« 1791 中国の三面記事を読む(789) 中国の恋人達へ お勧めの人気旅行スポット ベスト6 | Main | 1793 中国の三面記事を読む(790) SMAP 10月上海ライブ決定  “リベンジだ!” »

1792 中国は見る(864) 日本の新中国大使着任

1.日本の新中国大使 “愛国・親中の精神で頑張りたい”

2.新中国大使 “日本は台湾を中国の一部と承認したことはない”

1.日本新大使谈如何与中国打交道:“爱国亲华”

2010-07-30 11:10 中国新闻网

2.日本新驻华大使称日本未承认“台是中国一部分”

2010-07-27 16:44:52 中国新闻网

1.日本の新中国大使 “愛国・親中の精神で頑張りたい”

Photo 中新ネッの7月28電: 《日本新華僑27の記事によると、丹羽宇一郎氏が日本の新しい駐中国大使として着任する。 中国の哲学文化に精通している丹羽氏は、日中関係について三つの期待を持ち、そのために努力すると語り、人々の期待を担っている。 どのように中国とつきあうかについて、丹羽氏は・親中の精神頑張りたいと語った

記事の要約次の通り:

近、高齢であるが中国の市場経済に詳しい“民間人”の丹羽宇一郎氏が駐中国大使に起用された。 その姿勢は伝統的キャリア派、外交官出身の前任に大いに異な

或いは丹羽は中国に対する外交経験不足しているかもしれない。 しかし中両国の経済貿易の交流が密接な今日、丹羽着任中両国に新鮮な感覚とほかの人とは違った触れ合いの体験をもたらし違った角度から中関係着実に前進することになろう

よく言われるように新任者は着任早々は熱心」だという 中国哲学と文化に詳しい丹羽氏も例外ではないだろう。 丹羽氏は、日中関係につい三つの期待を語り、そのために努力すると語り、人々期待を抱かせた

丹羽氏の三つの期待とは、次の通りである。 一つ目は両国間展開されている広範な交流、特に国民の相互理解に役立、歓迎されていのはスポーツ、文化交流である 二つ目は経済協力強化である。 特にできるだけ早く日中の自由貿易協定(FTA)を締結したい 三つ目は両国指導者安定し信頼関係を作りたいことでる。

外交関係に携わったことがない日本の新駐中国大使にとって、これらの期待は実現できるだろうか? 日本が重要な国へ駐在させる大使はほとんで外務省の官僚か、正式な訓練を受けた人、また外交経験を持った人たちだ。 しかし回起用したのは民間人めったにないことであることに注目しないといけない しょっちゅう変わる日本の首相と比て、駐中国大使は比較的固定されており、これも中関係の密接な連係と安定した発展に有

中国の古い言葉に、「英雄は出所わない」という 新任首相の菅直人氏も一般の草の根運動出身で、早くから民間人を海外駐在大使に起用する主張していた。 今回の事は民間の力で国家の外交理念実践しようということだとみている。 間違いなく、プロ化した外交家の時代は過去のものだということである。出身や経歴が違う駐中国大使が時運に乗じて現われてくるのだ 丹羽はあるいは日本の官僚主義的な体制のやり方を変え、新鮮な空気と付き合い方をもたらすかもしれない

中両国のトップの付き合いはこれまで一人・二人の会談面談ではなく、よく両国外交会議を行った。 企業界、学術界などは部門総合し各分野にまたがって話し合われた。 だから日本のメディアによると、丹羽共に就任した中国語の流暢な外務省の岡田勝作中国課長補佐を丹羽直属通するらしい。 その他に、首席公使も丹羽の政治、軍事、外交上で経験弱点を補うという

た、丹羽氏は中国について決して何も知らないわけではない。 中国商業貿易の経験がある中国通である。 聞くところによると、1980年代の中国改革開放の初期、彼は伊藤忠商事代表して中国に進たことがあり、中国の理解“外交官に引けを取らないという。 対中貿易との交渉で、彼は中国大陸のほとんどのき回り中貿易を熟知しており、両岸関係も理解している 丹羽は今北京市市長国際企業家顧問会議の顧問、吉林省政府の顧問などを務めている。 日経済交流が緊密な今日、丹羽氏の経験は、必ず重要な役割を果たすだろう

どのように中国とつきあうかについて、丹羽よくの精神頑張りたいと語っている。 日中両国の国民は歴史認識問題について非常に関心を持っている。 丹羽、日本が中国に与えた苦しい過去の記憶について真剣に反省すると共に、謝罪を表明した。

まさに丹羽氏が言うように中は互いに隣同士あり、千年、千年の長い角度に立って両国関係の発展を見る必要がある。 日中両国関係に急激な変化の転換が起こらなければ、丹羽氏と日中両国の有識者の共同努力により、彼の三つの願いは一歩一歩着実に実行されるかもしれない。 新任大使は“着任早々熱心”に、改革への意欲を示した。 (王錦思)

2.新中国大使 “日本は台湾を中国の一部と承認したことはない”

間もなく任する日本の新任駐中国大使の丹羽宇一郎26東京の記者会見でこう述べた。 1972年の中共同声明》“台湾中国領土の一部”主張されたことについて、日本の立場は単に“理解し尊重することであって、日本が直接承認したことではなく、今後も日本はこの問題について同様な態度を堅持する語った 当ネットの記者が、直ちに日本の駐中国大使館に確認を求めたところ、日本大使館側は、このついて“しばらく答えることができないと回答した。

台湾《自由時報》の報道によると、丹羽26日午前日本記者クラブいた記者会見で、1972年の中国交樹立の時の《中共同声明》の後、両国は付随の二国間の文書署名した。 しかしすべて中共同声明》を基礎にしている。 声明の中で、日本は中国の“台湾中国の領土の一部”主張したことについて、決して承認ではなく、“理解し尊重”しただけだという。 丹羽氏は 、大使として、“日中共同声明の精神を堅持すと語った。

環球ネットの記者は丹羽の発言について日本大使館に確認を求めた。 ニュース担当官は記者会見で発言した具体的な内容について確認することができない。 東京に手紙を出して確認しなければならない。 もし回答が確認できたら記者にこのことについて態度を表明したい。 従って、今は、“しばらく答えることができないと語った

丹羽記者会見で更に中関係は相互信頼関係を基礎とし、互いに信頼関係を築き誠意をもって対応しなければならない。 中国と交渉話し合いは、すべて相手の意見を意見と聞くだけではいけない。 そうでないと“相手から見くびられます”、“言うべきことは、言わなければいけません” 丹羽氏は、“自分の信条として「NO」は「NO」「YES」「YES」です”,例えば中国の食品問題が見つかったなら丹羽氏は直接中国に言います。 その時は、日本の態度を主張します。 “国家の品格がとても重要です”と丹羽は強調し

71歳の丹羽氏は第二次世界戦後、初めて民間から駐中国大使に起用された。彼は記者会見で、“国”は最も重要な理念だと語り、北京へ行った後の新しい仕事は、日本の国家利益を最優先にすると述べた。 以前、日本外務省はずっと“省益”を前面に出しすぎ“国益”を見てないと批判されていた。 これは駄目だ。 回、彼が大使に任命されたのは、“日本の国益を守ることあって“外務省の省益を守ることではないと思ってい

1.日本新大使谈如何与中国打交道:“爱国亲华”

2010-07-30 11:10 中国新闻网

中新网728日电 《日本新华侨报》27日刊文说,近日,丹羽宇一郎出任日本新任驻华大使。深谙中国哲学和文化的他对中日关系提出三点期望并将为此努力,显然值得人们期待。对于如何和中国打交道,丹羽宇一郎经常用“爱国亲华”来表达感情。

文章摘编如下:

近日,年事已高、熟悉中国市场经济的日本“民间人”丹羽宇一郎出任驻华大使,其表现迥异于传统的学院派、外交官出身的前任们。

或许丹羽宇一郎缺乏对华外交经验,但是在中日两国经济贸易和人员密切交往的今天,他的出任将给中日两国带来新鲜的感觉和与众不同的交往体验,也将从其它角度上密切推进中日关系稳步向前发展。

俗话说,新官上任三把火。深谙中国哲学和文化的丹羽宇一郎也概莫能外,他对中日关系提出三点期望并将为此努力,显然值得人们期待。

丹羽宇一郎三点期望如下,一是在两国间开展范围广泛的交流,特别是有助于增进国民理解,人们喜闻乐见的体育、文化交流。二是加强经济合作,特别是尽快签订日中自由贸易协定(FTA)。三是两国领导人能够建立长期稳定的信赖关系。

对于没有从事过外交事务的日本驻华新大使来说,这些期望容易实现吗?应该看到,日本派驻重要国家的大使均为外务省官员,科班出身,具有长期外交职业生涯,但是这次起用民间人士实属罕见。和经常轮换的日本首相相比,日本驻华大使相对比较固定,这也有利于中日关系在衔接上的紧密和稳固发展。

中国有句古话,英雄不问出处。而新任首相菅直人出身平民草根阶层,很早以前就主张启用民间人士担任驻外大使,此举可视为他对自己的以民间力量推动国家外交的理念的实践。毫无疑问,职业化外交家的时代已经过去,不同出身和经历的驻华大使也应运而生。丹羽宇一郎或将改变日本官僚体制内的作风,带来新鲜空气和交往内容。

中日两国高层交往从来都不是一两个人的会晤和洽谈,往往是两国外交届、企业界、学术界等综合部门的跨学科跨领域的博弈。所以日本媒体分析,随同丹羽宇一郎就任的很有可能派中文流利的外务省中国课课长辅佐冈田胜作丹羽的随身翻译。另外,首席公使也能弥补丹羽在政治、军事、外交上经验不足的弱点。

何况,丹羽宇一郎也并非对中国一无所知,而是一个具有长期对华商贸经验的中国通。据悉,早在上世纪八十年代中国改革开放初期,他就代表伊藤忠商事进驻中国,对中国的了解“不逊于外交官”。经过长期对华贸易交往,他几乎走遍了中国大陆各大省市,熟悉中日贸易,也了解两岸关系。丹羽宇一郎至今还担任着北京市市长国际企业家顾问会议顾问、吉林省政府顾问等。在中日经济交往日益紧密的今天,丹羽宇一郎经验将起到十分重要的作用。

对于如何和中国打交道,丹羽宇一郎经常用“爱国亲华”来表达感情。而对于中日两国国民都十分关心的历史认识问题,丹羽宇一郎表示将认真反省日本给中国带来痛苦回忆一事,并做出道歉。

正如丹羽宇一郎说,中日互为近邻,有必要站在千年、两千年长远的角度去看待发展两国关系。可以相信,只要中日两国关系不发生急剧变化转折,加上丹羽宇一郎和中日两国有识之士的共同努力,他的三点希望有可能逐步落实,新官的“三把火”也将呈星火燎原之势。(王锦思)

2.日本新驻华大使称日本未承认“台是中国一部分”

2010-07-27 16:44:52 中国新闻网

即将赴任的日本新任驻中国大使丹羽宇一郎26日在东京记者会上声称,1972年《中日联合声明》中有关“台湾是中国不可分领土的一部分”的主张,日本的立场只是“理解并予尊重”,并未直接承认,今后日本对此问题仍然坚持同样的态度。本网记者随即向日本驻华使馆求证,日本大使馆方面对此事表示“暂不能回应”。

据台湾《自由时报》报道,丹羽26日上午在日本记者俱乐部举行的记者会上表示,1972年中日建交时的《中日共同声明》后,两国也签了若干双边文件,但是一切都以《中日共同声明》为基础,声明中日本对中国的“台湾是中国不可分领土的一部分”之主张,并未承认,只明记为“加以理解并予尊重”,他还称,身为大使,他还是“坚持日中共同声明的精神”。

环球网记者就丹羽宇一郎的发言向日本大使馆进行求证,一位新闻官表示现在还未能确认记者会上发言的具体内容,需要向东京发函确认,一旦有确定答复将会向记者表明对此事的态度。但目前“暂时不能回应”。

丹羽在记者会上还说,中日关系必须以互相信赖为基础,要建立互信关系就要坦诚对待,和中国交涉谈判,不能一切以对方的意见为意见,否则“只会被对方看不起”而已,“应该说的就要说”。他说,“我坚持的是"no就是noyes就是yes"”,例如中国的食品如被发现有问题,他就会直接向中国反映,坚持日本的态度,丹羽强调,“国家的品格很重要”。

71岁的丹羽宇一郎是日本二战后第一位民间人士被任命为驻中国的大使。他在记者会上说,“爱国”是他的最重要理念,到北京之后的新工作就是以日本的国家利益为最优先。此前,日本外务省一直被批评把“省益”放在最前面,而不把“国益”放在眼里,这是不行的,认为这次他出任大使是“保护日本的国益”而不是“保护外务省的省益”。 (来源:环球网)

|

« 1791 中国の三面記事を読む(789) 中国の恋人達へ お勧めの人気旅行スポット ベスト6 | Main | 1793 中国の三面記事を読む(790) SMAP 10月上海ライブ決定  “リベンジだ!” »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1791 中国の三面記事を読む(789) 中国の恋人達へ お勧めの人気旅行スポット ベスト6 | Main | 1793 中国の三面記事を読む(790) SMAP 10月上海ライブ決定  “リベンジだ!” »