« 2016 中国は見る(983) 日本でM8.8大地震発生(2) 原発で火災 放射能漏れの恐れ | Main | 2018 中国は見る(985) 日本でM8.8大地震発生(4) 福島第一原発 「放射性物質の漏洩の危険高まる」 »

2017 中国は見る(984) 日本でM8.9大地震発生(3) 死者数 万人規模

4_2 2_2 3_2

1.宮城県警:宮城県の死亡者数一万人を超すと発表

2.死亡者数1200人に達する 数万人が安否不明

3.速報:中国国際救援隊15名隊員 東京に到着

4.地震被災地在住中国人は少なくとも7000名 安否不明27人 

1.日本警方称宫城县死亡人数将过万

2011-03-13 15:23:00 来源: 中国新闻网(北京)   

2.日本地震死亡人数达人数万人无法确定安危

2011-03-13 14:14:00 来源: 人民网(北京)

3.快讯:中国国际救援队15名队员抵达东京

2011-03-13 11:47:00 来源: 中国广播网(北京)

4.至少7000名中国人在日本地震灾区 27人失去联系

2011-03-13 13:20:51 来源: 中国网 

1.宮城県警:宮城県の死亡者数一万人を超すと発表

中新ネット3月13日電:NHKニュース の報道によると、宮城県警15_2 は、3月11日の東日本大地震発生から13日午後までで、地震と津波によって死亡した人の数について死者が1万人を超えるという見通しを示した。

報道によると、宮城県警の竹内直人本部長は、 死亡した人の数について、宮城県内で「ほぼ1万人は間違いない」 と述べた。 宮城県は今回の大地震で被害甚大な地区である。

日本政府が発表した情報によると、13日午前までに、宮城などの地区で地震と津波で801人が命を落としたという。

2.死亡者数1200人に達する 数万人が安否不明

1522 人民ネット3月13日電:日本メディアの最新の統計によると、今回の地震と津波による死亡者数は1200人に達し、1500人が行方不明で、数万人が未だに安否を確認することができない。 すでに死亡を確認した1200人のうち、宮城県は244人で、他に同県の仙台市と東松市でそれぞれ200体の遺体を発見したが、現場に近寄れないため、正確な統計数字は取れない。 その他、岩手県と福島県でそれぞれ302人と208人の死亡が確認された。

1510 宮城県県庁によると、同県の海岸に近い南三陸町は津波により致命的な打撃を受け、町全体はほぼ完全に破壊された。 町内の住民は1万7千人で、そのうちの7500人は安全が確認されたが、その他万人近い人は現在行方不明となっている。 岩手県大槌町と南三陸町も同様な打撃を受けた。 町全体がほとんど廃墟となった。 同町住民は1万5千人で、現在600人の安全が確認され、それ以外の人は行方不明である。 岩手県陸前高田市は5000戸が埋もれてしまい、すでに多くの死体がを発見されている

3.速報:中国国際救援隊15名隊員 東京に到着

12_no12 中広ネット東京3月13日電:中国の声《央広ニュース》が伝えたところによると、3月11日14時46分、宮城県で世紀の大地震が発生し、大規模な津波が起こり、重大な被害をもたらした。 また福島の第一原子力発電所が爆発を起こし、放射能漏れを起こした。 今、日本で取材を続けている李謙記者に、日本の地震のその後の情況を電話で聞いてみる。

記者:私は今、羽田空港にいます。 ここは東京の市街地から一番近い空港です。 約2分前、私は中国の救援隊15人のメンバーが空港ゲートに到着したのを目撃しました。 飛行機から降りる乗客の邪魔にならないように、日本側は簡単な歓迎式典を行いました。 20社ほどのメディアが歓迎式典の報道をしていました。

1608 関係者から聞いた最新の情報によると、15人の救援隊はここに10分も留まることなく、自衛隊のヘリコプターに乗り、地震の被災地区に向かったということです。

4.地震被災地在住中国人は少なくとも7000名 安否不明27人 

155 中国ネット3月13日電:3月11日に発生した東日本大震災は大規模な津波を起こした。 中国外交部は直ちに緊急対応をスタートさせ、全力で関係業務に取り組んだ。 在日中国大使館、各関係部門、機関を通じ、あらゆる手を尽くして、被災地区にいる中国公民の具体的な分布、被災情況などの情報を調べると共に、日本側に被災公民を全力で救助するよう要請した。 在日中国大使館も直ちに緊急対応をスタートさせた。 在日中国大使館、新潟総領事館は緊急チームを被災地へ派遣し、中国公民の安全情況を調べると共に、全力で支援することにしている。

159 今回の日本の震災はとても大きい。 日本にいる中国人は多く、あちこちに分散している。 中国外交部と在日中国大使館は種々の困難を克服し、八方手を尽くして、日本にいる中国人の被災情況を調べている。 3月12日午後現在、中国公民の死傷者の報告はない。

中国外交部領事局と在日中国大使館は、中国の公民に対し、当面、日本への旅行は控えるように、特に福島、仙台などの被災状況が深刻な地域は避けるようにと呼びかけを行っている

東日本大震の津波の被災地区に、中国人何人くらいいたか?

甚大地区に7000人?

1512 アジア通信社が、在日中国大使館から得た情報によると、現在、地震の被害が最も大きい宮城県に居住し働いている中国人は、留学生や研修生を含め、約7000名いるという。 また統計によると、東日本大地震の影響は16都道県東京都、北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、琦玉県、千葉県、神奈川県、静岡県、長野県に及んでいる。 ここには中国の留学生が65000人近く住んでいる。 現在のところ、中国人が被災したというニュースはまだない。

1511 中国大使館の館員は、アジア通信社取材に対し、中国大使館の緊急チームが、11日、その夜すぐ宮城県県庁のある仙台市に向かい、中国人の救援活動をスタートさせた。 また、中国大使館は本館1階に地震対策本部を設置し、夜通し被災地区の中国人の情報を集めると共に、中国の人からの電話での問合わせに応じているという

現在情況はどうか?

江蘇南通人25人と台湾の学生2人と連絡が取れない

中新社の報道によると、今現在、江蘇省南通市公安局出入国管理処によると、25名の南通人が日本のM8.8の地震と津波の後、連絡が取れないと語った。 そのうちの24人は日本へ研修生技能実習生で、もう1人は南通市の貿易会社の責任者だった。 確認したところ、現在南通から日本に旅行にいっている旅行団はない。聞くところによれば、南通市の公安局出入国管理処は連絡がつかない人員の名簿を江蘇省公安庁に報告し、また在日中国大使館にも捜索するよう要請中だという。

中央社”の報道によると、台湾から来た李咏如(女性、日本語ができる)と謝糧蔚(男性)の2人の博士課程の学生が、仙台で地震にあった後、連絡が取れなくなったという。 台東大学の梁忠銘教授が今日語ったところによると、仙台市の市内電話は不通となっており、現在連絡がつかないという。 梁忠銘教授によると、2人の学生と連絡が取れなくなる前の最後の場所は松島海岸駅だったという。 現在、松島が津波にやられたという情報はないから、2人の学生の安否不明については希望的に考えているという。

中国人観光客4578人の安全を確認。 仙台の2000数名の中国人留学生は無事。

国家観光局のウェブサイト・ニュースによると、大雑把な統計だが、12日12:00現在、中国から日本に行っているツアーは215団体、4578人いるが、安全が確認され、死傷者の報告はない。 国家観光局は海外旅行ツアー会社に観光客の安全保障義務を果たすよう求めた。 最大限安全をしっかりと守り、事故があった時は、直ちに中国国内と在日中国大使館に関連情報を報告すること。 また同時に、日本の中国大使館と日本の旅行社に協力して日本に滞在している観光客を適切な場所に落ち着き先を手配することなどを求めている

1609新華社記者仙台市を取材した報道によると、宮城県内には2000人ほどの中国留学生がいる。 特に仙台市に比較的集中しているという。 災害発生後、現地の中国人留学生は無事で、すぐに学校の体育館など日本政府が設置した避難場所に移動した。 情況は比較的安定しており、行方不明や死亡の報告はない。

その他として、メディアの報道によると、訪日した中国人観光客500人あまりが続々と飛行機で上海、北京、広州などに無事に戻ってきている

放射線被爆に注意

在日中国大使館は放射性物質の被爆防止の注意事項を発表

在日中国大使館はこのほど、日本にいる中国公民に対し放射性物質の被爆防止に注意するよう通知を出した。注意事項は以下の通り:

一、ラジオ、テレビなどに注意すると共に、政府の発表する最新情報を知ること。

二、万一、放射性物質が漏れた場合、現地政府の避難警報に従い、直ちに、落ち着いて、秩序をもって避難する。 適当な必需品を携帯し、盲目的行動を取ってはいけない。

三、屋外にいる人は、できるだけ早く室内に入ること。 いたずらに外出してはいけない。

四、原子力発電所の放射性物質は気体状態で漏れる可能性があるので、被爆を防止するため、室内で避難する時には、ドアや窓を開けないこと。 換気扇やエアコンも使用しないこと。

五、室外や移動の際には、長い衣服に長いズボンをはくこと。 皮膚が直接空気に触れることは避けること。 またマスクをかけるか、濡れタオル、ハンカチなどで口や鼻を覆い、“体内被曝”を防ぐこと。

1.日本警方称宫城县死亡人数将过万

2011-03-13 15:23:00 来源: 中国新闻网(北京) 

中新网313日电 据日本广播协会报道,日本宫城县警方据称表示,从311日特大地震发生截止到13日下午,据估计日本东部及东北部因地震及其引发的海啸造成的死亡人数已超过1万人。

据报道,宫城县警长Naoto Takeuchi表示,他对死亡人数“毫不怀疑”,仅在宫城县就可能有超过万人遇难。宫城县属于本次大地震的重灾区。

日本官方发布的消息则称,截止至13日上午,日本宫城等地区有801人在地震和海啸中丧生

责任编辑:NN024(本文来源:中国新闻网 )

2.日本地震死亡人数达人数万人无法确定安危

2011-03-13 14:14:00 来源: 人民网(北京)

人民网313日讯 据日本媒体最新统计,此次地震和海啸造成的死亡人数已达1200人,失踪1500人,还有数万人无法确定是否安全。在已经确认死亡的1200人中,宫城县有244人,另外在该县的仙台市和东松台市还各发现了200余具尸体,因为无法靠近现场,所以无法准确统计数字。另外,岩手县和福岛县还分别确认了302人和208人死亡。

据宫城县当地政府反映,该县临近海岸边的南三陆町遭到海啸的致命打击,整个町几乎完全被毁,町内有居民1.7万人,其中7500人已经确认安全,其他近1万人目前下落不不明。岩手县的大槌町与南三陆町遭到了同样的打击,整个町几乎被夷为平地,该町有居民1.5万人,目前只确认了4600人安全,其他人去向不明。岩手县陆前高田市有5000户被埋,已发现很多尸体。

责任编辑:NN029(本文来源:人民网 作者:潘健)

3.快讯:中国国际救援队15名队员抵达东京

2011-03-13 11:47:00 来源: 中国广播网(北京)

中广网东京313日消息 据中国之声《央广新闻》报道,311号当地时间1446分,日本宫城县发生世纪大地震,引发大规模海啸并造成重大损失,甚至导致福岛第一核电站发生爆炸造成核泄漏。现在我们连线正在日本进行采访的记者李谦,看一下日本地震以后的一些情况。

记者:我现在在日本羽田机场,这里是距离东京市区最近的一个机场。大概两分钟之前,我亲眼目睹了中国救援队15名队员到达大厅。在并不妨碍旅客下飞机的情况下,日本方面有一个简短的欢迎仪式。20几家媒体都在对欢迎仪式做报道。

刚刚从工作人员那了解到的最新情况是,15名队员在这儿停留不到十分钟,就会马上坐日本自卫队的直升机到达地震灾区。

责任编辑:NN024(本文来源:中国广播网 )

4.至少7000名中国人在日本地震灾区 27人失去联系

2011-03-13 13:20:51 来源: 中国网 

中国网313日讯 日本近海311日发生强烈地震并引发大规模海啸,中国外交部立即启动应急机制,全力做好相关工作,通过驻日使领馆、有关部门和各地方政府千方百计了解我公民在日灾区的具体分布、受灾情况等信息,并请日方全力救助中受灾公民。中国驻日使领馆也第一时间启动应急机制。驻日使馆、驻新潟总领馆已派出应急工作组赶赴灾区实地了解中国公民安全情况并全力提供协助。

据悉,此次日本震灾非常严重,中国在日人员多、分布广,中国外交部和驻日使领馆正在克服各种困难,想方设法搜集掌握我在日人员受灾情况。截至312日下午,暂无中国公民伤亡的报告。

中国外交部领事司和中国驻日使领馆也提醒中国公民近期谨慎赴日,避免前往福岛、仙台等灾情严重地区。

有多少中国人在日本地震海啸灾区?

重灾区有7000

据日本新闻网报道,据来自中国驻日本大使馆的消息说,目前在地震最严重的宫城县,有约7000名中国人在那里居住和工作,其中包括留学生和研修生。另外,据统计,受日本大地震影响较大的16个都道县(东京都、北海道、青森县、岩手县、宫城县、秋田县、福岛县、山形县、茨城县、枥木县、群马县、琦玉县、千叶县、神奈川县、静冈县、长野县)共有中国留学生近65000人。目前还没有中国人遇难的消息。

中国大使馆官员在接受日本新闻网采访时表示,中国大使馆的一个工作组11日已经连夜赶往宫城县县政府所在的仙台市,参与中国人的救助工作。另外,中国大使馆在本馆一楼设置了地震对策本部,彻夜搜集灾区中国人情况,接受国内人员的电话咨询。

目前情况如何?

25名江苏南通人和两名台湾博士生暂时失去联系

据中新社报道,截至目前,江苏省南通市公安局出入境管理处已初步确认25名南通人在日本里氏8.8级地震和海啸后失去联系,其中24人系赴日本研修生(技能实习生)1人为南通市区一家商贸公司的负责人。经确认,目前南通没有旅游团在日本旅游。据悉,南通市公安局出入境管理处已把未能联系上的人员名单上报江苏省公安厅,并请求中国驻日使领馆协助查找。

另据“中央社”报道,来自中国台湾的李咏絮(女,会日语)与谢粮蔚()两博士生在日本仙台遇强震失去联系,台东大学教授梁忠铭今天表示,宫城县仙台市市内电话不通,目前处失联状态。梁忠铭说,两位博士生失联前,最后位置在松岛海岸站,目前没有信息显示松岛被海啸侵袭,所以他对两位失联学生安危感到乐观。

4578名中国旅客确认安全 仙台2000多名中国留学生安全转移

据国家旅游局网站消息,初步统计,截至1212:00,我国在日旅游团有215个、4578人,确认安全,没有人员伤亡的报告。国家旅游局要求出境游组团社承担起对游客的安全保障义务,尽最大限度做好安全保障工作,及时向国内和中国驻日使领馆报告相关信息;同时,配合日本驻华使领馆和日本组团社妥善做好滞留我境内日本游客的协助安置工作。

另据新华社记者在仙台市的采访报道,宫城县境内有2000余名中国留学生,尤以仙台市较为集中。灾害发生后,当地中国留学生已经安全、及时地转移到了学校体育馆等日本政府设定的避难场所,情况比较稳定,没有相关失踪或死亡报告。

另外,根据媒体报道,赴日旅游的中国游客已有500余人陆续乘机平安返回上海、北京、广州等地。

提示:

注意防辐射

中国驻日使馆发布防止放射性物质辐射注意事项

中国驻日使馆日前发布提示,提醒在日中国公民注意防止放射性物质辐射。注意事项主要包括以下几项。

一、注意收听、收看广播、电视等,及时掌握政府发布的最新信息。

二、万一发生放射性物质泄漏时,根据当地政府的避难预警,及时、镇静、有序进行避难,携带适量必需品,不盲目行动。

三、户外人员应尽快进入室内,不要随便外出。

四、核电站的放射性物质中可能以气体状态泄漏,为防止因此受到辐射,在室内避难时不要打开门窗,也不要打开换气扇或者空调。

五、在室外或者移动过程中,应着长衣长裤,避免皮肤直接暴露于空气中,且需带上口罩或用打湿的毛巾、手帕等掩住口鼻,防止“体内辐射”。

(本文来源:中国网 )

|

« 2016 中国は見る(983) 日本でM8.8大地震発生(2) 原発で火災 放射能漏れの恐れ | Main | 2018 中国は見る(985) 日本でM8.8大地震発生(4) 福島第一原発 「放射性物質の漏洩の危険高まる」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2016 中国は見る(983) 日本でM8.8大地震発生(2) 原発で火災 放射能漏れの恐れ | Main | 2018 中国は見る(985) 日本でM8.8大地震発生(4) 福島第一原発 「放射性物質の漏洩の危険高まる」 »