« 1722 中国は見る(830) 鳩山首相沖縄再訪問 “県外発言”撤回でお詫び | Main | 1724 中国の三面記事を読む(756) 月9「月の恋人」第3話 視聴率続落15.6% 木村拓哉神話の崩壊か? »

1723 中国は見る(831) 普天間が どうして日本の政治の混迷の元となったのか?

普天间缘何成日本政治"震源"

2010-05-21 12:52:46 来源: 中国经济

 

6_2 5月16日、沖縄県民約1万7千人が、普天間基地の周囲13キロを長い“人の鎖”で包囲、今、日本の国内政治の焦点となっている米軍施設を封鎖した。

この時、鳩山首相が普天間基地問題の解決を約束した最終期限の“5月末”まで半月という時だった。 基地の移設問題と自分の政治生命と関連づけたため、鳩山首相はますます困難な局面に陥ってしまった。 普天間基地が、日本の政界を揺るがす大地震の元となってしまった。

沖縄の人々の苦しみに思いを致す

普天間基地は沖縄島中部の宜野湾市にあり、沖縄島の南北の交通の要衝で、沖縄の首都那覇から約10キロのところにある。

1945年、沖縄戦が最も激烈だった時、米国陸軍は当時まだ“宜野湾村”と呼ばれていたこの土地に簡単な飛行場を作り、B‐29爆撃機の日本本土攻撃に供された。 その当時、2400メートルの滑走路一本とわずかな建物が建てられた。 これが普天間基地の最初の原形だった。

Photo 第二次世界大戦が終了して間もなく、沖縄は中国とソ連の最前線と位置づけられ、戦略的位置付けは重要となり、米軍は冷戦中、何度も普天間基地の拡張工事を行ってきた。 1990年代初め頃には、ここはすでに2800mのコンクリート滑走路や、いくつもの飛行機格納庫、修理工場、倉庫と後方通信施設の近代的基地となっていた。 敷地は4.8平方キロあった。

特筆すべきことは、基地は現在米軍が使用しているが、普天間基地の92%の土地の所有権は依然として周辺の住民個人にあることである。 このため、米軍は毎年約60億円の借地料を支払っている。 土地の所有権の状況から、その後、現地住民から基地移転要求が増えるようになった。

歴史的理由から、普天間基地は宜野湾市の中心にある。 米軍人数千人がおり、施設多数、頻繁な訓練を行う基地は、周辺住民の生活に対する影響は推して知るべしである。 長い間、安全、騒音と米軍の紀律問題がずっと周囲の住民の悩み事だった。

2 安全面では、米軍のヘリコプターが訓練の時、しばしば周辺住民地区の上空を超低空で飛んでいく。 その飛行の際、落下する部品がよく周辺住民地区に落ちたり、時には幼稚園やガソリンスタンドなどという危険な場所に落ちることがある。 2004年、普天間基地の米軍ヘリコプターが沖縄国際大学の校舎に墜落し大破し、校舎に甚大な被害を与えた。 幸いなことに教師と学生には死傷者は出なかった。 このような事態を二度と起こさないため、現地の学校などは、屋上に警告灯施設を設置して、米軍パイロットの注意を喚起するようにしている。

3 安全問題と比べて、基地がもたらす騒音と電磁汚染は日常的なことになっている。 基地周辺の住民によると、米軍のヘリコプターやジェット機がいつも百メートルくらいの高度を飛んでいく。 時には、訓練が深夜まで続くこともあり、周辺住民の生活をかき乱している。 その上、これら飛行機が搭載している電子設備の工率は強大なもので、飛行編隊が飛んで行くと、地上の住民のテレビ画面は“真っ白”になってしまう。

米軍の紀律問題も周辺の住民の悩みの種である。 沖縄は米軍が唯一国外に海兵隊を駐留させている場所で、事実が証明しているように、数十年来沖縄で起こした米軍の犯罪事件のうち、90%が海兵隊兵士が起こしている。その中でも普天間基地が多く、内容はわいせつ事件、傷害、強盗事件をしばしば起こしている。

反基地運動起る 交渉は難航

6_3 上述の理由から、普天間基地周辺の住民は普天間基地の市街地からの移転をずっと望んでいた。 1995年、その年発生した米軍兵士の少女暴行事件が、人々の間に溜まりにたまった反対の気持に点火し、同地で大規模な反基地運動が起った。 沖縄の人々と沖縄県側の二重の圧力の下、日本政府は1990年代後半から、米国と基地移設の協議を始めることになった。

しかし、米軍は簡単に沖縄での既有施設の放棄を望まなかった。 日米双方の交渉は90年代後半から長年続けられ、交渉は困難を極めた。 2006年に至り、米軍は西太平洋の再編を契機に、当時の自民党政権と米国のブッシュ政権の間で、やっと普天間基地問題に合意ができ、基地の飛行場機能を沖縄県名護市のキャンプ・シュワブ沿岸部の辺野古地区に移し同地の海を埋め立て二本の滑走路を建設し、米国海兵隊の一部をグアム島に移すことにした。

しかし、この計画は沖縄の現地住民の容認を得ていなかった。 一方では、基地の新しい移転先の名護市住民がこの“厄介”な基地移設に反対した。 もう一方では、地元住民の圧力の下、沖縄県庁と議会も沖縄県外への移設を求めた。 2008年、沖縄県議会は“辺野古案”反対の決議を通した。 2009年の総選挙で、“辺野古案”に賛成した候補者がほとんど全部落選した。 こうした政治状況の下、“辺野古案”は沖縄ではほとんど実現が難しい状況になった。

困難な状況 鳩山首相に盛り返すすべなし

2009年の総選挙の前、民主党は普天間基地を“沖縄県外”もしくは“国外”とずっと主張していた。 鳩山自身は総選挙期間中、何度も、“国外”、最低でも“県外”と言い、この内容を彼の選挙公約とした。 鳩山首相が就任した後、この問題を解決する期限を今年5月末までとし、何度もこの期限を守ることを表明していた。

しかし、米国や国内各地の自治体と交渉した後、鳩山内閣はようやくこの問題の敏感性と重大性に気付いた。 基地を“国外”に移すには、米国の許可が必要である。 しかし、米側は沖縄の飛行場確保をあくまで主張した。 “県外”にすることも、国内の他の地域の同意が必要である。 現在、国内の民意の下では、とても望み薄である。

鳩山首相就任後、民主党は陰に陽にいろいろな案を出し、沖縄現地と国内各層の反応を探ったが、しかしそのほとんど皆失敗に終った。

2_2 約束の期限がますます近づいている中で、鳩山首相は5月6日、“基地を県外としたのは「個人的」にした約束で、「民主党としての公約」ではないと語った。 続いて鳩山首相は、5月末までに在日米軍普天間基地移設問題決着に努力すると言っていたが、6月以降も引き続き詰めなくてはいけない”と変わった。 メディアは、鳩山首相のこの前の態度表明は、代表としての個人と民主党を切り離したもので、個人的に約束したことが民主党の参議院選挙の選挙情勢の妨げになることを避けようとしたものだと見ている。 その後の態度表明は、5月末までに問題を解決することを放棄したものであるとしている。

普天间缘何成日本政治"震源"

2010-05-21 12:52:46 来源: 中国经济  0  手机看新

51 6日,1.7万名冲居民走上街,在普天基地周围组1 3公里,几乎封这处近来已成日本国内政治焦点的美军设施。

,距离日本首相山由夫承的解决基地问题最后五月底只剩下仅仅半个月时间。在将基地问题与自己政治生命相系后,山越来越深地陷入这场困局之中。普天基地很可能成日本政大地震的因。

民百姓视为心病

普天基地位于冲绳岛中部的宜野湾市,地绳岛南北交通的要冲,距离冲绳县首府那霸10公里。

1945年,在冲绳战役最激烈的候,美国陆军在当时还宜野湾村片土地上建立了一个易机,供B-29炸机起日本本土。那修建的一条2400米土跑道和若干易房屋,便是普天基地的最早形。

战结束后不久,由于冲遏制中国和苏联的前沿,略位置重要,美在整个冷多次普天基地建和整修。到上世90年代初,里已成为拥2800米混凝土跑道、多座机、修理厂、仓库和后勤通讯设施的代化基地,占地达4.8平方公里。

得一提的是,尽管基地目前由美使用,但普天基地92%的土地产权却仍一些居民私人有。此,美军每年要支付60亿日元(6139万美元)的地租。土地的产权状况,也后来当地居民要求基地搬迁增加了一份理由。

由于史原因,普天基地位于宜野湾市中心。像这样驻军数千、施众多、训练频繁的基地,居民生活的影响可想而知。期以来,安全、噪音和美军纪问题一直是周居民的心病。

在安全方面,美直升机在训练间每每在周居民区上空超低空掠,其掉下的零件落在周居民区,甚至落于幼儿园、加油站等危险场所。2004年,一架普天基地的美直升机更是直接坠毁于冲大学的校舍之上,使校舍受到坏,所幸未造成亡。了防止再出现这样的情况,当地学校等机构只得在自己的楼加装警示灯等施,提示美军飞注意。

比起安全问题,基地来的噪音和染更是常。据周居民反映,美直升机甚至气式常在百米左右高度的空中飞过,有时训练还会持至深夜,得周居民无法生活。而且,机的机载电设备功率大,一个编队,地面居民的电视机就成了雪花

军纪问题也是周居民的心病。冲是美唯一在国外扎海军陆战队师级的地方,而明,几十年来冲绳发生美犯罪事件中90%都是海军陆战队士兵所,其中有不少都隶属普天基地,与他的猥害和抢夺案件生。

怨日深艰难

于上述原因,普天基地周居民一直烈要求基地迁离市区。1995年,当时发生的一起美士兵暴当地少女事件点燃了民众蓄已久的反,在当地引了大模的反基地运。在民众和地方政

府的双重力下,日本中央政府被迫自上世90年代后期与美国商基地迁移事宜。

但是,美并不愿意易放弃在冲的既有施。日美双方之判自90年代后期始持多年,程相当艰难。直到2006年,借助美重新整西太平洋布局的契机,当的日本自民党政与美国小布什政府才就普天基地迁移问题达成了协议,决定将基地的机功能迁移到位于冲绳县市的施瓦布军营边野古地区,并在当地填海建造两条跑道,美国海军陆战队的部分驻军则迁至关岛

但是,一方案并未得到冲当地居民的可。一方面,划中基地新址所在的名市居民烈反在本地安置;另一方面,在地方居民的力下,冲地方政府和会也要求基地迁离冲绳县2008年,冲绳县议会通了反野古方案的决,在2009年的大中,同意野古方案的候人几乎全部落。在这种政治气候下,野古方案几乎不可能在冲绳实现

深陷困局山回天乏

2009年大之前,民主党方面一直主将普天基地迁移到绳县甚至国外山本人在大多次表示,上策是将普天基地迁移到国外,下策是迁移到,并把一内容列入了他的竞选山上任后,将解决问题的期限定今年5月底,并多次重申将会遵守一期限。

但是,在实质开始与美国和国内各地方政府交后,山内方面才逐感受到问题的敏感性和重性:要将基地迁至国外,就需要美国的可,但美方却持要在冲保留机;而要迁至需要国内其他地方的同意,但在目前国内情民意下,更是上加

山上任以来,民主党方面或明或暗地提出方案,探冲当地和国内各界的反,但几乎均以失

在距离承期限愈来愈近的情况下,山先是在56日表示,他于将基地迁至外的承个人承,而非民主党的承而,他又于13日表示,他将5月底之前决定日美基地迁移问题而尽力,但在6月之后需要继续进行努力。日本媒体认为山的前一表是将自己与民主党行了切割,尽量避免因自己不能兑现而拖累民主党在参选举中的情,而后一表态则相当于承放弃在5月底之前解决问题(者刘)

(本文来源:中国经济)

|

« 1722 中国は見る(830) 鳩山首相沖縄再訪問 “県外発言”撤回でお詫び | Main | 1724 中国の三面記事を読む(756) 月9「月の恋人」第3話 視聴率続落15.6% 木村拓哉神話の崩壊か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1722 中国は見る(830) 鳩山首相沖縄再訪問 “県外発言”撤回でお詫び | Main | 1724 中国の三面記事を読む(756) 月9「月の恋人」第3話 視聴率続落15.6% 木村拓哉神話の崩壊か? »