« 2171 中国は見る(1108) 次の首相は誰に? (4) 逆転:新首相に野田佳彦財務相 | Main | 2173 中国は見る(1110) 野田新政権発足 (2) 中国への対応は強硬?  »

2172 中国は見る(1109) 野田新政権発足 (1) 30日首相交代:野田氏 試練に直面 対中政策に注目集まる

Photo

日本今日换相:野田佳彦面临考验 对华政策受关注

2011-08-30 06:32 



中新ネット8月30日、菅内閣が総辞職し、野田佳彦氏

が同日午後、国会で首相に選出される。 29日に民主

党代表に就任した野田佳彦氏が、首相に指名され第95

代、62人目の首相の座に座る。

ダークホース” 逆転勝利、多くの支持を集める

2新首相の勝敗は、もともとは菅直人派の前原

誠司氏と鳩山由紀夫派の海江田万里の決戦だ

と思われていた。 しかし、第1回投票で海

江田氏が143票、野田氏が102票となった。 

前原誠司元外相(49歳)は74票で第3位となり、鹿野道彦

農相(69歳)と馬淵澄夫前国土交通相(51歳)と共に敗れた。

多くの政治家を養成したことで有名な“松下

政経塾”に入った。 性格は穏健で、党内で

敵をつくることは少なく、多くの派閥から受け入れられた

といえる。 第1回投票では、野田氏は自分の派閥の支持

の外、菅直人派の大きな支援を得た。 この二人の決戦

投票で、同党最大派閥の実力者・小沢一郎元代表が支持

する海江田氏に対抗するため、前原陣営など“反小沢”

勢力が結集した。 決戦投票の15分前、鹿野陣営も野

田氏支持を決めた。 決戦投票で、野田氏は215票を

獲得、海江田氏は177票、野田氏はみごとに勝利を収

めた。


野田氏は30日の衆議院本会議で第95代、62人目の

首相に指名される。野田氏は直ちに民主党の役員人事と

閣僚人事に着手する。 2009年9月の政権交代から、

民主党は2年足らずでまた首相を交代することになり、

野田氏は鳩山由紀夫氏、菅直人氏に続く3人目の首相と

なる。 その任期は菅首相の残りの任期、来年9月まで

となる。


野田氏は党内外の野党の支持も得た。 野田氏は自民党

の谷垣禎一総裁と会談した時、“野党の信頼を得られる

よう努力したい”と述べたのに対し、谷垣氏は“災害復

興には協力しましょう”と語り、復興以外の問題につい

ては、別の問題だという態度を見せた。


野田氏は公明党の山口那津男代表と会談した時、201

1年度第3次補正予算案の協議をお願いしたいと述べた。 

また野田氏は、民主、自民、公明3党が先に合意した子

ども手当て見直しについて、“政党間の約束であり守っ

ていく”と表明した。 

組閣や党の役員人事については、野田氏は、党の代表に

就任後の記者会見で、“トータルで党を挙げた態勢をつ

くっていきたい”と述べ、自公2党との大連立問題につ

いては、“まず大事なことは信頼関係を築くことができ

るかどうかだ。 ねばり強くお付き合いをさせていただ

きながら、考えていきたい”と強調した。


小沢氏は自らのグループの会合で、“野田氏に協力する

かどうかは、今後の情況を見極めなければならない”と

語った。


経済に強い 日本再生の特効薬となるか?

 

1野田氏は衆議院議員に5回当選している。 

1993年、衆議院選挙に日本新党公認で

出馬、初当選した。 29歳の時、最年少

記録で議員(千葉県議)に当選した。


野田佳彦氏は、代表選に出馬するまでずっと財務相を

担当しており、世間から“経済通”といわれている。 

米欧の債務危機が日本に波及し、日本の震災後の経済

回復を脅かしたため、野田財務大臣は、この時しばし

ばテレビで為替市場への介入を警告し、その姿が人々

の心に焼きついている。 野田佳彦氏は日本の経済回

復を推進すると歓迎する見方もある。


野田佳彦氏の新代表就任について、財務省のある幹部

は、野田氏は、“うそをつかない、ブレない、これだ

けで期待できる”と野田氏に全面的な信頼を寄せてい

る。 国際局の幹部も“野田氏は国際交渉に慣れてい

る”と語っている。 野田佳彦氏は22日に円の為替

レートが、歴史的最高値をつけたことについて、“す

べての手段を排除しない。 必要な時には、断固とし

た措置をとる”と為替市場介入を暗示した。

日本経団連の米倉弘昌会長は野田氏が民主党の代表に

選出されたことについて、“野田大臣が新代表に選ば

れたことは、たいへんうれしいことです。 野田さん

は税制、財政、社会保障はじめ、政策に通じた、明る

い、非常に安定した、行動力のある政治的リーダーと

思っております。 できるだけ早く強力な内閣を作り

上げ、野党と一緒に協力して、できるだけ早く日本を

再建してほしい”と語った。


野田氏は、ずっと財務省の立場から増税と財政再建な

どの主張をしているため、一部の官僚からは、“財務

省一辺倒”だと揶揄されている。 野田氏が主張する

増税政策について、ある幹部は、“民主党党内がなか

なか厄介ですから、どう進めるにしても、増税ができ

るかどうか“見通しは明るくない”ですねという。


三大試練に直面 対米緊密路線へ

 

記者会見で、野田佳彦氏は東日本大震災害後の復興、

福島第一原発事故と厳しい経済情勢などの三つの課

題を列挙し、“一つ一つこれら国難ともいうべき課

題を、「全力を挙げて取り組む姿勢」”を強調した。

野田氏は首相に就任した後、東日本大震災後の全面

的な再建を促進するため2011年度第3次補正予

算の早期成立を目指すとしている。 その政権の焦

点は自民、公明など野党側との協力が得られるかど

うか、それによって“ねじれ国会”を克服できるか

にある。 党内運営に於いて、野田氏が小沢氏問題

をめぐる対立を克服し、それにより、党を取りまと

める体制が作れるかの課題にも直面している。

野田氏にとっては、できるだけ早く2011年度第

3次補正予算案を通し、地震復旧を進めることが緊

急の任務である。 与野党が衆参両院でそれぞれ多

数の議席を占める“ねじれ国会”の情勢の下、野田

氏が野党の協力を得られるかどうかがカギとなる。 

野田氏はできるだけ早く被災地区に視察に訪れたい

と述べた。 災害復興のための増税の時期や名目に

ついて、野田氏は、“政府の税制調査会が今、いく

つかの案を出すよう、研究している。 案の提出を

待ちたい”としている。


原子力発電の問題で、野田氏は“少なくとも将来

30年以内は、既存の原子力発電所を合理的に利用

すべきだとし、原子力発電技術の輸出についても積

極的な態度”を持っている。


そのほか、小沢一郎元代表とその党員資格停止処分

をどうするかも焦点となる。 野田氏が小沢派を含

む党内を取りまとめることができるか、国民の民主

党政権に対する信頼を取り戻せるかも、試練となる。


沖縄の米軍普天間飛行場移設問題について、野田氏

は日米が合意した県内移設方針に従うとしている。 

だが同時に、沖縄の負担を軽減することに力を尽く

すと述べている。 野田氏は“日米同盟は日本の安

全と外交にとって最大の財産である”と主張し、集

団的自衛権の行使について積極的な態度を見せてい

る。 野田氏は就任後、菅内閣の親米路線を継続す

ると見られる。


中国に対する態度は強硬で、アジア外交に懸念

 

共同通信社の分析によると、新首相の当面の急務は、

かって傷ついた日米同盟関係の修復と強化、そして

飛躍する中国と安定した関係を構築することだとし

ている。

防衛、外交面で、野田氏は“松下政経塾”の強硬な

傾向を受け継ぎ、民主党内きってのタカ派で有名な

代表的人物である。 野田氏は領土問題で中国に対

して強硬で、首相に就任したら日中関係の不確定な

面が増加するだろうと心配する分析もある。


野田佳彦財務相は自衛官の家庭出身で、彼は8月1

5日“終戦記念日”に“A級戦犯と呼ばれる人は戦

争犯罪人ではない”との立場を表明し、韓国などの

アジア各国の不満と抗議を招いた。 野田氏のアジ

ア外交には不安な面が感じられる。 野田佳彦氏は

かってこう言ったことがある。 “中国は民族主義

を扇るため、小さな事件を起こす恐れがある。 日

本は厳しく警戒し、緊急事件の発生に備える必要が

ある”


中国社会科学院の日本研究所の高洪副所長は、“野

田氏は政治経験が長く、話し方は慎重で、政界で経

験を積んだ政治家である。 野田氏の首相就任によ

る日中関係への影響は大きくはない。 一国の対外

政策は国家の根本的な利益から出発するものです。 

今日のような国際環境の下では、中国との良好な協

力は、日本自身の発展にとって極めて重要です”と

語った。


野田佳彦氏は自分は“ルックスは売り物にならない

凡人”とし、また自分をきらきらと光り、人から好

かれる小さい金魚ではなく、水底にいるドジョウに

たとえた。 29日の代表選前の最後の演説の中で、

野田氏は金魚の比喩を使って、“私は金魚のまねは

できない。 ただのドジョウです”と語った。これ

は野田氏がドジョウの泥臭さでもってやりぬくとい

った個人的能力を訴え、個人の魅力や背景で勝ちを

取ろうとするものではないことを表明したものだと

の見方がある。


北京大学の客員教授、シンガポールの中国在住の学

者・卓南生氏は、記者の取材に対して、こう分析し

た。 野田氏の中国に対する態度は、日中が協力す

る全体的方向に影響することはないでしょう。 こ

こ数年来、日本の経済は非常に困難になっています。 

野田氏は財務大臣です。 日本の経済の現状をよく

わかっています。 そのため野田氏は、日本経済を

刺激するため中国を軽視することはできません。 

もしかすると、“ドジョウ論”は、野田氏の将来に

対する態度表明かもしれません。


日本今日换相:野田佳彦面临考验 对华政策受关注

2011083007:07  来源中国新闻网

中新网830日电 830,日本菅直人内阁将集体辞职,

野田佳彦将在星期二参加国会首相提名选举。29日刚刚

当选为执政的民主党党首的野田佳彦,有望顺利接班,

为日本历史上第95任、第62位首相。

黑马”乱中取胜,各方表示支持

日本的新首相之争,本来被认为是菅直人派的前原诚司

与鸠山由纪夫派的海江田万里的决战。不过,在民主党

议员第一轮的投票中,海江田143,野田102票。前外相

前原诚司(49)74票位居第三,与农相鹿野道彦(69)

和前国土交通相马渊澄夫(51)一同落败。

54岁的野田毕业于早稻田大学,参加过以培养重量级政

治人物著称的“松下政经塾”,风格稳健,在党内树敌不多,

应该可以为多数派别接受。在第一轮投票中,野田除获得

自己所在派系的支持外,还获得了菅直人派系的大力支援。

在前两名候选人间的最后角逐中,为同党内最大派系领导

人、前代表小泽一郎支持的海江田对抗,前原阵营等“反小

泽”势力集结在一起。最终投票前一刻,鹿野阵营也决定支

持野田。最终投票中,野田获得215,海江田177,野田成

功胜出。

野田将在30日的众院全体会议上被提名为第95任、第62

位首相。他将立即着手敲定民主党高层人事,同时开始组

阁。自20099月实现政权更迭后,民主党在不到2年内又

一次更换首相,野田将成为继鸠山由纪夫、菅直人之后的

3名首相。其任期为菅直人的剩余任期,到明年9月结束。

野田也得到了党内外对手的支持。野田在与自民党总裁

谷垣祯一会谈时表示:“将努力获取在野党的信赖。”谷垣

称“将协助推进灾后重建”,表现出重建以外的问题则另当

别论的态度。

野田在与公明党党代表山口那津南会谈时表示希望与在

野党就2011年度第三次补充预算展开协商。野田还表示

,民主、自民、公明三党此前关于修改育儿补贴等政策达

成的协议“是政党间的承诺,将加以遵守”。关于组阁和党

的人事,野田就任党代表后在记者会上表示:“希望构筑全

党团结的机制。”他就是否会与自公两党联合执政的问题

强调:“关键在于能否建立信赖关系。将边交往边加以考

虑。”

小泽在与亲信议员的集会上称:“虽然希望野田能够努力

并想给予支持,但是要视今后的情况而定。”

擅长经济治理,或为日本复苏开药

野田曾5次当选众院议员。他1993年以日本新党成员身份

参加众院选举并首次当选,29岁即当选也打破日本议员当

选年龄记录。

野田佳彦参选前一直担任日本财务相,被日本舆论称为

“经济通”。美欧债务危机波及日本,威胁到日本震后经济

复苏,身为财务大臣的野田,此时频频在电视上警告要入市

干预汇市,其干练形象深入人心。分析认为,野田佳彦有望

推动日本的经济复苏。

对于野田佳彦的当选,财务省某官员表示,野田“不说谎、

不动摇,这些已经足够了”,对野田寄予了全面信赖。国际

局的官员也称“野田已习惯于国际谈判”,野田佳彦22日曾

就日元汇率持续处于纪录高位一事称,“不排除一切手段

,必要时将采取坚决措施”,暗示可能再次干预汇市。

日本经团联的米仓弘昌会长就野田当选民主党新代表发

表意见说:“野田大臣被选为新代表是非常令人鼓舞的。他

是一位在财税、财政、社会保障和政策方面有着非常明确

和安定行动力的政治领导人。希望他能尽快地建立起强有

力的内阁,与野党一起合作尽快重建日本。”

由于野田一直重复基于财务省立场的增税和财政重建等

主张,部分官员揶揄他是“财务省一边倒”。针对野田主张

的增税政策,有官员表示,如何促进民主党的党内团结已

然很棘手,能否实现增税“前景不明”。

面临三大考验,对美或走亲近路线

在发布会上,野田佳彦列举了东日本大地震灾后重建、福

岛第一核电站事故以及严峻的经济形势等三大课题考验,

表示“将一个一个地解决这些可谓国难的课题,争取推行

‘有执行力的政治’”。

野田就任首相后,将尽力促使旨在东日本大地震后全面重

建的2011年度第3次补充预算早日通过。其执政的焦点在

于能否争取到自民、公明等在野党方面的合作,从而克服

“扭曲国会”的局面。在党内运营方面,野田还面临着能否

克服围绕小泽问题的对立,从而构筑全党团结的机制。

对于野田而言,尽快通过2011年度第三次补充预算以推进

震后重建是一项紧要任务。在朝野政党分别占据众参两

院多数议席的“扭曲国会”局势下,野田能否获得在野党的

合作将成为关键。野田还表示将尽快前往灾区视察。有关

为灾后重建而增税的时期以及名目,他仅表示:“政府下属

的税制调查会正在进行研究,会提出几个方案。将等待方

案的提出。”

在核电问题上,野田认为“至少在未来30年内还是应该合理

利用既有的核电站,并对输出核电技术持积极态度。”

此外,如何对待民主党前代表小泽一郎以及是否修改对其

停止党员资格的处分也将成为焦点。野田能否团结包括小

泽派在内的整个民主党,恢复国民对民主党政权的信赖将

接受考验。

有关冲绳县美军普天间机场搬迁问题,野田称将遵循日美

达成协议的县内搬迁方针,同时也表示将致力于减轻冲绳

的负担。野田主张“日美同盟对日本的安全和外交而言是

最大的财产”,对行使集体自卫权持积极态度。他的当选,

能会继续菅直人内阁亲美的路线。

对华态度强硬,亚洲外交令人不安

共同社分析认为,日本新首相的当务之急是修复并深化一

度受伤的日美同盟关系、并与崛起的中国构筑稳定的关系。

在防务、外交方面,野田秉承了 “松下政经塾”的强硬风格,

是民主党内鹰派人物的著名代表。他在领土问题上对华态

度强硬,有分析担忧,其当选日本首相增加了中日关系的不

确定性。

财务相野田佳彦出身于自卫官家庭,他在815日“终战纪

念日”重申了“被称作甲级战犯的人并非战争罪人”的立场,

招致了韩国等亚洲国家的不满与抗议。野田的亚洲外交令

人感到不安。野田佳彦还曾表示:“中方可能会为煽动民族

主义搞一些小动作。日本必须严密戒备,以防紧急事件发生。”

中国社科院日本研究所副所长高洪认为,野田有较长的从政

经历,说话慎重,为人老道,是一位经得起政坛摔打的政客。野

田的上台对中日关系影响并不大。一个国家的对外政策要

从国家根本利益出发。在今天的国际环境下,与中国的良好

合作对于日本自身的发展至关重要。

野田佳彦称自己并非“魅力先生”,他还将自己比作生活在

水底泥鳅而不是闪闪发光、惹人喜爱的小金鱼。在29日参

选前的最后一次演讲中他用了金鱼的比喻称:“我只是条泥

,我不会成为金鱼。”分析称,这表明野田期望以其务实肯

干的个人能力而不是个人魅力和背景取胜。

北京大学客座教授、新加坡旅华学者卓南生在接受记者采

访时分析指出,野田的对华态度并不会影响中日合作的大

方向。近年来日本经济十分困难。野田是内阁财务大臣,

分了解日本的经济现状,因此他也不会忽视中国对于日本

经济的提振作用。或许,“泥鳅论”是他对未来的一个表态。

|

« 2171 中国は見る(1108) 次の首相は誰に? (4) 逆転:新首相に野田佳彦財務相 | Main | 2173 中国は見る(1110) 野田新政権発足 (2) 中国への対応は強硬?  »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2171 中国は見る(1108) 次の首相は誰に? (4) 逆転:新首相に野田佳彦財務相 | Main | 2173 中国は見る(1110) 野田新政権発足 (2) 中国への対応は強硬?  »