« 2097 中国は見る(1059) 6月2日 菅政権に対する不信任決議案  採決騒動 (1)  採決前 | Main | 2099 中国は見る(1061) 6月2日 菅政権に対する不信任決議案 採決騒動 (3)  辞任表明・内閣不信任案否決される ② »

2098 中国は見る(1060) 6月2日 菅政権に対する不信任決議案 採決騒動 (2)  辞任表明・内閣不信任案否決される ①

1.民主党議員の態度急変 菅内閣不信任案否決

2.内閣不信任案否決される 菅首相が続投

3.菅首相 大震災の復旧・復興に一定のメドがついた段階で辞任する

4.日本の首相 10日以内に退陣?

1.民主党议员态度转变 菅直人内阁不信任案被否

2011-06-02 15:43:00  来源:中国新闻网

2.内阁不信任案遭否决 菅直人将继续担任日本首相

2011-06-02 14:37:00 来源:中新网

3.菅直人表示准备在日本灾后重建有一定眉目时辞职

2011060214:05:06 来源:新华网

4.日本首相或于10天内宣布下台

2011060202:04 来源:第一财经日报 作者:黄立俊

1.民主党議員の態度急変 菅内閣不信任案否決

312
中新ネット6月2日電:共同通信社の報道によると、2日午後、の衆議院本会議で自民、公明、たちあがれ日本3党が提出していた内閣不信任決議案を反対多数で否決した。 菅首相は、これより前に開かれた民主党代議士会で、東日本大震災の再建と福島第一原発事故への対応に一定のメドがついた段階で退陣するとの意向を表明した。 これにより、賛成票を入れる予定だった鳩山由紀夫前首相などの人々を反対票に転じさせることとなった。

災害後の復興・再建と原発事故の収束は現政権の最も重要な仕事である。 もし不信任案が可決したら、日本憲法の規定により、首相は10日以内に衆議院を解散・総選挙するか内閣総辞職しなければならない。

菅首相が辞任を表明したことから、民主党議員の多くが心配していた、不信任案が可決したら震災後の計画に影響がでるとか、多くの議員が造反する局面にはならなかった。 そうではあるが、“ポスト菅”時代の激しい闘争は依然として避けられそうにない。

2.内閣不信任案否決される 菅首相が続投

01中新ネット6月2日電・総合報道:2日午後、野党が提出した“内閣不信任案”は賛成152票、反対293票で否決された。民主党の一部“造反”議員が最後には考えを変えたため、菅首相は辛くも災難をかわすことができ、首相を引き続き担当することとなった。

00これより前、菅首相は国会内で開かれた民主党代議士会で、東日本大震災への対応に一定のメドがついたら退陣すると表明した。菅首相は、“私は自分のやるべき一定の役割を果たした段階で、若い世代に政権を引き継いでもらいたい”と述べた。 菅首相のこの態度表明は、内閣の不信任案が招いた民主党内部の混乱激化に対し責任を負ったものとの見方もある。

不信任案採決の前、民主党の小沢一郎元代表、鳩山由紀夫前首相など多くの議員が次々と造反した。 たとえ不信任案が否決されたとしても、民主党内部の分裂は依然として避けられず、菅首相は引き続き政権の舵取りはむずかしいだろう。

3.菅首相 大震災の復旧・復興に一定のメドがついた段階で辞任する

001新華ネット東京6月2日電(記者:呉谷豊):与党民主党代表(党首)の菅首相は2日、大震災の復旧・復興と福島第一原発事故に一定のメドがついた段階で辞任する意向を表明した。 ただ、菅首相は具体的な辞任時期については言及しなかった。

当日昼頃、菅首相は代議士会で、自分に不十分なところがあったため、野党から内閣不信任決議案が提出されたことに対して陳謝すると共に、全力で災害の復旧・復興に最大限の努力をすること、また自民党の手に政権を戻すことがないようにすると約束した。

当日朝、民主党の前代表、前首相の鳩山由紀夫氏と菅首相は会談を行った。 鳩山氏によると、“菅首相は「復興基本法案」の成立、第2次補充予算案の早期編成のメドがついたら辞任する”と語った。

これより前、国民新党の亀井静香代表は菅首相と会談を行い、菅首相に、災害の復旧・復興と福島第一原発事故に一定のメドがついたら辞任するよう促していた。

野党・自民党、公明党、たちあがれ日本は1日共同で、衆議院に菅内閣に対する不信任決議案を提出した。 2日午後、衆議院本会議で不信任決議案の採決を行うことになった。

メディアの報道によると、民主党は衆議院本会議の採決の前に代議士会を開くことにしている。 目的は民主党衆議院議員の一部議員の内閣不信任決議案への賛成票阻止にあった。

衆議院の定数は480議席、過半数が賛成に投票すれば、内閣不信任決議案は可決する。 憲法の規定によると、もし内閣不信任決議案が可決すると、首相は10日以内に衆議院を解散するか内閣総辞職しなければならない。

4.日本の首相 10日以内に退陣?

6月1日夕方、自民党、公明党、たちあがれ日本は衆議院に対して正式に、“内閣不信任決議案”を提出し、菅首相に退陣を迫った。

この決議案は、今日(2日)午後1時から衆議院本会議で採決される。 もし決議案が可決されたら、日本国憲法の規定により、菅首相は10日以内に内閣総辞職か衆議院を解散し総選挙を行わねばならない。

与党の分裂 決定的

衆議院の定数は480議席である。 投票しない議長と空席の一議席を除き、採決票数は478票である。 決議案を通すには、少なくとも240票の賛成票を取らねばならない。共産党、社民党などの小党は次々と欠席や棄権を発表し、最終表決の結果に多少不確定な要素が増加した。 一方、民主党内部でもこれらの数字をめぐって激烈なシーソーゲームが繰り広げられた。

最初に手を出したのは民主党の小沢一郎元幹事長だった。 小沢氏は政治献金スキャンダルで、民主党執行部層から離れているが、依然として民主党内では圧倒的な影響力がある。 5月27日に米国《ウォール・ストリート・ジャーナル》の取材を受けた際、小沢氏は、“できるだけ早く菅首相を交代させるべきだ”と明確に発言している。 “内閣不信任決議案”の情報が伝わるや、小沢派の議員達は次々と行動を起こし、他の中間派の議員に対して説得工作を展開した。 現在すでに50数名(一説には60数名)の民主党議員が賛成票を投ずると表明している。

メディアの分析によると、野党の手にある162票を除き、決議案可決には、民主党内の78名以上の“造反”議員が出れば可能だと見ている。 たとえ、小沢派の50数票を計算に入れても、まだかなり差がある。 そこに配下に20数名の議員を有する鳩山由紀夫前首相が突然、“救世主”として現われた。

菅首相は8ヶ国グループ(G)の首脳会議から東京に戻って最初にやったことは鳩山前首相と会談することだった。 5月31日夜9時、鳩山氏は首相官邸で菅首相と2時間あまり話し合った。 鳩山氏は、会談の中で民主党の団結のため、“自主的に退陣するか、大幅な内閣改造”を求めた。 しかし、菅首相から拒否され、最終的に2人は気まずい思いで別れた。

さまざまな兆候から、民主党は今まさに分裂の危機に直面していると言える。 6月1日夜、鳩山由紀夫氏は、決議案を通すのに賛成すると、明確な態度表明を行った。 菅内閣の5人の副大臣、政務官も決議案が正式に提出された後、それぞれ辞表を出し、2日の採決で賛成票に投ずる立場を表明した。 政治評論家の伊藤淳夫氏は、“たとえ最終的に決議案が僅差で否決されたとしても、民主党の全面的分裂はもう避けられないでしょう”と指摘している。

復旧・復興の道 果てしない

第二次世界大戦後の日本の歴史を振り返ると、“内閣不信任決議案”が可決されたのは、たったの4回だけである。 最近では、1993年の自民党宮澤喜一内閣の時だった。 注意すべきは、その当時、自民党の“造反”議員を率い、日本の政界を長期にわたり混乱させた扇動者は小沢一郎氏だった。 これから日本の人々の間に“ぶっ壊しや”の異名を取る小沢氏が、印象がよくない理由の一つとなっている。 今、与党に分裂の危機が訪れようとしている。 その上、百年に一度といわれる大災害に遭い、復興を急いでいる時、日本国民は、この“政治の混乱”をどう見ているのだろう?

4福島市内の避難所の被災者に取材すると、“(国会の争い)はいたずらっ子がけんかしているようなものです。 ここの住民達はこんな大きな災難に遭遇し、このように苦労してるんです。 国会はこのような時に、こんなことをしてる暇があるなら、もっと別の事をすべきじゃないですか?” 福島県飯館村の菅野典雄村長は、“政府には問題をしっかり解決してもらわなければならない、でないと先に進むことができない”と語った。

警察庁が5月31日現在にまとめた統計によると、現在、依然として約10万2千人が避難所で生活している。 仮設住宅の建設、瓦礫の整理、防波堤の再建、震災賠償……など多くの問題は日本政府の着手を待っている。 しかし、もし与党・民主党が分裂し、政治的混乱が起これば、日本の災害復旧・復興再建のスケジュールは、無期限に引き延ばされることになる。

1.民主党议员态度转变 菅直人内阁不信任案被否

2011-06-02 15:43:00  来源:中国新闻网

中新网62日电 据日本共同社报道,日本众议院在2日下午的全体会议上以多数反对否决了自民、公明和奋起日本三党提交的内阁不信任决议案。首相菅直人在此前召开的民主党众议员会议上表示,他考虑在东日本大地震重建和福岛第一核电站事故处置有一定眉目后辞职。这使得原本计划投赞成票的前首相鸠山由纪夫等人转而投了反对票。

灾后重建和平息核电站事故是目前政府最重要的两项任务,一旦不信任案获得通过,根据日本宪法规定,首相必须在10天内决定解散众院举行大选和内阁集体辞职。

鉴于菅直人已同意辞职,不少日本民主党议员担心不信任案通过可能影响灾后处置,众多议员造反的局面并未出现。尽管如此,“后菅直人”时代的激烈争斗仍在所难免。

2.内阁不信任案遭否决 菅直人将继续担任日本首相

2011-06-02 14:37:00 来源:中新网

中新网62日电综合报道,当地时间2日下午,日本在野党提出的“内阁不信任案”以赞成152票,反对293票,未在众议院获得通过。由于日本民主党的部分计划“造反”议员最后放弃了立场,使得首相菅直人躲过大劫,将继续担任日本首相。

稍早时,日本首相菅直人在于国会内召开的民主党众议员会议上表示,他将在东日本大地震灾后处置有了一定眉目后辞职。菅直人表示,“我会在完成自己的使命后,由年轻一代继续执政。”有观点认为,菅直人的这一表态是为内阁不信任案导致的民主党内部混乱加剧承担责任。

不信任案表决前,日本民主党前代表小泽一郎、前首相鸠山由纪夫等众多议员纷纷意欲造反。即使不信任案被否决,民主党内部的分裂仍无可避免,这使菅直人感到难以继续执政。

3.菅直人表示准备在日本灾后重建有一定眉目时辞职

2011060214:05:06 来源:新华网

新华网东京6月2日电(记者吴谷丰)日本执政的民主党代表(党首)、首相菅直人2日表示,他准备在日本地震灾后重建和平息福岛第一核电站事故有一定眉目时辞职。但菅直人没有提到具体的辞职时间。

当天中午,菅直人在民主党国会议员大会上说,他为自己的不足导致在野党提交针对内阁不信任决议案表示道歉,但保证将全力致力于灾后重建,并努力不让政权回到自民党手中。

当天早些时候,日本民主党前代表、前首相鸠山由纪夫与菅直人举行了会谈。鸠山透露,菅直人同意在“日本地震灾后重建基本法案”获得通过及2011财年第二个补充预算案有一定眉目时辞职。

此前,执政联盟的国民新党代表(党首)龟井静香与菅直人举行会谈,要求菅直人在灾后重建和平息福岛第一核电站事故步入一定轨道时辞职。

日本在野的自民党、公明党和日本奋起党1日联合向日本国会众议院提交了针对菅直人内阁的不信任决议案。众议院全体会议于2日下午就该不信任决议案进行表决。

据日本媒体报道,民主党在众议院全体会议表决前召开国会议员大会,目的在于阻止少数民主党众议员对内阁不信任决议案投赞成票。

日本国会众议院共有480个议席,参加投票的过半数以上众议员投票赞成,内阁不信任决议案方可获得通过。根据日本宪法规定,如果内阁不信任决议案获得通过,首相须在10天内解散众议院或内阁总辞职。

4.日本首相或于10天内宣布下台

2011060202:04 来源:第一财经日报 作者:黄立俊

61日傍晚,日本在野的自民党、公明党和日本奋起党正式向国会众议院提交了“内阁不信任决议案”,逼迫首相菅直人下台。

该决议案将在东京时间今天下午1时的众议院全体会议上进行表决,一旦决议案获得通过,根据日本宪法的规定,菅直人将必须在10天之内宣布内阁总辞职或者解散众议院提前进行大选。

执政党分裂成定局

日本众议院共有480个议席,除去不参与投票的议长以及至今还未进行补选的一席空缺之外,表决的应有票数共478票,决议案要想获得通过,就必须得到至少240票的赞成票。虽然日本共产党、社民党等小党派纷纷宣布将缺席表决或弃权,为最终的表决结果增加了些许不确定性,可民主党内部已围绕这些数字展开了激烈的拉锯战。

最先出手的是民主党前干事长小泽一郎。小泽虽然因政治献金丑闻黯然离开民主党决策层,可他依旧在民主党内具有重要影响力。在527日接受美国《华尔街日报》采访时,小泽就明确表示“应该尽早将菅直人首相替换掉”。当“内阁不信任决议案”的消息一经传出,小泽派的议员们就纷纷行动,对其他中间派议员展开说服拉拢的工作。目前已经有50多名(一说60多名)民主党议员明确表示将投下赞成票。

根据多家日本媒体的分析计算,除了在野党手中握有的162票,决议案要想获得通过,除非民主党内部出现78名以上的“造反”议员才有可能。可即使算上小泽派的50多票,仍然有一定的差距,这使得麾下拥有20多名议员的前首相鸠山由纪夫忽然间成了“关键先生”。

菅直人从八国集团(G8)峰会回到东京的第一件事便是与鸠山由纪夫见面。而531日晚9点,鸠山更是进入首相官邸与菅直人会谈了2个多小时,他在会谈中明确要求菅直人为了民主党的团结“主动辞职或进行大幅度的内阁改组”,但是遭到了菅直人的拒绝,最终两人不欢而散。

种种迹象表明,民主党正面临着前所未有的分裂危机。61日晚间,鸠山由纪夫明确表态,将赞成决议案的通过,而菅直人内阁中的5名副大臣级成员在决议案正式提交后也各自提出辞呈,以表明自己将在今天的表决中投下赞成票的立场。政治评论家伊藤惇夫就此指出:“即使最后决议案以微小的差距被否决,民主党的全面分裂也已经不可避免了。”

灾后复兴路漫漫

回顾二战后的日本历史,“内阁不信任决议案”被通过的情况仅发生过4次,最近的一次是1993年的自民党宫泽喜一内阁。值得注意的是,当时率领自民党议员“造反”并导致日本政坛陷入长期混乱的主要推动者就是小泽一郎,这也是素有“破坏者”之称的小泽在日本民众心目中印象不佳的原因之一。如今,执政党分裂危机又出现了,而且还是在刚刚经历过大灾难百废待兴之时,日本国民又是如何看待这场“政治混战”的呢?

福岛市内避难所的一位灾民接受采访时说:“(国会的争斗)就像一群淘气的孩子打架一样。这里的居民们遭遇了这么大的灾难,已经那么辛苦了。国会在这个时候还有这样的闲暇去干那么多别的事情吗?”而福岛县饭馆村村长菅野典雄则认为:“要想政府更好地帮助解决问题,也的确需要发生一些变化。”

根据日本警察厅截至531日的统计,目前仍有约10.2万日本居民生活在避难所中。临时板房的建设、瓦砾的清理、防洪堤坝的重建、灾后赔偿……无数的问题正等待日本政府着手解决。可是一旦执政的民主党发生分裂并造成政治乱局的话,那日本灾后重建的时间表势必又将往后无限期拖延下去。

|

« 2097 中国は見る(1059) 6月2日 菅政権に対する不信任決議案  採決騒動 (1)  採決前 | Main | 2099 中国は見る(1061) 6月2日 菅政権に対する不信任決議案 採決騒動 (3)  辞任表明・内閣不信任案否決される ② »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2097 中国は見る(1059) 6月2日 菅政権に対する不信任決議案  採決騒動 (1)  採決前 | Main | 2099 中国は見る(1061) 6月2日 菅政権に対する不信任決議案 採決騒動 (3)  辞任表明・内閣不信任案否決される ② »