« 2106 中国は見る(1067) 中国海軍 沖縄近海を通過 | Main | 2108 中国の三面記事を読む(894) 中国の今年の大学入試不正事件 広東編 (上)  »

2107 中国は見る(1068) 地震から3ヶ月 被災者 依然として避難生活

Photo_2Photo_312

地震から3ヶ月 被災者 依然として家なく避難所生活 

日本地震3月祭  灾民仍无家 

2011061204:12 来源:信息时报

Photo_4信息時報総合報道:全世界を震憾させた東日本大震災から611日でちょう3ヶ月になる。 原発危機まだ終わっておらず、地震津波の被害の大きな域には、依然としてガレキや汚泥がそのまま残っている。 10被災者毎日臨時の避難所に押し込められたまま、やるせない苦しい生活を送っている。 被災者達は、そこにいつまでいるのかも分からず、将来も見通せず、“家に戻れるのはいつになることやら?”と嘆くばかりである。

復旧・復興法案 政治の駆け引きに

2ヶ月前、M9.0の大地震津波で、東北沿岸各地は廃墟となった。 警察庁によると、610現在、今の地震と津波による被害は、死者15405、行方不明者8095となっている。 地震と津波からもう3ヶ月経ったが、しかし建設計画を進めている仮設住宅5万2500戸は現在完成したのはまだ2万8300戸である。 仮設住宅の数不足、場所が通勤に不便などの理由から、9万名あまりの被災者が依然、避難所暮らしを続けている。

1日本経済は地震の災難重傷を負い、また衰退に落ち込み復興経費天文学的数字に達し、国債の負担もますます大きくなっている。 政治の方はというと首相も被災者救済に努力が足りないと批判され、泥沼に落ち込み、退陣の運命に直面している。 反対派は政治目的ため、被災地区の復興法案を通すかわりに、首相早期退陣を迫っている。

政府の仮設住宅は辺鄙で水道もない

現在まだ9人あまりの被災者が、2400ヶ所避難所に身を寄せているがとても窮屈な環境状態にある。 被災者仕事を失くし、援助の食事で活しており、みな心の中には恨みと憤りで一杯だ 専業主婦の志賀(59歳)さん福島原発で避難させられた。 彼女は“政治は権力闘争ばかりで、私達のことなんか見ていない。 本当に失望しています。 福島事故後いろんなことが、まるで何の進展もありません。 私達は被災地域から逃げてきましたが、ここも放射能の影響が心配です。私の夢は家に戻ることです。 でも、い帰れるかわかりません

政府は全速力で仮設住宅を建設して被災者を入居させたいと言っているが、そのペースがっかりさせるものだ 宮城県南三陸町の被災者は仮設住宅の場所がとても辺鄙なろ、また水道の供給がないことに不満を抱いている。 これなら仮設住宅には引っ越したくない、避難所暮らしの方がいいという人が多く、たくさんの仮設住宅が依然空いたままである。 

【関連ニュース

福島“耳のないウサギ”現る

Photo_5、ネット上に“福島耳のないウサギ”の動画が流され、高い関心を呼んだ。 この“耳のないウサギ”は福島から30キロ外の浪江で原発事故後1ヶ月ぐらいの頃生まれた。 生まれ耳がな、遺伝子突然変異をきたしたのだろう、放射能汚染ではないかと疑われており、現在専門家調査を始めている

Photo_6福島の住民が、ビデオ映像に誕生間もないウサギを撮影し投稿した。 その中“耳のないウサギ”がいた。 他のウサギ比べて、この“耳のないウサギ”は音の反応に対して鈍かったが、ほかの状況は良、食べたり、んだり、走ることができ、他の兄弟姉妹と変わりなかった。

ネットによると、ウサギのライフサイクルは短い。 そのため放射能に対する反応も人類よりはっきりと速く現れる。 現地の人々、放射能の影響が将来現れるのではないかと心配している。


自殺対策白書 発表

政府が10日報告書を発表、3ヶ月前の地震、津波とこれにより引き起こされた放射性物質の流出は生存者の精神・健康面に影響する恐れがあると述べている。 国立精神・神経医療研究センター1011の「自殺対策白書発表し、大震での被災者の多くは、うつ病など疾患レベルに達しなくても、慢性的な抑うつ状態が続く場合があると指摘している。


白書によると、“一緒に津波から逃げようとしたのに死んでしまった。 自分だけが助かったという負い目を感じている” 報告は、政府は被災者に精神面での支援をすべきで、個人が専門の医師の診断治療を受けられるよう保証するとしている。 日本の人口1億2800万人。 自殺率は全世界のトップに位置している。 毎年自殺者が万人を超している。 共同通信社10日報道によると東日本大最3ヶ月後なお9万人を上回被災者避難所に住んでいる。 仮設住宅の建設のスピードは遅れているという。

本地震3月祭  灾民仍无家

2011061204:12 来源:信息时报

信息时报综合报道  震撼全球的东日本大地震到611日刚好满3个月,核危机尚未结束,地震海啸重灾区仍然满布瓦砾泥泞,近10万灾民每天依然挤在临时收容所,过着担惊受怕的艰苦生活。他们不知还要待在那里多久,前路茫茫,不禁慨叹“归家梦何时圆?”

重建案沦为政治筹码

3个月前,9级大地震触发毁灭性海啸,夷平东北沿岸大片地区。日本警察厅说,截至610日,这次地震及海啸灾害已造成15405人死亡,8095人失踪。虽然地震和海啸已过去3个月,但计划建设的5.25万户临时住房目前仅完成约2.83万套,由于临时住房数量不足、地点不利于通勤等原因,仍有9万多名灾民居住于避难所。

日本经济受灾难重创,重陷衰退,重建经费达天文数字,加深国债负担。在政治方面,首相菅直人深陷泥淖,被指救灾不力,面临下台命运。反对派为达到政治目的,“劫持”资助灾区重建法案,逼菅直人尽快辞职。

政府临时屋偏僻无水

现时仍有9万多名逃离家园的灾民,栖身于逾2400个收容所,环境非常挤迫。他们失去工作,靠吃捐赠的食物维生,各人心中怨愤难平。59岁家庭主妇志贺因福岛核危机而疏散,她说:“政客只顾争权,完全没想到我们,真的很失望。自从福岛事故后,各方面毫无进展。我们逃离灾区,但在这里仍害怕辐射影响。我的梦想是归家,但不知道何时会出现?”

当局尽管声称全速兴建临时房屋安置灾民,但进度令人气馁。在宫城县南三陆町,有灾民抱怨部分临时房屋地点极偏僻,又没自来水供应,他们宁愿留在收容中心,也不愿迁入临时屋,不少临时屋至今仍然空置。中新

新闻链接

福岛惊现“无耳兔”

近日日本网络上流传的一段“福岛无耳兔”视频,一度引起高度关注。这只“无耳兔”在强震后1个月左右出生于福岛核电厂30公里外的浪江町,它出生时没耳朵,被疑受到辐射污染,造成基因突变而畸形,目前专家已展开调查。

日本福岛居民上传一段影片,拍下一窝出生不久的兔子,其中有一只“无耳兔”。比起其他兔子来说,这只“无耳兔”对声音的反应较迟钝,其余状况良好,能吃、能跳、能跑,跟其他兄弟姐妹无异。

有网友称,兔子的生命周期比人类短,因此对核辐射的反应显现得比人类快,当地民众担心辐射影响会在未来显现。据新华社

日本发布自杀预防白皮书

日本一份政府报告10日说,3个月前的地震、海啸及由此引发的放射性物质泄漏可能影响幸存者精神健康。日本国家精神卫生研究所当天发布一年一度自杀预防白皮书,称许多灾难幸存者者可能经历长期精神困扰,但症状轻于临床抑郁症。

白皮书说:“人们可能会感到内疚,原因是他们活了下来,和他们一起试图逃离灾难的人却死了。”报告认为,政府应该向幸存者提供精神健康检查,保证受影响个体接受专业医师诊断和治疗。日本人口大约1.28亿,自杀率位于全球前列,每年有超过3万人轻生。共同社10日报道,强震3个月后,仍有超过9万名灾民住在避难所,临时住宅修建进展缓慢。据新华社

|

« 2106 中国は見る(1067) 中国海軍 沖縄近海を通過 | Main | 2108 中国の三面記事を読む(894) 中国の今年の大学入試不正事件 広東編 (上)  »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2106 中国は見る(1067) 中国海軍 沖縄近海を通過 | Main | 2108 中国の三面記事を読む(894) 中国の今年の大学入試不正事件 広東編 (上)  »