« 1659 中国の三面記事を読む(717) グーグル 中国から撤退 | Main | 1661 中国の三面記事を読む(719) 中国 「毒ギョーザ事件」の容疑者逮捕 (2) 日本側の反応を報道―日本、両国関係の進展を期待 »

1660 中国の三面記事を読む(718) 中国 「毒ギョーザ事件」の容疑者逮捕 (1) 第一報

中国 「毒ギョーザ事件」の容疑者逮捕 食品工場の元臨時従業員が毒物混入

中国"日本毒子案" 系食品厂临时工投毒

2010-03-26 22:54:59 来源:  

Photo_9 新華ネット北京3月26日報道:2008年初め、河北省石家荘市の天洋食品工場から日本へ輸出されたギョーザが中毒事件を起こした。 中国政府はこれを重く受けとめ、2年に亘りたゆまぬ努力を続け、最近、この中毒事件は毒物が混入されたものと断定、警察当局は呂月庭容疑者を逮捕した。

Photo_10 中毒事件発生後、両国消費者の食の安全を守る立場から、全国から捜査、検査など各方面の専門家を選抜し、特別捜査チームを編成した。 警察当局、警察力を総動員し、徹底的な捜査を行い、事件発生から時間が経過し、現場の物証が少ないなどの困難を克服し、入念な捜査を続けて事件を解決した。

Photo_11 調べによると、容疑者の呂月庭(男性、36歳、河北省井陘県人、天洋食品工場の元臨時従業員)は、天洋食品工場の給料などの待遇や同僚従業員への不満から、その腹いせにギョーザの中に毒物を混入したという。 呂月庭容疑者は毒物混入の容疑を認めている。 警察は呂月庭容疑者の事件で使用した注射器を押収したほか、大量の証人、証言も得ている。

現在、この事件は更に調べが続いている。

“日中ギョーザ事件”の経緯

Photo_12 2008年1月5日:兵庫県高砂市の一家3人が中国の冷凍餃子を食べた後、中毒症状を起こす。 警察はギョーザにメタミドホスが混入されていたと断定。

1月30日:厚生省は、この事件を中国側に通報。 中国品質監督検査総局の専門家調査チームが急遽、河北の関連企業へ赴き現場調査を行う。

Photo_13 2月4日:日本側メディアの報道で、警察はギョーザの外袋に直径3ミリほどの穴を発見。 メタミドホスが人為的に混入された疑いがあると伝えた。

2月12日:共同通信社は、石家荘市公安局特別捜査チームは、この事件は工場側の待遇に不満を持った人間が計画的に行ったものと見ているとのニュースを流した。

2 2月13日:中国国家品質監督検査検疫総局の魏伝忠副局長は、“日本の共同通信社の報道は、品質監督検査総局や警察が発表したものではなく、主観的、推測的な報道であり、捜査及び人々に誤解を与えるものである”と語った。

2月20日:中国の唐家国務委員が日本を訪問。 日本側とギョーザ問題について意見を交換した。

2月22日:「第8回日中戦略対話」が北京で開催され、ギョーザ事件が両国の戦略的協議の議題の一つとなった。

2月25日:警察庁の安藤隆春次長が北京を訪れ、中国公安部の責任者とギョーザ問題の調査結果について会談を行った。

2月28日:魏伝忠副局長は国務院報道弁公室の記者会見で、“今回、日本で発生した「ギョーザ中毒事件」は、農薬残留問題による食品安全事件ではなく、人為的に行われた個別案件である。 毒物の混入が中国で行われた可能性はきわめて低い”と語った。

(本文出所:新華ネット)

中国"日本毒子案" 系食品厂临时工投毒

2010-03-26 22:54:59 来源:   

网北京326 2008年初,河北石家庄天洋食品厂出口到日本的生中毒事件后,中国政府高度重,经过连续两年持不懈的努力,近日明此次中毒事件是一起投毒案件,中国警方已将犯罪嫌疑人月庭抓捕案。

中毒事件生后,本着两国消者高度负责,从全国抽调侦查检验等各方面,成立了。中国警方投入大量警力走访,克服了作案时间与案发时间相隔久、现场少等困,展了大量致的破工作。,犯罪嫌疑人月庭(,36,河北省井陉县,原天洋食品厂临时),天洋食品厂工待遇及个别职工不,为报复子中投毒。月庭投毒作案供。公安机已提取到月庭作案用的注射器,并收集到大量的言。

目前,此案工作中。

中日子事件

200815日 日本兵库县高砂市一家3口食用中国冻饺子后出中毒症状。警方调查确定子中混入有毒甲胺磷。

130日 日本厚生省就此事向中方通。中国质检总调查组紧急赶赴河北业进现场调查

24日 日媒道,日本警方发现外包上有直径3毫米的小孔,怀疑甲胺磷是人混入。

212日 日本共同社布消息称,石家庄市公安局组认为该事件可能是不厂方待遇的人蓄意作案。

213日 中国国家质检总局副局忠表示,日本共同社的道是未由质检总局或警方布的主、猜性的道,将对调查工作和民众造成误导

220日 中国国唐家璇访问日本,与日方就毒问题

222日 第八次中日对话在北京行,毒子事件成两国略磋商的议题之一。

225日 日本警察安藤隆春到北京,同中国公安部负责人就毒问题调查结行会

228日 魏忠在国新办发布会上表示,生在日本的子中毒事件,不是一起因农药残留问题引起的食品安全事件,而是人作案的个案,投毒在华发生可能性极小。

(本文来源: )

|

« 1659 中国の三面記事を読む(717) グーグル 中国から撤退 | Main | 1661 中国の三面記事を読む(719) 中国 「毒ギョーザ事件」の容疑者逮捕 (2) 日本側の反応を報道―日本、両国関係の進展を期待 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1659 中国の三面記事を読む(717) グーグル 中国から撤退 | Main | 1661 中国の三面記事を読む(719) 中国 「毒ギョーザ事件」の容疑者逮捕 (2) 日本側の反応を報道―日本、両国関係の進展を期待 »