« 1973 中国の三面記事を読む(869) 春晩(中国の紅白)2月2日今夜8時スタート:番組内容紹介 | Main | 1975 中国は見る(962) 菅首相 中国メディアに対し 「新春の賀詞」を述べる »

1974 中国は見る(961) ニューヨーク・タイムズ「尖閣は中国領土」(下)「尖閣は中国」の理由

3.ニューヨーク・タイムズ:日本の地図も尖閣は中国だと示している

3.纽约时报:日地图显示钓鱼岛属中国

发表于 2010-9-23 00:36

ニューヨーク・タイムズ:本の地図も尖閣(釣魚島が中国だと示している。 《ニューヨーク・タイムズ》の有名コラムニストのニコラス・クリストフ記者は、米国会が尖閣(釣魚島)のために中国と開戦することはありえない。 まして米国は尖閣が日本のものだと認定していない。 クリストフ記者はまた、日本人自身227年前に出版・発行した地図で尖閣を中国のものだはっきり示していると指摘してい

ピュリッツアー賞を受賞したニコラス・クリストフ記者は、中国漁船と海保巡視船衝突事件ついてコラムの中で紛争経緯、米国の立場と個人の見方について説明している。 記事は、実務的な面について、《米安保条約》は日本管轄するすべての場所を網羅しており、尖閣(釣魚島は現在日本管轄しているから、もし、日交戦したら、米国には日本を支援する義務があると述べている。 しかし、米国の立場はこれまでずっと尖閣(釣魚島の主権が一体どちらにあるのか? 米国は明言していない そのため米国は、なんとも変な立場にある。 だから、米国は尖閣(釣魚島が日本のものだと同意していないのに、尖閣(釣魚島)で日本のために戦争することになるのだと書いている。

クリストフ記者は、実際、“米国は尖閣(釣魚島のこのいくつかの無人の岩のために条約の義務を履行することはまったくない”と指摘してい “米国は尖閣は多分中国だと思っている”ので、中国核衝突することはありえない。 しかしクリストフ記者は同時に、もし条約の義務を履行しない時は、日米関係を損なうことになると指摘してい

尖閣(釣魚島の主権は一体どちらに属しているのか? クリストフ記者は、“答はそんなに明確いかないけれど。 私は中国のものだと思うと言う。 彼はいくつか例を提示している。 一に、中国の航海記録は世紀にも亘って尖閣(釣魚島が中国のものだということを明らかに示している。 二に、日本が1783に出版・発行した地図尖閣(釣魚島を中国のものだと明示している。 三に、日本は1884年に尖閣(釣魚島を“発見”した「ふりし、その後、1895年の《馬関条約》(下関条約)で台湾を取得した時、尖閣も一緒に併合したと述べている。

今日は“9・18事変”(満州事変)79周年の日ある。 日中関係も尖閣(釣魚島)で日に日に緊迫の度を増している。 香港の地図収集家譚兆璋氏は昨日英、、日の18世紀の百枚の国際航海図を展示し、尖閣(釣魚島の主権がから今までずっと中国大陸に属していることを実証した。 譚氏1794年の英国の航海を指差しながら、図上の"釣魚島”の発は、みな閩(ビンナン語発音を使っており当時の中国、すでに尖閣(釣魚島を発見していたことを証明するものであり、命名権も持っていた。 古賀辰四郎氏が1884年に尖閣(釣魚島)を発見したと主張しているのより一世紀も早いと語った。 

譚兆璋続いて、別の1752年のイギリスの航海図を指差し、更にはっきり分かると語った。 台湾基隆鎮から“琉球那覇港”までの航路、そのの尖閣(釣魚島は航行の目印の島になっている。 から尖閣(釣魚島”が外国人の目からも中国大陸していること分か

たとえ外国の地図を持ち出さなくとも、中国 1373年、およそ朝時代に、すでに尖閣(釣魚島の位置地形を記載する文献がある。 国際法で先に発見したものに、先占規定が認められている。 しかも中国には命名権と使用権がある。 関係文献は更に釣魚近くの“黄尾”、“赤尾記載され、みな中国大陸の版図内と注釈がある

3.纽约时报:日地图显示钓鱼岛属中国

发表于 2010-9-23 00:36

纽约时报:日地图显示钓鱼岛属中国ZT《纽约时报》著名专栏作家克里斯托夫指出,完全看不出来美国会为了钓鱼台(大陆称钓鱼岛——本报注)而与中国开战,何况美国并没有认定钓鱼台是日本的。他还指出,日本人自己在227年前印行的地图就标明钓鱼台是中国的。


曾获普利策奖的尼古拉斯·克里斯托夫针对中、日渔船纠纷在博客中撰文,说明纷争的来龙去脉、美国立场及个人观点。文章说,就技术层面言,《美日安保条约》涵盖所有日本行使管辖的地方,而钓鱼台目前由日本管辖,因此如果中日交火,美国有义务帮忙日本。然而,美国立场一向是“钓鱼台的主权到底是谁的,美国没有意见”,因此美国将处于很荒谬的地位,因为“我们并没有同意钓鱼台一定是日本的,却要因为钓鱼台而帮日本打仗。”


作者指出,就事实层面而言,“美国为了钓鱼台这几个无人岩石而履行条约义务,机会是零”。他说,美国没有理由为了几个“可能根本就是中国的岛屿”,而与中国发生核子冲突。但是他同时指出,如果不履行条约义务,势必伤害美日关系。
究竟钓鱼台的主权谁属?作者回答说:“我觉得应该是中国的,尽管答案不是那么明确。”他提出几点。第一,中国的航海记录显示钓鱼台是中国的,“已有数世纪之久”;第二,日本在 1783年印行的地图,标明钓鱼台是中国的。第三,日本是在1884年假装“发现”了钓鱼台,然后在1895年根据《马关条约》取得台湾时,一并取得钓鱼台。


今日是“9·18事变”79周年,中日关系亦因钓鱼台事件日趋紧张。本港地图收藏冢谭兆璋昨日展示过百幅来自英、法、德、日的18世纪国际航海图,以证实钓鱼台的主权从古至今均属于中国大陆。他指着一幅1794年的英国航海图表示,图上的"钓鱼台”译音,均用闽南话拼音,证明当时的中国几,已经发现钓鱼台,并拥有命名杈及主救,比日本声称由琉球人古贺辰四郎于1884年发现钓鱼台早近一个世纪。


谭兆璋续指,另一幅1752年的英国航海图更清楚列明,由台湾基隆镇前往“琉球那霸港”的航线,其中,钓鱼台属于航行的标志岛,由此可知“钓鱼台”在外国人眼中属于中国大陆的部分。


就算不讲外国地图,我们中国 1373年,大约在明朝,已经有文献记载钓鱼台的位置同地形,合乎国际法中先发现、先占有的规定。而我们亦都有命名权同使用杈。”有关的文献更记载钓鱼台附近的“黄尾屿”、“赤尾屿” 均标注中国大陆的版图内。

|

« 1973 中国の三面記事を読む(869) 春晩(中国の紅白)2月2日今夜8時スタート:番組内容紹介 | Main | 1975 中国は見る(962) 菅首相 中国メディアに対し 「新春の賀詞」を述べる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1973 中国の三面記事を読む(869) 春晩(中国の紅白)2月2日今夜8時スタート:番組内容紹介 | Main | 1975 中国は見る(962) 菅首相 中国メディアに対し 「新春の賀詞」を述べる »