« 1951 中国は見る(949) これが日本の未来?:ジャパン・シンドロ-ム | Main | 1953 中国の三面記事を読む(859) 過去の歴史から見る日中戦争第一弾:蒙古(モンゴル)軍が日本を征服できなかった本当の理由 »

1952 中国は見る(950) 日本 今年はGDPで インドにも抜かれる

インドのGDP 今年 日本を追い抜く見通し

印度GDP排名今年有望超过日本

2011-01-10 00:33:22 来源: 北京商报 

国際コンサルタント会社PwCがこのほど発表した報告書で、世界主要国家の国内総生産(GDP)に対する購買力予測評価している。 その結果日本GDP順位が今年インドに抜かれ、世界位からに転落することがわかった

国際コンサルタント会社PwC発表するこの報告は、今年インドの購買力からると、そのGDP4129億ドルに達するが、しかし日本は3223億ドルにとどまる。 同報告書によると、購買力平価でみると、インドは2009年に第4位経済体に上がり、2050までに到達し、米国はその時には3に転落するという。 中国比較する、インドは更に若くて生産年齢人口の増加が見込まれる特徴があり今後のある時期、インドは中国を越えることが予想される。

報告書によると、2050年まで、購買力平価の試算によると、インド世界GDPの中の占有率は著し増加するという  2009データは、インドは世界GDPの中でシェアはたったの2%に過ぎない。 だが、2050年までには、この割合は恐らく13%ぐらいまで増加するという  経済学者が補足設表明しているところによると、今後10年のうちに、インド経済はもうの資源やサービス活用に依存することなく、制造業の輸出、強いIT技能や高まる教育水準と人の素質に力をいれることになる”と見ている。

同時に、金融危機が世界経済の重点の転換を加速したため、新興市場の経済規模は今後20のうちに、先進7ヶ国グループ(G7追いこすだろう

統計データによると、2009年“新興7ヶ国”の中国、インド、ブラジル、ロシア、インドネシア、メキシコとトルコのGDP総計はG7国家のGDP規模の35%を占めている。購買力平価の試算によると、2020までに、この割合は70%まで上昇し、2032年にG7と同等となる。 中国は同年には、米国を超え世界最大の経済体になるという 2050年に、“新興7ヶ国”のGDP規模はG7国家の1.64になっている。 報告書は、新興市場経済体が世界経済をリードし、今回のサブプライム危機誘発した世界経済の退から抜け出すことになるという。

日本の経済学者が報告の中でこう指摘している。 主要新興経済体の国内消費市場の膨張中産階級の猛烈な増加に伴、西側企業に巨大なビジネスチャンスがもたらされる。 西の企業が、もし新しい情勢に適応し、戦略発展を転換しないで、経営重点をなお北米と西欧に置くなら、西企業の未来の発展はなく、取り残されることになろう。

印度GDP排名今年有望超过日本

2011-01-10 00:33:22 来源: 北京商报 

普华永道会计师事务所近日发布的一份报告对世界主要国家的国内生产总值(GDP)和购买力进行了评估预测,结果显示,日本的GDP排名将有可能在今年被印度赶上,由世界第三位跌至第四位。

普华永道发布的这份报告认为,从今年印度的购买力来看,其GDP应该在4.41万亿美元,但日本只有4.32万亿美元。该报告说,按购买力平价计算,印度2009年已上升到第四大经济体,2050年晋升至第二位后,美国届时将下滑至第三位。由于跟中国相比,印度更具有明显年轻化和劳动年龄人口快速增长的特点,在未来的某些时候它甚至将能超越中国。

报告显示,到2050年,按市场汇率计算,印度在世界GDP中所占份额将显著增加。 2009年数据表明,印度在世界GDP中所占份额仅为2%。到2050年,这个比例可能增长到13%左右。有经济学家同时补充表明:“未来10年里,印度经济有可能不再十分依赖外包,而是更侧重于制造业出口、强大的工程技能和不断提高的教育水平及人口素质。”

同时,由于金融危机加速了全球经济重心的转移,新兴市场经济总量将在未来20年赶超七国集团(G7)。

统计数据显示,2009年“新兴7国”中国、印度、巴西、俄罗斯、印度尼西亚、墨西哥和土耳其的GDP总和占G7国家GDP规模的35%。按预期的市场利率换算,至2020年,这一比例将上升至70%2032年将与G7持平,而中国也将在同一年超过美国成为世界最大经济体。至2050年,“新兴7国”的GDP规模将是G7国家的1.64倍。报告称,正是新兴市场经济体领导世界经济摆脱了此次由次贷危机引发的全球经济衰退。

有日本经济学家在报告中指出,主要新兴经济体国内消费市场的快速膨胀,伴随着中产阶级的迅速增加,将为西方企业带来巨大的商机。如果西方企业不能适应新的形势,转变发展战略,仍将经营的重点放在北美和西欧,那么西方企业未来的发展将进入慢车道。

(本文来源:北京商报 )

|

« 1951 中国は見る(949) これが日本の未来?:ジャパン・シンドロ-ム | Main | 1953 中国の三面記事を読む(859) 過去の歴史から見る日中戦争第一弾:蒙古(モンゴル)軍が日本を征服できなかった本当の理由 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1951 中国は見る(949) これが日本の未来?:ジャパン・シンドロ-ム | Main | 1953 中国の三面記事を読む(859) 過去の歴史から見る日中戦争第一弾:蒙古(モンゴル)軍が日本を征服できなかった本当の理由 »