« 1848 中国は見る(892) 尖閣諸島で 海保巡視船と中国漁船が衝突(12) その余波⑤ レアアース輸出禁止 | Main | 1850 中国は見る(894) ノーベル平和賞 中国の劉暁波氏が受賞 »

1849 中国は見る(893) 今年(2010年)のノーベル化学賞 日米の学者が共同受賞

Photo_2 

米3人の化学 2010ノーベル化学賞受賞

美日3名科学家分享2010年诺贝尔化学奖

2010-10-07 02:18:25 来源: 新京报(北京)Photo_3

現在80歳の北海道大学名誉教授 鈴木章氏

Photo_4

根岸英一氏(75歳) 1935年 中国長春生まれ

Photo_5

本の科学者と共に受賞した米国人リチャード・ヘック氏。 79

5 新京報10日報道スウェーデンの王立科学アカデミー米国の科学者リチャード・ヘック名誉教授、日本の科学者根岸英一特別教授、鈴木名誉教授に2010年ノーベル化学賞を授賞すると発表した。 化学賞の選考委員は、人の研究成果は化学達に“効率よい技術”を提供したという

パラジウム触媒クロスカップリング

55 スウェーデン王立科学アカデミーが行った記者会見で、スウェーデン王立科学アカデミーノルマーク氏が受賞者の名簿を読み上げた。 ヘック、根岸英一、鈴木章の3氏は“パラジウム触媒クロスカップリング”の研究分野ですぐれた貢献を行った。その研究成果は複雑な有機化合物を合成する最適な方法を発見したと述べた。

このあと、ノーベル化学賞の選委員会のトラント委員長ヴァイクワール選考委員が、3人の受賞者の主要な研究成果を紹介した。

複雑な有機化合物作るには、化学反応を通じて炭素原子を結合させる必要がある。 しかし炭素原子とても安定していて、化学反応を発生しにくい。 この問題を解決するため、炭素の化学的性質を反応しやすくさせるいくつかの方法を考えた。 これらの方法により簡単有機化合物を作り出すことができた。 しかし化学家達が複雑な有機化合物を合成しようとした時、多くの不純物ができてしまった。ヘック、根岸英一、鈴木章の3氏の研究成果により、この題を解決することができ

化学に“効率よい技術”を提供

二人の選考委員は、“ヘック、根岸英一、鈴木章の3氏実験を通じて、パラジウム原子を触媒として炭素原子を結合させる一連の化学反応を開発した この技術により化学達に彼ら必要とする複雑な化合物を精確に有効に作ることができるようになった。 現在パラジウム触媒クロスカップリング」の技術はすでに全世界の科学研究、医薬の生産電子工業などの幅広い分野で応用されている”と語った。

選考委員会は、“人の研究成果は化学達に効率よい技術を提供し、複雑な化学物質を合成する可能性が大幅に向上した”と認定した。 

選考委員の説明によるとヘック教授1972、まず最初に高温や高圧を使わず、パラジウムなどを触媒として炭素同士を結合させる手法を発見した。 根岸教授は1977年、鈴木教授は1979年、この理論に改良を加え、研究範囲を有機化合物にまで拡大した。 選考委員会は、3人の化学者は“今まで使うことができる方法で、最も効率よい技術”だと認定した。

日本受賞者の一人は長春生まれ

ヘック教授、根岸教授鈴木教授は現在それぞれ年齢は79歳、75歳と80である。同一テーマで同一の賞を受賞したが一緒に仕事したり、協力したことはない

ヘック教授1931年に米国スプリングフィールドに生まれ現在デラウェア大学名誉教授である。 根岸英一教授1935年、中国の長春生まれ、現在米国に定住しているが、日本国籍を維持している。 現在、米国パデュー大学の教授を担当してい 鈴木教授は1930北海道生まれ。 在、北海道大学名誉教授である。 彼ら人はノーベル化学賞賞金1000万スウェーデンコルナ(約12300万円)均等に分配される。

【特別記事】

早朝午前時に受賞電話を受ける

1157分(日本時間1857分)慣例によ選考委員会電話米国東海岸にいる根岸教授連絡した。

スウェーデンテレビ局の記者真っ先に受賞を知った何をしていましたと尋ねた。 根岸教授は、その前日夜中に寝ついた。 明け方頃、電話を受けた。 “私は熟睡してました “うるさくて目が覚め”後、根岸教授は“とてもうれしくなったと話した。 選考委員は、発表の前に3人の受賞者連絡を取った”と語った。 その時、ヘック教授はフィリピンにいた。 最初反応は“大騒ぎだった”、その後次第に落ち着いていった

人はみな高齢であるが体の状況は良好で、12月10スウェーデンで開催される授賞式典に参加するという ヘック教授、根岸教授と鈴木教授の現在の年齢は79歳、75歳と80である

記者会見のインタビューの最後、記者“パラジウム触媒クロスカップリング”の将来の実用価値について尋ね 根岸教授は、この研究の成果はさまざまな分野に応用することができるし、新しい品の製造にも活ることができ でも、具体的にどう使われているかわからない”と語った。

美日3名科学家分享2010年诺贝尔化学奖

2010-10-07 02:18:25 来源: 新京报(北京) 跟贴 129 手机看新闻

现年80岁的日本北海道大学名誉教授铃木章。

根岸英一1935年出生在中国长春。

与日科学家共享诺奖的美国人赫克。现年79岁。

新京报日报道 瑞典皇家科学院6日宣布,美国科学家理查德·赫克、日本科学家根岸英一和铃木章共同获得2010年诺贝尔化学奖。化学奖评审委员会说,三人研究成果向化学家们提供“精致工具”。

钯催化交叉偶联反应

在瑞典皇家科学院举行的新闻发布会上,瑞典皇家科学院常任秘书诺尔马克首先宣读了获奖者名单。他说,赫克、根岸英一和铃木章在“钯催化交叉偶联反应”研究领域作出了杰出贡献,其研究成果使人类能有效合成复杂有机物。

随后,诺贝尔化学奖评选委员会主席特兰德和评委拜克瓦尔介绍了3名获奖者的主要研究成果。

他们说,为制造复杂的有机材料,需要通过化学反应将碳原子集合在一起。但是碳原子本身非常稳定,不易发生化学反应。解决该问题的一个思路是通过某些方法让碳的化学性质更加活泼,更容易发生反应。这类方法能有效地制造出很多简单有机物,但当化学家们试图合成更为复杂的有机物时,往往有大量无用的物质生成,而赫克、根岸英一和铃木章的研究成果解决了这一难题。

向化学家提供精致工具

两位评委介绍说,赫克、根岸英一和铃木章通过实验发现,碳原子会和钯原子连接在一起,进行一系列化学反应。这一技术让化学家们能够精确有效地制造他们需要的复杂化合物。目前“钯催化交叉偶联反应”技术已在全球的科研、医药生产和电子工业等领域得到广泛应用。

评审委员会认定,三人的研究成果向化学家们提供“精致工具”,大大提升合成复杂化学物质的可能性。

评审委员介绍,赫克1972年率先发现,借助钯催化,不用高温和高压,碳原子间可以相互接近至可以发生反应的距离;根岸1977年和铃木1979年对这一理论作出补充,把研究范围扩大到更多有机分子。评审委员会认定,三位科学家创制了“迄今所能使用的最复杂工具之一”。

一日籍获奖者出生长春

赫克、根岸和铃木现年分别79岁、75岁和80岁,虽然因同一课题获同一奖项,却不曾共事或合作。

赫克于1931年出生在美国斯普林菲尔德,现为美国特拉华大学名誉教授。根岸英一于1935年出生在中国长春,现定居美国,但仍保持日本国籍,现任美国珀杜大学教授。铃木章1930年出生于日本北海道,现为北海道大学名誉教授。他们三人将分享1000万瑞典克朗(约合146万美元)的诺贝尔化学奖奖金。(新华社电/专稿)

特写

凌晨点接到获奖电话

61157分(北京时间1757分),按照惯例,评审委员会电话连线身处美国东海岸的根岸。

瑞典电视台记者率先问及得知获奖时正在做什么,根岸回答,前一天午夜入睡,凌晨5时接到电话,“我睡得正熟”。“闹醒”后,根岸说自己“极度高兴”。一名评审委员说,发布会前与3名获奖者取得了联系。当时,赫克身处菲律宾,最初反应是“惊喜”,不久恢复平静。

尽管三人年事已高,但身体状况良好,愿意参加1210日在瑞典举行的颁奖典礼。赫克、根岸和铃木现年分别79岁、75岁和80岁。

新闻发布会连线的最后阶段,记者集中询问“钯催化交叉偶联反应”的应用前景。根岸说,这一课题所获成果可应用于不少领域,或可用于创制新药物,“我不知道具体会是什么”。

(本文来源:新京报 )

|

« 1848 中国は見る(892) 尖閣諸島で 海保巡視船と中国漁船が衝突(12) その余波⑤ レアアース輸出禁止 | Main | 1850 中国は見る(894) ノーベル平和賞 中国の劉暁波氏が受賞 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1848 中国は見る(892) 尖閣諸島で 海保巡視船と中国漁船が衝突(12) その余波⑤ レアアース輸出禁止 | Main | 1850 中国は見る(894) ノーベル平和賞 中国の劉暁波氏が受賞 »