« 1870 中国の三面記事を読む(829) 尖閣諸島についての中国の見方⑤ 最近の関連記事(3) “日中密約”“潜水艦数増加”をどう見る(上) | Main | 1872 「有縁ネット」休載のお知らせ »

1871 中国の三面記事を読む(830) 尖閣諸島についての中国の見方⑥ 最近の関連記事(4) “日中密約”“潜水艦数増加”をどう見る(下)

Photo_2 

日本“日中密約”のデマを流す 専門家:日本の外交 内政化傾向が見られる

日造谣"中日密约" 专家:日本外交呈现内政化趋向

2010-10-22 14:06:23  来源:国际在线专稿 编辑:张娜  

  

日本は平和を目的としない行為を行い を心配させ

司会者:高洪先生ありがとうございます。 引き続きそのままお待ち下さい。 あとでまたお話を伺いたいと思います。 どうやら、日本の政府関係者のいわゆる中密約には、裏に下心があるようです。

では次にこの日本からもう一つ警戒すべき動きがあることを見てみたいと思います 21日、日本のメディアが伝えたところによると、海上自衛隊潜水艦の増強を計画しています。 20隻以上の潜水艦を配備するするのは、防衛計画を策定した1976以降初めてのことです。 その上防衛省関係者は、潜水艦の増強の目的は、東シナ海に対する監視の強化だと言しています。 具体的な情況について日本にいる当社の王洋記者に話を聞きます。 王洋記者、まず日本潜水艦増強計画の具体的な情況について話して下さい

王洋記者:共同通信社の報道によると、日本の防衛省と自衛隊の関係者が20明かしたところでは、防衛省海上自衛隊の潜水艦の数現在の16隻から22やす方針をめたということです。 この決定は12新《防衛計画の大綱》盛り込まれると見られています。

報道によると、20隻以上の潜水艦を配備するするのは、防衛計画を策定した1976以降初めてのこと”だということで、それは、中国海軍が日本の周辺海域”太平洋で“日々活動する”動きが活発”であるため、防衛省は、東シナ海を主とする“警戒監視”海域を強めるためには、潜水艦を増加する必要があると考えたということです。 2004年12した現行の防衛大綱の中で中国について、“軍隊の現代化と海洋の活動範囲の拡大に関心を持つ必要があ”と指摘しています。 日が尖閣諸島(釣魚島関連海域で衝突事件を起こしたことに鑑み、新大綱では中国に対する“警戒心”高まると予想し、潜水艦の数量増加“象徴的な対応とするようです

司会者:東シナ海境界線問題めぐってずっと紛争が続いていることは知っていますが、日本潜水艦の増強が中の東シナ海海権争いにどんな影響があるのでしょう?

王洋記者:東シナ海海権の争奪、潜水艦は重要な役割を果たすという人がいます。 日本の潜水艦の技術レベルは相当いもので、今世紀初、日本はすでにつのランク潜水艦を発してきまし。 平均にに一隻、新しい潜水艦を作っています。 日本はかなり大き潜水艦の生産能力を持っており、いったん必要となったら、短期間に大量の潜水艦を建することができます。 ある人はこう見ています。 の上から見ると、海上自衛隊は22隻まで潜水艦を増して、中国の海軍より少ない、しかし質的なことからいうと見くびることができない。 実際、日本潜水艦部隊の数量増強の影響大きくないかもしれないが、日本の潜水艦の優勢な素長期にわたり過小評価することは心配だ。 また、別のから見ると、日本の右翼勢力は今年何度も中国の危機を誇張し、いざこざを起こしています。 回、潜水艦の増強を含め、中国海軍を抑えようとすることで、防衛大綱改正を勢いづかせています。 これらは平和を目的とする行為ではなく懸念を抱かせるものです。

日本潜水艦の数量増加の軍事のアンバランスを招く

司会者:次に、また社会科学院日本研究所高洪副所長にお伺いします。 高洪先生、日本潜水艦の数量増加することは、東シナ海情勢にどんな影響を与えますか

高洪:日本政府は今、過去の潜水艦の数量制限を突破しました。 これは注意すべき信号です。 というのはには中国対抗するマイナス面の要素があるからです。 事実、日本侵略戦争を起こしたとして、戦後は武装兵力の面で種々の制限がありました。 武器輸出3原則があり、非核武装の規があり、国防予算はGDP1%超えないといった、このような規則がありました。 また潜水艦に関して20隻を超えないという原則を、数年来のタブーを破、その上潜水艦編制を拡大することは、これは地の軍事上のアンバランスを引き起こすもので、両国関係の改善と修復に何の役にもならないものです

司会者:お二人の専門家と駐在記者に感謝します。 どうやら中の釣魚島漁船衝突事件余波は大変厄介なようです。 日本はこの事発生以降、いろいろ無責任な言論を流し、しかもこの機会に盛んに中国脅威論を宣伝し彼らの政治と軍事上の目的を達成しようとしています。 日本側の様々な行為は中間の関係を悪化させています。 このような行為から、私達は長期的な視線、戦略思考見ることができません。 これ日本の福とでもいうのでしょうか? 日本人によくこの問題を正視するよう望みたいと思います

日造谣"中日密约" 专家:日本外交呈现内政化趋向

2010-10-22 14:06:23  来源:国际在线专稿 编辑:张娜   

日本不以和平为目的的动作令人担心

  主持人:好,感谢高洪先生。请您继续保持在线,一会儿我们还要继续与您讨论。看来,日本有些政府人士透露所谓的中日密约,实在是别有用心的。

  下面我们再来看看这几天日本另外一个值得人们警惕的举动。21号,日本媒体披露,日本海上自卫队将扩增潜艇数量,这是1976年以后日本首次制定部署20艘以上潜艇的防卫计划。而且日本防卫省人士明确地说,扩增潜艇的目的就是为了加强对东海的监视。具体情况,我们来连线本台驻日本记者王洋。王洋,先给我们介绍一下日本这个扩增潜艇计划的具体情况。

  记者:好的。据日本共同社报道,日本防卫省和自卫队的消息人士20号透露,防卫省已决定把海上自卫队的潜艇数量从目前的16艘增至22艘。预计这一决定将被作为附表列入12月汇总的新《防卫计划大纲》。

  报道称“这是1976年后日本首次制定部署20艘以上潜艇的防卫计划”,并分析说,由于中国海军在“日本周边海域”乃至太平洋的活动“日渐活跃”,日本防卫省认为有必要增加潜艇,扩大以东海为主的“警戒监视”海域。报道还称,200412月制定的现行防卫大纲中就中国指出,“有必要关注其军队的现代化及海洋活动范围的扩大”,而鉴于中日在钓鱼岛相关海域发生撞船事件,预计新大纲中将提高对中国的“警惕”,增加潜艇数量即是“具有象征性的应对措施”。主持人!

  主持人:我们知道,中日在东海的海洋划界问题上一直存在争端,那么日本扩增潜艇数量,会对中日东海海权之争有什么影响?

  王洋:有人认为东海海权的争夺,潜艇起了关键的作用,日本潜艇的技术水平还是相当高的,到本世纪初,日本已经发展出了9个级别的潜艇,平均5年就推出一个新的潜艇信号。日本保持了相当大的潜艇生产能力,一旦需要,可以在短时内建造大量潜艇,有人认为,从数量上看,日本海上自卫队将增加潜艇到22艘,要低于中国海军,但是从质量上来看则不可低估,事实上,日本决定增加潜艇部队数量的影响并不大,日本潜艇的质量优势长期被低估才是令人担心的。那么从另一方面来说,日本右翼势力今年屡屡渲染中国危机,制造一些事端,包括这次增加潜艇数量,要抑制中国海军,为他们修改防卫大纲而造势,这些不以和平为目的的动作,才是更令人担心的。主持人。

  日本扩增潜艇数量引起地区军事安全的不平衡

  主持人:好,下面我们再继续连线社科院日本研究所副所长高洪。高洪先生,日本扩增潜艇数量将对东海局势构成什么影响?

  高洪:日本政府现在要突破过去关于潜艇数量的限制,这是一个值得注意的信号,因为这里面显然包含了与中国展开对抗的负面因素,事实上,日本作为一个曾经发动过侵略战争的国家,战后在武装力量方面是有各种各样的限制的,有禁止武器出口三原则,有无核化的规范,国防预算不超过GDP1%,这样一个杠杠,关于潜艇,原则上是不超过20艘,现在突破了多年来的禁忌,而且进行潜艇扩编,这会引起地区军事安全上的不平衡,也不利于两国关系的改善和修复。

  主持人:好,感谢两位专家和我们的驻外记者。看来,中日钓鱼岛撞船事件是余波难了,日本方面自这件事发生以后,就不断抛出各种不负责任的言论,并且借机大肆炒作中国威胁论,来达到他们政治和军事上的目的。日方的种种行为毒化了中日之间的气氛,从这种行为中,我们看不到长远的眼光,战略的思考,这难道是日本之福吗?希望日本人好好正视一下这个问题。

|

« 1870 中国の三面記事を読む(829) 尖閣諸島についての中国の見方⑤ 最近の関連記事(3) “日中密約”“潜水艦数増加”をどう見る(上) | Main | 1872 「有縁ネット」休載のお知らせ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1870 中国の三面記事を読む(829) 尖閣諸島についての中国の見方⑤ 最近の関連記事(3) “日中密約”“潜水艦数増加”をどう見る(上) | Main | 1872 「有縁ネット」休載のお知らせ »