« 1977 中国の三面記事を読む(871) 過去の歴史から見る日中戦争第四弾:【番外編】(下) 豊臣秀吉の朝鮮出兵 | Main | 1979 中国は見る(964) 中国問題で有識者懇談会設置 日中関係改善のため »

1978 中国は見る(963) 相撲界にまた激震①  “八百長疑惑”

1.相撲界の3人が八百長に関与 菅首相“国民への背信行為”

2.大相撲に“八百長疑惑”

3.相撲界 野球賭博に継いで“八百長疑惑”

1.日本相扑界3人参与"假赛" 菅直人称之"国民背叛"

20110203 15:22:01  来源: 中新网

2.日本相扑界涉嫌 “假赛”

2011020218:31 来源:人民网

3.日本相扑界赌完球后玩假赛()

2011-02-03 02:01:33 来源: 青年时报

1.相撲界の3人が八百長に関与 菅首相“国民への背信行為”

3 千代白鵬、恵那司、竹縄親方らが2日、日本相撲協会に対し、八百長をやっていたことを認めた。 携帯に残っていたメールから、八百長を仲介していたのは恵那司らしい。 恵那司は、“否定しない”と八百長への参与を認めた。

共同通信によると、高木義明文化相は3日、衆議院予算委員会で、同日朝、放駒理事長から、明らかとなっている13人の力士のうち3人が八百長への関与を認めており、もう一名、関与の疑いのある者がいるとの報告があったと発言した。

大相撲の“八百長問題”について、菅首相は3日、衆議院予算委員会で、“相撲はわが国で歴史もあり、多くのファンを得ている。 まさに国技だ。 八百長があったとすれば、大変重大な国民に対する背信行為ともいえることである”と述べた。

2.大相撲に“八百長疑惑”

人民ネット東京2月2日電:共同通信の報道によると、警視聴が以前、相撲界の野球賭博事件に関連して力士の家宅捜査を行い、押収した力士らの携帯から、数十万円で売買している八百長のメールの記録があることがわかった。

事前に土俵での試合内容を打ち合わせているメールで、警視庁はこれら力士が八百長を行っていたと見て、警察庁を通じて、メールの内容を日本相撲協会を管轄する文部科学省に伝えることにした。 文部科学省によると、高木義明文部科学相は2日、相撲協会に対し、調査を徹底するよう指示したという。

2 放駒理事長は、全力で真相を究明するとの態度を表明したが、“まだ状況を把握しておらず、関連の情報を収集した上で、今後のことは考えたい”と述べた。

関係筋によれば、現在のところ、暴力団関係者の関与は浮かんでおらず、八百長行為を取り締まる法律はなく、刑事事件として立件される可能性は低いと見られる。 

これまで、業界関係者の証言や週刊誌の報道などで、大相撲の八百長が取り上げられたことはあったが、相撲協会は法廷などで一貫して否定してきた。 今回の事態は、相撲協会を苦境に追い込むことになると見られている。

3.相撲界 野球賭博に継いで“八百長疑惑”

Photo青年時報電:相撲界を襲った野球賭博の騒ぎがまだ終わっていないのに、今度はその国技が、力士や親方が携帯のメールで、相撲内容を売買するという泥沼にはまり込んでしまった。

昨日、相撲協会の理事長と警視庁の捜査関係者がメディアに発表したところによると、警視聴が以前、相撲界の野球賭博事件に関連して力士の家宅捜査を行い、押収した13人の力士らの携帯から、メールの記録が見つかった。 内容は、本番土俵中、相手をどう攻撃し、その上でどうやってうまく投げられるかが話されていた。 力士のほか親方の携帯からも似たようなメールがあった。 メールの指示通りやれば、試合毎に数十万円の“報酬”が得られるのである。

NHKテレビは年6場所の大相撲を放送している。 関係者によると、この“八百長”で、力士たちは少なくとも5000ドル(約40万円)を得ており、引き続き次の場所もやっている。  

警視庁は警察庁を通じて、メールの内容を日本相撲協会を管轄する文部科学省に伝えることにした。 文部科学省によると、高木義明文部科学相は、相撲協会に対し、徹底調査するよう指示したという。

放駒理事長は、全力で真相を究明するとの態度を表明したが、“まだ状況を把握しておらず、関連の情報を収集した上で、今後のことは考えたい”と述べた。

ただ現在のところ、相撲賭博や暴力団関係者の関与は浮かんでおらず、八百長行為を取り締まる法律はなく、刑事事件として立件される可能性は低いと見られる。 野球賭博、八百長以外に、力士達はしばしば飲酒運転や、歓楽街に出入りしたりでスキャンダルを起こし、相撲という伝統の競技を苦境に陥らせている。

1.日本相扑界3人参与"假赛" 菅直人称之"国民背叛"

20110203 15:22:01  来源: 中新网

日本相扑力士千代白鹏、惠那司和竹绳师傅2日向日本相扑协会理事会承认曾参与“假赛”。手机保存的邮件显示,为安排假赛牵线的可能是惠那司。惠那司已表示“不否认”参与了假赛。

据共同社报道,文部科学相高木义明3日在众院预算委员会上透露,当天早晨他收到了日本相扑协会理事长放驹的报告,称被曝光的力士等13人中有3人承认参与假赛,并新发现有1名力士存在嫌疑。

有关日本相扑界的“假赛”丑闻,菅直人首相3日在众院预算委员会上表示:“相扑运动有悠久的历史,有着非常多的爱好者,是国技。如果假赛确实存在,问题将极其严重,这一行为是对国民的背叛。”

2.日本相扑界涉嫌 “假赛”

2011020218:31 来源:人民网

人民网东京22日电 (记者 于青)据共同社报道,东京警方因此前的相扑界赌球事件对涉案力士的住处进行了搜查,在没收的几位现役力士的手机中,发现存有涉嫌经常以数十万日元交易比赛结果的邮件记录。

因发现存在事先约定比赛内容的邮件,警方怀疑这些力士可能涉嫌“假赛”,目前警视厅已通过警察厅将邮件内容提交至管辖日本相扑协会的文部科学省。据文科省称,文科相高木义明已于2日向相扑协会下达指示,令其对实际情况展开调查。

日本相扑协会理事长放驹表明了全力查明真相的态度,他说:“需要在收集相关信息后考虑对策,但目前我们还没有掌握具体情况。”

据消息人士称,目前还没有发现涉嫌赌博或黑社会组织参与其中的迹象,因没有禁止假赛行为的法律,此事作为刑事事件立案的可能性不大。

迄今为止,业内人士的证词及周刊杂志的报道时有提及大相扑比赛中存在假赛行为,但日本相扑协会在法庭等场合上一贯否认此事,此次事态的发生可能会让相扑协会陷入窘境。(完)

3.日本相扑界赌完球后玩假赛()

2011-02-03 02:01:33 来源: 青年时报

时报讯日本相扑界曝出的赌球丑闻余波尚未平息,这一被称为日本的国粹运动又一次陷入运动员和教练员利用手机邮件操控、买卖比赛结果的泥潭里。

昨日,日本相扑协会有关负责人和日本东京警视厅的侦查人员告诉媒体,他们对此前涉及到赌球事件的运动员们的住处进行了搜查,发现有13名运动员的手机里留有数封电子邮件和短信,内容主要是告诉他们如何在比赛中攻击对手以及如何在适当的时候被对手击倒。除了运动员,还有一名教练的手机里也有类似的短信,一旦他们按照短信的指示去做,每场比赛都能获得上千美元的“报酬”。

日本NHK电视台已经直播了六年相扑巡回赛,一名台内的知情人士表示,这样的“假赛”之后,每位大力士将至少拿到5000美元,而且他们还会在之后的比赛里继续这样做。前警视厅已通过警察厅将邮件内容提交至管辖日本相扑协会的文部科学省。据日本文科省称,文科相高木义明已向相扑协会下达指示,令其对实际情况展开调查。日本相扑协会理事长放驹表明了全力查明真相的态度,他说:“需要在收集相关信息后考虑对策,但目前我们还没有掌握具体情况。”

不过,目前还有没有发现涉嫌赌博或黑社会组织参与其中的迹象,因没有禁止假赛行为的法律,此事作为刑事事件立案的可能性不大。除了赌球、假赛,大力士们还经常醉酒驾驶、出入声色场所,越来越多的丑闻缠身,也将相扑这一传统的竞技项目逼到了异常艰难的境地。 (本文来源:青年时报 )

|

« 1977 中国の三面記事を読む(871) 過去の歴史から見る日中戦争第四弾:【番外編】(下) 豊臣秀吉の朝鮮出兵 | Main | 1979 中国は見る(964) 中国問題で有識者懇談会設置 日中関係改善のため »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1977 中国の三面記事を読む(871) 過去の歴史から見る日中戦争第四弾:【番外編】(下) 豊臣秀吉の朝鮮出兵 | Main | 1979 中国は見る(964) 中国問題で有識者懇談会設置 日中関係改善のため »