« 1857 中国の三面記事を読む(820) 外務省・馬朝旭報道局長の定例記者会見(尖閣空中視察・ノーベル平和賞・金正恩などについて) | Main | 1859 中国は見る(898) 尖閣諸島で 海保巡視船と中国漁船が衝突(14) その余波⑦ 1.グーグルマップの中国名「釣魚島」削除要請 2.右翼の脅迫・襲撃事件 3.衝突画像ビデオ公開問題 4.海上自衛隊練習艦の青島寄港中止 »

1858 中国は見る(897) “走馬灯”のように目まぐるしく変わる日本の“首相交代”

Photo 2 

日本的“走马灯”政坛

12 9月14日午後、民主党の代表選挙で現首相の首相が、721ポイント対491ポイントの大差で元幹事長の小沢一郎氏を破り、民主党の新代表に選ばれた。 多くの日本人はほっとため息をついた。 日本で3人首相にならないですんだからだ これは日本がで6人目の首相が出るという事態にならないですんだことを意味し

3 長期政権5小泉純一郎首相が退陣した後、日本は頻繁に首相が交代する“走馬灯のようなおかしな現象に陥入った その原因追究すると、日本の政治体制と特有な政治情勢に変化がないからで、政界の新勢力を象徴する民主党の政権交代あっても、この局面を転換させることはできなかった

日本は60年で首相の交代30人、西大国の2-3

日本は先進国の指導者の任期で間違いなく一番短い国家である 統計によると、日本の首相の平均任期は26ヶ月である 第二次世界戦(1945年)終後、日本は30人の首相が相継いで政権についた 米国、イギリス、フランス、ドイツを含西先進国指導者の交代の数字と比べると、最少は8人、最も多いので13人、日本の指導者の交代頻度は大体西大国の2~3倍である 日本のバブル崩壊以来の20年でも、首相就任は14人を下らない。 イタリアの同一時期の首相の数のに上る

日本の首相は外国からMrOneYear”ミスター・ワンイヤーとあだ名される

2006年、自民党の小泉純一郎元首相が退陣した後人の首相が引き継いだ──安倍晋三、福田康夫、麻生太郎と鳩山由紀夫平均在任期間は12ヶ月足らずである。 日本の首相つきあう外国指導者は、日本の首相をふざけてMr. One-Year”と呼び、名前さえ覚えていない

民主党は2009、政権を取ったが、この局面を安定させることができなかったばかりかどうやらこの悪循環にはまってしまった 日本国内では、国民は、首相交代”にすっかり慣れっこになっているというより、習慣的に政府に失望している

日本の憲法の規定では首相の任期はなし、しかし党総裁任期には規定あり

民主党は去年、厳しい選挙戦を経て政権を獲得した。 そして、首相になったばかりの鳩首相が退陣し、菅首相引き継いだ。 それから3ヶ月後に、どうして小沢菅首相が“党の代表”の争いをするのだろう の一連の選挙を理解するには、まず日本の任期がどうなっているか知る必要がある。

周知のように、日本の首相は直接選挙で選ぶものではない。 政党と国会で指名される。 国会の中で多数の議席を占める政党の代表(党総裁)が、一般的に首相となる。 日本の憲法は首相の選出手順についての規定はあるが、その任期についての明確規定ない。 しかし各党の党規約には総裁任期についての規定がある。 過去数十年、一党独裁だった自民党、党総裁の任期を3年と規定していた。 原則的に連続2期までとなっていた。

日本の首相になるにはまずの代表にならなくてはいけない

日本の政治家にとって、党の代表の争奪選こそ“本当の戦争”かも知れない 党内利益のバランスをとり、自分を売り出すことが、首相の座を手にする大事な手段なのだ。  今回の首相と小沢一郎の争いを例にとれば、民主党の党代表の任期は2である。 今年、鳩氏から引き継いだ菅首相任期は、ちょうど了となった。 だから、党内選挙を行わなければならなかった。 もし首相が小に負ければ、首相の職を譲らなければならず、日本はまた首相が変わるところだった

民主党代表挙の投票は実際は三つの部分に分けられている。 一般党員・サポーター、地方議員国会議員投票である 最も重要のは国会議員投票、小沢首相の差6票だった。 菅首相は、一般党員・サポーター、地方議員で“辛勝”した。 界入りして40年の小沢氏は、国会議員の影響力大きい。選挙前の世論調査によると、70%以上の人々が菅首相の続投を希望していた。 しかし小沢氏は党内に資金人材組織など政治的に勢で、多くの予想家達は、彼が代表の座を取るものと見ていたので、菅首相ったことは、日本の政界の裏側を知る人達に衝撃を与えた

日本の首相はどうしていつも“電撃式”に退陣するのか?

4 首相は、ただ閣議を主宰する人”、“スケープゴート”である。 日本の民主制度は、実際には首相に大きい権力を与えていない。 その名の示す通り、“内閣総理大臣”の首相は、実際内閣の首席に過ぎない。 というよりまるで、主宰5 する人”である。 だが、このような主宰者は、内閣のメンバー・閣僚の行動に責任を持たねばならない。 いつも退陣の圧力にさらされている  内閣総理大臣を兼任する首相には、内閣の人事を決定する権利がある。 しかしもし内閣の閣僚がその政策の過程、処理方などで問題を起こした場合、すべての責任は自然と首相に回ってくる。 例えば、小泉首相後を引き継いだ安倍首相が2007突然辞する前、その批判者は彼の“大臣任用間違っている猛烈に攻撃していた。安倍内閣は最初、遠藤武彦農林水産大臣の金銭問題が起こり、改造内閣一週間後、また二人の農林水産大臣類似問題を起こした

官僚体制国家運行を保証しており、首相が変わろうと、影響は大して大きくない。 コラムニストの加藤嘉一さんは、“聡明な官僚”と“無能な政治家”の構造は早くから日本のマス・コミの共通認識となっていると指摘している。 彼は、伝統的な日本の政治運営は、“官僚支配”が大きな特徴である。 すなわち、政治の戦略は強大な官僚主導によってまる。 政治家首相も決定過程の外に排除されていることがある。 これどうしてなのか? 日本人は冷静に首相の頻繁な交替を見ているが、政治運営がストップすることあまり心配していない  日本の“官僚”とは、日本の各省(中国の各「部」「委員会」に相当す定年まで働く公務員のことで、彼らと政治役割は明確である。 世襲で政権についた政治家専門ではなく、官僚達は彼らのために援助を提供することである このような“官僚主導型”の政治は日本で失われた10年”で頂点に達した。  官僚システムの高度な成熟首相、内閣がいなくても長期にわたり継続し6 続けるのである 小泉元首相はここ数十年来唯一官僚システムを見事に指導した首相で、逆にこの能力があったからこそ首相の座を5にわたり長期に居座ることができたのである。

世論調査とスキャンダルで首相を倒す

やよく知られているニクソンの“ウォーターゲート事件”記者どのようにしてアメリカ大統領を倒したか”を世界に知らしめた。 事実、このようなストーリ-とほとんど同じようなことが千万もの読者がいる大新聞(《読売新聞》)で起こった。 日本で、小さいものでは地方議員から、大ものは国の首相まで、メディア摘発するスキャンダル世論調査で、いつ122 でも彼らを引きずり下ろすことができる。 自民党の福田康夫首相が辞任する時、その世論調査の支持率は就任時の57%から20%足らず下落した。 鳩山前首相の辞の原因の一つは、メディアから徹底的に追いつめられた政治献金スキャンダルだった

日本では一旦、首相世論調査(たとえ世論調査でも誘導性がある)で支持率が落ち始めると、いろいろな評論、テレビのトーク番組、雑誌新聞がわっとばかりにビジネスチャンスとして、政治家の欠点をあげつらう。 世論の圧力で、もし首相地位から引きずり下ろすことができるならば、“ニュースの価値”を示すことになる。 人々の辞任要求の声に直面し7 て、小泉元首相のように適切にメディアを有効に使い、自分の“広報活動”にできなければ、日本の政治家が自らを選ぶことは、逆に責任を負う態度だと見られるのである

日本の首相の頻繁な交代は、日本の民主体制の未成熟さの反映である。 この体制は矛盾した論理を展開している。 “世襲制”と政治献金”で一杯だったけれど、それは政治家が代わる代わる政権を担当することを実現した。 信用できない政治家にその地位に安住できないこととし、政界ある種の“状態”をもたらした。 

日本“走马灯”政坛

9月14日下午,当现任首相菅直人在党首选举中,以721点对491点的较大优势战胜党内大佬小泽一郎成为该党新任总裁后,不少日本人都松了一口气:日本终于没有“一年三换相”!这意味着日本将暂时不会出现4年中第6位首相。


自主政长达5年的小泉纯一郎下台后,日本又陷入了频繁换相的“走马灯怪圈”。究其根本,只要日本的政治体制和特有政治生态没有变化,哪怕是象征着政坛新生力量的民主党上台,也难以扭转这一局面。


日本60年换相30位,为西方大国2-3

日本无疑是发达国家中领导人任期最短的国家。据统计,日本首相的平均任期是26个月。二战结束(1945年)后,日本曾有过30位首相先后主政。相比之下,包括美国、英国、法国、德国在内的西方发达国家,领导人更迭的数字最少的是8位、最多的是13位,日本国家领导人的更换频率大致为西方大国的23倍。日本经济泡沫破灭以来的20年中,更是先后有不下14位首相就任,是意大利同一段时间内总理数量的两倍。

日本首相被外界戏称为“Mr.One-Year”(一年先生)

2006年,来自自民党的小泉纯一郎下台,此后继任的4名首相──安倍晋三、福田康夫、麻生太郎和鸠山由纪夫平均在任时间均不足12个月。与日本首相打交道的外国领导人不禁将日本首相戏称为“Mr. One-Year”,往往连他们的名字都记不住。

日本民主党2009年上台以来,不仅没能稳定局面,看上去只是加入了这场恶性循环。在国内,日本国民对“换相”与其说是习以为常,不如说习惯性地对政府失去信心。

日本宪法没规定首相任期,但党总裁任期有限

民主党去年经历了艰难的选战最终上台,又迅速经历了刚当上首相不久的鸠山辞职、现任菅直人继任,3个月后为何又出现小泽与菅直人的“党总裁”之争?要理解这一连串选举,首先要了解日本首先的实际任期如何确定。

众所周知,日本首相非直选产生,而是由政党和国会提名,而在国会中占多数议席的政党党魁(党总裁)一般毫无疑问会出任首相。日本宪法虽然规定了日本首相的产生程序,却没明确规定其任期,但各党的党章却是对总裁任期有所规定的。过去几十年一党独大的自民党,就规定党总裁3年一任,原则上只能连任两届。

要当日本首相,先要稳住党魁一职

对日本政治家来说,党魁的争夺也许才是“真正的战争”。平衡党内利益,让自己脱颖而出,往往是保住首相一职的关键手段。以本次菅直人和小泽一郎之争为例,民主党党总裁的任期却只有两年,今年6月接替鸠山的菅直人任期刚好到9月份结束,因此必须面临党内选举。如果菅直人败给对手小泽,则相当于拱手相让首相一职,日本又将面临换相。

民主党内选举的投票实际分为3个部分:党员投票,地方议员投票和国会议员投票。在最关键的国会议员投票部分,小泽和菅直人只相差6票,菅直人是“险胜”在地方议员和党员两部分。从政40年的小泽,对国会议员部分的影响力还相当大。据选前日本民调显示,70%以上的日本民众希望菅直人继续担任首相。但小泽在党内拥有运筹资金、组织人才等政治优势,曾让很多观察人士认为他能赢得党魁宝座,菅直人的胜出,未免让不少熟悉日本政坛操作规则的人大跌眼镜。

日本首相何以常常闪电式辞职

首相只是政府“总召集人”,却总要当“替罪羊” 日本的民主制度设计,实际上并未赋予首相很大的权力。顾名思义,作为“内阁总理大臣”的首相实际上只是内阁的首席,更像是一个“总召集人”。但这样的召集人,却要为内阁成员的行为负责,可谓随时面临离职的压力。 兼任内阁总理大臣的首相有权决定内阁的人事安排,但如果内阁成员在其决策过程、处理方式等方面曝出丑闻,一切责任又自然而然归到首相头上。例如,小泉的接任者安倍在2007年突然辞职前,其批评者就猛烈攻击他“用人不当”:第一任安倍内阁出现了远藤武彦报假帐丑闻,内阁改组一周后,又有两个农林水产大臣出现类似的问题。

官僚体制保证国家运行,首相来去自如影响不大 正如专栏作者加藤嘉一指出, “聪明的官僚”与“无能政治家”的结构早已成为日本舆论界的共识。他所说的,正是传统日本政治在运作上“官僚支配”的显著特征,即政治决策往往由强大的官僚层主导,政治家甚至首相都可能被排除在决策过程之外。这也是为什么,日本人能够冷眼对待首相的频繁交替,却不太担心政治运作不下去了。 日本的“官僚”指的是在日本各省厅(相当于中国各部委)工作到退休的公务人员,他们与政客的功能是很明确的:靠家族影响力上台的政治家往往不够专业,而官僚们的职责就是为他们提供帮助。这种“官僚主导型”政治在日本“失落的十年”达到极致,官僚系统的高度成熟让首相、内阁的缺席得以长期持续。小泉可能是近几十年来,唯一一位以领导魅力驾驭于官僚系统之上的日本首相,反过来,这个能力也让他得以稳坐首相位置5年之久。

公众舆论:用民调和丑闻揭露扳倒首相 如今为人熟知的尼克松“水门事件”,让世界见识了记者如何扳倒美国总统。事实上,这样的故事几乎时刻在第一大报(《读卖新闻》)有上千万读者的日本上演。在日本,小至地方议员、大到一国首相,被媒体揭发的丑闻和民意调查随时可能把他们拉下台。前自民党首相福田康夫下台时,其民意支持率从上任时的57%跌至不足20%;鸠山辞职的缘由之一,就是被媒体穷追不舍的政治献金丑闻。

在日本,一旦首相在某次民调(哪怕民调具有诱导性)中失势,各色评论员、电视台谈话节目、杂志报纸就一哄而上,出于商业需求趁机挑出政治家的毛病,若是能以舆论压力将首相拉下马,则更是能彰显“新闻价值”。面对公众辞职的呼声,如果不能像小泉一样恰如其分地善用大众媒介、为自己“公关”,日本的政治家选择主动辞职反而被认为是更负责任的表现。

日本首相的频繁更替,反映的是日本民主体制的不成熟。这个体制展现了一个悖论:尽管充满“世袭制”和政治献金,它确实实现了政治家轮番主政;虽然保证了不被信任的政治家无法“安坐其位”,却又造成了政坛的某种“无政治状态”。

|

« 1857 中国の三面記事を読む(820) 外務省・馬朝旭報道局長の定例記者会見(尖閣空中視察・ノーベル平和賞・金正恩などについて) | Main | 1859 中国は見る(898) 尖閣諸島で 海保巡視船と中国漁船が衝突(14) その余波⑦ 1.グーグルマップの中国名「釣魚島」削除要請 2.右翼の脅迫・襲撃事件 3.衝突画像ビデオ公開問題 4.海上自衛隊練習艦の青島寄港中止 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1857 中国の三面記事を読む(820) 外務省・馬朝旭報道局長の定例記者会見(尖閣空中視察・ノーベル平和賞・金正恩などについて) | Main | 1859 中国は見る(898) 尖閣諸島で 海保巡視船と中国漁船が衝突(14) その余波⑦ 1.グーグルマップの中国名「釣魚島」削除要請 2.右翼の脅迫・襲撃事件 3.衝突画像ビデオ公開問題 4.海上自衛隊練習艦の青島寄港中止 »