« 2178 中国は見る(1115) 尖閣諸島についての最新報道 ① 尖閣上陸調査 ② 日本政府 議員の尖閣上陸は許さない | Main | 2180 中国は見る(1117) 世論調査 ① 野田 新首相の支持率 ② AFP通信の日本での世論調査 »

2179 中国は見る(1116) 東日本大震災地域で自殺頻発 “私はお墓に避難します”

 

 

日本地震灾区频现自杀:“坟墓才是我的疏散地”

2011-09-04 105401 人民网

 

Photo原発汚染区域から避難所に避難し暮していた

93歳の老人が自殺した。 家族に残した遺

書には、こう書き残されていた。 “私が

(生きている)とあなた達の足手まといにな

るだけ。 私はお墓に避難します” 

AFP通信が先日報道したところによると、この半年、

メディアは日本の震災で助かった人たちの自殺を相

次いで伝えている。 日本の心理学者は、地震で身

内や郷里、財産を失った生存者にとっての心理カウ

セリングだけでは足りない。これらの人々が、巨

地震の影から抜け出すには、実際的な援助が

要だと訴えている。

64歳の農民 “放射能に負けた”

3月11日、大地震とそれに誘発された巨大津波は福島

原発事故を起こし、数万の人が故郷を離れることとな

った。 

Photo_2農家の樽川久志さんがテレビのニュースで、

原発事故を知った時、家族に“うわダメ

だ、もう終わりだ!いう絶望の言葉を言っ

た数日後福島原発の放射能のため福島の

一部の農産物が、当局から強制的に出荷停止

させられた。 64歳の樽川久志さんにとって、

これは耐えられない災難だった――彼は福島

原発から60キロ離れた須川で稲と野菜

栽培してい
 

3月24日、夜明けに、樽川久志さんの36歳の息子が、

父親が自分の野菜畑の木の上で首をつって自殺している

発見しました。 自殺家族には何も言い残し

んでした。


 
災害の後、自殺魔の誘いが蔓延

 
樽川久志さんの家で起った悲劇は決して一部の個別事件

はない。


 
4月9日夜9時、千葉県市原市の家から火事が起き、この

家の47歳の森秀人さんとその母親(79)が死亡した。 

森秀人さんの父親の話によると、の前息子から、

“地震で生きていくことに希望が失くなった。 母を連れ

ていっしょに自殺する”という電話があった。 親がす

ぐ最寄の警察に行き通報し、警官が駆けつけたが、

森秀さんの家はすでに火事になっていたという
 

5月12日、福島県飯館村の102歳の老人家の中で自

殺した。 家族によると、飯舘村はその全域が、放射線量

周辺部より高く、政府から“計画的避難区域 ”に指定

され、村民に1ヶ月他の地避難するよう求め

れていた。 このおじいさんは、先祖代々暮らしたこ

から離れたくないため、自殺したようだという
 

月末、岩手県大船渡の69歳の女性が自殺して亡くなっ

た。 警察は彼女残した遺書から、彼女経営するカキ

加工工場が、地震で完全に壊し、彼女は運良く生き

ったものの、損害額や債務のことで悩み、先行きの希望が

持てない状況で、とうとう破滅の道へ進んでしまったと見

ている。

 

A_2データ示しているように月だけで、少

なくとも16地震、津波と原発三重苦

に耐えられず自殺して亡くなっている。 そ

のうちの多く老年者ある
 

6月10日、日本政府は《2011年版自殺対策白書》を

発表し、特に東日本大震災の被災地域の自殺問題

取り上げている

心理的カウンセリングだけでは足りない

 心理学者は、震災復興がスタートすると共に、家を失い、

避難所に身を寄せている被災者の中には、助けてくれる

人がなく、不安に思い、そのため自殺する人が出てくる

のを心配してい たとえば、93歳の身体の不自由

老人は、避難地域から避難所へ避難した自殺して

しまった。 家族には、“私生きていると、あなた達

足手まといになるだけ。 私はおに避難します

書置きがあった。

 
福島の農民・田俊秀さんは、原発放射能のため、福

島県の今年の農産物の出荷は正常年の20%もいき

ません。 心配は地元の農民広まっており、農民

の多くはだんだん酒で憂さを晴らすようになっています。 

“福島県では自殺する人が多いです。 私達はほかのこ

とはできません。 たとえ仕事を探したいと思っても、

仕事はありません


心理カウンセリングをやっても、自殺減らすことはで

ません 埼玉県の病院の副長、心理学者輿田真司

は、“被災者はまず、生活支援などの現実的な援助をし

たうえで、精神的健康を高めなければ、心理カウンセリング

は役に立ちませんという。

 

日本地震灾区频现自杀:“坟墓才是我的疏散地”

2011-09-04 105401 人民网

日本地震灾区频现自杀,一老人的遗书让人震惊  “坟墓

才是我的疏散地”
  
从核污染区疏散至避难所后,一名93岁的残障老人自杀身亡,

只给家人留下一张便条,上面写道:“我(活着)只会拖累

你们。坟墓才是我的疏散地。”据法新社日前报道,半年来,

媒体不断披露日本震灾幸存者自杀身亡的消息。日本心理学

家呼吁,对在地震中失去亲人、家园和财产的幸存者来说,

仅提供心理咨询是不够的,他们需要全面且实际的资助,才

能慢慢走出巨大灾难的阴影。据青年参考


  
64
岁农民“向核辐射屈服了”

311日,大地震及其引发的巨大海啸导致日本福岛核泄漏,

造成数以万计的人放弃家园。

当日本农民樽川寿从电视新闻上得知核泄漏时,说了一句让

家人永远感到心悸的话:“哦,不,全完了!”几天后,福

岛核电站的放射云迫使日本当局封杀产自福岛的一些农产品。

64岁的樽川寿来说,这是个更大的灾难——他一直在距离

福岛核电站60公里的须贺川种植水稻和蔬菜。


 

 324日,天还没亮,樽川寿36岁的儿子和哉发现,父亲在

自家蔬菜地的一棵树上上吊自杀。自杀前没有给家人留下

只言片语。


 

灾后,自杀魔咒悄悄蔓延
  

发生在樽川寿家的悲剧并非个案。
 

 49日晚9点,千叶县市原市一户人家起火,47岁的房主森

秀人和其79岁的母亲死亡。森秀人的父亲称,事发前接到

儿子的电话,说地震让他感到生活失去了希望,要带着母

亲一起自杀。父亲立即赶到附近的警察局报警,警察赶到

时,森秀人的房屋已经起火。


 

 512日,福岛县饭馆村一位102岁的老人在家中自杀身亡。

家人称,村里检测到的核辐射量高于周边地区,政府将饭

馆村指定为“计划避难区域”,要求村民在一个月内疏散

到其他地区。这位老人可能不愿离开祖祖辈辈生活的村庄,

因此自杀。


 

 7月底,岩手县大船渡一名69岁的老妇自杀身亡。警方从她

留下的遗书中获知,她经营的牡蛎加工厂在地震中完全损

毁,她虽然侥幸逃生,但一直为损失和债务担忧,在看不

到希望的情况下最终走上绝路。


 

 数据显示,仅6月份,至少有16人因无法承受地震、海啸及

核辐射三重打击自杀身亡,这些人多为中老年人。

  

610日,日本政府发布了《2011年版自杀对策白皮书》,

注重解决灾区的自杀问题。
 

仅有心理咨询是不够的
  

心理学家担心,随着灾后重建的开始,一些失去家园、栖

身避难所的灾民将愈加无助,有人可能因此自寻短见。比

如,一名93岁的残障老人从核污染区被疏散至避难所后自

杀身亡,只给家人留下一张便条,上面写道:“我(活着)

只会拖累你们。坟墓才是我的疏散地。”
  

福岛农民亀田俊秀说,因为核污染,福岛县今年的农产品

订单不到正常年份的20%,忧虑和不安正在当地人中间扩

散,越来越多的农民开始借酒浇愁。“福岛县很多人选择

了自杀,我们不会干别的,即使想出去找工作也找不到。”

“只提供心理咨询,自杀现象不会减少,”崎玉合作医院

副课长、心理学家兴田真司说,“灾民得到了基本的生活救

助,并在生理上得到治疗,心理咨询才会起作用。” 

|

« 2178 中国は見る(1115) 尖閣諸島についての最新報道 ① 尖閣上陸調査 ② 日本政府 議員の尖閣上陸は許さない | Main | 2180 中国は見る(1117) 世論調査 ① 野田 新首相の支持率 ② AFP通信の日本での世論調査 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2178 中国は見る(1115) 尖閣諸島についての最新報道 ① 尖閣上陸調査 ② 日本政府 議員の尖閣上陸は許さない | Main | 2180 中国は見る(1117) 世論調査 ① 野田 新首相の支持率 ② AFP通信の日本での世論調査 »