« 1715 中国は見る(825) 普天間問題 ①5月決着断念 ②普天間で「人間の鎖」 ③米国メディア:鳩山首相の服装をひどいと批判 | Main | 1717 中国は見る(827) 中国人の個人訪日ビザ条件大幅緩和 (上) »

1716 中国は見る(826) 鳩山内閣支持率 20%割れ 普天間問題が影響

1.鳩山内閣 支持率20%割る

2.普天間問題が鳩山政権の信頼を落とす

1.日本 山内支持率 首次跌破20

http://www.sina.com.cn  2010年05月15日04:17  大洋网-广州日

2.普天间问题导山政府威信下

2010-05-17 18:01    来源:国线专稿 

1.鳩山内閣 支持率20%割る

11 新華社電:時事通信が14日に発表した世論調査によると、鳩山内閣の支持率は昨年9月政権発足時の70%から19.1%となり、初めて2割を切った。

調査によると、鳩山内閣の支持率は前回比4.6ポイント減だった。 一方、不支持率は64.1%で、前回比増の7.6ポイントとなった。

また、「米軍普天間基地問題が5月末決着できななかった」場合、鳩山首相は責任を取って辞任すべきだと答えた人が49.2%いた。

調査結果から、多数の人々が、鳩山首相の指導力不足を問う声が強いことがわかった。 鳩山首相本人と小沢一郎幹事長の政治資金問題と普天間基地移設問題が未だ決着できないことが、鳩山内閣支持率の大幅下落の大きな原因である。

2.普天間問題が鳩山政権の信頼を落とす

Photo_3 国際オンライン報道:鳩山首相はこれまで米軍普天間基地移設問題を5月末まで決着すると何度も公言していた。 しかし、移設計画は多くの障害に見舞われた。 16日午後、沖縄普天間基地の回りを約1万7千人が“人間の鎖”で包囲し、沖縄県内基地移設反対と米軍に早く基地を返還すよう求める意思表明を行った。 この詳しい情況について、中国国際放送局日本駐在の王洋記者に電話で聞いて見た。

 

司会者:王洋さん、こんにちは! 沖縄県で2万近い人々が16日、普天間米軍基地を包囲し、普天間基地の沖縄県内移設に反対しました。 先ず、今回のデモ活動の具体的な情況を紹介して下さい。

 

3_3 記者:はい、わかりました。 16日午後、普天間基地の所在地--沖縄県宜野湾市の市民が、大規模な県内移設反対の行動を起こしました。市民達は手と手を繋ぎあって、普天間米軍基地を延々13キロにわたり人の壁で包囲しました。 主催者発表によると、1万7千人が今回の反対活動に参加したということです。 市民達は雨の中を、“基地はいらない”などの横断幕を掲げ、午後2時半から2回、人の壁を築いて基地を包囲しました。 宜野湾Photo_4 市の伊波市長、名護市の稲嶺市長もこの活動に参加し、政府に対し、普天間飛行場を名護市辺野古に移設する案の放棄を求める共同声明を発表しました。 沖縄本島中部の5つの市町村の首長も今回の活動に参加しています。

4 普天間基地で2005年に米軍のヘリコプター墜落事故以来、5回目の包囲行動です。 先月25日には、沖縄県の県民は約9万人が参加した反対集会を開き、県外移設を要求しました。 今回の包囲活動は、沖縄の民衆が「県内移設ノー」の意志を鮮明にしたものです。

司会者:日本政府は米軍基地の移設問題について、新しい態度表明がありますか? 政府内部はこの問題で考えは一致していますか?

 

記者:鳩山首相は17日午前、メディアの取材に対し、依然として“普天間飛行場移設問題を5月末決着に向けて最大限頑張る”と述べています。 鳩山首相は、普天間飛行場問題は日米安保、日本の平和と安全のためにやらなければならないと強調し、国民の理解と協力を求めています。 一方、政府が提出する移設案と地方と交渉する責任者・平野官房長官は16日、鹿児島県徳之島の14人の住民と面会し、普天間飛行場の一部機能を徳之島へ移転することについて理解を求めました。 これより前、徳之島の3町長は官房長官との会談で移転拒否を表明しました。 平野官房長官は島内の支持者の声をバックに、徳之島3町長との会談を望んでいます。

2_2 その外としては、政権内部の反対の声は少しも減っていません。 連立政権の社民党は、一貫して普天間飛行場県内移設案に反対し、沖縄の負担軽減を求め、場合によっては政権離脱をほのめかしています。 内閣で消費者・少子化担当大臣を担当している社民党党首・福島瑞穂氏は16日明確に、もし米軍普天間飛行場移設に関する政府の対処方針に県内移設が盛り込まれた場合、政府方針の閣議了解に応じない考えを示した。アナリストによると、これから見たところ、鳩山内閣が5月末までに普天間移設の閣内統一はむずかしいと指摘しています。

司会者:どうやら、日本国内は普天間飛行場移設問題で一致できていないようですが、それでは日本と米国はこれからどんな交渉になりますか? どんな結果になるでしょう?

記者:日米双方は現地時間12日、ワシントンで日本政府の移設政府案を正式提示し協議を行いました。 日本政府は、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)の沖合に、くい打ち桟橋(QIP)方式で滑走路を建設する「浅瀬案」を軸にした政府案を提示しました。 これに対して、米側は、桟橋方式で建設する滑走路はテロ攻撃に弱く、しかも必要工期も原計画より長くなると反論しました。 今週中に日米双方は再度、米側が提出した問題について協議を行います。

米側は一貫して、日本政府の原計画の大幅変更に不満でした。 日本政府は以前、駐日米軍のヘリコプター部隊の一部を徳之島地区に移すことを提案し、県外移設を実現しようとしました。 しかし、米側は地上部隊とヘリコプター部隊の一体的運営ができないとして、拒否の態度をとりました。 それに加えて地方の強烈な反対があり、日本政府は最終的にこの提案を放棄しました。

北沢防衛大臣は15日、情況の変化に基づき、今月下旬、アメリカに行きゲイツ国防長官と最後の協議を行うことにしている。 アナリストによると、米側は一貫して双方が2006年に合意した計画案の実行を主張しており、日本政府の修正案について妥協しようとしない。 

米側は“故意”に移設問題を5月末までに決着させず、鳩山首相退陣後、新任首相の政策方針を待って主導的な立場を求めようとする可能性もあります。

司会者:5月末まであと2週間です。 もし、普天間移設問題が解決できなかった時、鳩山政権にはどんな影響がありますか?

記者:鳩山首相の移設問題決着の定義については、“最終案が沖縄、移設先の自治体、米国、与党すべての同意”を得ることだとしていました。 今見たところ、政府内部の不協和音は少しも減っていません。 米側と地方の態度も少しも軟化していません。 日本の世論は、普天間問題の期日どおりの決着は絶望的と見ています。 鳩山首相は以前、自信満々に、“普天間飛行場移設問題は5月末までに決着します”と言っていた。 しかし、各方面の圧力を受けた後、今度は言葉を変え、“個人的発言”であって“公約”ではないと言い、首相の信用と指導者の決断力に国民は信じられなくなってしまった。

時事通信社が発表した5月の世論調査によると、鳩山内閣の支持率は19.1%に下落した。 去年9月に麻生内閣が退陣して以来、内閣の支持率は初めて20%を割りこんだ。 半数近い国民は、普天間問題が期限どおりに決着しなかった場合、鳩山首相は責任を取って辞任すべきだと答えている。 日本の各界からの“鳩山首相退陣論”もますます激しくなっている。 連立政権の国民新党の下地幹郎政務調査会長は16日のテレビ番組の中で、“日米の間で5月末までに普天間問題について、一致できなかったら、鳩山首相はこの責任を負わなければならない”と述べた。 《産経新聞》は社説の中で、“首相はすでに国民の信頼を失っている。 辞任すべきだ”と書いている。 アナリストは、現在、鳩山首相は普天間飛行場移設問題で内外ともに窮地に立たされている。 5月末までに普天間飛行場移設問題が解決できなかったら、鳩山首相が自発的に辞任しなくても、首相の座は恐らく不安定になるにちがいないと見ている。

司会者:どうもありがとう。 王洋さんの、現場からの報道でした。

1.日本 山内支持率 首次跌破20

http://www.sina.com.cn  2010年05月15日04:17  大洋网-广州日

据新 日本事社14日公布的最新民意调查结示,山内支持率已由去年9月上台70%以上跌至19.1%,首次跌破20%。

调查显示,山内的支持率与上一次调查时相比下跌了4.6个百分点;同,不支持率高达64.1%,与上一次调查时相比上升了7.6个百分点。

此外,49.2%的受访认为,如果不能在承5月底之前决定日美普天基地迁移问题,首相山由夫就引咎辞

从民意调查结果来看,多数受访认为鸠山缺乏领导能力。山本人与民主党干事一郎的政治问题,以及普天基地迁移问题久拖未决,是山内支持率大幅下跌的主要原因

2.普天间问题导山政府威信下

2010-05-17 18:01    来源:国线专稿 

线报道:日本首相山由夫已多次表示将于5月底之前决定普天基地迁移问题,但在推行迁移遇到重重阻力。16号下午,日本冲绳县约1.7万民众在日美普天基地外,表达他在冲绳县内迁移基地的主,并要求美早日归还基地。详细情况我连线中国国广播日本者王洋。

 

主持人:王洋,你好!日本冲绳县2万民众16号包普天基地,反普天基地继续留在冲绳县内,先介一下次示威活的具体情况。

 

者:好的。16号下午,普天基地的所在地--日本冲绳县野湾市市民行了一次大模的反场县内搬迁的示威活。市民手拉着手筑起了13公里的人将普天基地住,据组织者称,17千人参加了一次反。市民在雨中着写有不要基地等字的横幅,从下午2点半起两次筑起人基地。宜野湾市市伊波洋一、名市市岭进也参加了活,并表了合声明要求政府放弃将普天搬迁至该县野古。冲中部的5乡镇领导也参加了一次示威活

 

是普天基地自2005生美直升机落事故以来第5次被包。早在上个月25号,冲绳县县还举行了9万人参加的反集会,要求将机搬迁至外。一次的包再次表示了冲民众决反对县内搬迁的意志。主持人。

 

主持人:日本政府于美基地搬迁问题,有什最新的表?政府内部在问题上的立一致

 

者:日本首相山由17号上午在面媒体仍然表示会尽最大的努力,在5月底以前解决普天搬迁问题。他强调普天场问题关系到日美安保与日本自身的安全,希望国民够给予理解和助。另一方面,就政府所提出的搬迁方案负责与地方行交的官房官平野博文16号与支持搬迁方案的鹿儿岛县德之14名居民行了会面,希望就将普天的一部分功能分散到德之一事征求地方的理解。此前,德之方面的三位町均拒就搬迁问题与官房行会,平野也希望借内的支持声音,再次与三位町磋商。

 

此外,政府内部的反声音也是毫未减。参与政的社民党一直反普天内搬迁的方案,要求减方面的担,甚至暗示会以退出合政相逼。在内中担任消者行政担当大臣的社民党党首福瑞穗16号明确表示,如果在政府的最方案中含有内搬迁的内容,她将不会在内上同意政府的方。分析人士指出,就此看来,山内将很5月底以前就搬迁问题达成政府内部的一。主持人。

 

主持人:看来,日本国内很就普天搬迁问题达成一致,那日本和美国下一又将行怎判?可能会有怎果?

 

者:日美双方曾于当地时间12号在就日本政府所提出的搬迁方案的草案行了第一次的正式磋商。日本政府在方案中提出,建将机搬迁至冲绳县野古附近的施瓦布军营沿岸地区,并以打桩设栈桥方式代替原来划的填海造地方式来建跑道。此,美方认为,以栈桥方式建的跑道应对恐怖袭击,并且所需的工期也比原划要。本周内日美双方将再次就美方所提出的问题进行磋商。

 

一直以来,美方日本政府大幅修改原划的做法并不意。日本政府此前曾提出将日美的直升机部部分移至德之地区,以实现一定程度上的外搬迁。但美方以地面部与直升机部无法实现一体化运作由,采取了回度。加之地方的烈反,日本政府最也放弃了一提案。

 

日本防相北俊美15号曾表示,根据情况化,他将有可能在本月下旬赴美与美国国防部盖茨行最后的磋商。有分析人士指出,美方一直以来都主张实行双方于2006年达成的协议于日本政府的修改方案未曾松口。不排除有可能美方会故意搬迁问题5月底以前无法得到解决,待山下台之后再与新任首相的博弈当中求主。主持人。

 

主持人:在离5月底已只有两周时间了。如果普天场问题还得不到解决,对鸠山政权产生什影响?

 

者:山在解决搬迁问题的定上所做出的解是,最方案要得到政府内部、美方以及地方的同意。在看来,不但政府内部的不和声音毫未减,美方与地方的度也一点都没有化。日本舆论普遍认为,普天间问题如期解决的希望非常渺茫。山此前曾自信满满认为普天可以在5月底以前解决,然而在感受到各方的力之后,又改口称个人的不能作政党承致使首相的信用及其领导能力在民众的心目中大打折扣。

 

根据日本事通信社所公布的5月份民意调查显示,山内的支持率已跌至19.1%,去年9月麻生内下台以来,内支持率首次跌破20%。有近半数的国民认为,如果普天间问题未能如期解决,应该辞去首相职务。在日本各界的山辞职论也是愈演愈烈,参与政的国民新党的政务调查下地干郎在16号的一档电视节目中表示,如果日美之5月底以前无法就普天间问题达成一致,那么鸠山就应该。而《产经》更是在社中直接指出,首相已失信于民,应该。分析人士认为山在普天场问题上可是内外交困,如果5月底以前普天搬迁问题无法解决,无论鸠山会不会主动请辞,他的首相位子恐怕也是坐不了。主持人。

 

主持人:好的,感王洋从前方回的

|

« 1715 中国は見る(825) 普天間問題 ①5月決着断念 ②普天間で「人間の鎖」 ③米国メディア:鳩山首相の服装をひどいと批判 | Main | 1717 中国は見る(827) 中国人の個人訪日ビザ条件大幅緩和 (上) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1715 中国は見る(825) 普天間問題 ①5月決着断念 ②普天間で「人間の鎖」 ③米国メディア:鳩山首相の服装をひどいと批判 | Main | 1717 中国は見る(827) 中国人の個人訪日ビザ条件大幅緩和 (上) »