« 2251 中国は見る(1164) 日本人について | Main | 2253 中国は見る(1166) 日本は安全な国か?(下) »

2252 中国は見る(1165) 日本は安全な国か?(上)

日本还是个安全的国家吗? 

2011-11-10 17:17:57 辛子IN日本

 

今朝、友達からアイリーン・美緒子・スミスさんのメールが

転送されてきた。 みんなに“福島の子供を救う”24時間

イベントの署名を呼びかけたものだ。 24時間後に、世界

各地からの署名請願書を、イベントの発起人AVAAZサイト

が、直接日本の野田総理大臣に手渡すという。


(アイリーン・美緒子・スミスさん:グリーンアクション代

である。 米国の有名な写真家・ユージン・スミス氏

(1918 ― 1978)の妻である。 ユージン・スミス

氏は第二次世界戦争のニュース写真、《カントリー・ドクタ

ー》、《助産婦》、《楽園へのあゆみ 》、《水俣》などの

作品で世界に知られている)


全世界からの署名希望者が、野田首相宛てに渡す請願書の内

容は次のようなものである。


内閣総理大臣  野田佳彦 殿


私達憂慮する市民は、日本政府が、未だに高放射能汚染地区

に閉じ込められている福島市の子ども達を守るため、 早急に

行動をとるよう強く要請します。 特に、渡利地区の住民に

避難の権利があることを認識し、 安全地域に移住したいと

望む人々に緊急の支援を提供するよう求めます。 子ども達、

孫達の未来がかかっています。 もはや時間はありません !”


イベントの発起人AVAAZは、グローバル市民擁護団体

であり、現在の緊迫する国際問題について専門的に行動する

組織である。 AVAAZサイトのホームページには、この

ような一文がある。 内容は次の通り:


現在、福島市近くには、数千人の現地住民が、高放射能地

区内に住み、農作物は汚染されている。 大津波で郷里を失

った住民や子供達は、今なお避難できず、政府は彼らに対し

て援助の手を伸ばそうとしていない。。。。。。


そのため、福島の女性達は行動を起こしました。 日本の数

百人の支持者も、福島の女性や子供の避難を声援するため、

経済産業省の前に座り込みのデモを行い、私達にいっしょに

なって彼女たちの行動を支持するよう呼びかけています! 

福島の子供たちにはもう時間がありません。 日本政府は、

24時間後に緊急会議を開きます。 福島の母と子供達のた

めに声援を送りましょう!


子供の未来のために署名し、転送をお願いします。 私達は

あなたの署名を、野田総理大臣の手に手渡します。


私はAVAAZサイトで署名を行った。 そして、今度のイ

ベントの呼びかけ内容と署名のアドレスを整理して私のブロ

グに載せました。 中国国内のネット友達がこれを見て驚き、

疑問一杯で私にメールを寄こしました。


日本政府どうして、子供達の問題をほっとくんですか?”

日本の旅行は大丈夫ですか? 日本は今、一体どうなって

んでしょうか? 安全ですか?”


最初に、私は言いたい。 いかなる政府、また厚顔無知な国

であろうと、子供の生死の問題を公然と良心にもとるような

ことはしません。 でも、現在この事は、現代文明国家の日

本で起っています。 民主党政府は決して低能政府ではあり

ません。 この点については、日本に多少関心のある方なら

わかると思います。 “3.11”東日本大震災から現在ま

で、日本政府の動きはゆっくりとしたもので“カタツムリの

スピード”です。 せっかちなあなたなら、99999万回

血を吐いて死んでしまうほどです!


幸いに日本国民は辛抱強いから、政府や党を信じ、みんなお

となしく並び、待っています。 でも一番ガマン強い日本の

女性達が、じっと坐っていられなくなり、東京までデモ行進

せざるを得ない情況になり、経済産業省の門前で座り込みを

始めました。 この座り込みデモの初日は10月27日です

が、福島から70人の女性がやって来ました。 その後、日

本全国から各環境団体の支持を得、人数はだんだん増えて、

10月27日から―11月5日の間、海外に住んでいる福島

の女性を含め、日本各地からの女性達、全部で2000名以

上の女性が、今回の抗議活動に参加し、みんな経済産業省

前に10日間連続座り込みを行ない、日本政府の対応ののろ

さを厳しく批判し、“脱原発”や“政府に福島の放射能汚染

地域の除染を求めるとともに、福島の放射能汚染地域にいる

子供や妊婦を、できるだけ早く安全な場所へ避難させるよう

要求している。 (毎日新聞特集:“女たちの脱原発

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20111102dde012040025000c.html

 

日本还是个安全的国家吗? 

2011-11-10 17:17:57 辛子IN日本

 

早上收到一封朋友转发邮件,来自艾琳·美绪子·史密斯女士。

呼吁大家为“拯救福岛孩子的24小时”活动签名。24小时后

这份来自世界各地的全球签名请愿信,将由活动发起者AVAAZ

网站直接递交给日本首相野田总理大臣。

(艾琳·美绪子·史密斯女士:绿色和平日本办公室董事会主席。

美国著名纪实新闻摄影家尤金·史密斯先生(1918 – 1978)的妻

子,尤金·史密斯先生曾以二战纪实新闻照片、《乡村医生》、

《助产士》、《乐园之路》、《水俣》等作品而闻名于世。)

这封写给日本首相野田的全球志愿者签名请愿信,这样写到:

内阁总理大臣 野田佳彦 殿下:

我们这些忧虑的市民,强烈要求日本政府为拯救仍被关闭在高

放射污染地区的福岛孩子们,迅速采取行动!

特别请日本政府认清福岛渡利地区居民们的避难权利!

为希望移居到安全地带的人们提供紧急援助。

这关系到孩子们、儿孙们的未来,已经没有时间了!”

活动发起者AVAAZ,是一个地球公民关注全球事务的社区。

它专门就当今紧迫的国际问题组织地球公民行动。在AVAAZ

网站上的签名页面,写着这样的一段话,中文大意是:

现在福岛市附近,还有数千名当地居民,被围困在高辐射

地区内,黑雨从空而降,当地农作物被污染,在大海啸中失

去家园的当地居民和孩子们,至今无法避难,而政府也拒绝

对他们伸出援助之手。。。

为此福岛的女性们开始行动起来了。全日本数百名支持者,

也为声援福岛的妇女儿童避难,在东京经济产业省前静坐示

威,让我们一起支持她们的行动!福岛的孩子已经没有时间

了,日本政府将为此在24小时后召开紧急会议,让我们一起

为福岛的母亲和孩子们声援吧!

请为孩子的未来签名,并互相转发,我们会将您的签名直接

交递到日本首相野田总理大臣手中。”

我去AVAAZ网站签了名,并将这次活动的呼吁内容和签名

地址整理出来,贴到了博客。国内网友们看到了,很吃惊,

并充满疑问,来信问:

日本政府怎么会不管孩子们的死活?”

还能去日本旅游吗?日本现在到底怎么样?安全不安全?”

首先,我想说:任何一个政府,再厚颜无耻的,也不至于会明

目张胆昧着良心不管孩子的死活。但现在这事居然在现代的文

明国家日本发生,只能说现在这个日本民主党政府,不是一般

的低能。这一点,稍微关注一下与日本有关的新闻报道就知道

了,从“3.11东日本大地震到现在,看看日本政府缓缓爬行

的“蜗牛速度”,性急的,足够你吐血身亡99999万次了!

 

好在日本人民有耐心,相信政府相信党,大家乖乖地排着队,

等啊等啊等,一直等到连最有耐心的日本女人们,都坐不住了,

不得不冲到东京去示威游行,将等待的屁股挪到日本经济产业

省大门前去静坐。这次静坐示威最开始的第一天1027日,

只有来自福岛的70名女性,后来得到日本全国各环境团体的支

持,人数不断增多,从1027日—115日,包括来自连居住

在海外的福岛女性,以及来自日本各地的女性们,共超过2000

名以上的日本女性参加这次抗议活动,大家连续在日本经济产

业省前静坐了10天,谴责日本政府的对应迟缓,要求“脱核电”,

要求政府不仅仅是在福岛辐射区内清除核污染,而是要让仍在

福岛辐射区内的孩子和孕妇,尽早撤离至安全地带避难。(日本

每日新闻特辑报道:女性们的“脱核电”:

http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20111102dde012040025000c.html

|

« 2251 中国は見る(1164) 日本人について | Main | 2253 中国は見る(1166) 日本は安全な国か?(下) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2251 中国は見る(1164) 日本人について | Main | 2253 中国は見る(1166) 日本は安全な国か?(下) »