« 1753 中国は見る(845)  菅首相:消費税で野党から集中砲火を浴びる | Main | 1755 中国の三面記事を読む(770) 「101回目のプロポーズ」 中国で映画化 »

1754 中国は見る(846) 角界 野球賭博で大揺れ

1754 中国は見る(846) 角界 野球賭博で大揺れ

1.暴力団 角界に侵入 関取が暴力団の用心棒に

2.角界の賭博問題 ますます拡大

1.黑社会“入侵”日本相扑界 相扑手充当黑社会保镖

2010062416:21:53  来源: 国际在线

2.日本相扑界赌博丑闻愈演愈烈

刊发时间:2010-06-22 11:36:04 新华网

1.暴力団 角界に侵入 関取が暴力団の用心棒に

最近、相撲界は“地震”が相次いでいる。 横綱朝青龍が暴行事件で引退したのに続き、一連の野球賭博問題が次々と明らかとなった。 日本の“国技”の相撲は一体どうなってしまったのかと話題になっている。

多くの力士が暴力団と関係か?

今年5月、日本相撲協会は暴力団関係者に“土俵下の特別席の 入場券を手配した現役の親方2人の降格処分を行った。 報道によると、去年7月の名古屋場所で後援者などに割り当てられる“土俵下の特別席”が暴力団・山口組の幹部らが観戦していたことがわかった。 同場所では、その他の暴力団関係者55人が観戦していたこともわかった。 

6月15日、日本相撲界にまた別の驚くべきニュースが流れた――日本で一番人気がある34歳の大関琴光喜が野球賭博をしていたことがわかった。 警察によると、琴光喜は野球賭博で暴力団から“口止め料”300万円を恐喝されていた。 相撲協会は琴光喜の来月の名古屋場所休場処分を発表した。

この後、数日後、今度は関取、親方など65人が賭け事にかかわっていたことがわかり未曾有の危機に直面することとなった。 日本相撲協会は6月21日、緊急理事会を開き、特別調査委員会を設置、賭博の徹底的解明を行うことに決めた。 また、7月11日に開かれる名古屋場所中止を検討することにした(注:中止については7月4日に協会が最終判断することにしている) 大相撲の歴史は18世紀の江戸時代まで遡ることができ、場所が中止となった先例は今までない。 もし中止となれば、日本の相撲史上に汚点を残すだけでなく、数10億円の経済損失をもたらすことになる。

大相撲を独占放送しているNHKは大相撲を引き続き中継するかどうかについて検討中としている。 また多くの相撲のスポンサーも懸賞金からの撤退を表明している。

引退後 暴力団の用心棒となる

日本の相撲界と暴力団は、過去から切っても切れない複雑な関係を持っている。明治時代、相撲界の力士達は会社からの援助が得られず、食事に事欠くことがあり、暴力団組織が彼らに多く資金援助をしたことがあった。 1930年代には、関脇だった力士・山錦善治郎は引退後、山口組の舎弟となった。 そのほか力士の中には引退役、暴力団の親分の用心棒になったものもいた。 今も、地方で相撲を開催する時には、その土地の暴力団組織の関係を借りないと、場所を進めない実態がある。

相撲は日本人の心の中での人気が高く、この日本の“国技”が、このように汚染されていることに、日本の人々はとても心を痛めている。 最新の調査によると、7割以上の人が、相撲界の賭博参加力士を徹底調査し、その名前を公表するよう求めている。 また、相撲協会の役員はこの一連のスキャンダルの責任をとって退陣すべと考える人が6割以上に達している。 “相撲の力士をしっかり教育、管理し、賭け事と暴力団と縁を切らすべき”と考えている人もいる。 今、相撲界は人々の心の中にあるイメージを取り戻すため、本当に徹頭徹尾うみを出す覚悟が必要である。

2.角界の賭博問題 ますます拡大

21日、日本相撲協会は緊急理事会を開き、協会所属の力士、親方の大規模な賭博問題について、特別調査委員会を設置し、事実関係の究明に乗り出すことになった。

調査によると、少なくとも65人の力士、親方が野球賭博、花札マージャンなどの賭け事にかかわっていたことを認めている。 日本のメディアは、このスキャンダルは日本の国技といわれる相撲の名を汚すものだとし、相撲協会の理事会は退陣に直面していると見ている。

多くが賭けに加わる

相撲界は野球賭博スキャンダルが今月中旬明らかとなってから、続々とセンセーショナルなニュースが伝わり、賭博にかかわっている者は、下級力士だけでなく、“横綱”に次ぐ“大関”級の力士まで巻き込まれてきた。 また親方だけでなく、協会トップまでかかわってきていることがわかった。 

6月15日、日本相撲協会は、大関琴光喜が野球賭博に関係していたため、来月の名古屋場所を休場させると発表し、同時に琴光喜など65名の賭博関与を認めた力士、親方の処分を検討するとしている。

モンゴル出身の外国力士がここ数年、相撲の主役を務めていた。 現在、34歳の琴光喜は日本出身であり、観客から一番人気のある力士である。

メディアによると、琴光喜は当初、相撲協会に対し賭博を否定していた。 しかし、今月13日、琴光喜はその日の夜、相撲協会の武蔵川理事長を訪問し、野球賭博をやったことを打ち明けた。 翌日、琴光喜は警察の事情聴取をを受けた。 警察によると、琴光喜は野球賭博で暴力団の元組員から“口止め料”として300万円を脅し取られていたという。

17日、更に驚くべきニュースが伝わった。 大嶽親方も警視庁の事情聴取で野球賭博を認めたという。 日本相撲協会には「年寄株」「親方株」を持つものが107人おり、そのうち51人が自分の部屋を持っている。 大嶽親方もそのうちの一人である。 相撲協会の中には大嶽親方に厳重懲罰を求めるものもいる。相撲部屋閉鎖も含まれている。

19日、野球賭博の火の手は協会の武蔵川理事長の弟子、西前頭・雅山にも及んだ。 共同通信社によると、現在32歳の雅山は、協会に上申書を提出している。 聞くところによれば、雅山は野球賭博ではなく花札だという。

そのほか、相撲協会の新理九重親方の弟子・十両・千世白鵬も警察に野球賭博にかかわったことを認めている。

角界混乱

ますます拡大する一方の“野球賭博”は相撲界を混乱に陥入れている。 《毎日新聞》は、理事長と理事がみな弟子が賭博にかかわっており、相撲協会のトップは“総退陣”もありうると見ている。

相撲協会は21日に緊急理事会を開き、対応を協議する。 理事会は当日、特別調査委員会を設置し、相撲界の賭博の徹底解明を行う。 調査委員会のメンバーは元警視総監、元検察官、弁護士などがいる。

メディアは、理事会の議題の一つは賭博に関した名前を公表することだという。 今まで65人の力士と親方達は協会に過去5年賭博にかかわったことを認めている。 そのうちの29人は野球賭博で、36人が花札とマージャン賭博だという。

別の大事な問題は名古屋場所を期日どおり開催するかどうかである。 日本の相撲は毎年、東京、名古屋、福岡で順番に開催される。 名古屋場所は7月11日に予定されている。

理事会の中では、野球賭博の真相がはっきりしないうちは、名古屋場所を中止すべきだという人もいる。

日本の大相撲の歴史は18世紀の江戸時代までさかのぼることができる。 歴史上、場所を中止した先例はない。 戦争の時も平常通り開催した。 日本のメディアは、もし名古屋場所が中止となったら、日本の相撲史に大きな汚点を残すだけでなく、数10億円の経済損失をもたらすと伝えている。

スキャンダル続出

日本の相撲界はここ数年、スキャンダルが続出している。 野球賭博は直近の事件であり、今までで一番最悪の事件になるかもしれない。 日本の“国技”のイメージは更にダウンすることになる。

今年5月、日本相撲協会は暴力団関係者に“土俵下の特別席の入場券”を手配した二人の親方を降格処分にした。 報道によると、去年7月、名古屋場所期間中、親方の特別席の入場券を暴力団・山口組の幹部に手渡したという。

2009年2月、若麒麟が大麻吸引で協会から解雇された。

2008年9月、二人のロシア出身の力士(露鵬と白露山)が大麻吸引で解雇処分を受ける。 相撲協会の北の湖理事長は引責辞任した。

2007年6月、相撲名門の“時津風部屋”力士暴行死事件で、時津風親方が解雇された。 同年、モンゴル出身の横綱朝青龍と白鵬が土俵上でにらみ合う事件を起こし厳重注意された。(馮武勇)

1.黑社会“入侵”日本相扑界 相扑手充当黑社会保镖

2010062416:21:53  来源: 国际在线

近来,日本相扑界“地震”接连不断,继原横纲级相扑手朝青龙因打人事件退役以来,一系列涉黑涉赌的丑闻接连曝光。人们不禁要问,被尊为日本“国技”的相扑到底怎么了?

多名力士与黑社会有染

今年5月,日本相扑协会对涉嫌为黑社会成员提供“贵宾票”的两名相扑教练处以降级等处罚。据报道,去年7月在名古屋站比赛期间,在本应分配给相扑教练的特别席上,人们却看到了日本最大的黑社会组织山口组一个分会头目的身影,而同时在场的其他黑社会组织成员竟然多达55人。

615日,日本相扑界又传出另一惊人消息——日本最具观众缘的34岁大关级力士琴光喜涉嫌参与赌球。根据警方调查,琴光喜曾因赌球遭黑社会成员勒索“封口费”300万日元(约合3.3万美元)。日本相扑协会宣布剥夺琴光喜下月的名古屋站参赛资格。

但没想到几天后,65名相扑选手和教练涉嫌参与赌博的新闻又令日本相扑界面临前所未有的危机。日本相扑协会621日紧急召开理事会,决定成立独立调查委员会彻查相扑界涉赌内幕,并暂时取消既定于711日拉开战幕的相扑巡回赛名古屋站比赛。日本大相扑巡回赛历史可以追溯至18世纪的江户时代,从未有过取消赛事的先例。一旦取消,不仅会给日本相扑历史留下污点,还会造成数十亿日元的经济损失。

享有相扑比赛独家转播权的日本广播协会(NHK)表示正在研究是否会继续转播相扑巡回演,多家相扑赛事赞助商也表示将撤销赞助。

退役后当过黑社会保镖

其实,日本相扑界历来与黑社会组织有着千丝万缕的关系。明治时代,相扑界的力士们得不到来自企业方面的赞助,甚至连饭都吃不饱,是黑社会组织给他们提供了不少资助。上世纪30年代曾经晋级关肋(继横岗、大关之下的第三级)的力士山锦善治郎在退役之后担任过山口组下属分会的头目。此外,还有一些力士在退役之后也给黑社会头目当过保镖。如今,在一些地方组织的相扑比赛中,如果不与当地黑社会组织保持一定的关系,比赛是无法进行下去的。

相扑运动在日本人心中的地位极高,对于这项日本“国技”遭到如此严重的污染,日本民众非常痛心。最新调查显示,有7成以上的人认为,应该彻查相扑界参与赌博的力士,并公开其姓名。而认为相扑协会的官员应该为这一连串丑闻辞职的人数比率更达到6成以上。有民众说,“应该对日本相扑界的力士加强教育监管,让他们远离赌博和黑社会”。现在,日本相扑界要想挽回在人们心目中的形象,也许真的需要一次彻头彻尾的整顿。

2.日本相扑界赌博丑闻愈演愈烈

刊发时间:2010-06-22 11:36:04 新华网

日本相扑协会21日举行紧急理事会,讨论协会所属相扑力士和教练大规模涉赌丑闻,决定成立独立调查委员会,全面查清相扑界涉赌涉黑内幕。

初步调查显示,至少已有65名相扑力士和教练承认参与赌球、赌牌、麻将等赌博活动。日本媒体认为,这一丑闻使有日本国技之称的相扑蒙羞,相扑协会领导层面临下台压力

多人涉赌

日本相扑界赌球丑闻本月中旬曝光以来,不断有轰动性消息传出,涉赌人员不仅有低级别力士,也有仅次于相扑“横纲”的“大关”级力士卷入;不仅涉及相扑教练,甚至有门派掌门人。一些力士涉嫌与黑社会有染。

6月15日,日本相扑协会宣布,大关级力士琴光喜因涉及赌博,将被剥夺下月大相扑巡回赛名古屋站参赛资格,同时对琴光喜等65名承认参赌选手和教练给予严重警告处分。

蒙古国等国出身的外国力士近些年成为相扑舞台主要角色,现年34岁的琴光喜由于土生土长,是最具观众缘的相扑力士之一。

日本媒体报道,琴光喜一开始向相扑协会否认涉赌。但在本月13日,琴光喜连夜拜访相扑协会理事长武藏川,坦白参与棒球赌球。第二天,琴光喜接受东京警方质询。警方调查显示,琴光喜因赌球曾遭暴力团成员勒索“封口费”300万日元(约合3.3万美元)。

17日传出更加惊人消息:贵为相扑一门掌门人的大岳向警方承认参与棒球赌球。日本相扑协会现有107名教练,其中51人拥有自己的门派,大岳是其中之一。相扑协会有人要求严惩大岳,包括关闭大岳名下门派。

19日,赌球之火烧到相扑协会理事长武藏传的弟子、前大关级力士雅山身上。日本共同社报道,现年32岁的雅山已向协会递交参赌报告,据说雅山并非赌球,而是赌牌。

此外,相扑协会新晋理事九重的弟子千代白鹏也向警方承认涉赌。

业界混乱  

愈演愈烈的“赌球风暴”使日本相扑界陷入混乱。日本《每日新闻》认为,鉴于理事长和理事均有门下弟子涉赌,相扑协会领导人不排除“集体辞职”。

相扑协会21日紧急举行理事会,商讨应对之策。理事会当天决定,成立独立调查委员会,彻查相扑界涉赌内幕。调查委员会成员将包括前高级警员、前检察官、律师等。

日本媒体报道,理事会议题之一是公布承认涉赌人员名单。迄今已有65名力士和教练向协会承认过去5年参赌事实,其中29人参与棒球赌球,36人参与扑克牌或麻将赌博。

另一关键问题是名古屋站比赛是否如期举行。日本相扑每年在东京、名古屋、福冈数地举行巡回赛,名古屋站定于7月11日拉开战幕。

理事会内有人提出,鉴于赌球真相尚未全部廓清,应暂时取消名古屋站比赛。

日本大相扑巡回赛历史可以追溯至18世纪的江户时代,历史上从未有过取消赛事的先例,即便在战争时期也照常举办。日本媒体评论,一旦取消名古屋站比赛,不仅给日本相扑历史留下大污点,还会造成数十亿日元经济损失。

丑闻频出

日本相扑界近些年频频曝出丑闻,赌球是最新一起、也可能是迄今影响最恶劣的一起,令日本“国技”的形象雪上加霜。

今年5月,日本相扑协会对涉嫌为黑社会成员提供“贵宾票”的两名相扑教练予以降级等处罚。据报道,去年7月在名古屋站比赛期间,分配给相扑教练的特别席位票落到日本最大黑社会组织山口组一个分会骨干手中。

2009年2月,相扑力士若麒麟因吸食大麻遭协会除名。

2008年9月,两名俄罗斯出身的相扑名手因吸食大麻遭终身禁赛处分,时任相扑协会理事长北之湖宣布引咎辞职。

2007年6月,相扑名门“时津风门”曝出虐徒致死事件,时任掌门时津风遭开除。同一年,蒙古国出身的横纲级力士朝青龙和白鹏因在比赛中行为粗鲁而遭处罚。(冯武勇)

  

 

1754 中国は見る(846) 角界 野球賭博で大揺れ

1.暴力団 角界に侵入 関取が暴力団の用心棒に

2.角界の賭博問題 ますます拡大

1.黑社会“入侵”日本相扑界 相扑手充当黑社会保镖

2010062416:21:53  来源: 国际在线

2.日本相扑界赌博丑闻愈演愈烈

刊发时间:2010-06-22 11:36:04 新华网

1.暴力団 角界に侵入 関取が暴力団の用心棒に

最近、相撲界は“地震”が相次いでいる。 横綱朝青龍が暴行事件で引退したのに続き、一連の野球賭博問題が次々と明らかとなった。 日本の“国技”の相撲は一体どうなってしまったのかと話題になっている。

多くの力士が暴力団と関係か?

今年5月、日本相撲協会は暴力団関係者に“土俵下の特別席の 入場券を手配した現役の親方2人の降格処分を行った。 報道によると、去年7月の名古屋場所で後援者などに割り当てられる“土俵下の特別席”が暴力団・山口組の幹部らが観戦していたことがわかった。 同場所では、その他の暴力団関係者55人が観戦していたこともわかった。 

6月15日、日本相撲界にまた別の驚くべきニュースが流れた――日本で一番人気がある34歳の大関琴光喜が野球賭博をしていたことがわかった。 警察によると、琴光喜は野球賭博で暴力団から“口止め料”300万円を恐喝されていた。 相撲協会は琴光喜の来月の名古屋場所休場処分を発表した。

この後、数日後、今度は関取、親方など65人が賭け事にかかわっていたことがわかり未曾有の危機に直面することとなった。 日本相撲協会は6月21日、緊急理事会を開き、特別調査委員会を設置、賭博の徹底的解明を行うことに決めた。 また、7月11日に開かれる名古屋場所中止を検討することにした(注:中止については7月4日に協会が最終判断することにしている) 大相撲の歴史は18世紀の江戸時代まで遡ることができ、場所が中止となった先例は今までない。 もし中止となれば、日本の相撲史上に汚点を残すだけでなく、数10億円の経済損失をもたらすことになる。

大相撲を独占放送しているNHKは大相撲を引き続き中継するかどうかについて検討中としている。 また多くの相撲のスポンサーも懸賞金からの撤退を表明している。

引退後 暴力団の用心棒となる

日本の相撲界と暴力団は、過去から切っても切れない複雑な関係を持っている。明治時代、相撲界の力士達は会社からの援助が得られず、食事に事欠くことがあり、暴力団組織が彼らに多く資金援助をしたことがあった。 1930年代には、関脇だった力士・山錦善治郎は引退後、山口組の舎弟となった。 そのほか力士の中には引退役、暴力団の親分の用心棒になったものもいた。 今も、地方で相撲を開催する時には、その土地の暴力団組織の関係を借りないと、場所を進めない実態がある。

相撲は日本人の心の中での人気が高く、この日本の“国技”が、このように汚染されていることに、日本の人々はとても心を痛めている。 最新の調査によると、7割以上の人が、相撲界の賭博参加力士を徹底調査し、その名前を公表するよう求めている。 また、相撲協会の役員はこの一連のスキャンダルの責任をとって退陣すべと考える人が6割以上に達している。 “相撲の力士をしっかり教育、管理し、賭け事と暴力団と縁を切らすべき”と考えている人もいる。 今、相撲界は人々の心の中にあるイメージを取り戻すため、本当に徹頭徹尾うみを出す覚悟が必要である。

2.角界の賭博問題 ますます拡大

21日、日本相撲協会は緊急理事会を開き、協会所属の力士、親方の大規模な賭博問題について、特別調査委員会を設置し、事実関係の究明に乗り出すことになった。

調査によると、少なくとも65人の力士、親方が野球賭博、花札マージャンなどの賭け事にかかわっていたことを認めている。 日本のメディアは、このスキャンダルは日本の国技といわれる相撲の名を汚すものだとし、相撲協会の理事会は退陣に直面していると見ている。

多くが賭けに加わる

相撲界は野球賭博スキャンダルが今月中旬明らかとなってから、続々とセンセーショナルなニュースが伝わり、賭博にかかわっている者は、下級力士だけでなく、“横綱”に次ぐ“大関”級の力士まで巻き込まれてきた。 また親方だけでなく、協会トップまでかかわってきていることがわかった。 

6月15日、日本相撲協会は、大関琴光喜が野球賭博に関係していたため、来月の名古屋場所を休場させると発表し、同時に琴光喜など65名の賭博関与を認めた力士、親方の処分を検討するとしている。

モンゴル出身の外国力士がここ数年、相撲の主役を務めていた。 現在、34歳の琴光喜は日本出身であり、観客から一番人気のある力士である。

メディアによると、琴光喜は当初、相撲協会に対し賭博を否定していた。 しかし、今月13日、琴光喜はその日の夜、相撲協会の武蔵川理事長を訪問し、野球賭博をやったことを打ち明けた。 翌日、琴光喜は警察の事情聴取をを受けた。 警察によると、琴光喜は野球賭博で暴力団の元組員から“口止め料”として300万円を脅し取られていたという。

17日、更に驚くべきニュースが伝わった。 大嶽親方も警視庁の事情聴取で野球賭博を認めたという。 日本相撲協会には「年寄株」「親方株」を持つものが107人おり、そのうち51人が自分の部屋を持っている。 大嶽親方もそのうちの一人である。 相撲協会の中には大嶽親方に厳重懲罰を求めるものもいる。相撲部屋閉鎖も含まれている。

19日、野球賭博の火の手は協会の武蔵川理事長の弟子、西前頭・雅山にも及んだ。 共同通信社によると、現在32歳の雅山は、協会に上申書を提出している。 聞くところによれば、雅山は野球賭博ではなく花札だという。

そのほか、相撲協会の新理九重親方の弟子・十両・千世白鵬も警察に野球賭博にかかわったことを認めている。

角界混乱

ますます拡大する一方の“野球賭博”は相撲界を混乱に陥入れている。 《毎日新聞》は、理事長と理事がみな弟子が賭博にかかわっており、相撲協会のトップは“総退陣”もありうると見ている。

相撲協会は21日に緊急理事会を開き、対応を協議する。 理事会は当日、特別調査委員会を設置し、相撲界の賭博の徹底解明を行う。 調査委員会のメンバーは元警視総監、元検察官、弁護士などがいる。

メディアは、理事会の議題の一つは賭博に関した名前を公表することだという。 今まで65人の力士と親方達は協会に過去5年賭博にかかわったことを認めている。 そのうちの29人は野球賭博で、36人が花札とマージャン賭博だという。

別の大事な問題は名古屋場所を期日どおり開催するかどうかである。 日本の相撲は毎年、東京、名古屋、福岡で順番に開催される。 名古屋場所は7月11日に予定されている。

理事会の中では、野球賭博の真相がはっきりしないうちは、名古屋場所を中止すべきだという人もいる。

日本の大相撲の歴史は18世紀の江戸時代までさかのぼることができる。 歴史上、場所を中止した先例はない。 戦争の時も平常通り開催した。 日本のメディアは、もし名古屋場所が中止となったら、日本の相撲史に大きな汚点を残すだけでなく、数10億円の経済損失をもたらすと伝えている。

スキャンダル続出

日本の相撲界はここ数年、スキャンダルが続出している。 野球賭博は直近の事件であり、今までで一番最悪の事件になるかもしれない。 日本の“国技”のイメージは更にダウンすることになる。

今年5月、日本相撲協会は暴力団関係者に“土俵下の特別席の入場券”を手配した二人の親方を降格処分にした。 報道によると、去年7月、名古屋場所期間中、親方の特別席の入場券を暴力団・山口組の幹部に手渡したという。

2009年2月、若麒麟が大麻吸引で協会から解雇された。

2008年9月、二人のロシア出身の力士(露鵬と白露山)が大麻吸引で解雇処分を受ける。 相撲協会の北の湖理事長は引責辞任した。

2007年6月、相撲名門の“時津風部屋”力士暴行死事件で、時津風親方が解雇された。 同年、モンゴル出身の横綱朝青龍と白鵬が土俵上でにらみ合う事件を起こし厳重注意された。(馮武勇)

1.黑社会“入侵”日本相扑界 相扑手充当黑社会保镖

2010062416:21:53  来源: 国际在线

近来,日本相扑界“地震”接连不断,继原横纲级相扑手朝青龙因打人事件退役以来,一系列涉黑涉赌的丑闻接连曝光。人们不禁要问,被尊为日本“国技”的相扑到底怎么了?

多名力士与黑社会有染

今年5月,日本相扑协会对涉嫌为黑社会成员提供“贵宾票”的两名相扑教练处以降级等处罚。据报道,去年7月在名古屋站比赛期间,在本应分配给相扑教练的特别席上,人们却看到了日本最大的黑社会组织山口组一个分会头目的身影,而同时在场的其他黑社会组织成员竟然多达55人。

615日,日本相扑界又传出另一惊人消息——日本最具观众缘的34岁大关级力士琴光喜涉嫌参与赌球。根据警方调查,琴光喜曾因赌球遭黑社会成员勒索“封口费”300万日元(约合3.3万美元)。日本相扑协会宣布剥夺琴光喜下月的名古屋站参赛资格。

但没想到几天后,65名相扑选手和教练涉嫌参与赌博的新闻又令日本相扑界面临前所未有的危机。日本相扑协会621日紧急召开理事会,决定成立独立调查委员会彻查相扑界涉赌内幕,并暂时取消既定于711日拉开战幕的相扑巡回赛名古屋站比赛。日本大相扑巡回赛历史可以追溯至18世纪的江户时代,从未有过取消赛事的先例。一旦取消,不仅会给日本相扑历史留下污点,还会造成数十亿日元的经济损失。

享有相扑比赛独家转播权的日本广播协会(NHK)表示正在研究是否会继续转播相扑巡回演,多家相扑赛事赞助商也表示将撤销赞助。

退役后当过黑社会保镖

其实,日本相扑界历来与黑社会组织有着千丝万缕的关系。明治时代,相扑界的力士们得不到来自企业方面的赞助,甚至连饭都吃不饱,是黑社会组织给他们提供了不少资助。上世纪30年代曾经晋级关肋(继横岗、大关之下的第三级)的力士山锦善治郎在退役之后担任过山口组下属分会的头目。此外,还有一些力士在退役之后也给黑社会头目当过保镖。如今,在一些地方组织的相扑比赛中,如果不与当地黑社会组织保持一定的关系,比赛是无法进行下去的。

相扑运动在日本人心中的地位极高,对于这项日本“国技”遭到如此严重的污染,日本民众非常痛心。最新调查显示,有7成以上的人认为,应该彻查相扑界参与赌博的力士,并公开其姓名。而认为相扑协会的官员应该为这一连串丑闻辞职的人数比率更达到6成以上。有民众说,“应该对日本相扑界的力士加强教育监管,让他们远离赌博和黑社会”。现在,日本相扑界要想挽回在人们心目中的形象,也许真的需要一次彻头彻尾的整顿。

2.日本相扑界赌博丑闻愈演愈烈

刊发时间:2010-06-22 11:36:04 新华网

日本相扑协会21日举行紧急理事会,讨论协会所属相扑力士和教练大规模涉赌丑闻,决定成立独立调查委员会,全面查清相扑界涉赌涉黑内幕。

初步调查显示,至少已有65名相扑力士和教练承认参与赌球、赌牌、麻将等赌博活动。日本媒体认为,这一丑闻使有日本国技之称的相扑蒙羞,相扑协会领导层面临下台压力

多人涉赌

日本相扑界赌球丑闻本月中旬曝光以来,不断有轰动性消息传出,涉赌人员不仅有低级别力士,也有仅次于相扑“横纲”的“大关”级力士卷入;不仅涉及相扑教练,甚至有门派掌门人。一些力士涉嫌与黑社会有染。

6月15日,日本相扑协会宣布,大关级力士琴光喜因涉及赌博,将被剥夺下月大相扑巡回赛名古屋站参赛资格,同时对琴光喜等65名承认参赌选手和教练给予严重警告处分。

蒙古国等国出身的外国力士近些年成为相扑舞台主要角色,现年34岁的琴光喜由于土生土长,是最具观众缘的相扑力士之一。

日本媒体报道,琴光喜一开始向相扑协会否认涉赌。但在本月13日,琴光喜连夜拜访相扑协会理事长武藏川,坦白参与棒球赌球。第二天,琴光喜接受东京警方质询。警方调查显示,琴光喜因赌球曾遭暴力团成员勒索“封口费”300万日元(约合3.3万美元)。

17日传出更加惊人消息:贵为相扑一门掌门人的大岳向警方承认参与棒球赌球。日本相扑协会现有107名教练,其中51人拥有自己的门派,大岳是其中之一。相扑协会有人要求严惩大岳,包括关闭大岳名下门派。

19日,赌球之火烧到相扑协会理事长武藏传的弟子、前大关级力士雅山身上。日本共同社报道,现年32岁的雅山已向协会递交参赌报告,据说雅山并非赌球,而是赌牌。

此外,相扑协会新晋理事九重的弟子千代白鹏也向警方承认涉赌。

业界混乱  

愈演愈烈的“赌球风暴”使日本相扑界陷入混乱。日本《每日新闻》认为,鉴于理事长和理事均有门下弟子涉赌,相扑协会领导人不排除“集体辞职”。

相扑协会21日紧急举行理事会,商讨应对之策。理事会当天决定,成立独立调查委员会,彻查相扑界涉赌内幕。调查委员会成员将包括前高级警员、前检察官、律师等。

日本媒体报道,理事会议题之一是公布承认涉赌人员名单。迄今已有65名力士和教练向协会承认过去5年参赌事实,其中29人参与棒球赌球,36人参与扑克牌或麻将赌博。

另一关键问题是名古屋站比赛是否如期举行。日本相扑每年在东京、名古屋、福冈数地举行巡回赛,名古屋站定于7月11日拉开战幕。

理事会内有人提出,鉴于赌球真相尚未全部廓清,应暂时取消名古屋站比赛。

日本大相扑巡回赛历史可以追溯至18世纪的江户时代,历史上从未有过取消赛事的先例,即便在战争时期也照常举办。日本媒体评论,一旦取消名古屋站比赛,不仅给日本相扑历史留下大污点,还会造成数十亿日元经济损失。

丑闻频出

日本相扑界近些年频频曝出丑闻,赌球是最新一起、也可能是迄今影响最恶劣的一起,令日本“国技”的形象雪上加霜。

今年5月,日本相扑协会对涉嫌为黑社会成员提供“贵宾票”的两名相扑教练予以降级等处罚。据报道,去年7月在名古屋站比赛期间,分配给相扑教练的特别席位票落到日本最大黑社会组织山口组一个分会骨干手中。

2009年2月,相扑力士若麒麟因吸食大麻遭协会除名。

2008年9月,两名俄罗斯出身的相扑名手因吸食大麻遭终身禁赛处分,时任相扑协会理事长北之湖宣布引咎辞职。

2007年6月,相扑名门“时津风门”曝出虐徒致死事件,时任掌门时津风遭开除。同一年,蒙古国出身的横纲级力士朝青龙和白鹏因在比赛中行为粗鲁而遭处罚。(冯武勇)

  

 

1754 中国は見る(846) 角界 野球賭博で大揺れ

1.暴力団 角界に侵入 関取が暴力団の用心棒に

2.角界の賭博問題 ますます拡大

1.黑社会“入侵”日本相扑界 相扑手充当黑社会保镖

2010062416:21:53  来源: 国际在线

2.日本相扑界赌博丑闻愈演愈烈

刊发时间:2010-06-22 11:36:04 新华网

1.暴力団 角界に侵入 関取が暴力団の用心棒に

最近、相撲界は“地震”が相次いでいる。 横綱朝青龍が暴行事件で引退したのに続き、一連の野球賭博問題が次々と明らかとなった。 日本の“国技”の相撲は一体どうなってしまったのかと話題になっている。

多くの力士が暴力団と関係か?

今年5月、日本相撲協会は暴力団関係者に“土俵下の特別席の 入場券を手配した現役の親方2人の降格処分を行った。 報道によると、去年7月の名古屋場所で後援者などに割り当てられる“土俵下の特別席”が暴力団・山口組の幹部らが観戦していたことがわかった。 同場所では、その他の暴力団関係者55人が観戦していたこともわかった。 

6月15日、日本相撲界にまた別の驚くべきニュースが流れた――日本で一番人気がある34歳の大関琴光喜が野球賭博をしていたことがわかった。 警察によると、琴光喜は野球賭博で暴力団から“口止め料”300万円を恐喝されていた。 相撲協会は琴光喜の来月の名古屋場所休場処分を発表した。

この後、数日後、今度は関取、親方など65人が賭け事にかかわっていたことがわかり未曾有の危機に直面することとなった。 日本相撲協会は6月21日、緊急理事会を開き、特別調査委員会を設置、賭博の徹底的解明を行うことに決めた。 また、7月11日に開かれる名古屋場所中止を検討することにした(注:中止については7月4日に協会が最終判断することにしている) 大相撲の歴史は18世紀の江戸時代まで遡ることができ、場所が中止となった先例は今までない。 もし中止となれば、日本の相撲史上に汚点を残すだけでなく、数10億円の経済損失をもたらすことになる。

大相撲を独占放送しているNHKは大相撲を引き続き中継するかどうかについて検討中としている。 また多くの相撲のスポンサーも懸賞金からの撤退を表明している。

引退後 暴力団の用心棒となる

日本の相撲界と暴力団は、過去から切っても切れない複雑な関係を持っている。明治時代、相撲界の力士達は会社からの援助が得られず、食事に事欠くことがあり、暴力団組織が彼らに多く資金援助をしたことがあった。 1930年代には、関脇だった力士・山錦善治郎は引退後、山口組の舎弟となった。 そのほか力士の中には引退役、暴力団の親分の用心棒になったものもいた。 今も、地方で相撲を開催する時には、その土地の暴力団組織の関係を借りないと、場所を進めない実態がある。

相撲は日本人の心の中での人気が高く、この日本の“国技”が、このように汚染されていることに、日本の人々はとても心を痛めている。 最新の調査によると、7割以上の人が、相撲界の賭博参加力士を徹底調査し、その名前を公表するよう求めている。 また、相撲協会の役員はこの一連のスキャンダルの責任をとって退陣すべと考える人が6割以上に達している。 “相撲の力士をしっかり教育、管理し、賭け事と暴力団と縁を切らすべき”と考えている人もいる。 今、相撲界は人々の心の中にあるイメージを取り戻すため、本当に徹頭徹尾うみを出す覚悟が必要である。

2.角界の賭博問題 ますます拡大

21日、日本相撲協会は緊急理事会を開き、協会所属の力士、親方の大規模な賭博問題について、特別調査委員会を設置し、事実関係の究明に乗り出すことになった。

調査によると、少なくとも65人の力士、親方が野球賭博、花札マージャンなどの賭け事にかかわっていたことを認めている。 日本のメディアは、このスキャンダルは日本の国技といわれる相撲の名を汚すものだとし、相撲協会の理事会は退陣に直面していると見ている。

多くが賭けに加わる

相撲界は野球賭博スキャンダルが今月中旬明らかとなってから、続々とセンセーショナルなニュースが伝わり、賭博にかかわっている者は、下級力士だけでなく、“横綱”に次ぐ“大関”級の力士まで巻き込まれてきた。 また親方だけでなく、協会トップまでかかわってきていることがわかった。 

6月15日、日本相撲協会は、大関琴光喜が野球賭博に関係していたため、来月の名古屋場所を休場させると発表し、同時に琴光喜など65名の賭博関与を認めた力士、親方の処分を検討するとしている。

モンゴル出身の外国力士がここ数年、相撲の主役を務めていた。 現在、34歳の琴光喜は日本出身であり、観客から一番人気のある力士である。

メディアによると、琴光喜は当初、相撲協会に対し賭博を否定していた。 しかし、今月13日、琴光喜はその日の夜、相撲協会の武蔵川理事長を訪問し、野球賭博をやったことを打ち明けた。 翌日、琴光喜は警察の事情聴取をを受けた。 警察によると、琴光喜は野球賭博で暴力団の元組員から“口止め料”として300万円を脅し取られていたという。

17日、更に驚くべきニュースが伝わった。 大嶽親方も警視庁の事情聴取で野球賭博を認めたという。 日本相撲協会には「年寄株」「親方株」を持つものが107人おり、そのうち51人が自分の部屋を持っている。 大嶽親方もそのうちの一人である。 相撲協会の中には大嶽親方に厳重懲罰を求めるものもいる。相撲部屋閉鎖も含まれている。

19日、野球賭博の火の手は協会の武蔵川理事長の弟子、西前頭・雅山にも及んだ。 共同通信社によると、現在32歳の雅山は、協会に上申書を提出している。 聞くところによれば、雅山は野球賭博ではなく花札だという。

そのほか、相撲協会の新理九重親方の弟子・十両・千世白鵬も警察に野球賭博にかかわったことを認めている。

角界混乱

ますます拡大する一方の“野球賭博”は相撲界を混乱に陥入れている。 《毎日新聞》は、理事長と理事がみな弟子が賭博にかかわっており、相撲協会のトップは“総退陣”もありうると見ている。

相撲協会は21日に緊急理事会を開き、対応を協議する。 理事会は当日、特別調査委員会を設置し、相撲界の賭博の徹底解明を行う。 調査委員会のメンバーは元警視総監、元検察官、弁護士などがいる。

メディアは、理事会の議題の一つは賭博に関した名前を公表することだという。 今まで65人の力士と親方達は協会に過去5年賭博にかかわったことを認めている。 そのうちの29人は野球賭博で、36人が花札とマージャン賭博だという。

別の大事な問題は名古屋場所を期日どおり開催するかどうかである。 日本の相撲は毎年、東京、名古屋、福岡で順番に開催される。 名古屋場所は7月11日に予定されている。

理事会の中では、野球賭博の真相がはっきりしないうちは、名古屋場所を中止すべきだという人もいる。

日本の大相撲の歴史は18世紀の江戸時代までさかのぼることができる。 歴史上、場所を中止した先例はない。 戦争の時も平常通り開催した。 日本のメディアは、もし名古屋場所が中止となったら、日本の相撲史に大きな汚点を残すだけでなく、数10億円の経済損失をもたらすと伝えている。

スキャンダル続出

日本の相撲界はここ数年、スキャンダルが続出している。 野球賭博は直近の事件であり、今までで一番最悪の事件になるかもしれない。 日本の“国技”のイメージは更にダウンすることになる。

今年5月、日本相撲協会は暴力団関係者に“土俵下の特別席の入場券”を手配した二人の親方を降格処分にした。 報道によると、去年7月、名古屋場所期間中、親方の特別席の入場券を暴力団・山口組の幹部に手渡したという。

2009年2月、若麒麟が大麻吸引で協会から解雇された。

2008年9月、二人のロシア出身の力士(露鵬と白露山)が大麻吸引で解雇処分を受ける。 相撲協会の北の湖理事長は引責辞任した。

2007年6月、相撲名門の“時津風部屋”力士暴行死事件で、時津風親方が解雇された。 同年、モンゴル出身の横綱朝青龍と白鵬が土俵上でにらみ合う事件を起こし厳重注意された。(馮武勇)

1.黑社会“入侵”日本相扑界 相扑手充当黑社会保镖

2010062416:21:53  来源: 国际在线

近来,日本相扑界“地震”接连不断,继原横纲级相扑手朝青龙因打人事件退役以来,一系列涉黑涉赌的丑闻接连曝光。人们不禁要问,被尊为日本“国技”的相扑到底怎么了?

多名力士与黑社会有染

今年5月,日本相扑协会对涉嫌为黑社会成员提供“贵宾票”的两名相扑教练处以降级等处罚。据报道,去年7月在名古屋站比赛期间,在本应分配给相扑教练的特别席上,人们却看到了日本最大的黑社会组织山口组一个分会头目的身影,而同时在场的其他黑社会组织成员竟然多达55人。

615日,日本相扑界又传出另一惊人消息——日本最具观众缘的34岁大关级力士琴光喜涉嫌参与赌球。根据警方调查,琴光喜曾因赌球遭黑社会成员勒索“封口费”300万日元(约合3.3万美元)。日本相扑协会宣布剥夺琴光喜下月的名古屋站参赛资格。

但没想到几天后,65名相扑选手和教练涉嫌参与赌博的新闻又令日本相扑界面临前所未有的危机。日本相扑协会621日紧急召开理事会,决定成立独立调查委员会彻查相扑界涉赌内幕,并暂时取消既定于711日拉开战幕的相扑巡回赛名古屋站比赛。日本大相扑巡回赛历史可以追溯至18世纪的江户时代,从未有过取消赛事的先例。一旦取消,不仅会给日本相扑历史留下污点,还会造成数十亿日元的经济损失。

享有相扑比赛独家转播权的日本广播协会(NHK)表示正在研究是否会继续转播相扑巡回演,多家相扑赛事赞助商也表示将撤销赞助。

退役后当过黑社会保镖

其实,日本相扑界历来与黑社会组织有着千丝万缕的关系。明治时代,相扑界的力士们得不到来自企业方面的赞助,甚至连饭都吃不饱,是黑社会组织给他们提供了不少资助。上世纪30年代曾经晋级关肋(继横岗、大关之下的第三级)的力士山锦善治郎在退役之后担任过山口组下属分会的头目。此外,还有一些力士在退役之后也给黑社会头目当过保镖。如今,在一些地方组织的相扑比赛中,如果不与当地黑社会组织保持一定的关系,比赛是无法进行下去的。

相扑运动在日本人心中的地位极高,对于这项日本“国技”遭到如此严重的污染,日本民众非常痛心。最新调查显示,有7成以上的人认为,应该彻查相扑界参与赌博的力士,并公开其姓名。而认为相扑协会的官员应该为这一连串丑闻辞职的人数比率更达到6成以上。有民众说,“应该对日本相扑界的力士加强教育监管,让他们远离赌博和黑社会”。现在,日本相扑界要想挽回在人们心目中的形象,也许真的需要一次彻头彻尾的整顿。

2.日本相扑界赌博丑闻愈演愈烈

刊发时间:2010-06-22 11:36:04 新华网

日本相扑协会21日举行紧急理事会,讨论协会所属相扑力士和教练大规模涉赌丑闻,决定成立独立调查委员会,全面查清相扑界涉赌涉黑内幕。

初步调查显示,至少已有65名相扑力士和教练承认参与赌球、赌牌、麻将等赌博活动。日本媒体认为,这一丑闻使有日本国技之称的相扑蒙羞,相扑协会领导层面临下台压力

多人涉赌

日本相扑界赌球丑闻本月中旬曝光以来,不断有轰动性消息传出,涉赌人员不仅有低级别力士,也有仅次于相扑“横纲”的“大关”级力士卷入;不仅涉及相扑教练,甚至有门派掌门人。一些力士涉嫌与黑社会有染。

6月15日,日本相扑协会宣布,大关级力士琴光喜因涉及赌博,将被剥夺下月大相扑巡回赛名古屋站参赛资格,同时对琴光喜等65名承认参赌选手和教练给予严重警告处分。

蒙古国等国出身的外国力士近些年成为相扑舞台主要角色,现年34岁的琴光喜由于土生土长,是最具观众缘的相扑力士之一。

日本媒体报道,琴光喜一开始向相扑协会否认涉赌。但在本月13日,琴光喜连夜拜访相扑协会理事长武藏川,坦白参与棒球赌球。第二天,琴光喜接受东京警方质询。警方调查显示,琴光喜因赌球曾遭暴力团成员勒索“封口费”300万日元(约合3.3万美元)。

17日传出更加惊人消息:贵为相扑一门掌门人的大岳向警方承认参与棒球赌球。日本相扑协会现有107名教练,其中51人拥有自己的门派,大岳是其中之一。相扑协会有人要求严惩大岳,包括关闭大岳名下门派。

19日,赌球之火烧到相扑协会理事长武藏传的弟子、前大关级力士雅山身上。日本共同社报道,现年32岁的雅山已向协会递交参赌报告,据说雅山并非赌球,而是赌牌。

此外,相扑协会新晋理事九重的弟子千代白鹏也向警方承认涉赌。

业界混乱  

愈演愈烈的“赌球风暴”使日本相扑界陷入混乱。日本《每日新闻》认为,鉴于理事长和理事均有门下弟子涉赌,相扑协会领导人不排除“集体辞职”。

相扑协会21日紧急举行理事会,商讨应对之策。理事会当天决定,成立独立调查委员会,彻查相扑界涉赌内幕。调查委员会成员将包括前高级警员、前检察官、律师等。

日本媒体报道,理事会议题之一是公布承认涉赌人员名单。迄今已有65名力士和教练向协会承认过去5年参赌事实,其中29人参与棒球赌球,36人参与扑克牌或麻将赌博。

另一关键问题是名古屋站比赛是否如期举行。日本相扑每年在东京、名古屋、福冈数地举行巡回赛,名古屋站定于7月11日拉开战幕。

理事会内有人提出,鉴于赌球真相尚未全部廓清,应暂时取消名古屋站比赛。

日本大相扑巡回赛历史可以追溯至18世纪的江户时代,历史上从未有过取消赛事的先例,即便在战争时期也照常举办。日本媒体评论,一旦取消名古屋站比赛,不仅给日本相扑历史留下大污点,还会造成数十亿日元经济损失。

丑闻频出

日本相扑界近些年频频曝出丑闻,赌球是最新一起、也可能是迄今影响最恶劣的一起,令日本“国技”的形象雪上加霜。

今年5月,日本相扑协会对涉嫌为黑社会成员提供“贵宾票”的两名相扑教练予以降级等处罚。据报道,去年7月在名古屋站比赛期间,分配给相扑教练的特别席位票落到日本最大黑社会组织山口组一个分会骨干手中。

2009年2月,相扑力士若麒麟因吸食大麻遭协会除名。

2008年9月,两名俄罗斯出身的相扑名手因吸食大麻遭终身禁赛处分,时任相扑协会理事长北之湖宣布引咎辞职。

2007年6月,相扑名门“时津风门”曝出虐徒致死事件,时任掌门时津风遭开除。同一年,蒙古国出身的横纲级力士朝青龙和白鹏因在比赛中行为粗鲁而遭处罚。(冯武勇)

  

 

1754 中国は見る(846) 角界 野球賭博で大揺れ

1.暴力団 角界に侵入 関取が暴力団の用心棒に

2.角界の賭博問題 ますます拡大

1.黑社会“入侵”日本相扑界 相扑手充当黑社会保镖

2010062416:21:53  来源: 国际在线

2.日本相扑界赌博丑闻愈演愈烈

刊发时间:2010-06-22 11:36:04 新华网

1.暴力団 角界に侵入 関取が暴力団の用心棒に

最近、相撲界は“地震”が相次いでいる。 横綱朝青龍が暴行事件で引退したのに続き、一連の野球賭博問題が次々と明らかとなった。 日本の“国技”の相撲は一体どうなってしまったのかと話題になっている。

多くの力士が暴力団と関係か?

今年5月、日本相撲協会は暴力団関係者に“土俵下の特別席の 入場券を手配した現役の親方2人の降格処分を行った。 報道によると、去年7月の名古屋場所で後援者などに割り当てられる“土俵下の特別席”が暴力団・山口組の幹部らが観戦していたことがわかった。 同場所では、その他の暴力団関係者55人が観戦していたこともわかった。 

6月15日、日本相撲界にまた別の驚くべきニュースが流れた――日本で一番人気がある34歳の大関琴光喜が野球賭博をしていたことがわかった。 警察によると、琴光喜は野球賭博で暴力団から“口止め料”300万円を恐喝されていた。 相撲協会は琴光喜の来月の名古屋場所休場処分を発表した。

この後、数日後、今度は関取、親方など65人が賭け事にかかわっていたことがわかり未曾有の危機に直面することとなった。 日本相撲協会は6月21日、緊急理事会を開き、特別調査委員会を設置、賭博の徹底的解明を行うことに決めた。 また、7月11日に開かれる名古屋場所中止を検討することにした(注:中止については7月4日に協会が最終判断することにしている) 大相撲の歴史は18世紀の江戸時代まで遡ることができ、場所が中止となった先例は今までない。 もし中止となれば、日本の相撲史上に汚点を残すだけでなく、数10億円の経済損失をもたらすことになる。

大相撲を独占放送しているNHKは大相撲を引き続き中継するかどうかについて検討中としている。 また多くの相撲のスポンサーも懸賞金からの撤退を表明している。

引退後 暴力団の用心棒となる

日本の相撲界と暴力団は、過去から切っても切れない複雑な関係を持っている。明治時代、相撲界の力士達は会社からの援助が得られず、食事に事欠くことがあり、暴力団組織が彼らに多く資金援助をしたことがあった。 1930年代には、関脇だった力士・山錦善治郎は引退後、山口組の舎弟となった。 そのほか力士の中には引退役、暴力団の親分の用心棒になったものもいた。 今も、地方で相撲を開催する時には、その土地の暴力団組織の関係を借りないと、場所を進めない実態がある。

相撲は日本人の心の中での人気が高く、この日本の“国技”が、このように汚染されていることに、日本の人々はとても心を痛めている。 最新の調査によると、7割以上の人が、相撲界の賭博参加力士を徹底調査し、その名前を公表するよう求めている。 また、相撲協会の役員はこの一連のスキャンダルの責任をとって退陣すべと考える人が6割以上に達している。 “相撲の力士をしっかり教育、管理し、賭け事と暴力団と縁を切らすべき”と考えている人もいる。 今、相撲界は人々の心の中にあるイメージを取り戻すため、本当に徹頭徹尾うみを出す覚悟が必要である。

2.角界の賭博問題 ますます拡大

21日、日本相撲協会は緊急理事会を開き、協会所属の力士、親方の大規模な賭博問題について、特別調査委員会を設置し、事実関係の究明に乗り出すことになった。

調査によると、少なくとも65人の力士、親方が野球賭博、花札マージャンなどの賭け事にかかわっていたことを認めている。 日本のメディアは、このスキャンダルは日本の国技といわれる相撲の名を汚すものだとし、相撲協会の理事会は退陣に直面していると見ている。

多くが賭けに加わる

相撲界は野球賭博スキャンダルが今月中旬明らかとなってから、続々とセンセーショナルなニュースが伝わり、賭博にかかわっている者は、下級力士だけでなく、“横綱”に次ぐ“大関”級の力士まで巻き込まれてきた。 また親方だけでなく、協会トップまでかかわってきていることがわかった。 

6月15日、日本相撲協会は、大関琴光喜が野球賭博に関係していたため、来月の名古屋場所を休場させると発表し、同時に琴光喜など65名の賭博関与を認めた力士、親方の処分を検討するとしている。

モンゴル出身の外国力士がここ数年、相撲の主役を務めていた。 現在、34歳の琴光喜は日本出身であり、観客から一番人気のある力士である。

メディアによると、琴光喜は当初、相撲協会に対し賭博を否定していた。 しかし、今月13日、琴光喜はその日の夜、相撲協会の武蔵川理事長を訪問し、野球賭博をやったことを打ち明けた。 翌日、琴光喜は警察の事情聴取をを受けた。 警察によると、琴光喜は野球賭博で暴力団の元組員から“口止め料”として300万円を脅し取られていたという。

17日、更に驚くべきニュースが伝わった。 大嶽親方も警視庁の事情聴取で野球賭博を認めたという。 日本相撲協会には「年寄株」「親方株」を持つものが107人おり、そのうち51人が自分の部屋を持っている。 大嶽親方もそのうちの一人である。 相撲協会の中には大嶽親方に厳重懲罰を求めるものもいる。相撲部屋閉鎖も含まれている。

19日、野球賭博の火の手は協会の武蔵川理事長の弟子、西前頭・雅山にも及んだ。 共同通信社によると、現在32歳の雅山は、協会に上申書を提出している。 聞くところによれば、雅山は野球賭博ではなく花札だという。

そのほか、相撲協会の新理九重親方の弟子・十両・千世白鵬も警察に野球賭博にかかわったことを認めている。

角界混乱

ますます拡大する一方の“野球賭博”は相撲界を混乱に陥入れている。 《毎日新聞》は、理事長と理事がみな弟子が賭博にかかわっており、相撲協会のトップは“総退陣”もありうると見ている。

相撲協会は21日に緊急理事会を開き、対応を協議する。 理事会は当日、特別調査委員会を設置し、相撲界の賭博の徹底解明を行う。 調査委員会のメンバーは元警視総監、元検察官、弁護士などがいる。

メディアは、理事会の議題の一つは賭博に関した名前を公表することだという。 今まで65人の力士と親方達は協会に過去5年賭博にかかわったことを認めている。 そのうちの29人は野球賭博で、36人が花札とマージャン賭博だという。

別の大事な問題は名古屋場所を期日どおり開催するかどうかである。 日本の相撲は毎年、東京、名古屋、福岡で順番に開催される。 名古屋場所は7月11日に予定されている。

理事会の中では、野球賭博の真相がはっきりしないうちは、名古屋場所を中止すべきだという人もいる。

日本の大相撲の歴史は18世紀の江戸時代までさかのぼることができる。 歴史上、場所を中止した先例はない。 戦争の時も平常通り開催した。 日本のメディアは、もし名古屋場所が中止となったら、日本の相撲史に大きな汚点を残すだけでなく、数10億円の経済損失をもたらすと伝えている。

スキャンダル続出

日本の相撲界はここ数年、スキャンダルが続出している。 野球賭博は直近の事件であり、今までで一番最悪の事件になるかもしれない。 日本の“国技”のイメージは更にダウンすることになる。

今年5月、日本相撲協会は暴力団関係者に“土俵下の特別席の入場券”を手配した二人の親方を降格処分にした。 報道によると、去年7月、名古屋場所期間中、親方の特別席の入場券を暴力団・山口組の幹部に手渡したという。

2009年2月、若麒麟が大麻吸引で協会から解雇された。

2008年9月、二人のロシア出身の力士(露鵬と白露山)が大麻吸引で解雇処分を受ける。 相撲協会の北の湖理事長は引責辞任した。

2007年6月、相撲名門の“時津風部屋”力士暴行死事件で、時津風親方が解雇された。 同年、モンゴル出身の横綱朝青龍と白鵬が土俵上でにらみ合う事件を起こし厳重注意された。(馮武勇)

1.黑社会“入侵”日本相扑界 相扑手充当黑社会保镖

2010062416:21:53  来源: 国际在线

近来,日本相扑界“地震”接连不断,继原横纲级相扑手朝青龙因打人事件退役以来,一系列涉黑涉赌的丑闻接连曝光。人们不禁要问,被尊为日本“国技”的相扑到底怎么了?

多名力士与黑社会有染

今年5月,日本相扑协会对涉嫌为黑社会成员提供“贵宾票”的两名相扑教练处以降级等处罚。据报道,去年7月在名古屋站比赛期间,在本应分配给相扑教练的特别席上,人们却看到了日本最大的黑社会组织山口组一个分会头目的身影,而同时在场的其他黑社会组织成员竟然多达55人。

615日,日本相扑界又传出另一惊人消息——日本最具观众缘的34岁大关级力士琴光喜涉嫌参与赌球。根据警方调查,琴光喜曾因赌球遭黑社会成员勒索“封口费”300万日元(约合3.3万美元)。日本相扑协会宣布剥夺琴光喜下月的名古屋站参赛资格。

但没想到几天后,65名相扑选手和教练涉嫌参与赌博的新闻又令日本相扑界面临前所未有的危机。日本相扑协会621日紧急召开理事会,决定成立独立调查委员会彻查相扑界涉赌内幕,并暂时取消既定于711日拉开战幕的相扑巡回赛名古屋站比赛。日本大相扑巡回赛历史可以追溯至18世纪的江户时代,从未有过取消赛事的先例。一旦取消,不仅会给日本相扑历史留下污点,还会造成数十亿日元的经济损失。

享有相扑比赛独家转播权的日本广播协会(NHK)表示正在研究是否会继续转播相扑巡回演,多家相扑赛事赞助商也表示将撤销赞助。

退役后当过黑社会保镖

其实,日本相扑界历来与黑社会组织有着千丝万缕的关系。明治时代,相扑界的力士们得不到来自企业方面的赞助,甚至连饭都吃不饱,是黑社会组织给他们提供了不少资助。上世纪30年代曾经晋级关肋(继横岗、大关之下的第三级)的力士山锦善治郎在退役之后担任过山口组下属分会的头目。此外,还有一些力士在退役之后也给黑社会头目当过保镖。如今,在一些地方组织的相扑比赛中,如果不与当地黑社会组织保持一定的关系,比赛是无法进行下去的。

相扑运动在日本人心中的地位极高,对于这项日本“国技”遭到如此严重的污染,日本民众非常痛心。最新调查显示,有7成以上的人认为,应该彻查相扑界参与赌博的力士,并公开其姓名。而认为相扑协会的官员应该为这一连串丑闻辞职的人数比率更达到6成以上。有民众说,“应该对日本相扑界的力士加强教育监管,让他们远离赌博和黑社会”。现在,日本相扑界要想挽回在人们心目中的形象,也许真的需要一次彻头彻尾的整顿。

2.日本相扑界赌博丑闻愈演愈烈

刊发时间:2010-06-22 11:36:04 新华网

日本相扑协会21日举行紧急理事会,讨论协会所属相扑力士和教练大规模涉赌丑闻,决定成立独立调查委员会,全面查清相扑界涉赌涉黑内幕。

初步调查显示,至少已有65名相扑力士和教练承认参与赌球、赌牌、麻将等赌博活动。日本媒体认为,这一丑闻使有日本国技之称的相扑蒙羞,相扑协会领导层面临下台压力

多人涉赌

日本相扑界赌球丑闻本月中旬曝光以来,不断有轰动性消息传出,涉赌人员不仅有低级别力士,也有仅次于相扑“横纲”的“大关”级力士卷入;不仅涉及相扑教练,甚至有门派掌门人。一些力士涉嫌与黑社会有染。

6月15日,日本相扑协会宣布,大关级力士琴光喜因涉及赌博,将被剥夺下月大相扑巡回赛名古屋站参赛资格,同时对琴光喜等65名承认参赌选手和教练给予严重警告处分。

蒙古国等国出身的外国力士近些年成为相扑舞台主要角色,现年34岁的琴光喜由于土生土长,是最具观众缘的相扑力士之一。

日本媒体报道,琴光喜一开始向相扑协会否认涉赌。但在本月13日,琴光喜连夜拜访相扑协会理事长武藏川,坦白参与棒球赌球。第二天,琴光喜接受东京警方质询。警方调查显示,琴光喜因赌球曾遭暴力团成员勒索“封口费”300万日元(约合3.3万美元)。

17日传出更加惊人消息:贵为相扑一门掌门人的大岳向警方承认参与棒球赌球。日本相扑协会现有107名教练,其中51人拥有自己的门派,大岳是其中之一。相扑协会有人要求严惩大岳,包括关闭大岳名下门派。

19日,赌球之火烧到相扑协会理事长武藏传的弟子、前大关级力士雅山身上。日本共同社报道,现年32岁的雅山已向协会递交参赌报告,据说雅山并非赌球,而是赌牌。

此外,相扑协会新晋理事九重的弟子千代白鹏也向警方承认涉赌。

业界混乱  

愈演愈烈的“赌球风暴”使日本相扑界陷入混乱。日本《每日新闻》认为,鉴于理事长和理事均有门下弟子涉赌,相扑协会领导人不排除“集体辞职”。

相扑协会21日紧急举行理事会,商讨应对之策。理事会当天决定,成立独立调查委员会,彻查相扑界涉赌内幕。调查委员会成员将包括前高级警员、前检察官、律师等。

日本媒体报道,理事会议题之一是公布承认涉赌人员名单。迄今已有65名力士和教练向协会承认过去5年参赌事实,其中29人参与棒球赌球,36人参与扑克牌或麻将赌博。

另一关键问题是名古屋站比赛是否如期举行。日本相扑每年在东京、名古屋、福冈数地举行巡回赛,名古屋站定于7月11日拉开战幕。

理事会内有人提出,鉴于赌球真相尚未全部廓清,应暂时取消名古屋站比赛。

日本大相扑巡回赛历史可以追溯至18世纪的江户时代,历史上从未有过取消赛事的先例,即便在战争时期也照常举办。日本媒体评论,一旦取消名古屋站比赛,不仅给日本相扑历史留下大污点,还会造成数十亿日元经济损失。

丑闻频出

日本相扑界近些年频频曝出丑闻,赌球是最新一起、也可能是迄今影响最恶劣的一起,令日本“国技”的形象雪上加霜。

今年5月,日本相扑协会对涉嫌为黑社会成员提供“贵宾票”的两名相扑教练予以降级等处罚。据报道,去年7月在名古屋站比赛期间,分配给相扑教练的特别席位票落到日本最大黑社会组织山口组一个分会骨干手中。

2009年2月,相扑力士若麒麟因吸食大麻遭协会除名。

2008年9月,两名俄罗斯出身的相扑名手因吸食大麻遭终身禁赛处分,时任相扑协会理事长北之湖宣布引咎辞职。

2007年6月,相扑名门“时津风门”曝出虐徒致死事件,时任掌门时津风遭开除。同一年,蒙古国出身的横纲级力士朝青龙和白鹏因在比赛中行为粗鲁而遭处罚。(冯武勇)

  

 

1754 中国は見る(846) 角界 野球賭博で大揺れ

1.暴力団 角界に侵入 関取が暴力団の用心棒に

2.角界の賭博問題 ますます拡大

1.黑社会“入侵”日本相扑界 相扑手充当黑社会保镖

2010062416:21:53  来源: 国际在线

2.日本相扑界赌博丑闻愈演愈烈

刊发时间:2010-06-22 11:36:04 新华网

1.暴力団 角界に侵入 関取が暴力団の用心棒に

最近、相撲界は“地震”が相次いでいる。 横綱朝青龍が暴行事件で引退したのに続き、一連の野球賭博問題が次々と明らかとなった。 日本の“国技”の相撲は一体どうなってしまったのかと話題になっている。

多くの力士が暴力団と関係か?

今年5月、日本相撲協会は暴力団関係者に“土俵下の特別席の 入場券を手配した現役の親方2人の降格処分を行った。 報道によると、去年7月の名古屋場所で後援者などに割り当てられる“土俵下の特別席”が暴力団・山口組の幹部らが観戦していたことがわかった。 同場所では、その他の暴力団関係者55人が観戦していたこともわかった。 

6月15日、日本相撲界にまた別の驚くべきニュースが流れた――日本で一番人気がある34歳の大関琴光喜が野球賭博をしていたことがわかった。 警察によると、琴光喜は野球賭博で暴力団から“口止め料”300万円を恐喝されていた。 相撲協会は琴光喜の来月の名古屋場所休場処分を発表した。

この後、数日後、今度は関取、親方など65人が賭け事にかかわっていたことがわかり未曾有の危機に直面することとなった。 日本相撲協会は6月21日、緊急理事会を開き、特別調査委員会を設置、賭博の徹底的解明を行うことに決めた。 また、7月11日に開かれる名古屋場所中止を検討することにした(注:中止については7月4日に協会が最終判断することにしている) 大相撲の歴史は18世紀の江戸時代まで遡ることができ、場所が中止となった先例は今までない。 もし中止となれば、日本の相撲史上に汚点を残すだけでなく、数10億円の経済損失をもたらすことになる。

大相撲を独占放送しているNHKは大相撲を引き続き中継するかどうかについて検討中としている。 また多くの相撲のスポンサーも懸賞金からの撤退を表明している。

引退後 暴力団の用心棒となる

日本の相撲界と暴力団は、過去から切っても切れない複雑な関係を持っている。明治時代、相撲界の力士達は会社からの援助が得られず、食事に事欠くことがあり、暴力団組織が彼らに多く資金援助をしたことがあった。 1930年代には、関脇だった力士・山錦善治郎は引退後、山口組の舎弟となった。 そのほか力士の中には引退役、暴力団の親分の用心棒になったものもいた。 今も、地方で相撲を開催する時には、その土地の暴力団組織の関係を借りないと、場所を進めない実態がある。

相撲は日本人の心の中での人気が高く、この日本の“国技”が、このように汚染されていることに、日本の人々はとても心を痛めている。 最新の調査によると、7割以上の人が、相撲界の賭博参加力士を徹底調査し、その名前を公表するよう求めている。 また、相撲協会の役員はこの一連のスキャンダルの責任をとって退陣すべと考える人が6割以上に達している。 “相撲の力士をしっかり教育、管理し、賭け事と暴力団と縁を切らすべき”と考えている人もいる。 今、相撲界は人々の心の中にあるイメージを取り戻すため、本当に徹頭徹尾うみを出す覚悟が必要である。

2.角界の賭博問題 ますます拡大

21日、日本相撲協会は緊急理事会を開き、協会所属の力士、親方の大規模な賭博問題について、特別調査委員会を設置し、事実関係の究明に乗り出すことになった。

調査によると、少なくとも65人の力士、親方が野球賭博、花札マージャンなどの賭け事にかかわっていたことを認めている。 日本のメディアは、このスキャンダルは日本の国技といわれる相撲の名を汚すものだとし、相撲協会の理事会は退陣に直面していると見ている。

多くが賭けに加わる

相撲界は野球賭博スキャンダルが今月中旬明らかとなってから、続々とセンセーショナルなニュースが伝わり、賭博にかかわっている者は、下級力士だけでなく、“横綱”に次ぐ“大関”級の力士まで巻き込まれてきた。 また親方だけでなく、協会トップまでかかわってきていることがわかった。 

6月15日、日本相撲協会は、大関琴光喜が野球賭博に関係していたため、来月の名古屋場所を休場させると発表し、同時に琴光喜など65名の賭博関与を認めた力士、親方の処分を検討するとしている。

モンゴル出身の外国力士がここ数年、相撲の主役を務めていた。 現在、34歳の琴光喜は日本出身であり、観客から一番人気のある力士である。

メディアによると、琴光喜は当初、相撲協会に対し賭博を否定していた。 しかし、今月13日、琴光喜はその日の夜、相撲協会の武蔵川理事長を訪問し、野球賭博をやったことを打ち明けた。 翌日、琴光喜は警察の事情聴取をを受けた。 警察によると、琴光喜は野球賭博で暴力団の元組員から“口止め料”として300万円を脅し取られていたという。

17日、更に驚くべきニュースが伝わった。 大嶽親方も警視庁の事情聴取で野球賭博を認めたという。 日本相撲協会には「年寄株」「親方株」を持つものが107人おり、そのうち51人が自分の部屋を持っている。 大嶽親方もそのうちの一人である。 相撲協会の中には大嶽親方に厳重懲罰を求めるものもいる。相撲部屋閉鎖も含まれている。

19日、野球賭博の火の手は協会の武蔵川理事長の弟子、西前頭・雅山にも及んだ。 共同通信社によると、現在32歳の雅山は、協会に上申書を提出している。 聞くところによれば、雅山は野球賭博ではなく花札だという。

そのほか、相撲協会の新理九重親方の弟子・十両・千世白鵬も警察に野球賭博にかかわったことを認めている。

角界混乱

ますます拡大する一方の“野球賭博”は相撲界を混乱に陥入れている。 《毎日新聞》は、理事長と理事がみな弟子が賭博にかかわっており、相撲協会のトップは“総退陣”もありうると見ている。

相撲協会は21日に緊急理事会を開き、対応を協議する。 理事会は当日、特別調査委員会を設置し、相撲界の賭博の徹底解明を行う。 調査委員会のメンバーは元警視総監、元検察官、弁護士などがいる。

メディアは、理事会の議題の一つは賭博に関した名前を公表することだという。 今まで65人の力士と親方達は協会に過去5年賭博にかかわったことを認めている。 そのうちの29人は野球賭博で、36人が花札とマージャン賭博だという。

別の大事な問題は名古屋場所を期日どおり開催するかどうかである。 日本の相撲は毎年、東京、名古屋、福岡で順番に開催される。 名古屋場所は7月11日に予定されている。

理事会の中では、野球賭博の真相がはっきりしないうちは、名古屋場所を中止すべきだという人もいる。

日本の大相撲の歴史は18世紀の江戸時代までさかのぼることができる。 歴史上、場所を中止した先例はない。 戦争の時も平常通り開催した。 日本のメディアは、もし名古屋場所が中止となったら、日本の相撲史に大きな汚点を残すだけでなく、数10億円の経済損失をもたらすと伝えている。

スキャンダル続出

日本の相撲界はここ数年、スキャンダルが続出している。 野球賭博は直近の事件であり、今までで一番最悪の事件になるかもしれない。 日本の“国技”のイメージは更にダウンすることになる。

今年5月、日本相撲協会は暴力団関係者に“土俵下の特別席の入場券”を手配した二人の親方を降格処分にした。 報道によると、去年7月、名古屋場所期間中、親方の特別席の入場券を暴力団・山口組の幹部に手渡したという。

2009年2月、若麒麟が大麻吸引で協会から解雇された。

2008年9月、二人のロシア出身の力士(露鵬と白露山)が大麻吸引で解雇処分を受ける。 相撲協会の北の湖理事長は引責辞任した。

2007年6月、相撲名門の“時津風部屋”力士暴行死事件で、時津風親方が解雇された。 同年、モンゴル出身の横綱朝青龍と白鵬が土俵上でにらみ合う事件を起こし厳重注意された。(馮武勇)

1.黑社会“入侵”日本相扑界 相扑手充当黑社会保镖

2010062416:21:53  来源: 国际在线

近来,日本相扑界“地震”接连不断,继原横纲级相扑手朝青龙因打人事件退役以来,一系列涉黑涉赌的丑闻接连曝光。人们不禁要问,被尊为日本“国技”的相扑到底怎么了?

多名力士与黑社会有染

今年5月,日本相扑协会对涉嫌为黑社会成员提供“贵宾票”的两名相扑教练处以降级等处罚。据报道,去年7月在名古屋站比赛期间,在本应分配给相扑教练的特别席上,人们却看到了日本最大的黑社会组织山口组一个分会头目的身影,而同时在场的其他黑社会组织成员竟然多达55人。

615日,日本相扑界又传出另一惊人消息——日本最具观众缘的34岁大关级力士琴光喜涉嫌参与赌球。根据警方调查,琴光喜曾因赌球遭黑社会成员勒索“封口费”300万日元(约合3.3万美元)。日本相扑协会宣布剥夺琴光喜下月的名古屋站参赛资格。

但没想到几天后,65名相扑选手和教练涉嫌参与赌博的新闻又令日本相扑界面临前所未有的危机。日本相扑协会621日紧急召开理事会,决定成立独立调查委员会彻查相扑界涉赌内幕,并暂时取消既定于711日拉开战幕的相扑巡回赛名古屋站比赛。日本大相扑巡回赛历史可以追溯至18世纪的江户时代,从未有过取消赛事的先例。一旦取消,不仅会给日本相扑历史留下污点,还会造成数十亿日元的经济损失。

享有相扑比赛独家转播权的日本广播协会(NHK)表示正在研究是否会继续转播相扑巡回演,多家相扑赛事赞助商也表示将撤销赞助。

退役后当过黑社会保镖

其实,日本相扑界历来与黑社会组织有着千丝万缕的关系。明治时代,相扑界的力士们得不到来自企业方面的赞助,甚至连饭都吃不饱,是黑社会组织给他们提供了不少资助。上世纪30年代曾经晋级关肋(继横岗、大关之下的第三级)的力士山锦善治郎在退役之后担任过山口组下属分会的头目。此外,还有一些力士在退役之后也给黑社会头目当过保镖。如今,在一些地方组织的相扑比赛中,如果不与当地黑社会组织保持一定的关系,比赛是无法进行下去的。

相扑运动在日本人心中的地位极高,对于这项日本“国技”遭到如此严重的污染,日本民众非常痛心。最新调查显示,有7成以上的人认为,应该彻查相扑界参与赌博的力士,并公开其姓名。而认为相扑协会的官员应该为这一连串丑闻辞职的人数比率更达到6成以上。有民众说,“应该对日本相扑界的力士加强教育监管,让他们远离赌博和黑社会”。现在,日本相扑界要想挽回在人们心目中的形象,也许真的需要一次彻头彻尾的整顿。

2.日本相扑界赌博丑闻愈演愈烈

刊发时间:2010-06-22 11:36:04 新华网

日本相扑协会21日举行紧急理事会,讨论协会所属相扑力士和教练大规模涉赌丑闻,决定成立独立调查委员会,全面查清相扑界涉赌涉黑内幕。

初步调查显示,至少已有65名相扑力士和教练承认参与赌球、赌牌、麻将等赌博活动。日本媒体认为,这一丑闻使有日本国技之称的相扑蒙羞,相扑协会领导层面临下台压力

多人涉赌

日本相扑界赌球丑闻本月中旬曝光以来,不断有轰动性消息传出,涉赌人员不仅有低级别力士,也有仅次于相扑“横纲”的“大关”级力士卷入;不仅涉及相扑教练,甚至有门派掌门人。一些力士涉嫌与黑社会有染。

6月15日,日本相扑协会宣布,大关级力士琴光喜因涉及赌博,将被剥夺下月大相扑巡回赛名古屋站参赛资格,同时对琴光喜等65名承认参赌选手和教练给予严重警告处分。

蒙古国等国出身的外国力士近些年成为相扑舞台主要角色,现年34岁的琴光喜由于土生土长,是最具观众缘的相扑力士之一。

日本媒体报道,琴光喜一开始向相扑协会否认涉赌。但在本月13日,琴光喜连夜拜访相扑协会理事长武藏川,坦白参与棒球赌球。第二天,琴光喜接受东京警方质询。警方调查显示,琴光喜因赌球曾遭暴力团成员勒索“封口费”300万日元(约合3.3万美元)。

17日传出更加惊人消息:贵为相扑一门掌门人的大岳向警方承认参与棒球赌球。日本相扑协会现有107名教练,其中51人拥有自己的门派,大岳是其中之一。相扑协会有人要求严惩大岳,包括关闭大岳名下门派。

19日,赌球之火烧到相扑协会理事长武藏传的弟子、前大关级力士雅山身上。日本共同社报道,现年32岁的雅山已向协会递交参赌报告,据说雅山并非赌球,而是赌牌。

此外,相扑协会新晋理事九重的弟子千代白鹏也向警方承认涉赌。

业界混乱  

愈演愈烈的“赌球风暴”使日本相扑界陷入混乱。日本《每日新闻》认为,鉴于理事长和理事均有门下弟子涉赌,相扑协会领导人不排除“集体辞职”。

相扑协会21日紧急举行理事会,商讨应对之策。理事会当天决定,成立独立调查委员会,彻查相扑界涉赌内幕。调查委员会成员将包括前高级警员、前检察官、律师等。

日本媒体报道,理事会议题之一是公布承认涉赌人员名单。迄今已有65名力士和教练向协会承认过去5年参赌事实,其中29人参与棒球赌球,36人参与扑克牌或麻将赌博。

另一关键问题是名古屋站比赛是否如期举行。日本相扑每年在东京、名古屋、福冈数地举行巡回赛,名古屋站定于7月11日拉开战幕。

理事会内有人提出,鉴于赌球真相尚未全部廓清,应暂时取消名古屋站比赛。

日本大相扑巡回赛历史可以追溯至18世纪的江户时代,历史上从未有过取消赛事的先例,即便在战争时期也照常举办。日本媒体评论,一旦取消名古屋站比赛,不仅给日本相扑历史留下大污点,还会造成数十亿日元经济损失。

丑闻频出

日本相扑界近些年频频曝出丑闻,赌球是最新一起、也可能是迄今影响最恶劣的一起,令日本“国技”的形象雪上加霜。

今年5月,日本相扑协会对涉嫌为黑社会成员提供“贵宾票”的两名相扑教练予以降级等处罚。据报道,去年7月在名古屋站比赛期间,分配给相扑教练的特别席位票落到日本最大黑社会组织山口组一个分会骨干手中。

2009年2月,相扑力士若麒麟因吸食大麻遭协会除名。

2008年9月,两名俄罗斯出身的相扑名手因吸食大麻遭终身禁赛处分,时任相扑协会理事长北之湖宣布引咎辞职。

2007年6月,相扑名门“时津风门”曝出虐徒致死事件,时任掌门时津风遭开除。同一年,蒙古国出身的横纲级力士朝青龙和白鹏因在比赛中行为粗鲁而遭处罚。(冯武勇)

  

 

 

 

1754 中国は見る(846) 角界 野球賭博で大揺れ

1.暴力団 角界に侵入 関取が暴力団の用心棒に

2.角界の賭博問題 ますます拡大

1.黑社会“入侵”日本相扑界 相扑手充当黑社会保镖

2010062416:21:53  来源: 国际在线

2.日本相扑界赌博丑闻愈演愈烈

刊发时间:2010-06-22 11:36:04 新华网

1.暴力団 角界に侵入 関取が暴力団の用心棒に

最近、相撲界は“地震”が相次いでいる。 横綱朝青龍が暴行事件で引退したのに続き、一連の野球賭博問題が次々と明らかとなった。 日本の“国技”の相撲は一体どうなってしまったのかと話題になっている。

多くの力士が暴力団と関係か?

今年5月、日本相撲協会は暴力団関係者に“土俵下の特別席の 入場券を手配した現役の親方2人の降格処分を行った。 報道によると、去年7月の名古屋場所で後援者などに割り当てられる“土俵下の特別席”が暴力団・山口組の幹部らが観戦していたことがわかった。 同場所では、その他の暴力団関係者55人が観戦していたこともわかった。 

6月15日、日本相撲界にまた別の驚くべきニュースが流れた――日本で一番人気がある34歳の大関琴光喜が野球賭博をしていたことがわかった。 警察によると、琴光喜は野球賭博で暴力団から“口止め料”300万円を恐喝されていた。 相撲協会は琴光喜の来月の名古屋場所休場処分を発表した。

この後、数日後、今度は関取、親方など65人が賭け事にかかわっていたことがわかり未曾有の危機に直面することとなった。 日本相撲協会は6月21日、緊急理事会を開き、特別調査委員会を設置、賭博の徹底的解明を行うことに決めた。 また、7月11日に開かれる名古屋場所中止を検討することにした(注:中止については7月4日に協会が最終判断することにしている) 大相撲の歴史は18世紀の江戸時代まで遡ることができ、場所が中止となった先例は今までない。 もし中止となれば、日本の相撲史上に汚点を残すだけでなく、数10億円の経済損失をもたらすことになる。

大相撲を独占放送しているNHKは大相撲を引き続き中継するかどうかについて検討中としている。 また多くの相撲のスポンサーも懸賞金からの撤退を表明している。

引退後 暴力団の用心棒となる

日本の相撲界と暴力団は、過去から切っても切れない複雑な関係を持っている。明治時代、相撲界の力士達は会社からの援助が得られず、食事に事欠くことがあり、暴力団組織が彼らに多く資金援助をしたことがあった。 1930年代には、関脇だった力士・山錦善治郎は引退後、山口組の舎弟となった。 そのほか力士の中には引退役、暴力団の親分の用心棒になったものもいた。 今も、地方で相撲を開催する時には、その土地の暴力団組織の関係を借りないと、場所を進めない実態がある。

相撲は日本人の心の中での人気が高く、この日本の“国技”が、このように汚染されていることに、日本の人々はとても心を痛めている。 最新の調査によると、7割以上の人が、相撲界の賭博参加力士を徹底調査し、その名前を公表するよう求めている。 また、相撲協会の役員はこの一連のスキャンダルの責任をとって退陣すべと考える人が6割以上に達している。 “相撲の力士をしっかり教育、管理し、賭け事と暴力団と縁を切らすべき”と考えている人もいる。 今、相撲界は人々の心の中にあるイメージを取り戻すため、本当に徹頭徹尾うみを出す覚悟が必要である。

2.角界の賭博問題 ますます拡大

21日、日本相撲協会は緊急理事会を開き、協会所属の力士、親方の大規模な賭博問題について、特別調査委員会を設置し、事実関係の究明に乗り出すことになった。

調査によると、少なくとも65人の力士、親方が野球賭博、花札マージャンなどの賭け事にかかわっていたことを認めている。 日本のメディアは、このスキャンダルは日本の国技といわれる相撲の名を汚すものだとし、相撲協会の理事会は退陣に直面していると見ている。

多くが賭けに加わる

相撲界は野球賭博スキャンダルが今月中旬明らかとなってから、続々とセンセーショナルなニュースが伝わり、賭博にかかわっている者は、下級力士だけでなく、“横綱”に次ぐ“大関”級の力士まで巻き込まれてきた。 また親方だけでなく、協会トップまでかかわってきていることがわかった。 

6月15日、日本相撲協会は、大関琴光喜が野球賭博に関係していたため、来月の名古屋場所を休場させると発表し、同時に琴光喜など65名の賭博関与を認めた力士、親方の処分を検討するとしている。

モンゴル出身の外国力士がここ数年、相撲の主役を務めていた。 現在、34歳の琴光喜は日本出身であり、観客から一番人気のある力士である。

メディアによると、琴光喜は当初、相撲協会に対し賭博を否定していた。 しかし、今月13日、琴光喜はその日の夜、相撲協会の武蔵川理事長を訪問し、野球賭博をやったことを打ち明けた。 翌日、琴光喜は警察の事情聴取をを受けた。 警察によると、琴光喜は野球賭博で暴力団の元組員から“口止め料”として300万円を脅し取られていたという。

17日、更に驚くべきニュースが伝わった。 大嶽親方も警視庁の事情聴取で野球賭博を認めたという。 日本相撲協会には「年寄株」「親方株」を持つものが107人おり、そのうち51人が自分の部屋を持っている。 大嶽親方もそのうちの一人である。 相撲協会の中には大嶽親方に厳重懲罰を求めるものもいる。相撲部屋閉鎖も含まれている。

19日、野球賭博の火の手は協会の武蔵川理事長の弟子、西前頭・雅山にも及んだ。 共同通信社によると、現在32歳の雅山は、協会に上申書を提出している。 聞くところによれば、雅山は野球賭博ではなく花札だという。

そのほか、相撲協会の新理九重親方の弟子・十両・千世白鵬も警察に野球賭博にかかわったことを認めている。

角界混乱

ますます拡大する一方の“野球賭博”は相撲界を混乱に陥入れている。 《毎日新聞》は、理事長と理事がみな弟子が賭博にかかわっており、相撲協会のトップは“総退陣”もありうると見ている。

相撲協会は21日に緊急理事会を開き、対応を協議する。 理事会は当日、特別調査委員会を設置し、相撲界の賭博の徹底解明を行う。 調査委員会のメンバーは元警視総監、元検察官、弁護士などがいる。

メディアは、理事会の議題の一つは賭博に関した名前を公表することだという。 今まで65人の力士と親方達は協会に過去5年賭博にかかわったことを認めている。 そのうちの29人は野球賭博で、36人が花札とマージャン賭博だという。

別の大事な問題は名古屋場所を期日どおり開催するかどうかである。 日本の相撲は毎年、東京、名古屋、福岡で順番に開催される。 名古屋場所は7月11日に予定されている。

理事会の中では、野球賭博の真相がはっきりしないうちは、名古屋場所を中止すべきだという人もいる。

日本の大相撲の歴史は18世紀の江戸時代までさかのぼることができる。 歴史上、場所を中止した先例はない。 戦争の時も平常通り開催した。 日本のメディアは、もし名古屋場所が中止となったら、日本の相撲史に大きな汚点を残すだけでなく、数10億円の経済損失をもたらすと伝えている。

スキャンダル続出

日本の相撲界はここ数年、スキャンダルが続出している。 野球賭博は直近の事件であり、今までで一番最悪の事件になるかもしれない。 日本の“国技”のイメージは更にダウンすることになる。

今年5月、日本相撲協会は暴力団関係者に“土俵下の特別席の入場券”を手配した二人の親方を降格処分にした。 報道によると、去年7月、名古屋場所期間中、親方の特別席の入場券を暴力団・山口組の幹部に手渡したという。

2009年2月、若麒麟が大麻吸引で協会から解雇された。

2008年9月、二人のロシア出身の力士(露鵬と白露山)が大麻吸引で解雇処分を受ける。 相撲協会の北の湖理事長は引責辞任した。

2007年6月、相撲名門の“時津風部屋”力士暴行死事件で、時津風親方が解雇された。 同年、モンゴル出身の横綱朝青龍と白鵬が土俵上でにらみ合う事件を起こし厳重注意された。(馮武勇)

1.黑社会“入侵”日本相扑界 相扑手充当黑社会保镖

2010062416:21:53  来源: 国际在线

近来,日本相扑界“地震”接连不断,继原横纲级相扑手朝青龙因打人事件退役以来,一系列涉黑涉赌的丑闻接连曝光。人们不禁要问,被尊为日本“国技”的相扑到底怎么了?

多名力士与黑社会有染

今年5月,日本相扑协会对涉嫌为黑社会成员提供“贵宾票”的两名相扑教练处以降级等处罚。据报道,去年7月在名古屋站比赛期间,在本应分配给相扑教练的特别席上,人们却看到了日本最大的黑社会组织山口组一个分会头目的身影,而同时在场的其他黑社会组织成员竟然多达55人。

615日,日本相扑界又传出另一惊人消息——日本最具观众缘的34岁大关级力士琴光喜涉嫌参与赌球。根据警方调查,琴光喜曾因赌球遭黑社会成员勒索“封口费”300万日元(约合3.3万美元)。日本相扑协会宣布剥夺琴光喜下月的名古屋站参赛资格。

但没想到几天后,65名相扑选手和教练涉嫌参与赌博的新闻又令日本相扑界面临前所未有的危机。日本相扑协会621日紧急召开理事会,决定成立独立调查委员会彻查相扑界涉赌内幕,并暂时取消既定于711日拉开战幕的相扑巡回赛名古屋站比赛。日本大相扑巡回赛历史可以追溯至18世纪的江户时代,从未有过取消赛事的先例。一旦取消,不仅会给日本相扑历史留下污点,还会造成数十亿日元的经济损失。

享有相扑比赛独家转播权的日本广播协会(NHK)表示正在研究是否会继续转播相扑巡回演,多家相扑赛事赞助商也表示将撤销赞助。

退役后当过黑社会保镖

其实,日本相扑界历来与黑社会组织有着千丝万缕的关系。明治时代,相扑界的力士们得不到来自企业方面的赞助,甚至连饭都吃不饱,是黑社会组织给他们提供了不少资助。上世纪30年代曾经晋级关肋(继横岗、大关之下的第三级)的力士山锦善治郎在退役之后担任过山口组下属分会的头目。此外,还有一些力士在退役之后也给黑社会头目当过保镖。如今,在一些地方组织的相扑比赛中,如果不与当地黑社会组织保持一定的关系,比赛是无法进行下去的。

相扑运动在日本人心中的地位极高,对于这项日本“国技”遭到如此严重的污染,日本民众非常痛心。最新调查显示,有7成以上的人认为,应该彻查相扑界参与赌博的力士,并公开其姓名。而认为相扑协会的官员应该为这一连串丑闻辞职的人数比率更达到6成以上。有民众说,“应该对日本相扑界的力士加强教育监管,让他们远离赌博和黑社会”。现在,日本相扑界要想挽回在人们心目中的形象,也许真的需要一次彻头彻尾的整顿。

2.日本相扑界赌博丑闻愈演愈烈

刊发时间:2010-06-22 11:36:04 新华网

日本相扑协会21日举行紧急理事会,讨论协会所属相扑力士和教练大规模涉赌丑闻,决定成立独立调查委员会,全面查清相扑界涉赌涉黑内幕。

初步调查显示,至少已有65名相扑力士和教练承认参与赌球、赌牌、麻将等赌博活动。日本媒体认为,这一丑闻使有日本国技之称的相扑蒙羞,相扑协会领导层面临下台压力

多人涉赌

日本相扑界赌球丑闻本月中旬曝光以来,不断有轰动性消息传出,涉赌人员不仅有低级别力士,也有仅次于相扑“横纲”的“大关”级力士卷入;不仅涉及相扑教练,甚至有门派掌门人。一些力士涉嫌与黑社会有染。

6月15日,日本相扑协会宣布,大关级力士琴光喜因涉及赌博,将被剥夺下月大相扑巡回赛名古屋站参赛资格,同时对琴光喜等65名承认参赌选手和教练给予严重警告处分。

蒙古国等国出身的外国力士近些年成为相扑舞台主要角色,现年34岁的琴光喜由于土生土长,是最具观众缘的相扑力士之一。

日本媒体报道,琴光喜一开始向相扑协会否认涉赌。但在本月13日,琴光喜连夜拜访相扑协会理事长武藏川,坦白参与棒球赌球。第二天,琴光喜接受东京警方质询。警方调查显示,琴光喜因赌球曾遭暴力团成员勒索“封口费”300万日元(约合3.3万美元)。

17日传出更加惊人消息:贵为相扑一门掌门人的大岳向警方承认参与棒球赌球。日本相扑协会现有107名教练,其中51人拥有自己的门派,大岳是其中之一。相扑协会有人要求严惩大岳,包括关闭大岳名下门派。

19日,赌球之火烧到相扑协会理事长武藏传的弟子、前大关级力士雅山身上。日本共同社报道,现年32岁的雅山已向协会递交参赌报告,据说雅山并非赌球,而是赌牌。

此外,相扑协会新晋理事九重的弟子千代白鹏也向警方承认涉赌。

业界混乱  

愈演愈烈的“赌球风暴”使日本相扑界陷入混乱。日本《每日新闻》认为,鉴于理事长和理事均有门下弟子涉赌,相扑协会领导人不排除“集体辞职”。

相扑协会21日紧急举行理事会,商讨应对之策。理事会当天决定,成立独立调查委员会,彻查相扑界涉赌内幕。调查委员会成员将包括前高级警员、前检察官、律师等。

日本媒体报道,理事会议题之一是公布承认涉赌人员名单。迄今已有65名力士和教练向协会承认过去5年参赌事实,其中29人参与棒球赌球,36人参与扑克牌或麻将赌博。

另一关键问题是名古屋站比赛是否如期举行。日本相扑每年在东京、名古屋、福冈数地举行巡回赛,名古屋站定于7月11日拉开战幕。

理事会内有人提出,鉴于赌球真相尚未全部廓清,应暂时取消名古屋站比赛。

日本大相扑巡回赛历史可以追溯至18世纪的江户时代,历史上从未有过取消赛事的先例,即便在战争时期也照常举办。日本媒体评论,一旦取消名古屋站比赛,不仅给日本相扑历史留下大污点,还会造成数十亿日元经济损失。

丑闻频出

日本相扑界近些年频频曝出丑闻,赌球是最新一起、也可能是迄今影响最恶劣的一起,令日本“国技”的形象雪上加霜。

今年5月,日本相扑协会对涉嫌为黑社会成员提供“贵宾票”的两名相扑教练予以降级等处罚。据报道,去年7月在名古屋站比赛期间,分配给相扑教练的特别席位票落到日本最大黑社会组织山口组一个分会骨干手中。

2009年2月,相扑力士若麒麟因吸食大麻遭协会除名。

2008年9月,两名俄罗斯出身的相扑名手因吸食大麻遭终身禁赛处分,时任相扑协会理事长北之湖宣布引咎辞职。

2007年6月,相扑名门“时津风门”曝出虐徒致死事件,时任掌门时津风遭开除。同一年,蒙古国出身的横纲级力士朝青龙和白鹏因在比赛中行为粗鲁而遭处罚。(冯武勇)

  

 

1.暴力団 角界に侵入 関取が暴力団の用心棒に

2.角界の賭博問題 ますます拡大

1.黑社会“入侵”日本相扑界相扑手充当黑社会保镖

2010062416:21:53  来源: 国际在线

2.日本相扑界赌博丑闻愈演愈烈

刊发时间:2010-06-22 11:36:04 新华网

1.暴力団 角界に侵入 関取が暴力団の用心棒に

最近、相撲界は“地震”が相次いでいる。 横綱朝青龍が暴行事件で引退したのに続き、一連の野球賭博問題が次々と明らかとなった。 日本の“国技”の相撲は一体どうなってしまったのかと話題になっている。

多くの力士が暴力団と関係か?

今年5月、日本相撲協会は暴力団関係者に“土俵下の特別席の入場券を手配した現役の親方2人の降格処分を行った。 報道によると、去年7月の名古屋場所で後援者などに割り当てられる“土俵下の特別席”が暴力団・山口組の幹部らが観戦していたことがわかった。 同場所では、その他の暴力団関係者55人が観戦していたこともわかった。 

6月15日、日本相撲界にまた別の驚くべきニュースが流れた――日本で一番人気がある34歳の大関琴光喜が野球賭博をしていたことがわかった。 警察によると、琴光喜は野球賭博で暴力団から“口止め料”300万円を恐喝されていた。 相撲協会は琴光喜の来月の名古屋場所休場処分を発表した。

この後、数日後、今度は関取、親方など65人が賭け事にかかわっていたことがわかり未曾有の危機に直面することとなった。 日本相撲協会は6月21日、緊急理事会を開き、特別調査委員会を設置、賭博の徹底的解明を行うことに決めた。 また、7月11日に開かれる名古屋場所中止を検討することにした(注:中止については7月4日に協会が最終判断することにしている) 大相撲の歴史は18世紀の江戸時代まで遡ることができ、場所が中止となった先例は今までない。 もし中止となれば、日本の相撲史上に汚点を残すだけでなく、数10億円の経済損失をもたらすことになる。

大相撲を独占放送しているNHKは大相撲を引き続き中継するかどうかについて検討中としている。 また多くの相撲のスポンサーも懸賞金からの撤退を表明している。

引退後 暴力団の用心棒となる

日本の相撲界と暴力団は、過去から切っても切れない複雑な関係を持っている。明治時代、相撲界の力士達は会社からの援助が得られず、食事に事欠くことがあり、暴力団組織が彼らに多く資金援助をしたことがあった。 1930年代には、関脇だった力士・山錦善治郎は引退後、山口組の舎弟となった。 そのほか力士の中には引退役、暴力団の親分の用心棒になったものもいた。 今も、地方で相撲を開催する時には、その土地の暴力団組織の関係を借りないと、場所を進めない実態がある。

相撲は日本人の心の中での人気が高く、この日本の“国技”が、このように汚染されていることに、日本の人々はとても心を痛めている。 最新の調査によると、7割以上の人が、相撲界の賭博参加力士を徹底調査し、その名前を公表するよう求めている。 また、相撲協会の役員はこの一連のスキャンダルの責任をとって退陣すべと考える人が6割以上に達している。 “相撲の力士をしっかり教育、管理し、賭け事と暴力団と縁を切らすべき”と考えている人もいる。 今、相撲界は人々の心の中にあるイメージを取り戻すため、本当に徹頭徹尾うみを出す覚悟が必要である。

2.角界の賭博問題 ますます拡大

21日、日本相撲協会は緊急理事会を開き、協会所属の力士、親方の大規模な賭博問題について、特別調査委員会を設置し、事実関係の究明に乗り出すことになった。

調査によると、少なくとも65人の力士、親方が野球賭博、花札マージャンなどの賭け事にかかわっていたことを認めている。 日本のメディアは、このスキャンダルは日本の国技といわれる相撲の名を汚すものだとし、相撲協会の理事会は退陣に直面していると見ている。

多くが賭けに加わる

相撲界は野球賭博スキャンダルが今月中旬明らかとなってから、続々とセンセーショナルなニュースが伝わり、賭博にかかわっている者は、下級力士だけでなく、“横綱”に次ぐ“大関”級の力士まで巻き込まれてきた。 また親方だけでなく、協会トップまでかかわってきていることがわかった。 

6月15日、日本相撲協会は、大関琴光喜が野球賭博に関係していたため、来月の名古屋場所を休場させると発表し、同時に琴光喜など65名の賭博関与を認めた力士、親方の処分を検討するとしている。

モンゴル出身の外国力士がここ数年、相撲の主役を務めていた。 現在、34歳の琴光喜は日本出身であり、観客から一番人気のある力士である。

メディアによると、琴光喜は当初、相撲協会に対し賭博を否定していた。 しかし、今月13日、琴光喜はその日の夜、相撲協会の武蔵川理事長を訪問し、野球賭博をやったことを打ち明けた。 翌日、琴光喜は警察の事情聴取をを受けた。 警察によると、琴光喜は野球賭博で暴力団の元組員から“口止め料”として300万円を脅し取られていたという。

17日、更に驚くべきニュースが伝わった。 大嶽親方も警視庁の事情聴取で野球賭博を認めたという。 日本相撲協会には「年寄株」「親方株」を持つものが107人おり、そのうち51人が自分の部屋を持っている。 大嶽親方もそのうちの一人である。 相撲協会の中には大嶽親方に厳重懲罰を求めるものもいる。相撲部屋閉鎖も含まれている。

19日、野球賭博の火の手は協会の武蔵川理事長の弟子、西前頭・雅山にも及んだ。 共同通信社によると、現在32歳の雅山は、協会に上申書を提出している。 聞くところによれば、雅山は野球賭博ではなく花札だという。

そのほか、相撲協会の新理九重親方の弟子・十両・千世白鵬も警察に野球賭博にかかわったことを認めている。

角界混乱

ますます拡大する一方の“野球賭博”は相撲界を混乱に陥入れている。 《毎日新聞》は、理事長と理事がみな弟子が賭博にかかわっており、相撲協会のトップは“総退陣”もありうると見ている。

相撲協会は21日に緊急理事会を開き、対応を協議する。 理事会は当日、特別調査委員会を設置し、相撲界の賭博の徹底解明を行う。 調査委員会のメンバーは元警視総監、元検察官、弁護士などがいる。

メディアは、理事会の議題の一つは賭博に関した名前を公表することだという。 今まで65人の力士と親方達は協会に過去5年賭博にかかわったことを認めている。 そのうちの29人は野球賭博で、36人が花札とマージャン賭博だという。

別の大事な問題は名古屋場所を期日どおり開催するかどうかである。 日本の相撲は毎年、東京、名古屋、福岡で順番に開催される。 名古屋場所は7月11日に予定されている。

理事会の中では、野球賭博の真相がはっきりしないうちは、名古屋場所を中止すべきだという人もいる。

日本の大相撲の歴史は18世紀の江戸時代までさかのぼることができる。 歴史上、場所を中止した先例はない。 戦争の時も平常通り開催した。 日本のメディアは、もし名古屋場所が中止となったら、日本の相撲史に大きな汚点を残すだけでなく、数10億円の経済損失をもたらすと伝えている。

スキャンダル続出

 

日本の相撲界はここ数年、スキャンダルが続出している。 野球賭博は直近の事件であり、今までで一番最悪の事件になるかもしれない。 日本の“国技”のイメージは更にダウンすることになる。

今年5月、日本相撲協会は暴力団関係者に“土俵下の特別席の入場券”を手配した二人の親方を降格処分にした。 報道によると、去年7月、名古屋場所期間中、親方の特別席の入場券を暴力団・山口組の幹部に手渡したという。

2009年2月、若麒麟が大麻吸引で協会から解雇された。

2008年9月、二人のロシア出身の力士(露鵬と白露山)が大麻吸引で解雇処分を受ける。 相撲協会の北の湖理事長は引責辞任した。

2007年6月、相撲名門の“時津風部屋”力士暴行死事件で、時津風親方が解雇された。 同年、モンゴル出身の横綱朝青龍と白鵬が土俵上でにらみ合う事件を起こし厳重注意された。(馮武勇)

 

1.黑社会“入侵”日本相扑界相扑手充当黑社会保镖

2010062416:21:53  来源: 国际在线

近来,日本相扑界“地震”接连不断,继原横纲级相扑手朝青龙因打人事件退役以来,一系列涉黑涉赌的丑闻接连曝光。人们不禁要问,被尊为日本“国技”的相扑到底怎么了?

多名力士与黑社会有染

今年5月,日本相扑协会对涉嫌为黑社会成员提供“贵宾票”的两名相扑教练处以降级等处罚。据报道,去年7月在名古屋站比赛期间,在本应分配给相扑教练的特别席上,人们却看到了日本最大的黑社会组织山口组一个分会头目的身影,而同时在场的其他黑社会组织成员竟然多达55人。

615日,日本相扑界又传出另一惊人消息——日本最具观众缘的34岁大关级力士琴光喜涉嫌参与赌球。根据警方调查,琴光喜曾因赌球遭黑社会成员勒索“封口费”300万日元(约合3.3万美元)。日本相扑协会宣布剥夺琴光喜下月的名古屋站参赛资格。

但没想到几天后,65名相扑选手和教练涉嫌参与赌博的新闻又令日本相扑界面临前所未有的危机。日本相扑协会621日紧急召开理事会,决定成立独立调查委员会彻查相扑界涉赌内幕,并暂时取消既定于711日拉开战幕的相扑巡回赛名古屋站比赛。日本大相扑巡回赛历史可以追溯至18世纪的江户时代,从未有过取消赛事的先例。一旦取消,不仅会给日本相扑历史留下污点,还会造成数十亿日元的经济损失。

享有相扑比赛独家转播权的日本广播协会(NHK)表示正在研究是否会继续转播相扑巡回演,多家相扑赛事赞助商也表示将撤销赞助。

退役后当过黑社会保镖

其实,日本相扑界历来与黑社会组织有着千丝万缕的关系。明治时代,相扑界的力士们得不到来自企业方面的赞助,甚至连饭都吃不饱,是黑社会组织给他们提供了不少资助。上世纪30年代曾经晋级关肋(继横岗、大关之下的第三级)的力士山锦善治郎在退役之后担任过山口组下属分会的头目。此外,还有一些力士在退役之后也给黑社会头目当过保镖。如今,在一些地方组织的相扑比赛中,如果不与当地黑社会组织保持一定的关系,比赛是无法进行下去的。

相扑运动在日本人心中的地位极高,对于这项日本“国技”遭到如此严重的污染,日本民众非常痛心。最新调查显示,有7成以上的人认为,应该彻查相扑界参与赌博的力士,并公开其姓名。而认为相扑协会的官员应该为这一连串丑闻辞职的人数比率更达到6成以上。有民众说,“应该对日本相扑界的力士加强教育监管,让他们远离赌博和黑社会”。现在,日本相扑界要想挽回在人们心目中的形象,也许真的需要一次彻头彻尾的整顿。

 

2.日本相扑界赌博丑闻愈演愈烈

刊发时间:2010-06-22 11:36:04 新华网

日本相扑协会21日举行紧急理事会,讨论协会所属相扑力士和教练大规模涉赌丑闻,决定成立独立调查委员会,全面查清相扑界涉赌涉黑内幕。

初步调查显示,至少已有65名相扑力士和教练承认参与赌球、赌牌、麻将等赌博活动。日本媒体认为,这一丑闻使有日本国技之称的相扑蒙羞,相扑协会领导层面临下台压力

多人涉赌

日本相扑界赌球丑闻本月中旬曝光以来,不断有轰动性消息传出,涉赌人员不仅有低级别力士,也有仅次于相扑“横纲”的“大关”级力士卷入;不仅涉及相扑教练,甚至有门派掌门人。一些力士涉嫌与黑社会有染。

6月15日,日本相扑协会宣布,大关级力士琴光喜因涉及赌博,将被剥夺下月大相扑巡回赛名古屋站参赛资格,同时对琴光喜等65名承认参赌选手和教练给予严重警告处分。

蒙古国等国出身的外国力士近些年成为相扑舞台主要角色,现年34岁的琴光喜由于土生土长,是最具观众缘的相扑力士之一。

日本媒体报道,琴光喜一开始向相扑协会否认涉赌。但在本月13日,琴光喜连夜拜访相扑协会理事长武藏川,坦白参与棒球赌球。第二天,琴光喜接受东京警方质询。警方调查显示,琴光喜因赌球曾遭暴力团成员勒索“封口费”300万日元(约合3.3万美元)。

17日传出更加惊人消息:贵为相扑一门掌门人的大岳向警方承认参与棒球赌球。日本相扑协会现有107名教练,其中51人拥有自己的门派,大岳是其中之一。相扑协会有人要求严惩大岳,包括关闭大岳名下门派。

19日,赌球之火烧到相扑协会理事长武藏传的弟子、前大关级力士雅山身上。日本共同社报道,现年32岁的雅山已向协会递交参赌报告,据说雅山并非赌球,而是赌牌。

此外,相扑协会新晋理事九重的弟子千代白鹏也向警方承认涉赌。

业界混乱  

愈演愈烈的“赌球风暴”使日本相扑界陷入混乱。日本《每日新闻》认为,鉴于理事长和理事均有门下弟子涉赌,相扑协会领导人不排除“集体辞职”。

相扑协会21日紧急举行理事会,商讨应对之策。理事会当天决定,成立独立调查委员会,彻查相扑界涉赌内幕。调查委员会成员将包括前高级警员、前检察官、律师等。

日本媒体报道,理事会议题之一是公布承认涉赌人员名单。迄今已有65名力士和教练向协会承认过去5年参赌事实,其中29人参与棒球赌球,36人参与扑克牌或麻将赌博。

另一关键问题是名古屋站比赛是否如期举行。日本相扑每年在东京、名古屋、福冈数地举行巡回赛,名古屋站定于7月11日拉开战幕。

理事会内有人提出,鉴于赌球真相尚未全部廓清,应暂时取消名古屋站比赛。

日本大相扑巡回赛历史可以追溯至18世纪的江户时代,历史上从未有过取消赛事的先例,即便在战争时期也照常举办。日本媒体评论,一旦取消名古屋站比赛,不仅给日本相扑历史留下大污点,还会造成数十亿日元经济损失。

 

丑闻频出

日本相扑界近些年频频曝出丑闻,赌球是最新一起、也可能是迄今影响最恶劣的一起,令日本“国技”的形象雪上加霜。

今年5月,日本相扑协会对涉嫌为黑社会成员提供“贵宾票”的两名相扑教练予以降级等处罚。据报道,去年7月在名古屋站比赛期间,分配给相扑教练的特别席位票落到日本最大黑社会组织山口组一个分会骨干手中。

2009年2月,相扑力士若麒麟因吸食大麻遭协会除名。

2008年9月,两名俄罗斯出身的相扑名手因吸食大麻遭终身禁赛处分,时任相扑协会理事长北之湖宣布引咎辞职。

2007年6月,相扑名门“时津风门”曝出虐徒致死事件,时任掌门时津风遭开除。同一年,蒙古国出身的横纲级力士朝青龙和白鹏因在比赛中行为粗鲁而遭处罚。(冯武勇)

 

 

 

 

|

« 1753 中国は見る(845)  菅首相:消費税で野党から集中砲火を浴びる | Main | 1755 中国の三面記事を読む(770) 「101回目のプロポーズ」 中国で映画化 »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1753 中国は見る(845)  菅首相:消費税で野党から集中砲火を浴びる | Main | 1755 中国の三面記事を読む(770) 「101回目のプロポーズ」 中国で映画化 »