« 1943 中国の三面記事を読む(857) 中国も新年は大雪 | Main | 1945 中国は見る(943) 米国人の5割が「日本より中国が重要」と見ている »

1944 中国の三面記事を読む(858) 2010年 日中米三国 “今年の漢字”対抗戦

2010中日美三国“年度汉字”大比拼

2011-01-01 12:29 凤凰网 

2010年の年末がやってきた。 一年に一度の今年の漢字選定がまた幕を開け、人々の今年一年に対する総合評価と総括として、「今年の漢字」の選定はなかなか巧みな表現だと思う。

鳳凰衛星テレビが参加を呼びかけていた、台湾・中国の56万のネットの人々が参加する“2010年 台湾・中国「今年の漢字選出」”活動が12月28日に台北中山堂でその結果発表の式典が行われた。 台湾海峡を挟んだ台湾・中国のネットの各界代表が推薦する36の漢字の中からネット投票が行われ、最後に“漲”(高くなる)という字が9万1800票獲得した。 第2位の3万票を遥かに超え圧倒的優勢でトップとなった。 これは台湾・中国のメディアが初めて協力し「今年の漢字」を選出したものである。

漲”という字については、深く心にとどめておきたいものだといえる。 今年の漢字に選ばれたのは絶対に名実相伴ったからである。 2010年の各種の経済指数、GDP, CPIなどはずっと全面高、一般民衆と密接な関係にある住宅価格、物価、米価、油の値段も全面的に値上がりした。 多くのネットの人々が、中国のスーパーマーケットの小売価格と米国の小売り価格と比べている。 住宅価格は一部的に米国、日本を上回り、野菜市場、スーパーマーケットでは、一晩の間に、百元のお金がちり紙になった。

大陸方面の物価狂騰と同じ頃、台湾もまた単独に島内の「今年の漢字」を選んだ。 最後にトップを取ったのは“淡”の字である。 “淡”の字は“雲淡く、風軽し”といった意味である。 2008年に選ばれた“乱”の字は、その年の台湾の選挙が騒々しく、汚職事件が多発した混乱した状況から選ばれ、2009年の“盼”(待ち望む)の字は、人々が金融危機の下、経済回復、景気が良くなることを待ち望む気持ちから選ばれた。 2010年は、台湾経済が景気の底を脱し回復に向かい、陳水扁一族の不正事件は大方相継いで判決が言い渡され、どうやら“平淡”(変化に乏しい)だからである。年末の五都市の選挙はいろいろ問題があり、スリリングで刺激的なこともあったが、最終的には大体満足できるもので、結果的に、“淡”の字が選ばれた。

今度は隣国日本を見てみよう。 実は「今年の漢字」を選ぶイベントは日本から始まった。 このイベントは、日本漢字能力検定協会が1995年から始め、毎年日本全国から募集した漢字1文字を、12月12日(漢字の日)、京都の清水寺で発表し、清水寺の住職が幅1.3メートル、高さ1.5メートルの特大の紙の上に揮毫し、それをこの寺の千手観音菩薩の前に奉納するのである。 例えば、最近の代表的な「今年の漢字」には、2004年の“災”(記録的な天災、台風襲来、新潟地震など)、2008年の“変”(首相交代、世界的金融危機)、2009年の“新”(民主党が自民党に代わり政権交代した)

「今年の漢字」は波瀾もなく、最終的に“暑”の字が選ばれた。 清水寺側の説明によると、今年は28万票の応募があり、「暑」の字が15000票を占め、次いで順番に、中(注目されている中国)、不(気象、政治、経済がすべて不安定)、乱、異、国、高、嵐、熱、変などである。 “暑い”という字が高得票を取った理由は、日本の今年の夏が酷暑だったことで、平均気温が史上最高となり、真夏の暑さで多くの人が亡くなった。 また、日本各地で住宅地区に熊が現われ人を怪我されたというニュースが相継いだ。

民間で選ぶ「今年の漢字」以外に、日本政府の各閣僚も12月10日に、政府の各部門を代表し「今年のそれぞれの部門のキーワード」を選んだ。 これも日本の「今年の漢字」の伝統的な儀式である。 2010年、日本のナンバー2の人物、仙谷内閣官房長官が書いたのは“拓”という字で、 その理由は、“小惑星探査器「 はやぶさ」が地球に戻ってきたこと、また日本の科学者がノーベル賞を取ったことは、日本の未来を拓くという改革で世間の人々から注目されたということだ” 海江田経済財政相は経済省を代表して書いたのは、“滞”という字で、“経済が依然として停滞している”からだという。 中国と最も関係ある北沢防衛相は、防衛省を代表して“島”という字を書いた。 2010年、日本と中国は尖閣諸島問題で、ロシアとは北方四島問題で紛争が起こった。

今度は太平洋の対岸の米国を見てみよう。 米国の有名なオンライン辞書のプロバイダーが20日、“2010年度の十大語彙”を発表した。 彼らが選んだのは、この会社のユーザーがそのウェブサイトで単語を検索したその量について統計分析を行い「今年の十大語彙」を選んだもので、最終的に「AUSTERITY」という語彙がトップの光栄を受けることになった。

「AUSTERITY」というこの語は、実は多くのことを指しており、“節約する”という意味や、また“緊縮”の意味も持っている。 文字通り、2010年は米国やヨーロッパは金融危機の衝撃を受け、そのため国内の財政債務危機などを招き、多くの国は緊縮財政政策を実行し始め、このことから年末にはヨーロッパ各国でストライキやデモ行進を誘発した。 このすべての元凶はすべて「AUSTERITY」(緊縮)という語と関係がある。 マクロ経済情勢がよくないため、一般民衆の生活はどうしても緊縮せざるをえない。 “節約して暮らす”、生活を切り詰めるのは、本当にやむをえない選択なのである。

米国のインターネット利用者は「AUSTERITY」が選ばれたことに、評価はマチマチである。 「AUSTERITY」の外に、インターネット利用者から呼び声が高かった語彙はSOCIALISM(社会主義)がある。 オバマ大統領の銀行救済政策と強行に推進している医療改革が、アメリカ人の伝統的な自由主義的価値観に対する大いなる挑戦とうつる。 MORATORIUM(一時停止)、 これはオバマ大統領がメキシコ湾に原油が漏れた事故の後、近海での採掘を禁止した。 その他、一部のネット友達が上げた語彙はTEA(お茶)だ。 中間選挙で突然新たに現れた米国の草の根勢力を指している――ティーパーティー;ネット友達は語彙OBAMACARE(オバマの医療保険改革)を作っている。

2010中日美三国“年度汉字”大比拼

2011-01-01 12:29 凤凰网  

2010年关已至。一年一度的年度汉字评选又打开帷幕,作为老百姓对整个一年的综合评价和总结,年度汉字的评选也总是妙趣横生。

凤凰卫视正点播报参与报道的,两岸56万网友参与的“2010海峡两岸年度汉字评选”活动1228号在台北中山堂举行揭晓仪式,海峡两岸的网友从各界代表推举的36个汉字中进行网络票选,最终“涨”字以获得9.18万票,以超出第二名3万多票的优势拔得头筹。这也是两岸媒体首度合作共同评选年度汉字。

说起“涨”字,可谓是刻骨铭心,感同深受。当选年度汉字更是绝对的实至名归。2010年各种经济指数,GDP, CPI等等一路飘红,和老百姓息息相关的房价,物价,粮价,油价全面大跃进,已经有不少网友将中国的超市零售品价格和美国的拿来做比较。房价局部超过美国、日本,在菜市场、超市,一夜之间,百元大钞变成轻薄的草纸。

大陆方面物价疯涨,与此同时,台湾也还单独评出了岛内的年度汉字,最后摘得桂冠的是“淡”字。“淡”字取义“风轻云淡”之意,相比于2008年选出的“乱”字,是那一年台湾选举火爆喧闹、弊案疑云丛生之乱象写真;2009年选出的“盼”字,则是民众在金融风暴之下渴盼经济复苏、景气好转的心情写照。2010年,台湾经济走出低谷平稳复苏、扁家弊案大势已定相继宣判,似乎有点“平淡”。年末五都选举虽然过程一波三折,惊险刺激,但最终的结果也是差强人意,情理之中,都在一个“淡”字的囊括之中。

再来看看邻国日本,其实评选年度汉字的活动还是源自日本。这项活动由日本汉字能力检定协会从1995年发起,每年向日本全国征集的一个代表性汉字,在1212日(汉字日)于京都的清水寺公布,由清水寺住持挥毫写在一张宽1.3米、高1.5米的特大和纸上,然后供奉在该寺的千手观音菩萨尊前。比如说,近年以来代表性的年度汉字包括:2004年的“灾”(台风侵袭日本严重,新泻地震等等)2008年的“变”(日本首相变动,全球金融危机)2009年的“新”(民主党取代自民党执政)

不过今年的日本年度汉字多少波澜不惊,最终“暑”字成功当选。据清水寺方面的介绍,今年共收到28万张选票,「暑」字占了15000票,其次依序是:中(备受瞩目的中国)、不(气象、政治、经济都不稳定)、乱、异、国、高、岚、热、变等等。而之所以“暑”字高票当选,理由是日本今夏酷暑,创史上最高平均气温,有不少人中暑热死,甚至日本各地都爆出有熊闯到住宅区伤人的消息。

除去民间评选的年度汉字外,日本政府的各阁僚1210号还代表政府各部门公布本年内的部门工作关键词,这也是日本年度汉字评选的一大传统节目。2010年,日本2号人物,内阁官房长官仙谷由人写下的是一个“拓”字,取义为“小行星探测器「隼鸟」号成功返回地球,日本科学家再度获诺贝尔奖,开拓未来的改革受世人瞩目”。经济财政相海江田万里代表日本经济省,写下的是一个“滞”字,反映了日本经济仍然停滞不前。而与中国最为相关的则是防务大臣北泽俊美代表日本防务省写下了一个“岛”字,代表了2010年日本和中国在钓鱼岛问题上,与俄罗斯在北方四岛问题上的争端。

再来看看大洋彼岸的美国。美国一家知名在线词典服务商20日公布“2010年度十大词汇”,他们的评选规则是这家公司根据用户在其网站上对单词的搜索量进行统计分析后评出年度十大热搜词汇,而最终austerity这个词汇荣膺榜首。

Austerity这个词在这里其实有多种指代,可以讲作“节俭”,同时也带有“紧缩”的意思。顾名思义,2010年整个美国和欧洲受到金融危机冲击,进而引发国内的财政债务危机等等,大量国家开始实行紧缩的财政政策,由此还诱发了年底横扫欧洲各国的罢工示威游行,这一切的罪魁祸首都是和Austerity-紧缩这个词有关。宏观经济形势不佳,老百姓的生活自然也就不得不收紧银根,“节俭过日”,节衣缩食实乃无奈的选择。

不过美国网民对Austerity的当选也褒贬不一。除去Austerity之外,网民呼声最高的词汇还包括socialism(社会主义),指总统奥巴马的银行救市政策以及强行推行的奥巴马医疗改革,极大的挑战了美国人传统的自由主义价值观;moratorium(行动中止), 这被总统奥巴马用于描述墨西哥湾原油泄漏事故之后的近海开采禁令。其他一些网友提名的词汇还包括Tea(茶),指中期选举异军突起的美国草根势力——茶党;网友自创词汇Obamacare(奥巴马医改)等等。

|

« 1943 中国の三面記事を読む(857) 中国も新年は大雪 | Main | 1945 中国は見る(943) 米国人の5割が「日本より中国が重要」と見ている »

社会生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1943 中国の三面記事を読む(857) 中国も新年は大雪 | Main | 1945 中国は見る(943) 米国人の5割が「日本より中国が重要」と見ている »