« 2041 中国は見る(1008) 酒井法子 北京に現る | Main | 2043 中国は見る(1010) 日本でM9.0大地震発生(27) 1号機燃料棒の70%損傷 »

2042 中国は見る(1009) 日本でM9.0大地震発生(26) 東京電力 海の中へ低濃度汚染水を放出

Photo1_2Photo_3

1.東京電力 海の中へ低濃度汚染水を放出

2.専門家:日本の海洋生物は放射能により変異を起こす恐れがある

3.日本の東部海域 放射能汚染脅威に見舞われる 18万人 家に戻れず 

1.东京电力公司开始向海中排放低放射性污水

2011-04-05 08:31:08 来源:新华网

2.专家称日本海洋生物可能因核辐射变异
时间:2011-04-03 14:40:24 来源:中国网滨海高新 作者:

3.日本东部海域遭核污染威胁 18万民众或无法回家

2011-04-04 09:33 来源:中国广播网

1.東京電力 海の中へ低濃度汚染水を放出

東京電力は4日、同日19時、福島第一原子力発電所で、高い濃度の放射性物質を含む汚染水の貯蔵先を確保するため、集中廃棄物処理施設内にたまっていた低濃度汚染水を作業員が海の中へ放出した。


福島第一原子力発電所1号機~4号機のタービン建屋などには大量の高い濃度の放射性物質のたまり水がある。 東京電力の説明によると、“これらの高濃度汚染水の臨時貯蔵所の移転準備が間に合わず、高濃度汚染水の貯蔵先を確保するため、集中廃棄物処理施設内にたまった低濃度汚染水を海へ放出せざるを得なかった”と述べた。


東京電力は、“低濃度汚染水を海へ放出したことは、関連の法律に基づく措置(原子炉等規制法第64条)だ”という。今回の事故で、東電が汚染水を意図的に海へ放出するのは初めて。


今回放出する汚染水は集中廃棄物施設内にたまった約1万トンと5号機と6号機の建屋周辺の地下水約1500トンである。 東京電力は、この2つタービン建屋部分は水没し、機材に影響する恐れがあるため、海へ放出することを決めたという。

原子力安全委員会は4日、“低濃度汚染水の放出は、高濃度の放射性物質を含む汚染水を確保するためにとった「やむを得ない措置」と語った。


東京電力によると、“1号機~4号機の放水口付近の海域から放射性ヨウ素180ミリ・シーベルトが検出されたが、今回放出した汚染水の放射性ヨウ素は前者の九分の一にもならない”という。


東京電力が海へ直接放射性汚染水を放出した後、隣接各県の漁業関係者や福島県から次々と不満と不安の声が上がった。

水産庁はこの件について、“魚や貝の体内の放射性物質の量は、しばらく放射性物質の濃度に従い海水の中でも高くなるが、しかし長期にわたり蓄積されることはない。 海水の放射性濃度が正常に戻れば、その体内の放射性物質の量も正常に回復する。 現在、各県において放射性物質に対する検査を行っている。 だから市場に出回っている魚や貝は安心して食用できる。 だが、関係方面はできるだけ早く放射性物質を含む汚染水を放出することを止めてもらいたい”と語った。

2.専門家:日本の海洋生物は放射能により変異を起こす恐れがある


中国ネット 浜海高:4月2日、福島第一原子力発電所2号機の原子炉から漏れ出した高濃度の放射性物質を含んだたまり水が、太平洋に流出していると政府高官が発表した。 専門家達は、福島原子力発電所の放射性物質が海洋に流出すれば、海洋生物の死を招いたり、あるいは遺伝子に突然変異が起きる可能性があると見ている。

放射性汚染水の流出源わかる

東京電力は2日、2号機の汚染水の流出源が突き止められたと発表した。 2号機の取水口付近のケーブルの立て坑の側面のコンクリートの壁約20センチの亀裂からだという。東京電力は、コンクリートを注入し亀裂を塞ぐと共に、約1万トンぐらいの汚染水を貯蔵できる大型浮体式構造物(メガフロート)を投入する計画を発表した。 このメガフロートは静岡市から譲り受けることにしている。 今までは釣り公園で、長さは136メートル、幅は46メートル、高さ3メートルある。


福島原発の危険な情況を抑えるため、東京電力は懸命に危険を冒す労働者を探している。 毎日、最高5000ドル(約40万円)の報酬だという。


海洋食物 連鎖的に汚染される

米国国家地理学のウェブサイトによると、専門家達は、福島原子力発電所付近の放射性汚染水のレベルは引き続き高くなり、そのあたりの海洋動物の生存を脅かすことになると見ている。


ニューヨーク・ライマン学院の海洋河川研究所の責任者・ジョゼフ・ラッシュリン氏は、“放射能は海洋の動物を殺し、その他の動物は遺伝子に損傷を受けるでしょう” 放射能生態学者のワード・ヴィックリー氏は、“海洋動物の卵と幼体は放射能に対して敏感です。 放射性原子は動物の体内で他の原子に代わることができ、DNAを変えてしまうでしょう”と言う。


ラッシュリン氏は、“ほとんどの変異動物は生き残ることができません。 また一部の動物は、変異を次世代に遺伝します。 もし海洋動物が放射能を帯びた植物や小さい獲物を食べれば、海洋汚染の食物連鎖が続きます”

3.日本の東部海域 放射能汚染脅威に見舞われる 18万人 家に戻れず 

中広ネット北京4月4日電:中国の声《ニュース縦横》によると、日本の放射能汚染事件は依然として続いている。 東京電力は昨日(3日)、原子力発電所内の放射能汚染を受けた水の海への流出を阻止できなかったと発表した。 日本の東部海域は放射能汚染の脅威に見舞われることになる。

検出データによると、原子力発電所の汚染水に含まれた放射性ヨウ素131の濃度は通常数値の1万倍以上に当たる。 コンクリートを使って立て坑の亀裂を塞ごうとしたが役立たなかった。 その後、地面を急速に凝固することができる特殊樹脂“ポリマー”を噴射し、拡散する放射性物質をその場に“固め”ようと試みた。  しかし、現在も、効果がどうなのかはまだわからない。


昔《ゴジラ》という映画があった。 内容は、海栖生物が米国の核実験の放射能の影響を受けて変異し、最後に巨大な大怪獣となる物語である。 偶然の一致か、この映画を作ったのは日本で、今、人々は今回の海の放射能汚染が、このような悲劇を引き起こすことのないよう心配している。


日本の原子力発電所の海洋汚染問題について、中国原子力業協会の馮毅研究員は昨晩、《ニュース縦横》の当日のキャスター・楊路の取材に対し、“放射能によってゴジラのような怪獣が発生することはないが、しかし、放射能の海洋に対する汚染は依然として深刻です”と語った。


馮毅研究員:福島原子力発電所の高い放射性汚染水が海に流出した。 具体的な場所は2号機の取水口付近に亀裂が見つかった。 現在、この水には比較的強い放射性があり、東京電力が公表したデータによると、毎時1000ミリ・シーベルトに達している。 この汚染水は海洋に入り続けることになり、福島原子力発電所の周辺20~30キロの半径以内の海域には深刻な汚染をもたらすことになる。 その上、この後の生態の回復については、極めて大きい困難をもたらす。 特に関係する海洋生物、海底に沖積した泥も含めて全て影響を受けることになり、情況はきわめて緊迫したものである。 日本の法律や関連する国際条約によれば、このような放射性汚染水が海洋の生態環境に流出することは、間違いなく法律や条約で禁止されている。

放射能が流出した福島原子力発電所は、日本の東部にあり、太平洋に面している。日本海側ではない。 中国から直線距離で約2000キロ。 だから、馮毅研究員は、現在の海水の汚染は中国に対して影響はないと見ている。

馮毅研究員:福島原発は日本の東北部にあり、太平洋に面しており、その上関係する海流の全体的な流れも中国の方向には向かっていないし、我が国とは遥か遠く離れている。 短期的には、我が国の海洋・海域を汚染するリスクはない。


今日現在、東日本大震災からすでに24日が経った。 今、日本は、災害の再建復興の段階です。 津波・地震の破壊について、人力・物力を投じさえすれば、再建することができます。 でも放射能の影響は、災害後の再建を極めて難しくさせます。 東海大学の葉千栄教授は《ニュース縦横》の楊路キャスターに対し、“日本の18万の被災者は二度と故郷に戻ることができないかもしれない”と述べた。


葉千栄教授:大部分の被災者、特に福島県の原発周辺の30キロ半径の被災者、および宮城県と岩手県の沿海一帯で津波の影響を受け、自分の家、部屋を失った被災民は、もしかすると今後かなり長い間、帰ることができないことを覚悟しており、ある人は親戚や友人を頼ったり、またある人は自分の実家、友達、親戚の家に行ったり、ある人は、地方自治体の手配に頼っている。


チェルノブイリ原発事故が発生した後、周囲30キロの範囲が隔離区とされ、付近の住民は避難させられ、農作物は全部埋められた。 その後、半世紀の時間が経過したが、10キロ以内は耕作も放牧もできない。 10年以内は100キロ範囲内で牛乳の生産も禁止された。 日本でも放射能事故の影響を受けた地区が同様の運命に直面することのないよう望みたい。

18万の被災者が郷里に戻ることができないことについて、葉千栄教授は、日本政府はすでに東電に被災者の家屋を賠償するよう求めると共に、被災者をその他の地区へ移転する計画を立てていると言う。

葉千栄教授:この18万人を時期を分け、班分けし、日本のその他の地方自治体に移動しているが、これは彼らにとっても辛い負担です。 被災者の中には、政府の手配によって3回も移動した被災者がおり、できるだけ早く落ち着きたいと望んでいます。 政府が今回、町内や市全体をその他の都市に集団避難させているのは、彼らの戸籍関係や学校、企業をいっしょに移し、被災者の間の人間関係や交流を保証するためです。 被災者達は長期にわたる苦労に直面しています。

1.东京电力公司开始向海中排放低放射性污水

2011-04-05 08:31:08 来源:新华网

东京电力公司4日宣布,从当天19时(北京时间18时)开始,工作人员将福岛第一核电站废弃物集中处理设施内低放射性污水排入海中,以便腾出空间处理部分机组内的高放射性积水。

福岛第一核电站1号至4号机组涡轮机房等处都有大量含高浓度放射性物质的积水。东京电力公司解释说,由于来不及设置转移这些高放射性污水的临时水罐,现在只能先把废弃物处理设施内存储的低放射性污水排入海中,为高放射性积水腾出存放空间。

东京电力公司表示,向海中排放低放射性污水是根据日本相关法律所采取的措施。这也是该公司在核泄漏事故发生后首次主动向海中排放含有放射性物质的污水。

这次排放的污水除了废弃物集中处理设施内处理的约1万吨污水,还包括5号和6号机组附近合计1500吨含放射性物质的地下水。东京电力公司表示,由于这两个机组的部分设施有可能被水淹,影响机组安全,所以也要将这些地下水排入海中。

日本原子能安全委员会4日说,向海中排放低放射性污水,是为确保有地方存放高放射性积水而采取的“不得已的措施”。

东京电力公司指出,在1号至4号机组排水口附近海域,日本方面已检测出每毫升180贝克勒尔的放射性碘活度,此次排放的污水中放射性碘的活度不到前者的九分之一。

东京电力公司向海中直接排放放射性污水后,邻近各县的渔业人士和福岛县纷纷表示不满和不安。

日本水产厅就此表示,虽然鱼类和贝类体内放射性物质的量会暂时随海水中放射性物质浓度升高而增加,但不会长期积蓄,待海水放射性浓度降至正常后,其体内放射性物质的量会恢复正常。由于目前每个县都对放射性物质进行监测,所以市场上的鱼类和贝类仍可安全食用,但还是希望有关方面尽早停止向海中排放放射性污水。

南方网编辑:马菁璟

2.专家称日本海洋生物可能因核辐射变异
时间:2011-04-03 14:40:24 来源:中国网滨海高新 作者:

中国网 滨海高新讯 当地时间42日,日本官员证实,福岛第一核电站二号机组的含高浓度辐射物质积水,渗出反应堆,流入太平洋。专家们表示,福岛核电站放射性物质流入海洋,可能导致海洋生物死亡,或发生基因变异。

放射污水泄漏源已找到

东京电力公司2日宣布,二号机组放射污水泄漏的源头已被找到:在二号机组取水口附近电缆竖井侧面,混凝土墙壁上有约20厘米长的裂缝。东京电力公司表示,将注入混凝土封堵裂缝,并计划启动大型钢制浮体存放1万吨左右的污水。该钢体由日本静冈市转让,原来是钓鱼公园,长宽高分别为136米、46米和3米。

为控制福岛核电站险情,东京电力公司正全力寻找愿意冒险的工人,给予每天最高5000美元的报酬。

海洋食物链将受污染

据美国国家地理网站报道,专家们表示,福岛核电站附近的放射性污染水平将继续升高,对当地海洋动物的生存造成伤害。

纽约莱曼学院海洋与江河口研究所负责人约瑟夫
拉什林表示:“
核辐射将导致一些海洋动物死亡,其他一些动物将遭受基因损伤。”放射生态学家沃德 维克勒说,海洋动物的卵和幼体对辐射较为敏感,放射性原子能够取代动物体内的其他原子,所导致的辐射暴露将改变它们的DNA

拉什林指出,绝大多数变异动物无法幸存,一些动物还会将变异遗传给下一代。如果海洋动物摄入受到照射的植物和小型猎物,海洋食物链将受到污染。综合中新

3.日本东部海域遭核污染威胁 18万民众或无法回家

2011-04-04  09:33 来源:中国广播网

中广网北京44日消息
据中国之声《新闻纵横》报道,日本核污染事件仍在发展,东京电力公司昨天(
3日)宣布,他们没能阻止核电站内部受到核污染的水流到大海里,日本东部海域面临核污染威胁。

检测数据显示,核电站内污水所含放射性碘-131的浓度相当于正常数值的1万倍以上。在用混凝土封堵竖井裂缝无效后,日本开始向核电站地面喷射能快速凝固的“聚合体”材料,希望能将扩散出来的放射性物质“粘”在原地,但目前效果怎么样还不得而知。

从前有一个电影叫《哥斯拉》,讲的是海生生物受到美国核试验辐射影响,产生变异,最终成为巨大怪物的故事。巧合的是,最早拍这个电影的正是日本,如今,人们担心这次对海洋的核污染真会酿成这样的悲剧。

对于日本核电站污染海洋的问题,中国核能行业协会研究员冯毅昨晚在接受《新闻纵横》值班编辑杨路采访时表示:目前也许不会因为辐射产生哥斯拉那样的怪物,但是辐射对海洋的污染仍然十分严重。

冯毅:福岛核电基地高放射性废液正在向大海泄漏,具体位置是在2号机组入水口出现了贯穿性裂缝。目前,这个水有比较强的放射性的,根据东京电力披露的数据,达到每小时1000毫西弗。这个废液持续进入海洋,肯定对福岛核电基地周边2030公里半径范围内的海域会造成比较严重的污染,而且对后期的生态的恢复会造成极大的困难,特别是相关的海洋生物,包括海底瘀泥都会受到影响,情况比较紧急。按照日本法律及相关国际公约,这样的放射性废液进入海洋生态环境肯定是属于法律和公约禁止的。

产生核泄漏的福岛核电站位于日本东部,面向太平洋,而不是面向日本海,距离我国直线距离大约2000公里,所以冯毅研究员认为,目前的海水污染对我国不会产生影响。

冯毅:由于位置地处日本东北部,面向太平洋,而且相关的洋流总的方向也不是向我国这个方向的,距我国比较遥远,短期之内,不会有污染我国海洋海域的风险。

截至目前,日本地震和海啸灾害已经过去24天,现在日本已经进入灾害重建阶段。对于海啸地震的破坏,只要投入人力物力,还是可以重建,但是辐射的影响却让灾后重建遇到了极大麻烦。日本东海大学教授叶千荣告诉《新闻纵横》值班编辑杨路,日本18万受灾人口很有可能再也无法返回家园。

叶千荣:大部分灾民,尤其是福岛县电场周边30公里半径的灾民,及宫城县和岩手县受海啸影响在沿海一带失去了自己的家、房子的灾民们,都已经意识到或许今后在相当长一段时间里无法回到家乡,有的投亲靠友,到国内自己的老家、朋友、亲戚那儿去,有的在等待地方自治体的统一安排。

切尔诺贝利核电站发生事故之后,周围30公里范围被划为隔离区,附近的居民被疏散,庄稼被全部掩埋。在日后长达半个世纪的时间里,10公里范围以内将不能耕作、放牧;10年内100公里范围内被禁止生产牛奶。不希望日本受核事故影响的地区面临同样的命运。

由于18万受灾人口将无法返回家园,叶千荣教授说,日本政府已经要求东电公司收购受灾人员原来的房屋,并计划把受灾人口整体搬迁到其他地区。

叶千荣:这18万人已经分期分批逐渐向日本其他地方自治体迁移,这对于他们来说是非常疲劳的负担。有一些灾民已经按照政府的安排迁移了三次,希望尽快能够安定下来。政府这次采取整体迁移,一个街道乃至一个市整体迁入其他城市北部,把他们的户籍关系以及学校、单企都一块迁移过去,以保证灾民之间互相的人际关系和交流。灾民们将面临着长期的非常痛苦的煎熬。

|

« 2041 中国は見る(1008) 酒井法子 北京に現る | Main | 2043 中国は見る(1010) 日本でM9.0大地震発生(27) 1号機燃料棒の70%損傷 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2041 中国は見る(1008) 酒井法子 北京に現る | Main | 2043 中国は見る(1010) 日本でM9.0大地震発生(27) 1号機燃料棒の70%損傷 »