« 2172 中国は見る(1109) 野田新政権発足 (1) 30日首相交代:野田氏 試練に直面 対中政策に注目集まる | Main | 2174 中国は見る(1111) 野田新政権発足 (3) 新ファーストレディーは「大和なでしこ」 »

2173 中国は見る(1110) 野田新政権発足 (2) 中国への対応は強硬? 

Photo000_20001

1.野田佳彦氏 新首相となる  対中国の姿勢は強硬 

戦犯の名誉回復を狙う

2.野田新首相 「歴史認識問題をことさら取り上げ

るつもりはない」

1.野田佳彦将成新首相 对华强硬欲为战犯恢复名誉

2011-08-29 14:29:43 来源: 中国日报网络版

2.日本新首相称不欲刻意宣扬历史认识问题

2011083104:51 人民网  人民日报 

1.野田佳彦氏 新首相となる  対中国の姿勢は強硬 

戦犯の名誉回復を狙う

選挙が8月29日昼ごろ終り、決戦投票の結

果、野田佳彦財務大臣が215票で海江田万

里経済産業大臣の175票を上回り、民主党の新代表に選

出された。

0野田氏は現在54歳、早稲田大学政治学部を

卒業し、“日本の政治家の揺籃の地”といわ

れる松下政経塾で学んだ。 29歳の時、議

員当選の年齢記録を塗り替えた。 その後、民主党の国会

対策委員長を2度務めた。 民主党が2009年9月政権

交代した後、鳩山政権で財務省の副大臣に就任、次いで、

菅政権で財務大臣に就任した。

野田氏の人となりは活発で、消防員、家庭教師などをした

ことがあり、柔道が大好きである。 政治面では、一方で

は小泉純一郎元首相を厳しく批判したり、一方では尖閣諸

島(釣魚島)などの問題では、強硬な態度を見せている。 

民主党内の若い議員で構成する“野田グループ”の中心リ

ーダーでもある。

12005年、当時の小泉純一郎首相が靖国神

社を参拝しアジア隣国の批判を受けた時、野

田氏は当時、野党の民主党国会対策委員長の

肩書で質問書を提出した。 そこには、“A

級戦犯とされる人達は、戦争犯罪人ではあり

ません”とか、《サンフランシスコ講和条約》や4の国

会決議すでに法律的に戦犯の“名誉を回復されている”

とか、“戦争犯罪人を合祀しているからといって首相の靖

国神社参拝に反対する論理は通用しない”と書かれてあっ

た。

今月15日、野田氏は閣議の後、メディアの取材に対し、

当時のこの考え方は“大体において変りはない”と語った。 

首相が靖国神社を参拝すべきかどうかについて、野田氏は

ただ“首相は自分で判断”するでしょうと述べ、自分がも

し首相になった時、参拝するかどうかについて、野田氏は

“仮定の問題”だといって、はっきりとは答えなかった。

自分の政権構想について、野田氏はテレビ番組に出演した

時、“簡単に言えば、国民が日本人であることを幸せな事

だと感じられることだ。 それから国民の心の中にある政

治に対するマイナス面の見方を変えるようにしたい”と述

べた。

野田氏にとって、最大のチャンスは絶好の時にいたことで

ある。 米欧の財政危機が日本に波及し、円高がドンドン

進み、震災後の日本の経済回復を脅かした。 財務大臣と

して野田氏は、この時しばしばテレビで為替市場への介入

を示唆し、その頼もしいイメージが人々の心に刻まれた。

発問題で、野田氏は“少なくとも今後30年間は、既存

原子力発電所を合理的に利用すべきだ。 また、原子力

電技術の輸出も積極的にすべきだ”と考えている。

メディア分析によると、野党との関係を修復することが、

新首相の最大の課題となっている。 菅首相在任中、野

党との関係は真っ向対決の情況にあり、多くの法案は、

国会で通過できない状態だった。 このことは大地震を

経験した後の日本、とりわけ国民の反感を買った。

 

2.野田新首相 「歴史認識問題をことさら取り上げる

つもりはない」

5内閣は30日午前総辞職した。 民主党の

野田佳彦新代表が同日午後の衆参両院本会議

の指名選挙で第95代、62人目の首相に選

出された。

2254歳の野田氏の首相就任は、自民党の田中

角栄元首相と同年齢であり、安倍晋三元首相

に次ぐもので、戦後2番目の若い首相である。 

野田氏は、“政治家を輩出する”――松下政経塾の第一期

卒業生で、同塾出身の初めての首相である。野田首相は3

0日、9月初めには新内閣を発足させたいと述べた。 党

代表に就任後、首相就任前の挨拶の中で、野田氏は、自分

自身を“ドジョウ”にたとえた。 “全身全霊でこの国を

前進させる、「ドジョウの政治」をとことんやりぬきたい”

と語った。

党内と国会の“二重のねじれ”を解消したい

22年前の8月30日、民主党は政権交代を実

現し、初めて政権党となった。 2年後の8

月30日、民主党から3人目の首相が選出さ

れた。 最近の民間調査によると、民主党の支持率は、

自民党より低く、民主党政権は危険な情況にある。菅前

首相が失敗した2つの教訓―党内バラバラ、党外非協力

―を参考に、野田政権がスタートした暁には、まず民主

党が直面する2つの“ねじれ”の解決に着手すべきだ。 

一つは、“党内のねじれ”で、党内の団結を実現するこ

と。 二つ目は、“国会のねじれ”、野党との対話と政

策協調を実現すること。

党内の団結を実現することは、言うは易く、行うは難し

である。 菅前首相も、首相就任当初、“派閥を超え、

挙党一致を実現する”と言っていたが、実際取った行動

は、“脱小沢”路線だった。 最後には、野党提出の内

閣不信任案に危うく与党議員が賛成に回るというみっと

もない場面もあった。 以前の失敗を教訓とし、野田氏

が新代表就任後に、“ノーサイドにしましょう、もう怨

念はこえましょう”と言った。 小沢氏は“言葉だけか

どうか、見極めなければならない”と見守る発言をした。

野田首相の就任後の最初の仕事は、民主党の役員人事を

決めることである。 野田首相は、Photo_2輿石東

参院議員会長を民主党ナンバー2の幹事長

に起用し、“党内融和の象徴”としよう

した。 幹事長職は、党内の資金や人事を

握り、権力は絶大である。 輿石氏と小沢

一郎元代表との関係は極めて緊密で、これは野田首相が

小沢派に休戦・講和を求めたに等しいものである。 輿

石氏は野田首相の要請を受けた。 続いて野田首相は、

Photo_3前原誠司前外相を民主党三番手の政調会長

に起用した。 政調会長は、野党との政策

協議などを担当する。 前原氏の得意な分

野は安保と外交である。 自民党の石破茂政調会長の得

意分野も同じである。 野田首相は前原氏を起用して、

野党と協議を早く進めたいようだ。 輿石氏と前原氏は、

党内の“親小沢”と“反小沢”勢力の代表的人物である。 

野田首相が同時に二人を起用したことは、バランスを取

ると共に、双方を牽制することでもある。 また輿石氏

は、以前、民主党トップに小沢一郎元代表の党員資格停

止処分の解除を主張したことがある。 輿石氏が幹事長

に就任したら、いずれ党内紛争が起きる“危険な一手”

となるかもしれない。

3菅前首相と野党の“冷戦状態”を終わらせ、

“ねじれ国会”を改善することが、野田首

相のもう一つの難題である。 新代表に選

出された日、野田新代表は早速、自民党と

公明党の党首を訪問し、今後よろしくと協

力を求めた。 自民党の谷垣禎一総裁から出された第一

番目の問題は、“三党協議”についてどう考えています

かということだった。 野田代表は、“三党協議”は引

き続き遵守しますと答えた。 “三党協議”とは、民主

党と、自民、公明が合意した協議である。 民主党にと

っては、“三党協議”により、自民、公明から国会での

重要法案の賛成票をもらったものである。 自民、公明

からすれば、“三党協議”は民主党の弱みを握ったも同

然、時期をみて民主党を困らせることができる。 三方

にとってこの協義は、協力の“基盤”であり、将来ケン

カする“伏線”となるものである。 目下のところ、

“三党協議”は維持されており、与野党双方になんら問

題はない。

アジアとは双方ウインウインの関係を望む

野田首相の内政での“ドジョウ政治”と比べ、日本メデ

ィアは野田氏の外交に懸念を抱いているのが多い。 野

田首相は30日午前の記者会見で、2005年に提出し

た靖国神社参拝に関する質問書の中で、“私はことさら

歴史認識の問題を取り上げるつもりはない。 私はアジ

アとは双方が利益を得るウインウインの関係を望んでい

る”

《読売新聞》は当日の記事の中で、野田は先ずは、

主党政権下で悪化した日米関係の改善に力を入れるべき

だ。 また靖国神社に合祀されているA級戦犯を“戦争

犯罪人にはあたらない”とする野田氏に、韓国側は反発

している。 野田氏が中国や韓国と良好な関係を築ける

かどうかも大きなポイントだと書いている。

《毎日新聞》は30日の記事の中で、歴史認識問題で、

野田氏は以前、“第二次世界大戦のA級戦犯は戦争犯罪

人ではない”と述べたことがある。 今月の記者会見の

際、上述の見方を繰り返した。 中韓両国関係に今後摩

擦が生じる恐れがある。 野田氏は内閣の中で副財務大

臣、財務大臣を担当したことはあるが、その外交と安保

の能力については未知数である。 《朝日新聞》30日

の報道によると、野田氏は8月15日、記者会見の際、

“A級戦犯は戦争犯罪人ではない”と語った。 靖国神

社参拝の是非については明言しなかった。 78歳の詩

人・石川逸子さんは、“この問題は、中国や韓国の人々

を傷つけたことを考えるべきです。 もし首相がこう語

ったとしたら、問題は深刻です”と語った。 86歳の

元長崎大学の学長・土山秀夫氏は、“もし首相となった

ら、自制すべきです”と見ている。 新政権の外交と安

保について望むこととして、日本の政治外交史を専門に

研究している東京大学の北岡伸一教授は、“じっくり着

実に努力し、中国とのパイプを築き、無用な挑発をしな

いことです”と語っている。


1.野田佳彦将成新首相 对华强硬欲为战犯恢复名誉

2011-08-29 14:29:43 来源: 中国日报网络版

综合外国媒体报道,日本民主党新党首选举大会在829

中午结束,根据第二轮投票结果显示,财政大臣野田佳彦

215票对经济产业大臣海江田万里的175票获胜,当选执

政的民主党新党首。

野田现年54岁,毕业于早稻田大学政治系,也在有“日本

政治家的摇篮”之称的松下政经塾学习过,曾在29岁时打

破日本议员当选年龄记录,后两次担任民主党国会对策委

员长。民主党20099月上台执政后,先在鸠山政权担任财

务省副大臣,后在菅直人政权就任财务大臣。

野田为人活跃,曾当过消防员、家庭教师,酷爱柔道。

在政治上,一方面反对小泉纯一郎的夸夸其谈,另一方面

在钓鱼岛等问题上持保守强硬态度,属民主党内年轻议员

组成的“野田组”核心人物。

2005年,时任日本首相小泉纯一郎参拜靖国神社引发亚洲

邻国反对后,野田以当时在野的民主党国会对策委员长身

份提出质询书,称“被称为甲级战犯的人不是战争罪犯”,

辩称《旧金山和约》及4项国会决议已经从法律上给战犯

“恢复名誉”,“以合祭战争罪犯为由反对首相参拜靖国

神社的逻辑已站不住脚”。

本月15日,野田在内阁会议后接受媒体采访时,称他当年

这一想法“基本没有变化”。谈及首相是否应当参拜靖国

神社,野田只是说应当由“首相自己判断”,至于如果自

己担任首相后是否会参拜,野田称这是“假设的问题”,

没有正面回答。

谈到自己的施政理想,野田在做客某电视节目时表示,简

而言之就是希望国人能感觉身为日本人是件幸福的事情,

并力求改变国民心目中对于政治的负面看法。

对于野田来说,最大的优势在于生逢其时。美欧债务危机

波及日本,日元升值势头不减,威胁到日本震后经济复苏。

身为财务大臣的野田,此时频频在电视上警告要入市干预

汇市,其干练形象深入人心。

在核电问题上,野田认为“至少在未来30年内还是应该合

理利用既有的核电站,并对输出核电技术持积极态度。”

媒体分析认为,修复与在野党关系将是对新首相的最大挑

战。菅直人在任期间,与在野党的关系走向了针锋相对的

阶段,致使许多法案难以在国会通过。而这在经历了大地

震后的日本,尤为让国民反感。

南方网编辑:许冬晖

2.日本新首相称不欲刻意宣扬历史认识问题

2011083104:51 人民网 人民日报 

菅直人内阁30日上午总辞职。民主党新党首野田佳彦当天

下午在众参两院举行的提名选举中当选日本第九十五任、

第六十二位首相。

54岁的野田当选日本首相,与自民党的田中角荣同龄,仅

次于前首相安倍晋三,是战后第二位年轻首相。野田是

“政治家摇篮”——松下政经塾第一期毕业生,也是该塾

出身的第一位日本首相。他30日表示,将于9月初组成新

内阁。在就任党首后和就任首相前致词时,他都把自己比

喻为“泥鳅”。他表示,将身体力行“泥鳅政治”,低亮

度,低姿态,埋头苦干,步步推进。

缓解党内国会“双重扭曲”

两年前的830日,民主党实现政权交替,首次成为执政

党。两年后的830日,出自民主党的第三位日本首相当

选。最近的一项民调显示,民主党支持率已经低于自民党,

民主党政权岌岌可危。吸取前任首相菅直人失败的两大教

训——党内不团结和党外不协调,野田上台后首先将着手

解决民主党面临的两大“扭曲”:一是“党内扭曲”,力

争实现党内团结;二是“国会扭曲”,努力实现与在野党

对话和政策协调。

实现党内团结,言易行难。前任首相菅直人上台时,也曾

表示“不分派系,实现举党一致”,但行动上采取“去小

泽”路线,最终险些出现执政党议员投票赞成在野党提出

的“对内阁不信任案”的尴尬局面。痛定思痛,野田就任

新党首后表示“不分派系,超越恩怨”,小泽派议员表示

听其言观其行。

野田就任后做的第一道作业,是确定民主党领导层人事安

排。野田邀请民主党参院议员会长舆石东出任民主党第二

把手干事长一职,并表示要以此“作为党内融合的象征”。

干事长主管党内资金和人事,权力极大。舆石东与小泽一

郎关系十分密切,这等于野田向小泽派表示了休战求和的

诚意。舆石东称接受野田的邀请。继而,野田又邀请前外

相前原诚司出任民主党第三把手政调会长。政调会长负责

与在野党进行政策协商等。前原的长项是安保和外交,与

自民党现任政调会长石破茂的长项相同。野田用前原,意

在加快与在野党协商。舆石东与前原分属党内“亲小泽”

“反小泽”势力的代表人物,野田同时并用两人,既可

显示平衡,也可相互牵制。另外,舆石东曾主张解除民主

党领导层对小泽一郎做出的停止党员资格的处分决定。因

此有分析认为,舆石东被启用担任干事长可能是日后出现

党内纷争的一步“险棋”。

结束前任首相菅直人与在野党的“冷战”状态,缓解“国

会扭曲”局面,是野田面临的另一道难题。在出任新党首

当天,他就前往拜访自民党和公明党党首,希望对方今后

多多关照和给予合作。自民党总裁谷垣祯一提出的第一个

问题是对“三党协议”有何想法。野田表示,将继续恪守

“三党协议”。所谓“三党协议”,是民主党与自民党和

公明党达成的文字协议。对民主党来说,达成“三党协议”

可换取自民党和公明党对重要法案在国会表决的赞成票。

对自民党和公明党而言,“三党协议”等于把民主党的短

处握在手中,可择机对民主党发难。对三方来说,该协议

既是目前可以合作的“基石”,也是将来可以翻脸的“伏

笔”。眼下维系“三党协议”对朝野双方都无大碍。

希望与亚洲建立双赢关系

与野田在内政方面的“泥鳅政治”相比,此间舆论对野田

外交的担心居多。野田30日上午举行记者会,就其2005

提交的参拜靖国神社相关质询答辩书强调称:“我不打算

刻意宣扬历史认识问题。我希望与亚洲建立双赢关系。”

《读卖新闻》当天发表评论说,野田将首先致力于改善民

主党政权下恶化的日美关系。对于野田认为在靖国神社合

祀的甲级战犯“不是战争罪犯”的说法,韩国方面表示反

对。野田能否与中国和韩国构筑良好关系是个关键问题。

《每日新闻》30日评论说,在历史认识方面,野田曾表示

“二战甲级战犯不是战争罪犯”,本月的记者会上再次谈

及上述看法。与中韩两国关系今后可能出现不顺。野田在

内阁中担任过副财务相、财务相,其外交和安保的能力还

是未知数。据《朝日新闻》30日报道,野田在815日会见

记者时表示“甲级战犯不是战争罪犯”,对于参拜靖国神

社的是与非没有明说。78岁的诗人石川逸子认为,“这个

问题最应该考虑到再次伤害了中国和韩国民众的心情。如

果作为首相再谈,问题将更严重”。86岁的原长崎大学校

长土山秀夫认为:“如果是首相,有必要考虑自制”。在

谈及对新政权外交和安保方面的希望时,专门研究日本政

治外交史的东京大学教授北冈伸一表示,“希望进行扎实

的努力,构筑与中国的管道,不做无用的挑衅”。

(本报东京830日电)


|

« 2172 中国は見る(1109) 野田新政権発足 (1) 30日首相交代:野田氏 試練に直面 対中政策に注目集まる | Main | 2174 中国は見る(1111) 野田新政権発足 (3) 新ファーストレディーは「大和なでしこ」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2172 中国は見る(1109) 野田新政権発足 (1) 30日首相交代:野田氏 試練に直面 対中政策に注目集まる | Main | 2174 中国は見る(1111) 野田新政権発足 (3) 新ファーストレディーは「大和なでしこ」 »