« 2005 中国は見る(973) インターネット“入試問題投稿事件”発生(2) 警察 投稿携帯の所有者を特定 | Main | 2007 中国は見る(975) 前原外相進退問題(上) 前原外相 外国人から献金受ける »

2006 中国は見る(974) インターネット“入試問題投稿事件”発生(3) 入試投稿予備校生逮捕

入試不正投稿予備校生 懲役刑? 逮捕について意見さまざま

日本作弊考生或面临牢狱之灾 民众观点褒贬不一

2011030503:29 来源:红网潇湘晨报 

新華社電:刑法によると、大学入試で不正を働いた19歳の予備校生は、懲役以下の刑が下される可能性がある。

警察によると、この予備校生は、4大学の入学試験中、携帯でネットに問題を投稿し、解答を求めようとした。 この4大学は、京都大学、早稲田大学、同志社大学、立教大学である。 警察は、不正者が“未成年”ということで、名前は公表していない。 

日本の大学は一般的に4月が新学期で、大学の多くは春(2,3月)に入試が行われる。 警察は、2月末、2月に行われた入学試験中に、試験問題がヤフーの知恵袋に投稿され解答を求めるという事件があったとの届け出を受けた。 その後、そのサイトには多くの解答が寄せられた。

警察が調査を始め、サイトのIPアドレスや答案用紙の内容を調べるなどの方法で、投稿者の身元を調べ出した。 この予備校生の家族が、3月2日、警察に子供が行方不明だと届け出た。 警察は、行方不明予備校生の携帯の信号音から彼の居場所を特定、仙台駅付近で彼を保護、偽計業務妨害容疑”で逮捕した。 この罪名による最高刑は3年以下の懲役または50万円以下の罰金だという。

メディアの報道によれば、入試の不正行為で起訴されるのは初めてで、最悪、収監されることもありうるという。

共同通信によると、入試投稿予備校生は、いくつかの大学に合格していたという。

不正の手口について、予備校生は警察に、“試験の時、携帯を股の間に隠し、左手で入力した”と説明しているという。 でも、多くの人は、この説明に疑問を抱いている。 というのも、インターネットに数学の問題を投稿する速度と投稿頻度があまりにも速いこと、しかも問題が長文だったからである。 警察は予備校生の携帯で、携帯内に試験問題の内容が入っているか、また携帯にアクセスリーダー機能(カメラで撮影した文字を読み取って編集する)があるか、読み取った問題をインターネットに投稿したのかなどを検証することにしている。

共同通信によると、こっそり撮影できないよう、日本の携帯には写真を撮る時、通常シャッターのような音がするが、携帯の中には写真を撮る時、音が出ないものもある。

また、警察は本人が協力者について否定:“自分一人で携帯電話を使って試験問題を投稿した”といっているが、協力者と不正を行ったのではないか詳しく調べることにしている。

入試不正事件は連日、全国的話題となっている。 “広範多くの人に情報をさらすネットを悪用した……カンニング事件だけではすまない問題をはらんでいる と《毎日新聞》の4社説は述べている

メディアの論の中には、“大学科学技術の歩みに後れをとらないように、しいカンニングに対応すべきだ”と書いているものがある。 カンニング受験生は去年高校卒業したが、大学に合格できず、その後、予備校に入り、今年の“大学入試”に備えていた。

警察の取調べに対し、予備校生は、“合格したかったと率直に述べた。

一般の人々のこの不正事件に対する見方はいろいろで、カンニング“許ない”う人がいる一方、カンニング予備校生の大学に合格したいという切実な心理に“理解”を示す人もいた。

日本作弊考生或面临牢狱之灾 民众观点褒贬不一

2011030503:29 来源:红网潇湘晨报 

据新华社电 日本警方4日说,在大学入学考试中作弊的一名19岁男生可能获判数年监禁。

警方说,这名考生承认,他曾在4所大学入学考试中借助手机将试题传至互联网求助解答。这4所大学分别为京都大学、早稻田大学、同志社大学和立教大学。警方以作弊者“未成年”为由拒绝公开这名考生的姓名。

日本的大学通常4月开学,高校多在春季招生。警方2月底接到举报,称有人在当月入学考试过程中将部分试题传至“雅虎知道”网页,寻求帮助。后有多人跟帖上传答案。

警方随后介入调查,借助查询发帖终端IP地址、比对试卷答案内容等方式查明作弊考生的身份。这名考生的家长32日报警称孩子失踪。警方随后经由失踪考生手机的信号锁定他的位置,在仙台市一座车站附近将他拘留。警方说,这名考生涉嫌“以欺诈行为妨碍(公共)事务”。这一罪名最高可判3年监禁,罚金可多至50万日元(约合6000美元)。

按日本媒体说法,他可能成为日本第一个因考试作弊而遭起诉、甚至坐牢的人。

共同社报道,作弊者遭拘前已被几所大学录取。

就作弊细节,考生向警方供述:考试时,他把手机夹在大腿间,用左手输入考题内容。不过,一些人质疑这一说法,因为他上传数学题速度和频率十分快,而且题目相当长。警方准备检查考生的手机,一查手机内是否存有考题内容,二查手机是否具备扫描识别功能,使扫描的考卷图片能够识别为文本后上传至网络。

共同社说,为防偷拍,日本的手机在拍照时通常会发出模拟快门声响,但一些手机在扫描时不“出声”。

另外,警方还将详细调查是否有人协助作弊,尽管作弊考生否认这一说法:“我自己用手机将试题传至网络。”

作弊事件连日来引起日本全国热议。“这是错误地在利用互联网快速广泛传播(的特点)……不仅仅是一起作弊事件,”《每日新闻》4日社论说。

一些媒体评论,高校应跟上科技步伐,严防新型作弊方法。作弊考生去年3月高中毕业,但没考上大学,随后进入一所补习学校复读,“备战”来年“高考”。

在接受警方问讯时,考生坦言,作弊是因为“我想通过考试”。

日本民众对作弊事件观点不一。一些人认为考试作弊“不可原谅”,另有人对作弊考生希望考上大学的迫切心理表示“理解”。

|

« 2005 中国は見る(973) インターネット“入試問題投稿事件”発生(2) 警察 投稿携帯の所有者を特定 | Main | 2007 中国は見る(975) 前原外相進退問題(上) 前原外相 外国人から献金受ける »

社会生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2005 中国は見る(973) インターネット“入試問題投稿事件”発生(2) 警察 投稿携帯の所有者を特定 | Main | 2007 中国は見る(975) 前原外相進退問題(上) 前原外相 外国人から献金受ける »