« 1822 中国は見る(875) 菅首相と小沢氏 会談決裂 一騎打ちへ | Main | 1824 中国の三面記事を読む(809) 中国国内で 是非とも行って見たい場所 »

1823 中国は見る(876) 女性の品格について

女性の品格―装いから生き方まで

女人的品格与生活的精神

唐辛子的日志 - 网易博客  楼主 发表于 2010-08-14 19:33:17

5_2 週末に古本屋をぶらぶらしてきた。 家に帰ってから漁ってきた“古本”を見た。 その中に《女性の品格》という本があった。 作者は女性初の元オーストラリア総領事で、現在は昭和女子大学の学長の坂東真理子さんである。 《女性の品格》は2007年度の年間ベストセラーの総合第一位の栄光に輝いた。 10ヶ月の内に37刷も出した。 発行部数は230万冊を超える記録を作った。

日曜日、昼ごろから夜までかけてこの本を読み終わった。 本の「はじめ」に坂東真理子さんはこう書いている。

品格のある国家は、品格ある個人の存在が前提になります。 品格ある一人一人の個人があってこそ、品格ある家庭が、品格ある企業が、品格ある社会が成り立つのです”

Photo_6  この本は礼儀作法の「マナーと品格」から、「品格のある言葉と話し方」、「品格ある装い」、「品格のある暮らし」、「品格ある人間関係」、「品格のある行動」、「品格のある生き方」の七章に分けられている。 読み終わった後の感想は、坂東さんが書いたこれらの女性として持つべき品格は、実際、その多くは私達がすでに知っておりわかっていることです。 例えば記念日を大事にするや、感謝の気持ちを表す、ユーモアを解するなどです。 ほとんどの説明は決して新味のあるものではありませんが、しかしその中にいくつか、パッと輝く言葉があります。 書き記してみなさんにご紹介します。 一緒に考える価値があると思います。

品格ある装い”の章の中で、坂東さんはこのように書いている。

3_2贅肉をつけない” どうしてこう言うのか? 贅肉と女性の品格はどんな関係があるのか? もちろんある。 自分の体重さえ管理出来ない人が、自分の人生をちゃんと管理できるか疑問です。 それに、自分の体重を管理することは、自己の健康管理の第一歩です。 健康管理を心がけるということは品格の基本であり、ベストです。バランスの取れた食習慣、適切な運動をすること、そうすれば強い精神を持つことが出来、自己節制が可能となります。 贅肉をつけた人生は品格のない人生です。

7_2品格のある生き方”について、坂東さんは、“品格ある男性を育てる”という重要な言葉を述べています。 坂東さんは、“人間社会ではなんとなく男性が女性を選ぶように思っている人がいますが、それは表面的な見方です。 自然界では、メスがオスを選ぶのが自然界の法則となっています。 坂東さんの、この観点に賛成です。 女性が男性の品格を見極める目を持ち、品格ある男性を育てる―――-これは女性が持たなくてはならない品格の一つです。 あなたが、金持ち男性を選んだとします。最後に苦しむのは、女性自身ということが多いのです。

坂東さんの言葉で好きな言葉があります。 それは、“独りのときを美しく過ごす”という言葉です。 中国にもこういうことわざがあります。 “女為悦己者容”(女は自分を愛してくれる人のために顔や姿を美しくしようと努力する:出典:史記) この言葉は、ちょっとあいまいな言葉です。 普通は細かいところは気にせず、ほとんど、“悦己者”は女性自身と考えています。 私はこの世の中すべての女性は自分を心から愛していると思っています。 私達がこのように自分を愛しているのですから、くれぐれも“独りのときを美しく過ごす”ことに気をつけて下さい。 この言葉には、たとえ独りでいようと、それなりに服装を整えることが大事です。 また独りでもちゃんとした料理を用意しましょう。 そして食事を美味しくいただきましょうといったことが含まれている。 

Photo_4 最後に、写真をお見せしましょう。 以前、友達といっしょに日本式茶室で昼食をいただきました。 茶室の主人が食後にデザートを出してくれました。 天然の浅黄色が、黒色の小さい漆の小皿の中に盛られ、さっぱりと上品な感じがします。 食べてみると、きっぱりとした味のデザートは、なんと小さい時よく食べたサツマイモでした。その上、作り方もきわめて簡単なもので、サツマイモを蒸した後、皮を剥き、サツマイモをつぶして捏ね、それからサツマイモのすりつぶしたものを適量取り、サランラップに包み、ないろいろな形に作り、後は皿の中に盛ればOKなのです。

作り方は本当に簡単じゃありませんか? あなたならもっといい格好にできるかも知れません。 実際、私達の暮らしは、野菜市場の中によくあるサツマイモと同じように平々凡々としたものかも知れません。 しかし、その生き方をちょっと変えれば、私達の暮らし方を優雅に変えることができます。 このような変化の姿こそ、社会を生きていく力といえるものです。 生きていく自信を持っている女性には、必然的に品位がおのずと表われるものである。

女人的品格与生活的精神

唐辛子的日志 - 网易博客  楼主发表于 2010-08-14 19:33:17

周末的时候去逛旧书店,淘回家一叠看起来很新的“旧书”,其中有一本《女性的品格》,作者是日本驻澳大利亚前总领事,现为昭合女子大学校长的坂东真理子。《女性的品格》在2007年度曾荣登日本年度畅销书排行版首,创下10个月内再版37次,发行量超过230万册的超人气记录。

星期天花了一个中午外加大半个晚上读完了这本书。翻开书的第一页,坂东真理子开场就写:
一个有品格的国家,是以有品格的个人存在为前提的。只有人人都拥有品格,才能建立起有品格的家庭,有品格的企业合有品格的社会。”

这本书从礼节(zhe ben shu cong li jie)礼仪,礼貌用语,装束打扮,生存方式,到人际关系,行为举止以及生存方式共分为七个章节。读完之后的一个感觉就是,坂东所写的这些女人必备品格,其实有许多是我们已经知道并熟悉的,例如要重视纪念日,要懂得感谢,要理解幽默,等等。虽然大部分的说法显然并无新意,但依旧有几句闪光的句子,很值得写下来与大家一起分享合共勉。

在“有品格的装束”一(zai _you pin ge de zhuang shu _yi)章中,坂东真理子写到过这么一句话:
不要(让自己的身体)长赘肉”。为什么这么说?赘肉与女人的品格有什么必然联系吗?当然有。因为一个连自己的体重都管理不好的人,无法想象她能管理好自己的人生。并且,管理好自己的体重,也是管理好自我健康的一部分,自我健康管理无疑是品格管理的重点与关键,恰到好处的饮食习惯,适当的锻炼与运动,不仅可以提升精神,还能强大内心。布满赘肉的人生是缺乏品格的人生。

关于“有品格的生存方式”,坂东真理子说了一句至关重要的话:“要培养有品格的男人”。坂东真理子认为:人们总以为是男人在挑选女人,这其实是一种错误的表象。看看自然界就知道,雌性挑选雄性才是自然界的规律。很赞同坂东真理子的这个观点:女人要懂得挑选有品格的男人,并培养有品格的男人-----这是女人应有的品格之一,如果(zhe shi nv ren ying you de pin ge zhi yi _ru guo)你仅仅只是挑选合培养了一个有钱的男人,那么最终收获痛苦的,极有可能是女人自己。

坂东真理子还有一句话我也非常观赏,就是“一个人的时候也要美丽地渡过。”我们中国人有句老话,叫“女为悦己者容”,这句话说得其实比较模糊,模糊到我们常常忽视这样一个事实:大部分时候,最“悦己者”恰恰正是女人自己,我相信这世上所有的女人都是热爱自己的,既然我们如此热爱自己,那么一定要记得即使“一个人的时候也要美丽地渡过。”这包括即使独自一人,也应该将自己打扮得整洁清新,为自己准备一份充满心意的菜点,并怀一份雅致的心情好好品尝。

最后,我们来看一张图片。是曾经合朋友一起去一家日式茶室午餐,茶室主人送认来的一道饭后甜点,天然的浅黄,盛在黑色的小漆盘里,令人感觉质朴而雅致。

一口尝下来,却发现这道雅致的点心,原来不过是小时候常吃的红薯而已。而且做法也极其简单:将红薯蒸熟之后,去皮,将红薯肉捣成泥,然后取适量红薯泥用保鲜膜包起来,捏成喜欢的各类形状,盛入盘中就OK了。

做法真的非常简单,不是吗?也许你还能做出更多更好的造型来。其实我们所拥有的生存,也许就跟菜市场中最常见的红薯一样平淡无奇。但是,只要改变一下品尝它的方式,我们品尝的姿态都会因此变得优雅许多。这种改变的姿态,便是一种生存的精神。拥有生存精神的女人,也必然是追求品格的好女人。

|

« 1822 中国は見る(875) 菅首相と小沢氏 会談決裂 一騎打ちへ | Main | 1824 中国の三面記事を読む(809) 中国国内で 是非とも行って見たい場所 »

社会生活」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1822 中国は見る(875) 菅首相と小沢氏 会談決裂 一騎打ちへ | Main | 1824 中国の三面記事を読む(809) 中国国内で 是非とも行って見たい場所 »