« 1771 中国は見る(850) 参院選 民主大敗 (1) | Main | 1773 中国の三面記事を読む(783) 予言タコ パウル君 »

1772 中国は見る(851) 参院選 民主大敗 (2) 

1.民主党内から執行部の責任を問う声噴出

2.民主党の連立相手探し メディア 難航必至と伝える

3.菅首相 “9月まで内閣改造せず”

1.日本民主党内要求干事长等高层辞职呼声高涨

2010-07-12 11:01:00 来源: 中国新闻网(北京)

2.民主党谋求联合执政日媒称可能遭拒前景不乐观

2010-07-12 08:01:00 来源: 中国新闻网(北京)

3.日本首相菅直人称9月前将不会改组内阁

2010-07-12 18:33:00 来源: 中国新闻网(北京)

1.民主党内から執行部の責任を問う声噴出

Photo 中新ネット7月12日電:共同通信社ウェブサイト12日報道によると、民主党は今回の参院選挙敗北で、与党過半数超えの目標を実現することができなかった。 衆参両院で多数派が異なる“ねじれ状態”の厳しい局面を、いかに解決するかが、民主党の現在の最重要課題となっている。 党内からは枝野幹事長ら執行部の責任を問う声も強く、また消費税引き上げに言及した菅首相を批判する意見も上がった。

報道の分析によれば、民主党執行部の指導力が低下したため、これまでずっと菅首相の消費税発言に批判的態度を取っていた小沢前幹事長が再び主導権奪回に動き出し、野党対策に乗り出すのではないかと見ている。 9月の民主党代表選に備えるため、双方は政権運営をめぐって対決姿勢を展開している。

民主党の中には菅首相ではこの党を引っ張っていけない考えている人もいるが、しかし輿石参議院議員会長は、今の段階では“了とする”とし首相の責任を追及しないと表明した。 そのため責任追及の呼び声はまだ大きな形とはなっていない。 もし、政権交代からわずか10ヶ月の間に2度も首相が交代したら、“これは衆議院の解散をして民意を問うことなく安倍、福田、麻生の3代政権を経てきた自民党よりもみっともない。 民意の支持を失うかもしれない”と語るベテラン議員もいる。

だが一方、小沢側もまったく心配がないわけではない。 小沢氏の資金管理団体の収支報告書虚偽記入事件をめぐって、検察は不起訴を決定したが、しかし検察審査会が近いうちに採決を行う。 審査会がもし“起訴議決”の結論を出せば、小沢氏は苦境に陥り、党内の主導権争いも複雑になる。

分析によると、双方は他党と連携して“ねじれ国会”の厳しい局面を打開することについても違いがある。 枝野幹事長はみんなの党と政策のテーマごとに“部分協力”したいと積極的な態度を見せている。 一方、小沢氏は公明党あるいは自民党の一部議員と協力することを考えているという。

2.民主党の連立相手探し メディア 難航必至と伝える

中新ネット7月12日電:共同通信社の報道によると、日本の与党民主党は11日の参議院選挙で過半数を割り込んだ。 菅首相(民主党代表)は12日未明に記者会見を開き、引き続き政権を担当すると表明した。 短期間の内に民主党は政策を推進するため野党の協力を求めると共に、同時に政局の変化に応じて新しい政権の連立組み換えに着手することにしている。 民主党は連携する相手をみんなの党と公明党にねらいを定めている。

みんなの党の渡辺代表は11日夜の記者会見の中で、民主党・国民新党と連立政権を組むことは“あり得ない”と語った。 しかし彼は、民主党が部分的法案についてもし譲歩をするなら、みんなの党と連携することができるかもしれないとも述べた。 渡辺代表は、“民主党が、もしみんなの党の政策課題を受け入れることができるなら、この政策課題の範囲内で協力することはありうる”と述べた。

与野党の勢力が参議院で逆転したことにより、政府が出す法案が参議院で阻止されることになり、菅政権をめぐる環境は厳しくなった。 菅首相が消費税引き上げ発言をしたため民主党が選挙で苦戦を強いられたことで、党内からその責任を追求する声が強まっている。

一方、選挙前に与党を過半数割れに追い込めなかった場合、総裁を辞任する考えを述べていた自民党の谷垣総裁は、11日夜、総裁続投を表明した。 衆参両院で与野党多数派が異なる“ねじれ国会”となる局面の下、自民党は対決姿勢を強め、早期に菅首相に衆議院を解散して総選挙を行うよう求めることにしている。

民主党はみんなの党か公明党と連携したいと願っている。 そうしないと、国会を順調に運営できないからである。 しかし、みんなの党は連立政権については強い抵抗感を持っている。 公明党の山口代表も連立政権の可能性については否定的である。 民主党の考えがすぐ実現できるかどうか楽観を許さない状況である。

3.菅首相 “9月まで内閣改造せず”

中新ネット7月12日電:NHKの12日の報道によると、11日の参議院選挙の結果が確定した後、菅首相は9月の民主党代表選まで内閣改造はしない見通しを表明した。 

民主党は昨日行われた参院選挙で敗北し、44議席にとどまり、議席数を10議席減らした。 そのため与党議席は非改選議席を含めても、過半数に届かなかった。 

衆参両院で多数派が異なる、"ねじれ国会"状態に陥った。 この状態にかんがみ、菅首相は今日午前、首相官邸で仙谷内閣官房長官、枝野幹事長と会談を行った後、また樽床国会対策委員長、玄葉政策調査会長などと今後の対応について協議をした。 

協議の中で、来年度予算概算要求などの審議をすぐにも策定し、歳出削減などの取り組みを引き続き進めることが非常に重要である。 そのため、9月に行われる民主党代表選までは内閣改造はを行わないことを確認した。 その他、協議出席者は、現在の苦境を克服し、政府と政権与党は一致団結して臨時国会などに対応することで一致した。

1.日本民主党内要求干事长等高层辞职呼声高涨

2010-07-12 11:01:00 来源: 中国新闻网(北京) 

中新网日电 据日本共同社网站12日报道,日本民主党在此次参院选举中遭遇失败,未能实现执政党议席数过半的目标,如何解决朝野双方在众参两院各占优势的“扭曲国会”的尴尬局面成为民主党目前最重要的课题。党内要求干事长枝野幸男等领导层辞职的呼声高涨,还出现了批评发言提及上调消费税率的首相菅直人的意见。

报道分析称,由于民主党领导层凝聚力下降,一直对菅直人的消费税发言持批评态度的民主党前干事长小泽一郎为重新夺回主导权,可能打出独立的在野党对策。为备战9月的民主党代表选举,双方围绕执政党运营将展开多轮对决。

虽然也有部分民主党内人士认为菅直人无法领导该党坚持下去,但参院议员会长舆石东此前已表示将不追究首相责任,因此要求其辞职的呼声并未形成规模。一些资深人士认为,若在政权更迭后的短短10个月内就两度更换首相,“这比未通过解散众院来问信于民就直接经历安倍、福田、麻生三届政府执政的自民党还要丑陋,可能会失去民意的支持”。

另一方面,小泽方面也并非毫无隐忧。围绕小泽资金管理团体购买土地收支报告作假一事,虽然检方决定不起诉,但检察审查会将在不远的将来进行表决认定。若审查会得出“应当起诉”的结论,那么小泽将陷入窘境,党内主导权之争也将变得复杂。

分析显示,双方在联手他党摆脱“扭曲国会”尴尬局面一事上也存在分歧。枝野欲同众人之党针对各个政策展开“部分合作”持积极态度。而据称小泽则在考虑与公明党或部分自民党议员展开合作。

(本文来源:中国新闻网 )

2.民主党谋求联合执政日媒称可能遭拒前景不乐观

2010-07-12 08:01:00 来源: 中国新闻网(北京)

中新网日电 据日本共同社报道,日本执政党在11日的参院选举中丧失了过半数地位。日本首相兼民主党代表菅直人12日凌晨召开记者会,表示将继续执政。短期内民主党将为推行政策而尝试寻求在野党的合作,同时着眼于吸引新的执政伙伴以应对政局变化。民主党把合作对象瞄准在了众人之党和公明党。

众人之党代表渡边喜美11日晚在记者会上称“不可能”与民主党及国民新党联合执政。但他同时表示,如果民主党能就部分法案做出让步,众人之党有可能与其合作。渡边说:“如果民主党能完全接受众人之党的政策课题,有可能在此范围内进行合作。”

鉴于朝野势力在参院出现逆转,政府提出的法案将在参院受阻,导致菅直人内阁的执政环境恶化。菅直人有关上调消费税率的言论导致民主党在选举中遭遇苦战,党内要求追求其责任的呼声有可能高涨。

另一方面,事前宣称若不能阻止执政党过半数地位就辞去自民党总裁职务的谷垣祯一11日晚表示将继续从事政党的运营。在朝野双方于众参两院各占优势的“扭曲国会”的局面下,自民党有意强化对决姿态,尽早迫使菅直人解散众院举行大选。

民主党希望与众人之党或公明党合作是由于除此之外难以保证国会运营顺利。但是,众人之党对联合执政抱有强烈的抵触感。公明党的代表山口那津男也否认了联合执政的可能性。民主党的想法能否马上实现,前景并不乐观。

(本文来源:中国新闻网 )

3.日本首相菅直人称9月前将不会改组内阁

2010-07-12 18:33:00 来源: 中国新闻网(北京)

中新网712日电 据日本广播协会12日报道,在11日参议院选举结果揭晓之后,日本首相菅直人表示,无意在原定于今年9月举行的民主党代表选举之前进行内阁改组。

民主党在昨天投票选举的参议院选举中落败,仅获得44个改选议席,议席数减少了10个。因此执政党的议席数即使包括非改选议席在内,也未超过半数。

日本国会众参两院的多数派分属朝野两派,陷入"扭曲国会"的状态。鉴于此,菅直人首相今天上午在首相官邸与内阁官房长官仙谷由人、民主党干事长枝野幸男举行会晤之后,还与民主党国会对策委员长樽床伸二、政策调查会长玄叶光一郎等人就今后的应对方策展开了协商。

与会者均认为,有关明年度预算概算要求等的审议行将展开,行政运作持续进行十分重要,因而确认在原定于今年9月举行的民主党代表选举之前不进行内阁改组。另外,与会者还一致同意,为了克服目前的困境,政府与执政党将团结一致应对临时国会等问题。

(本文来源:中国新闻网 )

|

« 1771 中国は見る(850) 参院選 民主大敗 (1) | Main | 1773 中国の三面記事を読む(783) 予言タコ パウル君 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1771 中国は見る(850) 参院選 民主大敗 (1) | Main | 1773 中国の三面記事を読む(783) 予言タコ パウル君 »