« 2252 中国は見る(1165) 日本は安全な国か?(上) | Main | 2254 中国は見る(1167) 原発作業用“ロボットスーツ”開発 »

2253 中国は見る(1166) 日本は安全な国か?(下)

日本还是个安全的国家吗? 

2011-11-10 17:17:57 辛子IN日本


また、“福島渡利地区”については、こういうことがありました。


東電の原発事故発生後、日本政府は“カタツムリ”のようなスロ

ーな救援活動を行っています。 でも、その救援工作は“ゆっく

り”したものです。 “原発事故避難地域”と指定された福島住

民は、緊急避難先を確保される外、東電の賠償金をもらうことが

出来ます。 しかし、福島原発から60キロ離れた福島市渡利地

区は、政府に認定された避難地区でないため、現地の災害対策本

部の責任者は、住民達にできるだけ、放射能の“除染”をするよ

う求めるだけで、女性や子供を避難する措置をとっていません。 

今年5月、渡利益地区の幼稚園が、自分達で放射能を測定したと

ころ、なんと毎時最高90マイクロシーベルトの値がでました……。 

2011年10月17日、テレビ朝日の記者が渡利益地区へ現地

取材に行き、このことをメディアを通じて明らかにし、国民の間

から強い不満の声が起こりました。。。。。。


上記のニュースは、自然とみんなの疑問を引き起こします。 現

在の日本は、本当に安全な国なのか?


この問題、本当にすぐ答えられる問題ではありません。


私は今、関西地区に住んでいます。 福島の第一原発から600

キロ離れており、まるで“放射能”の危険は何もないように見え

ます。 しかし、今は毎日スーパーマーケットへ買物に行く前に、

必ず事前に日本の地図を見直しています。 福島や福島近くで生

産された野菜は買う気にはなれません。 できるだけ京都、大阪

など西日本地区または九州の製品だけを買うようにしています――

本当のこといえば、こんなことするのは、福島の住民の人々に忸

怩たる想いがあります。 でも母親として、私は自分の子供の健

康と安全を考えなければなりません。 幸い日本は、インチキ商

品は少ないので、スーパーマーケットでは野菜や魚の生産地をち

ゃんと表記しており安心できます。


東日本地域に住んでいる人は、こんな幸運はないようです。 

先頃、東京など多くの場所で、土壌汚染が見つかりました。 

東京都内でさえ“ホットスポット”が出てきました。 私の東京

など東日本地域に住んでいる友達は、今、みな“放射能測定名人”

になっています。 みんな自分で家庭用の放射能計測器を買って、

毎日自分の庭、ベランダの放射能をひっきりなしに測っています。 

今や、一日でも測らないと、お風呂に入らなかったようで気持ち

が悪いようになっています――習慣はこのようにして身につくも

のです。


もちろん、日本は今、東日本の一部地域が放射能汚染の危険があ

るのを除いて、その他の場所は安全です。 それと、毒粉ミルク、

粗悪油などインチキ製品もきわめて少なく、深夜、街を歩いても

強盗に出会心配もなく、ショルダーを開けたまま街をぶらついて

も、スリや泥棒に遭うこともありません――日本で暮していて、

この面では、中国に比べてとても安全だと言えます。 これも多

くの在日中国人が、原発事故の危険に直面しても、帰国しなかっ

た理由の一つです。 その上、日本の交通は便利で、四方八方に

通じていますし、日本の電車の地下鉄は至る所漢字の表示があり、

日本語がわからなくても道に迷う心配はありません。。。。。。


しかし、もし日本に旅行したいと思う人がいるなら、まず日本地

図をしっかり見ることを提案します。 福島第一原発の位置をし

っかり確認し、それからどこへ行くか、行っちゃいけないところ

はどこか、自分で判断することです。 日本のレストランで食事

する前に、まず食事の産地と出所をはっきりと確認するのがいい

でしょう。 自分の健康は自分で守る。 ガイドと旅行社にいい

ように引っ張られないようにしてください。


付言: “福島の子供を救え24時間 署名活動”のアドレス

日本語版:http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children/?rc=fb&pv=24

英語版:http://www.avaaz.org/en/save_the_fukushima_children/?cl=1373884018&v=10926

---現在、10時間くらい経ちましたが、すでに9万人近くの署名

が集っています。 明日この署名を直接、首相官邸まで手渡しに

くそうです。



日本还是个安全的国家吗? 

2011-11-10 17:17:57 辛子IN日本


另外,关于“福岛渡利地区”一事,是这样的:

日本东电核事故之后,日本政府虽然在“蜗牛爬行”一直表演

慢镜头救援动作,但救援工作还是在“缓缓地优雅地”展开着

的,被确定为“核事故避难推奖区”的福岛居民,在获得紧急

避难外,还将获得了东电的事故赔偿。可是距离福岛核电站60

公里的福岛市渡利地区,却没有被政府认定为避难区域,当地

的灾害对策本部负责人,只要求居民们“除尘”尽量减轻核污

染,却没有任何劝离妇女儿童避难的措施,尽管今年5月,渡

利地区的一家幼儿园,自发测试辐射结果,居然每小时最高达

90毫西弗…,20111017 ,日本朝日电视台派记者到渡

利地区进行现场采访,将此事通过媒体向公众曝光,由此引起

国民们强烈不满。。。

上面这些消息,很自然地引起大家的疑问:现在的日本,还是

个安全的国家吗?

这个问题,真难以一句话回答。

我现在居住在日本的关西地区,距离福岛第一核电站600公里,

貌似没有什么“被辐射”危险,但是,现在每天去超市买菜之

前,一定得事先复习一遍日本地图,根本不敢购买福岛或者福

岛附近地区所生产的蔬菜,尽量只买京都、大阪等西日本地区

或来自日本九州的产品---说实话,这么做的时候,内心真的对

福岛居民们深怀内疚,可是,作为母亲,我第一必须考虑自己

孩子的健康与安全。好在日本假冒伪劣产品很少,超市商场都

会如实表明蔬菜鱼肉的生产地点,让人安心不少。

而居住在东日本地区的人,就没有这么幸运了。前段时间曝出

东京等地多处土壤被污染,连东京市区都出现“辐射源”,我

的居住在东京等东日本地区的朋友们,现在个个成了“测核辐

射高手”,许多人自己购买了家用的核辐射测量器,每天在自

家院子阳台“滴滴滴”地测核射测不停,估计现在一天不测核,

就像一天不洗澡一样难受----习惯就是这样给养成的。

当然,日本现在除了东日本的部分地区有核污染危机外,其他

地方还是安全的。而且没有毒奶粉、地沟油,伪劣假冒产品极

少,深夜走在日本街头,不用担心遇到劫匪,大大咧咧敞开背

包逛街,不用担心扒手小偷----在日本生活,这方面,相对中国

而言是很安全的,这也是许多在日华人,即使面对核污染危机,

也不愿意回国的一个原因。而且日本交通便利,四通八达,加

上日本电车地铁到处是汉字标识,不懂日文也不太担心迷路。。。

但是,若有人想来日本旅游,建议请先认清日本地图,记住福

岛第一核电站的位置,然后该去哪儿不该去哪儿,自己做判断。

在日本餐厅用餐前,记得先问明一下饭菜的产地和出处也比较

好,自己的健康自己负责,不要被导游和旅行社牵着鼻子跑。

附:拯救福岛孩子24小时签名活动”征集地址---目前十来个

小时已经征集到近9万人签名了,明天这份签名将会直接递交

到日本首相官邸:

日文版:http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children/?rc=fb&pv=24

英文版:http://www.avaaz.org/en/save_the_fukushima_children/?cl=1373884018&v=10926

|

« 2252 中国は見る(1165) 日本は安全な国か?(上) | Main | 2254 中国は見る(1167) 原発作業用“ロボットスーツ”開発 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2252 中国は見る(1165) 日本は安全な国か?(上) | Main | 2254 中国は見る(1167) 原発作業用“ロボットスーツ”開発 »