« 2098 中国は見る(1060) 6月2日 菅政権に対する不信任決議案 採決騒動 (2)  辞任表明・内閣不信任案否決される ① | Main | 2100 中国は見る(1062) 6月2日 菅政権に対する不信任決議案 採決騒動 (4) 菅首相 早期辞任を否定 »

2099 中国は見る(1061) 6月2日 菅政権に対する不信任決議案 採決騒動 (3)  辞任表明・内閣不信任案否決される ②

1.民主党代表の“後継者”争い 間もなく勃発

2.菅首相 辛うじて首相の座に留まる

3.分析:“政治的地震”,“余震”誘発の可能性大

1.日本民主党代表“接班人”大战即将开始

20110602日 21:17:00 来源:中国新闻网 

2.菅直人死里逃生留任首相()

2011-06-03 03:14 来源:西安晚报

3.新闻分析:一场“政治地震”可能触发的“余震”

20110602日 19:00:51 来源:新华网

1.民主党代表の“後継者”争い 間もなく勃発

中新ネット6月2日電:共同通信社によると、菅首相は2日、“東日本大震災の取り組みに一定のメドがついた段階で退陣する”と発表し、“後継者”の座をめぐる、民主党内の争いが、事実上スタートした。 菅首相が具体的にいつ辞任するか明確でなく、また、民主党内の人気ある立候補者にはそれぞれ欠陥があるため、みんなが認める“後継者”に不足している。 もし党内に混乱が起これば、菅首相は権力掌握の時間を延長する可能性がある。


菅首相を支持する一派の岡田克也幹事長、仙谷由人代表代行、枝野幸男官房長官などが人気のある候補者である。 64歳の菅首相は、民主党の代議士会で“若い世代へ引き渡したい”と述べた。 だから、65歳の仙谷氏はこの条件に合わないとの見方もある。


また、以上の各氏はみな菅政権の中で要職にあり、民主党の勢力の衰微に責任がある。 もし党代表選に出馬するなら、必ずや小沢一郎氏や支持者の反対にあい、全党一致という最大課題を実現することができない可能性が高い。

党内に中堅や若手議員を中心とする派閥を有する前原誠司前外相も、強力なライバルであるが、ただ前原氏は外国人からの政治献金問題で3月に辞任したばかり、このスキャンダルの影響は今なお完全に消えてはいない。

小沢派の中では、原口一博元総務大臣などは、学集会などを開くなどして、積極的に支持基盤を拡大しようとしているが、まだみんなから受け入れられていない。

2.菅首相 辛うじて首相の座に留まる

1野党が提出していた菅内閣不信任決議案は、2日の衆議院本会議で採決され、投票結果は賛成152票、反対293票で否決された。 投票前の最後の時間、“内憂外患”に直面している菅首相は、与党民主党内の反菅勢力の小沢派と鳩山派と妥協し、今年秋頃、災害復旧・復興と原発処理が一段落したら辞任することを約束し、それによってしばらく首相の座を保つことになった。

危機 党内の退陣圧力 野党より激しい

311_26月1日夕方、公明党とたちあがれ日本の2党と共に、最大野党・自民党は衆議院の横路孝弘議長に菅内閣不信任決議案を提出した。 菅内閣が地震、津波と原発という“三重苦”の国難の時にあって、何度も取り返しのつかない状況を生み出している。 避難所の建設でもテンポが遅く、曖昧で場当たり的な指揮命令や災害後の対応については、指導力が著しく欠けていると批判する内容が含まれている。 自民党の谷垣禎一総裁は当日の国会での党首討論で菅首相に対して、“お辞めになったらどうですか。 あなたのもとで復旧・復興をやるのは不可能だ”と発言した。

自民党が提出した不信任案は480議席の衆議院で採決するには、少なくとも半数の240議席の賛成を得ないといけない。 308議席を独占する民主党が“一致団結”したら、この動議は可決という難関を突破することはできない。 しかし問題がここにある。 民主党内は決して仲が良くないのである。 菅首相に恨みを抱く民主党の有力者・小沢一郎氏の配下にはおよそ約50~60人の議員がおり、賛成票を投じる可能性があるのだ。

5月31日、小沢一郎氏は党内の腹心に対し、“どうやら菅首相は自分から辞任することはないようだ。 そうなったら日本は終りだ。 みんな、その時になったら一緒に行動しよう”と語った。 小沢の立場に近い鳩山由紀夫前首相は5月31日に菅首相と会見した時、不信任案が提出される前に自発的に辞任するよう勧めたが、菅首相は拒否したという。

1日夕、野党が不信任案を提出した後、民主党内の小沢派と鳩山派の議員はそれぞれ緊急会合を開いて、どのように投票するか話し合った。 ほどなく、小沢派の内閣副大臣3名と政務官2人を含む5人が辞表を提出した。 理由は、野党が提出する不信任案に賛成するので、内閣に引き続き残留するわけにはいかないということだった。

難関突破 菅首相 投票前に態度軟化

党内の反対勢力の大きな圧力の前に、菅首相は2日午前12時、民主党代議士会で態度を軟化させ、自分の災害復旧・復興の取り組みの中で不十分なところがあったことを認め、今年秋頃、復旧・復興と原発危機が一段落したら、自ら辞任すると語った。

菅首相の表情は厳しく、同党議員に対し、“私は一定のメドがついたら、若い世代にいろいろな重大な責任を引き継ぎたいと考えている。 この際、一致団結の行動で内閣不信任案を否決していただき、絶対に自民党に政権を戻すことがないようにしてもらいたい”と訴えた。

この会議が始まる前、菅首相と鳩山由紀夫氏は20分ほど密室で協議をしていた。

聞くところによるれば、鳩山氏は菅首相に辞任表明することと交換に、小沢派議員の造反を止めさせ、与党内部の団結を守ることに成功したという。

双方は最終的に、①民主党を壊さないこと。②引き続き政権を維持すること。③東日本大震災の復興をできるだけ早く展開すること。 の3点を党内の紛争解決の最高原則とすることに同意した。

疑問 辞任は早くて6月末か7月初め?

発表された演説の中で、菅首相は辞任の具体的な時期について言及していない。
しかし鳩山由紀夫氏の代議士会の後での説明によると、菅首相は、復興基本法案を成立させ、更に2次補正予算案の“メド”をつけたら辞任すると語ったという。

鳩山氏は2日夜、記者団に対し、“菅首相との合意は書面形式で確認した。 相手に言い逃れるできないように、確認文書では特に2次補正予算案の「メド」がついたら辞任するとはっきり書いた。 だから、菅首相は早ければ6月末、7月初めに退陣するだろうと思った”と語った。


菅首相の態度軟化から、小沢一郎氏は2日、自分の周辺に対し、“菅首相が今まで一度も言ったことがない話を引き出したんだから、みんなの自主的判断で投票すればいいだろう”と語った。


最終的に、民主党議員の造反の動きはなく、当初賛成票を入れるはずだった小沢派と鳩山派の多くの議員は反対票を投ずることとなった。 小沢氏本人は棄権した。 菅首相は一難をかわし首相を引き続き担当することとなった。 菅首相はほっと一息、記者団に、このような結果になり“よかった”と語った。


3.分析:“政治的地震”,“余震”誘発の可能性大

1_2新華ネット東京6月2日電(記者:馮武勇):6月2日午後、野党・自民党、公明党、たちあがれ日本が共同で提出した内閣不信任案は衆議院本会議で否決された。 これは民主党党首であり首相である菅氏が一難を逃げ切ったことを意味し、すぐ退陣とか衆議院を解散することはないということである。 しかし、菅首相、民主党のどちらも、この政治の“ゴタゴタ”の代価を支払わねばならない。

メディアは今回の不信任案の政治の争いを皮肉って“ドタバタ劇”と言っている。 なぜかというと、これまでと違い、今度の不信任案の行方のカギは野党ではなく、与党・民主党にあったからだ。

自民党などの野党が提出した不信任案の主な理由としては、“菅内閣は、この未曾有の国難にあって迷走し混乱を招き、政権を担当する資格と能力に欠けていると言わざるを得ない”というものである。 民主党内の小沢一郎元代表を始めとして、多くの人がこのような見方に同調し、菅首相に対して“退陣”を迫っている。

2日昼頃、不信任案通過の見通しは緊迫の度を増していた。 与野党の衆議院での勢力分布によれば、不信任案を通すには、80名ぐらいの民主党議員の造反が必要だった。 昨夜、小沢派を中心に、60、70人の議員が不信任案を支持する態度を表明していた。 鳩山由紀夫元首相も菅首相に反対する立場を明確にした。

支持と反対勢力の拮抗態勢が、国会審議の開始約1時間前に、突然崩れた。 当日の昼ごろ、民主党は国会の両院民主党代議士会を開いた。 この代議士会の中で、菅首相は大きな譲歩を行った。 菅首相は、“大震災の復旧・復興と原発事故に一定のメドがついたら、若い有能な人にポストを引き継ぎたい”と語った。鳩山氏はその場で、“菅首相のこの発言から、不信任案支持を撤回する”との態度を表明した。 原口一博元総務大臣など、これまで不信任案支持を表明していた民主党中道派の議員も次々と発言を変えていった。 これにより、力の均衡が崩れ、事実上、不信任案は否決されるという結末が決定した。 小沢氏はこのあと弱音を見せた。 小沢派は自主判断で投票することとなった。 小沢氏自身は、議場には行かず欠席した。

採決結果から見て、菅首相は譲歩することで難関を乗り越えたといえる。 民主党は党内の分裂を避けることが出来た。 しかし、日本の政治の中心--永田町で発生したこの“政治地震”は更に多くの“余震”を招く恐れがある。

余震”の一:菅首相が“メドがついたら辞任”といった窮地での反撃には、大きな疑問が残る。 “メド”の時期は、一体いつなのか? 国会が2次補正予算を通した後なのか? それとも復興基本法案を通した後か? あるいは福島原発の工程表による冷温停止までか? この間、いろんな動きが起こり、新たな倒閣のあらしが吹くことだろう。

余震”の二:造反した小沢氏と小沢派議員をどのように処理するか? 菅首相は民主党代議士会で譲歩したのは、民主党の分裂を避けるためだった。 しかし、小沢氏の処分を厳しくするにせよ、軽くするにせよ、新たな分裂の禍根を残すことになる。

余震”の三:菅首相は自分から“メドという期限”を設けた。内政外交上、菅内閣の実行力と信頼度は大きく下落した。 野党も国会でこのまま引き下がることはない。 政権運営はますます困難になる。

このことから、この“政治的地震”が起こした政界の揺れは中短期内には収まりそうにないということだ。

1.日本民主党代表“接班人”大战即将开始

2011060221:17:00 来源:中国新闻网 

中新网62日电据共同社报道,由于日本首相菅直人2日表示将在东日本大地震灾后处理有了一定眉目后辞职,争夺“接班人”宝座的民主党党内争斗实际上拉开了序幕。由于菅直人具体将何时辞职尚未明确,且民主党内的热门候选人各有缺陷,缺乏众人一致认可的“接班人”,如果引起党内混乱,菅直人可能将延长掌权时间。

在支持菅直人的一派中,干事长冈田克也、代理代表仙谷由人、官房长官枝野幸男等是热门人选。由于64岁的菅直人在民主党议员会上表示“希望交给年轻一代”,有看法认为65岁的仙谷不符合这一条件。

此外,由于以上各人均在菅直人政府中担任要职,对民主党势力衰弱负有责任。若出马参加党代表竞选,必然招致前代表小泽一郎及其支持者的反对,很可能无法实现全党团结这一最大课题。

在党内拥有独立议员派别的前外相前原诚司也是有力竞争者,但他因外国人政治献金问题于3月辞职,这一丑闻的影响至今仍未完全消散。

小泽支持派中,前总务相原口一博等人通过发起学习会等手段积极扩大支持基础,但尚未为众人所接受。

2.菅直人死里逃生留任首相()

2011-06-03 03:14 来源:西安晚报

日本国会众议院2日中午以152票赞成、293票反对的投票结果否决了在野党对菅直人政府提出的不信任案。在投票前最后一刻,面临“内忧外患”的菅直人对执政党民主党内的倒戈势力小泽系和鸠山系做出重大妥协,承诺将在今年秋天日本灾后重建和核泄漏处理告一段落后辞职,从而暂时保住了首相位置。

危机

党内逼宫压力大于反对派

61日傍晚,携公明党和日本奋进党两个在野小党,日本最大的反对派自民党向众议院议长横路孝弘提交了对政府的不信任案,指责菅直人内阁自日本遭受地震、海啸和核泄漏“三重危机”后屡屡犯错,包括在避难所建设上步伐缓慢、发布疏散信息不够透明以及在灾后各项工作中均没有展现出领导力。自民党总裁谷垣祯一当天在国会辩论中对菅直人说:“你必须下台,有你在台上完成灾后重建工作根本就不可能。”

自民党提出的不信任案要在总共480席的众议院获得至少半数即240席的支持才能通过,只要把持着308席的民主党是“铁板一块”,这项动议根本不可能成功闯关。但问题在于,民主党内并不团结。跟菅直人积怨已久的民主党大佬小泽一郎手下有大约5060名议员很有可能投下赞成票。

531日,小泽一郎曾对党内心腹说:“看来菅首相自己不会主动辞职的,这样的话日本就完了,希望大家届时能够统一行动。”跟小泽立场相近的日本前首相鸠山由纪夫531日在会见菅直人时要求他在不信任案递交前主动辞职,但遭到后者拒绝。

1日晚在在野党提交不信任案后,民主党内小泽系和鸠山系议员曾召开紧急协调会议商讨究竟如何投票。不久之后,包括三名内阁副大臣在内的共5名小泽系官员集体宣布辞职,理由是他们将赞同在野党提出的不信任案,也因此不再适合继续留在内阁中。

闯关

菅直人投票前态度软化

在党内反对势力的巨大压力面前,菅直人2日上午12时在民主党众议院会议上态度软化,承认自己在灾后重建工作中可能犯错,愿意在今年秋天“灾后重建和核泄漏危机告一段落后”主动辞职。

菅直人神情严峻地告诉同党议员:“我已经决定,在完成必须去做的一些事情后,让年轻一代接过各种重大的责任。此时此刻,我们需要团结一致否决内阁不信任案,绝不让政权落入自民党手中”。

在这场会议开始前,菅直人跟鸠山由纪夫举行了20分钟的闭门磋商。

据悉,鸠山成功劝说菅直人通过表达辞职意愿来换取小泽系议员放弃倒戈,以维护执政党内部团结。

双方最终均同意以维持党内团结和继续执政以及尽快开展重建工作三点作为解决党内纷争的最高原则。

悬疑

最早6月底7月初辞职

在公开讲话中,菅直人并没有给出辞职的具体时间。

但按照鸠山由纪夫会后的说法,他将在日本“311大地震重建基本法案通过及2011年度第2次补充预算案“有眉目”后交棒。

鸠山2日晚还在接受记者采访时透露,他跟菅直人的协议已通过书面形式确定下来,不容对方抵赖,协议还特别写明了是在第2次补充预算案只要“有眉目”后就要辞职,因此他估计菅直人最早在6月底、7月初就要下台。

鉴于菅直人态度软化,小泽一郎2日告诉自己的追随者:“既然已经让菅首相说出过去从未说过的话,大家可以自主决定投票。”

最终,民主党议员倒戈的局面并未出现,很多原本计划投赞成票的小泽系和鸠山系议员转而投了反对票,小泽本人表示弃权。菅直人因此躲过一劫,可以继续担任日本首相。菅直人松了口气,他向记者称这样的结果“挺好”。

本组文图据新华社、中国日报

3.新闻分析:一场“政治地震”可能触发的“余震”

2011060219:00:51 来源:新华网

新华网东京6月2日电(记者冯武勇)当地时间6月2日下午,日本在野的自民党、公明党和日本奋起党联合提出的内阁不信任案在国会众议院遭到否决。这意味着民主党党首、首相菅直人暂时逃过一劫,不至于马上下台或被迫解散众议院。但无论是菅直人,还是民主党,均可能为这场政治“地震”付出代价。

日本媒体把围绕这次不信任案的政治争斗讥讽为“闹剧”。因为,与以往不同,这次不信任案的走向,关键不在反对党,而是取决于执政的民主党。

自民党等反对党提出不信任案的主要理由是:菅直人在应对这场日本史无前例的复合型灾害上漏洞百出,没能发挥领导能力,不堪首相重任。民主党内,以前党首小泽一郎为首,也有不少人附和这种看法,对菅直人展开“逼宫”。

直到2日午间,不信任案的通过前景仍充满悬念。根据朝野在众议院的势力分布,不信任案的通过,需要80名左右民主党议员倒戈。而到昨晚,以小泽派为中心,已有60、70名议员公开表态支持不信任案。前首相鸠山由纪夫也明确了反对菅直人的立场。

支持和反对势力的拮抗态势,在距离国会审议开始大约前一小时忽然崩溃。当天中午,民主党召开国会两院民主党议员临时全会。会上,菅直人做出重大让步,他承诺,一旦灾后重建和核泄漏事故处理到一定阶段后,他将主动在党内让贤。鸠山当场表态,鉴于菅直人这一宣言,他将撤回对不信任案的支持。前总务大臣原口一博等一些此前有意附和不信任案的民主党中间派议员也纷纷改口。由此,力量平衡遭打破,事实上,不信任案被否结局在这一节点已经注定。小泽随后示弱,称小泽派可自主决定投票意向。他本人没有出现在表决现场。 

仅从表决结果看,菅直人以退为进躲过劫难;民主党避免了党内分裂。但是,日本政治的中心地带--永田町发生的这场“政治地震”可能触发更多的“余震”。

余震”之一,菅直人以“限期下台”为代价绝地反击后,留下一个大悬念:“限期”究竟是指何时?是国会通过第二次灾后重建补充预算案后?还是国会通过震灾复兴基本法案后?还是福岛核泄漏处理初步工程表达成后?在此期间,任何变数都可能触发新一轮倒阁风暴。

余震”之二,如何处理造反的小泽和小泽派议员。菅直人在党内议员大会上说,他做出让步的考量之一是为避免民主党分裂。但无论是从重、还是从轻处理小泽,都会埋下新的分裂祸根。

余震”之三,既然菅直人给自己贴上了“时限标签”,在内政外交上,菅直人内阁的执行力和可信赖度必然大打折扣,反对党在国会也不会善罢甘休,政权运营会越发困难。

由此可见,当前这场“政治地震”引发的日本政坛波动在中短期内难以平息。

|

« 2098 中国は見る(1060) 6月2日 菅政権に対する不信任決議案 採決騒動 (2)  辞任表明・内閣不信任案否決される ① | Main | 2100 中国は見る(1062) 6月2日 菅政権に対する不信任決議案 採決騒動 (4) 菅首相 早期辞任を否定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2098 中国は見る(1060) 6月2日 菅政権に対する不信任決議案 採決騒動 (2)  辞任表明・内閣不信任案否決される ① | Main | 2100 中国は見る(1062) 6月2日 菅政権に対する不信任決議案 採決騒動 (4) 菅首相 早期辞任を否定 »