« 1869 中国の三面記事を読む(828) “反日デモ” 不参加ノススメ | Main | 1871 中国の三面記事を読む(830) 尖閣諸島についての中国の見方⑥ 最近の関連記事(4) “日中密約”“潜水艦数増加”をどう見る(下) »

1870 中国の三面記事を読む(829) 尖閣諸島についての中国の見方⑤ 最近の関連記事(3) “日中密約”“潜水艦数増加”をどう見る(上)

Photo 

日本“日中密約”のデマを流す 専門家:日本の外交 内政化傾向が見られる

日造谣"中日密约" 专家:日本外交呈现内政化趋向

2010-10-22 14:06:23  来源:国际在线专稿 编辑:张娜  

  

国際オンライン報道:最近、小泉政権時代に中国指導者と釣魚島問題で密約を結んだと日本政府の関係者が明かした。 内容は、日本が釣魚島に上陸した中国公民を拘留しないかわりに、中国側は船舶を釣魚島に近づけさせないと約束したというものだ。 これに対して、中国外交部の馬朝旭報道局長は21日反論して、“中日は、釣魚島問題で、いわゆる“密約はまったく存在しない。 そのような発言はまったくのデマで中国を中傷するだ”と語った。 これと同時に、日本のメディアは、東シナ海の監視を強めるため、海上自衛隊潜水艦の数を増加すると伝えた。 日本政府の関係者が、中で尖閣諸島(釣魚島の密約があったとデマを流したというが、彼らは一体どのような目的があったのか また、日本潜水艦の数を増やすことは中関係にどんな影響があるのか これから、私達は専門家をまじえ、いっしょに討論したいと思います。

まず最初に、日中密約について考えてたいと思います この日、日本メディアの報道によると、小泉政権時代に中国指導者と釣魚島問題で密約を結んだと日本政府の関係者が明かしています。 内容は、日本が釣魚島に上陸した中国公民を拘留しないかわりに、中国側は船舶を釣魚島に近づけさせないと約束したというものです。 これに対して、中国外交部の馬朝旭報道局長は、“いわゆる「密約」などまったく存在しない。 そのような発言はまったくのデマで中国を中傷するものだ。 悪辣な下心で、民意を誤った方向に誘導するだけでなく、その上更に日中の政治上の相互信頼を損なうものだ。 日本は、このことがもたらす結果について、一切の責任を負わねばならない。 釣魚島と付属する島々は昔から中国固有の領土であり、中国政府が国家の主権と領土を守るという立場は明確で、確固としてかわることがない”と反論している。

密約”が出てきたのには、日本の内政と外交の両方の背景があ

司会者:それでは、日本のいわゆる政府関係者が、どうしてこの時期、いわゆる中密約などと言うことを漏らしたのでしょう 日中の間密約なんてあり得ことでしょうか? これから、私達中国国際関係学院の楊伯江教授と社会科学院日本研究所の高洪副所長に電話で、お二人の見方を聞きたいと思います 楊伯江教授、あなたは中の間のいわゆる密約存在についてどう思われますか? どうしてこの発言に根拠がないとおっしゃるのですか?

楊伯江:中国の立場と中の間の尖閣諸島(釣魚島問題についてこれまで交渉を続けてきた過程から見ると、この数年特に小泉政権時代に、いわゆる釣魚島の密約があったということは常識に反することだといます。 なぜかというと、当時の雰囲気中国側の釣魚島問題の基本的立場から、このようなことが起こるはずがありません。 日本側から見ると、この時に突然政府関係者からこのよう密約が流れたことは、それ自体、内政と外交の背景があったことだと思います

外交明らか内政傾向が見える

司会者:外交と内政の背景とはどういうことですか?

楊伯江:対中外交うと「守備の手段として、攻撃に出ていると思います。 つまり日本は釣魚島問題で、その立場は明らかに後退したといえます。 中国に対して一歩一歩と迫っていました。 9月7日の事件で、法に中国漁民、船員を拘留しましたが、日本側から言うと初めて国内司法の手続きを適用できたこと種の進展といえます。 このよう情況の下で、それは歩踏み出したものです。 そんな中外交が交戦している最中、絶対に引き下がるわけにはいかない。 今回密約が飛び出したことは、釣魚島が日本のものだと証明したいだけのことです これは外交上の背景です。

もし外交的に「守備の手段として、攻撃に出ているのだとすれば、内政にも深い背景があります。 選挙に着目する必要があります。 菅内閣は回の釣魚島事件で、支持率がおよそ16ポイント落し、民主党政権の安定性はこれでいっそう予想が難しくなりました。 遠からず選挙の危機に見舞われるかもしれません。 ですから今、外交は明らか内政化の傾向が現れています。 外交を担当する指導者達が外交問題を考える時、内政要素とても大き割合を占め、中国に対する強硬外交を続けています。 それは選挙を勝つための基礎だからです

日本は釣魚島問題で内政圧力に直面している

司会者:楊教授ありがとうございます。 では次に社会科学院日本研究所の高洪副所長にお伺いしたいと思います。 高教授、あなたは釣魚島密約問題をどうお考えですか?

高教授:釣魚島の歴史事実、中と釣魚島問題について展開された外交交渉すべて明らかとなっており、すべて記録があります。 日本側の誰かが日中にいわゆる密約が存在するということをばら撒いていす。 これは完全に人の耳目を惑わすもので、私推測するには恐らく日本が釣魚島問題を処理する上で内政の圧力に直面しているのではないかと思います。 また同時に十分な法律根拠がなく中国交渉を展開できないため、わざと責任言論をばらまいているのです。 こうしたものは事実の検証熟考に耐えられないのです。 日中の間の外交交渉は両国の外交の主要ルートでめられます。 日本政府自分の固定的見解があるはずです。 無責任な少数官僚事実と一致しない言論を勝手にまくようなことさせるべきではありません

日造谣"中日密约" 专家:日本外交呈现内政化趋向

2010-10-22 14:06:23  来源:国际在线专稿 编辑:张娜   

国际在线报道:近日,有日本政府人士透露,小泉执政时期曾与中国领导人就钓鱼岛问题达成秘密协议,即日方不拘留登上钓鱼岛的中国公民,中方承诺制止保钓船只靠近钓鱼岛。对此,中国外交部发言人马朝旭昨天(21号)驳斥说,中日在钓鱼岛问题上根本不存在所谓“密约”,有关说法完全是造谣中伤。与此同时,据日本媒体披露,日本海上自卫队将扩增潜艇数量,以加强对东海的监视。日本政府人士造谣说中日存在钓鱼岛密约,他们到底想要达到什么样的目的?日本扩增潜艇数量,又将对中日关系造成什么影响?下面,我们将连线相关专家,一起讨论一下。

  首先,我们来看看所谓中日密约的事。这几天,有日本媒体报道说,据日本政府人士透露,小泉执政时期曾与中国领导人就钓鱼岛问题达成秘密协议,即日方不拘留登钓鱼岛的中国公民,中方承诺制止保钓船只靠近钓鱼岛。外交部发言人马朝旭对此驳斥说,所谓“密约”根本不存在,有关说法完全是造谣中伤,用心险恶,不仅误导民意,而且进一步损害了中日政治互信。日方必须承担由此造成的一切后果。钓鱼岛及其附属岛屿自古以来就是中国的固有领土,中国政府捍卫国家主权和领土完整的立场历来是明确的、坚定不移的。

密约”的出现有日本内政和外交两方面的背景

  主持人:那么,日本所谓的政府人士,为什么会在这个时候透露所谓存在中日密约的说法?中日之间可不可能存在所谓的密约呢?下面,我们连线中国国际关系学院教授杨伯江以及社科院日本研究所副所长高洪,听听他们的看法。杨伯江教授,您认为中日之间存不存在所谓密约的事?为什么说这种说法是缺乏根据的?

  杨伯江:从中方立场和中日之间就钓鱼岛问题历来的交涉过程来看,在过去这几年,特别是在小泉当政期,我想所谓的钓鱼岛密约的说法是违背常识的,因为当时的气氛和中方在钓鱼岛问题上的基本立场都决定了不可能出现这样的事情,从日方来讲,这个时候突然由所谓的政府官员抛出这样一个密约,我想是有它自身内政和外交的背景的。

  外交呈现明显内政化趋向

  主持人:那么,是什么样的外交和内政背景呢?

  杨伯江:我想从对华外交来说,我想是一种以攻代守的策略,也就是说日本在钓鱼岛问题上,它的立场实际上有明显倒退,而对华态度是步步紧逼,在这次97号的事件中,非法抓扣中方的渔民、船员,从日方角度讲,第一次适用国内司法程序应该说是一种进展,在这样一种情况下,它已经迈出了这一步,那么在中日外交交锋中,它就绝对不会轻易退回去,这回又抛出一个密约,无非就是想进一步来证明钓鱼岛是日本的。这是外交上的背景。

  如果说外交上是以攻为守,那么内政上也有非常深刻的背景,就是着眼选举,我们知道日本菅直人内阁这次因为钓鱼岛事件,支持率下降大约有16个百分点之多,民主党政权稳定性由此会进一步增加变数,可能在不久的将来,会有选举危机。所以现在,外交呈现明显的内政化的趋向,就是主持外交的相关领导人在考虑外交问题时,内政因素占了很大的比例,坚持对华强硬外交,以此为下一次赢得选举奠定基础。

  日本在处理钓鱼岛问题上面临内政压力

  主持人:好,感谢杨教授。下面我们再来连线社科院日本研究所副所长高洪。高教授,您怎么看所谓的中日存在钓鱼岛密约这一说法?   

  高教授:钓鱼岛的历史事实,和中日就钓鱼岛问题展开的外交交涉都是非常清楚的,都有记录在案,现在日方某些人士散布说中日间存在所谓的密约,这个完全是混淆视听,我猜测,可能是日本在处理钓鱼岛问题上面临内政压力,同时有没有足够的法理依据和中国展开交涉,才故意散布一些不负责任的言论,这些东西是经不起事实的考验和推敲的。中日之间的外交谈判是由两国的外交主渠道来决定的,我想日本政府应该有一个自己的固定的见解,而不能任由一些不负责任的少数官僚在下面散布一些与事实不符的言论。

|

« 1869 中国の三面記事を読む(828) “反日デモ” 不参加ノススメ | Main | 1871 中国の三面記事を読む(830) 尖閣諸島についての中国の見方⑥ 最近の関連記事(4) “日中密約”“潜水艦数増加”をどう見る(下) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1869 中国の三面記事を読む(828) “反日デモ” 不参加ノススメ | Main | 1871 中国の三面記事を読む(830) 尖閣諸島についての中国の見方⑥ 最近の関連記事(4) “日中密約”“潜水艦数増加”をどう見る(下) »