« 2037 中国は見る(1004) 日本でM9.0大地震発生(22) プルト二ウム検出は燃料棒溶融の証明? (下) | Main | 2039 中国は見る(1006) 日本でM9.0大地震発生(24) 日本最大の危機(下) 福島原発廃炉した後どう処理する? 放射能放出量はどれくらい? 環境や健康への影響は? 懸念は依然として多い  »

2038 中国は見る(1005) 日本でM9.0大地震発生(23) 日本最大の危機(上) 日本の原発事故対応はなぜ効率が悪いのか?

Photo_3
Photo_15



新京报新京报

日本应对核事故缘何效率不高

2011-03-28 18:00:59 来源:(北京)  作者:張智新


国際社会の関心に直面し、日本政府体制の積弊で、正確な判断や効果的行動を誤ってはならない。 東京電力の内部運営に介入することを含め、真実の情報を全面開示すると共に、国際援助などを受け入れ、できる限り早く原発危機を収束させる良策を探すべきだ

福島第一原子力発電所から327日伝わってきたニュースによると、2号機の原子炉付近のたま水の中から通常の1千万倍にあたる放射性ヨウ素134が検出され、近く働く作業員達が緊急難した。 これについて東京電力は、上述の「計測」は、“誤り”とすぐに訂正した。 日本側の情報の混乱、きわめて困惑させるものだ


これとじ頃、中国核事故緊急調委員会が327日発表したところによると、黒竜江省東北部の気中からきわめて微量の放射性物質ヨウ素134が検出された。レベルは昨日比べ確な変化く、中国の人々に与える放射線量も、天然の放射線量10万分の1より微量であり、環境と人々の健康に影響を与えるものではなく、防護対策をとる必要はまったくない


過日、中国外交部の姜瑜報道副局長は、“日本は関連する情報を速やかに全面的に公開すべきだ。 これは関連各情勢を判断するのに重要なことであると述べている。


福島第一原子力発電所の放射能出問題は間もなく目にる。 これまでの自衛隊、消防庁の海水の注入、“50人の勇士”の現場作業やまた東京電力の原発が通電を始めたと発表したことから、人々は放射能危機が一旦収束できたと思った。  しかし、福島の放射能危機の情報がまたわってきたので、国際社会心配でならない


人々は心配あまり疑問に思う。 日本側が発表する情報は本当なの? 部なのか? 当初、明るい情報が流れていたのに、次々にする原因どこにあるか?


事態の発展、日本側の言の一連のつながり、国際専門家の判断を総合すると、日本側の情報は明らかに疑問を抱かせる部分がある。 情報があいまいだったり、事態の全体に至るも掌握できていない理由としては、東日本大震災の破壊力あまりに大きいことまた原子力発電所の事故自体の復旧作業もきわめて複雑なことがあるが、しかし、人為的な理由見つけることができる


東京電力は日本の6分の1の電力と原子力発電半分を担う、60年の歴史を持ち人以上の従業員、総資産13、営業収入日本の業界トップであり、全世界でも、規模の大きなの原子力発電の“空母のようなものだ。  しかしこの業界トップの大会社は、今回の放射能危機の中で何度もチャンスを逸し、情報隠しを行っただけでなくトップのゴタゴタなどについても問や非難を受けた。 これまでも2002年には定期検査データ改竄事件や2007年には、1978年の原子炉事故スキャンダルが明るみに出たことがあった。


歴史の古いツケを負っている東京電力が、今回このように深刻な重大事故前にしても依然として相変わらずなのに日本の人々は怒った。 菅首相も猛烈にった。

東京電力は、日本政府その罪を逃れられない”と語っている。  しかし、もっとあるのは日本の“財-官僚-政治”の金権政治“鉄のトライアングルである 民主党を含政治の中で、東京電力から献金を受けている政治家沢山る。 それだけでな、経済産業省、環境保護などの政府の監督部門のトップ官僚は退職した争って東京電力の世話になっている。 東京電力のトップと政治家や官僚の付き合い密接なことは、言わずもがなの当たり前のことである。

と官僚の二重の庇護の下、東京電力はスキャンダルが続出しても、平穏無事だったのある。 今回の危機の中で情報などの隠蔽も、いつもの癖がまた出たというべきである。

う余地もないことは、福島の放射能危機が、日本の範疇を飛び超え全世界の注目の的となり、国際社会の関心事となった。 日本政府体制の積弊で、正確な判断や効果的行動を誤ることなく、東京電力の内部運営に介入することを含め、また関係各国や国際組織に直ちに正しい情報を全面公開し、国際社会の援助などを受け入れ、できる限り早く原発危機を収束させる良策を探すべきである。

日本应对核事故缘何效率不高

2011-03-28  18:00:59 来源:(北京) 

作者:张智新

面对国际社会的关切,日本政府不能再任由体制积弊阻碍其正确判断和有效行动,而应果断采取包括介入东京电力内部运作、及时全面通报真实信息、接纳国际援助等措施,尽快找到核危机的控制良策。

日本福岛第一核电站327日传来消息:2号反应堆附近积水内的放射性碘-134含量超过正常水平1000万倍,正在附近工作的抢险人员当即撤走避险。电站上级东京电力公司很快表示,上述指标“错误”。显然,日方信息的模糊令人困惑。

与此同时,我国国家核事故应急协调委员会327日权威发布:我国黑龙江省东北部空气中继续检测到极微量的人工放射性核素碘-131,水平较昨日没有明显变化,其对当地公众产生的剂量小于天然本底辐射剂量的十万分之一,对环境和公众健康不会产生影响,无需采取任何防护措施。

此前,中国外交部新闻发言人姜瑜曾表示,“希望日方能够及时准确全面地向外界通报有关信息,这将对相关国家判断形势起到重要作用。”

福岛第一核电站的核泄漏危机即将进入第三周。从此前的自卫队、消防厅海水浇注,到“五十壮士”现场抢修作业,再到东京电力宣布几个机组开始通电,人们一度以为核危机得到遏制。然而,福岛核危机信息再度传出,让国际社会为之忧心。

人们在担忧之余自然会质疑:日方公布的信息是否真实及时全面?原本曙光出现却又再度吃紧的原因何在?

结合事态的发展,日方言论的前后连贯性以及国际专家的判断,日方的信息发布显然存在诸多令人怀疑之处。造成信息发布不实及整个事态迄今无法掌控的原因,可以说地震海啸破坏力太大,也可以说核电站事故抢修本身极其复杂,但是,人为因素也仍然有迹可循。

东京电力承担着日本1/6的电力和一半的核电供应份额,是一家有着60年历史、5万多名员工、市值约合1.1万亿人民币、营业收入日本第一的行业巨头,也是全球规模最大的民营核电“航母”。但这样一家雄踞业内翘楚的大公司,不仅在此次核危机中因为屡屡贻误时机、隐瞒信息、高管腐败等备受质疑和抨击,此前也有2002年的篡改安检记录事件和2007年曝光的漏瞒报1978年核反应堆事故的丑闻。

身负历史旧账的东京电力此番在如此严重的重大事故面前依然故我的表现,着实让日本民众愤怒,也招致菅直人首相怒不可遏地指斥。

东京电力如此表现,日本政府难辞其咎,然而更深层的罪责则在日本“财团-官僚-政客”金权政治“铁三角”。包括民主党当局在内的日本朝野政客中,拿了东京电力捐款的大有人在。不仅如此,不少经济产业省、环保厅等政府监管部门的高层官僚退休或离职后也竞相加盟东京电力。至于东京电力高管和政客官僚之间往来密切,更是不值一提的常事。

在政客和官僚的双重卵翼下,东京电力才会丑闻不断但安然无恙,此次危机中瞒报信息等表现,也是其故态复萌的本能表现。

毋庸置疑,福岛核危机早已超出日本国家范围而为全球注目,面对国际社会的关切,日本政府不能再任由体制积弊阻碍其正确判断和有效行动,而应果断采取包括介入东京电力内部运作、向有关国家和国际组织及时全面通报真实信息、接纳国际社会专业援助等措施,尽快找到核危机的控制良策。

(本文来源:新京报 )

Photo_14




2_2



1_2



Photo_13



Photo_12



Photo_11



2



Photo_10



Photo_9



Photo_8



Photo_7



Photo_6



1



Photo_5



Photo_4

|

« 2037 中国は見る(1004) 日本でM9.0大地震発生(22) プルト二ウム検出は燃料棒溶融の証明? (下) | Main | 2039 中国は見る(1006) 日本でM9.0大地震発生(24) 日本最大の危機(下) 福島原発廃炉した後どう処理する? 放射能放出量はどれくらい? 環境や健康への影響は? 懸念は依然として多い  »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2037 中国は見る(1004) 日本でM9.0大地震発生(22) プルト二ウム検出は燃料棒溶融の証明? (下) | Main | 2039 中国は見る(1006) 日本でM9.0大地震発生(24) 日本最大の危機(下) 福島原発廃炉した後どう処理する? 放射能放出量はどれくらい? 環境や健康への影響は? 懸念は依然として多い  »