拥有

着决不动摇的自己,这些也许正是妈妈受人欢迎的原因吧?妈妈,

若不是今天这样的日子,也许我一辈子也不会对你说这些。一直

以来我是那么向往妈妈,盼望自己也成为妈妈那样的女人。

还有总一郎,你真的是个非常温和的男孩子,每次我有什么烦恼

对你诉说,你从来都是毫不拒绝地耐心地倾听。谢谢你总一郎,

有你来做我的弟弟,真好!

爸爸,妈妈,象个孩子般的我,如今却要嫁作别人的新娘,爸爸

妈妈的心中一定有许许多多的不安吧?但今后,我的身边会有大

辅一直牵引着我。大辅平时看起来有些大大咧咧,而实际上却是

个非常有主见,很细心而又认真的人。他不仅给予我全新的人生

价值观,更重要的是,他将我看得非常重要。所以,请爸爸妈妈

不要担心,我们会为建设一个温暖幸福的家庭而二人一起齐心协

力的。 



21:读完写给爸爸妈妈的信之后,新郎新娘一起给新娘的父母

献花。并立下誓言无论风雨,从此他们都会共同携手并肩一起

走过。


虽然是女儿出嫁的大喜日子,但听着女儿写给自己的信,回想起

女儿从出生到长大成人,这一路走过来的日子,爸爸妈妈忍不住

热泪盈眶。 

22:这是新郎在婚礼前送给新娘家的[结纳],类似中国的聘礼。

[结纳]一般在婚礼开始一周前,由男方送至女方家中。

|

« 2303 中国は見る(1203) 園子さんの伝統的結婚式 (上) | Main | 2305 中国は見る(1205) 日本の正月 »

社会生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2303 中国は見る(1203) 園子さんの伝統的結婚式 (上) | Main | 2305 中国は見る(1205) 日本の正月 »