« 1583 中国は見る(779) 日本政府:鳩山首相の南京謝罪訪問報道を否定 | Main | 1585 中国は見る(781) 【2010年】 天皇陛下新年のご感想 »

1584 中国は見る(780) 鳩山首相の南京訪問報道の反響 (日本)首相の南京行き絶対反対! (中国)南京へ来て謝罪せよ!

1.日中ネット上:首相の謝罪問題で激しく対立

2.日本の首相が跪き謝罪するなら、中国を感動させられる

1.中日网友在日本首相是否道歉问题

http://international.dbw.cn/ 2010-01-07 08:40:09

来源:球网-时报 编辑

2.家:日本首相若下跪罪将感中国

http://international.dbw.cn/  2010-01-07 08:42:09

1.日中ネット上:首相の謝罪問題で激しく対立

環球時報特派員李秋恒の報道によると、フランス《フィガロ》紙が6日、2010年中に驚くべき“和解のドラマ”が上演されると報じた―――日本の鳩山首相が南京を訪問するというのだ。 かって旧日本軍が残虐な大虐殺を行った場所で中国国民に公式に謝罪する。 そしてもう一方の中国の指導者も年内に答礼として被災地広島を訪問するという内容だった。

このニュースは日本のネットでほとんど一方的な激烈な反対に遭った。 ひどいのになると、中国の指導者に靖国神社参拝を求めるものまであった。 これと同時に、環球ネットも昨日、世論調査を行った。 短時間のうちに一万人を上回る回答があった。 96%を超す中国国民が日本の首相の南京謝罪を求め、中日の国民感情がこの問題で激しく対立を見せた。

環球ネットが7日午後行った世論調査は、わずか数時間の内に1万2000人から回答があった。 7日夜10時時点で、“日本の首相は南京大虐殺記念館へ行って謝罪すべき”が96.2%(11493人)だった。 “日本の指導者が南京で本当に謝罪する”と思う人は、わずか20.4%(2290人)で、25.4%(2855人)はあり得ない、54.2%(6099人)は“わからない”だった。

また、日本の首相の謝罪が中日の和解問題を解決することができるかどうかについて、ネット利用者の態度には大きな相違が見られた。 28.5%(3406人)は“できる”、26.3%(3146人)は“できない”、それから45.1%(5391人)が“わからない”だった。

ネットの伝言板にこう言うのがあった。 “謝罪はあの悲惨な歴史を公式に認めることだ。 本当にもし謝るなら、私は中日友好を支持する” 別のネットの友は、日本の誠意を期待するとし、“口先だけの謝罪じゃなく言行一致であってほしい。 陰で別なことをしないでもらいたい”、”謝罪はとても簡単だ。 でも、日本に誠心誠意の謝罪をさせるなんて難しい。 日本は前にも、いわゆる謝罪をしたことがあったけれど、あっという間にやることなすこと謝罪とはまったく逆のことをやった。 このような言行不一致、言うことと考えていることが裏腹なのは、すべて目先の利益のことを考え、いい加減にごまかそうとするからだ。 私は実際行動が口先の‘謝罪’より重要だと思う”あるネットの友はこう語った。

また別のネット友達は疑問を投げかけた。 “日本が中国に謝罪するって?太陽が西から出るんじゃないの? 日本がいつこんなことするの? 中国人をだまそうってんじゃないの? 冗談に決まってるよ!” またある人は、“なんで中国の指導者が広島に行かなくちゃいけないんだ。 原子爆弾は中国が落としたんじゃない。 行くんだったら、オバマを行かせりゃいいんだ”

だが、中国の民間の声は7日、日本では、民間から激しい攻撃にあった。 《環球時報》記者が6日、“中日和解”を報道した日本のニュース・ウェブサイトで600件ほどのネットの書き込みを見たところ、首相の南京“謝罪”を支持していたのは一人だけだった。 “そうすれば日中関係が本当に改善されるし、成功するだろう” しかし残りの圧倒的多数のネットの人々はすべて大反対だった。 “歴史の検証はまだ完全に終わっていないのに、首相が軽々しく謝罪なんか行くべきでない”、“日本は中国のご機嫌を取ることはない”、“鳩山首相が南京へ行くなら、中国の指導者は靖国神社へ行け”

日本のネットの人が言及した“歴史の検証”とは、先月末、東京で開催された“日中歴史共同研究委員会”の会議のことを指している。 《読売新聞》によると、日中の学者が南京虐殺問題で依然として意見が分れ、両国の歴史問題での溝が依然として深いことが、浮き彫りになったという。

実際、過去を遡ってみると、中国を訪れ“謝罪”した現職の日本首相は指折り数えるほどわずかである。 1997年、橋本龍太郎首相は瀋陽の“九一八”(満州事変)記念館を参観し、同館に入った最初の首相となった。 4年後、“8・15”の2日前に靖国神社を参拝したばかりの小泉純一郎首相が北京郊外の盧溝橋と中国人民抗日戦争記念館をを参観した。 そして“侵略戦争によって犠牲となられた中国国民に謝罪する気持ちをもって観覧しました”と述べた。 だが、今日まで抗日戦争で一番痛ましい記憶が残っている南京には、未だ日本の首相の誰も訪れていない。

2.日本の首相が跪き謝罪するなら、中国を感動させられる

1月7日付《環球時報》の報道によれば、フランス《フィガロ》紙は6日、2010年中に驚くべき“和解のドラマ”が上演されると報じた。 かって旧日本軍が残虐な大虐殺を行った場所・南京を鳩山首相が訪問し、中国国民に公式謝罪するというのだ。 そしてもう一方の中国の指導者も年内に被爆地広島を答礼訪問するという。

Photo 外交学院国際関係研究所の周永生教授は6日次のように語った。 日本の文化は祖先を否定しないところがある。 中華民族のように善悪を重要な判定基準としているところと、そこが道徳的に違うところである。

2005年、周永生教授は、《日中和解―共栄への道》という本を出版した。同じ年、日本の学者・小菅信子氏は《戦後和解――日本は〈過去〉から解き放たれるのか》という本を出版した。 この本は日本のアマゾン書評ネットで“日Photo_2 本で初めて日中の和解問題を論じた著作”と紹介された。 更に関心を呼んだのは、この本が出版された当時は、中国では小泉純一郎首相の靖国神社参拝で大規模な反日デモが起った時で、多くの日本の学者達はその当時みな“日中の対立は、妥協の余地はない”と見られていた。

日本JCC新日本研究所の庚欣副所長は《環球時報》に対し、“日本の首相が南京へ行って“謝罪”をという声は一部日中友好の人々の間から前から言われていた。 しかし小泉首相が、盧溝橋を訪問した後も、依然として靖国神社を参拝し続けた事実から見て、一人二人の首相が謝罪したからと言って、日中の歴史問題を解決することはできない“と語った。

環球ネットは6日“日本の首相が南京で「謝罪」して、日中和解が実現できると思うか?”というテーマで世論調査を行った。 53%が“わからない”、“できる”は20%しかなかった。 

周永生教授は、この問題について、日本の首相が南京を訪問すれば、ある程度、日中和解の作用を果たすことができる。 “しかし、私達は彼がどのような態度と行動をとるか見る必要がある。 もし、1970年代の西ドイツのブラント首相がワルシャワを訪問し、ゲットー記念碑の前で跪いて謝罪したようにすれば全中国を感動させることができると思う”と述べた。

1.中日网友在日本首相是否道歉问题

http://international.dbw.cn/   2010-01-07 08:40:09

作者:    来源: 球网-时报     编辑

 环球时报特约记者李秋恒报道,法国《费加罗报》6日预测,2010年中日间将上演惊人的“和解大戏”———日本首相鸠山将访问南京,在这个当年日军进行过野蛮大屠杀的地方向中国人民公开道歉,而中国领导人年内也将回访曾遭受核爆炸的广岛。这一提议遭到了日本网民几乎一边倒的激烈反对,甚至有人赌气般要求中国领导人参拜靖国神社。与此同时,环球网昨日推出的民调短短几小时就吸引了超过万人投票,超过96%的中国民众认为日本首相应该到南京道歉,显示出中日民间情绪在此问题上的激烈对撞。

  球网7日下午推出的民短短几小内就吸引1.2万人投票。截至710点,96.2%(11493)访认为日本首相应该南京大屠杀纪并道歉,但20.4%(2290)访认为日本领导人在南京罪能真上演,25.4%(2855)认为不可能,54.2%(6099)认为不好

  而在日本领导人道歉能否实现中日和解问题上,网民度出巨大分歧,28.5%(3406)认为26.3%(3146)认为不能,另有45.1%(5391)认为不好

  有网友留言道歉就表示公了那段惨无人道的史。如果真的道歉了,我愿意支持中日友好。也有网友希望日本有意,不要口上道歉背地里却另一套,言行一致。””道歉其简单,但如果日本作出真心意的道歉很。日本以前作出所的道歉,个身的所做所,和它的道歉完全不符。这种言行不一,口是心非,都是了眼前的利益考,而敷言了事。我实际比口道歉更加重要。一名网友这样说

  也有网友日本会向中国道歉?不是太阳打西出来了?几看到日本有这样举动?不会是欺中国人的吧?我看是在跟咱玩笑呢。有网友,凭什要中国领导访问广,原子又不是中国扔的,要去也应该是奥巴去。

  不,来自中国民的呼声7日在日本遭受同来自民的激烈抗。《时报6日在中日和解的日本新网站上翻600多条网友跟帖,只有一位网民支持首相赴南京,称只要在此之后中日系真的改善,就算是成功。其余大多数日本网友都表示反。网友NAN认证还没有完全束,首相不该轻轻飘飘地去,有网友称日本用不着奉承中国有人宣称如果山去南京,中国领导应该去靖国神社

  日本网友提到的认证指的是上个月底在行的中日史共同研究委。日本《读卖》称与会日中学者在南京屠杀问题上依然分歧重,示出两国在问题上依然存在鸿沟。

  实际上在去几年中,来的日本在位首相屈指可数。1997年,任日本首相太郎参了位于沈阳的一八,成为进该馆的第一位在位日本首相。4年后,“8•15”前两天参拜靖国神社的日本首相小泉一郎参了位于北京郊外的及中国人民抗日,并表示内心抱着因侵略争而牲的中国人民道歉的心情看了展。但至今日,承受着抗日争最沉痛记忆的南京却未迎来任何一位在位日本首相。

2.家:日本首相若下跪罪将感中国

http://international.dbw.cn/   2010-01-07 08:42:09

据1月7日出版的《环球时报》报道 法国《费加罗报》6日预测,2010年中日间将上演惊人的“和解大戏”———日本首相鸠山将访问南京,在这个当年日军进行过野蛮大屠杀的地方向中国人民公开道歉,而中国领导人年内也将回访曾遭受核爆炸的广岛。

  外交学院国际关系研究所周永生教授6日表示,日本的文化不愿否定祖先,就使日本在道德上不像中民族那把善重要

  2005,周永生教授曾写下《中日和解———通向共同繁之路》一。同年,日本学者小菅信子所著的《后和解:日中和解可能,日本能》一在日本上市,此被日本亚马孙书评网称日本第一本讨论中日和解问题的著作。更令人注的是,此书问世当年,中国因小泉一郎参拜靖国神社爆了大模反日游行,更多的日本学者那都在中日矛盾不可

  日本JCC新日本研究所副所庚欣向《时报》介,有日本首相到南京的呼声一些日本日中友好人士早就提,但从小泉在访问卢后依然参拜靖国神社的事来看,一两位日本首相的道歉并不能完全解决中日问题球网6题为日本领导人在南京令中日实现和解的民调显示,53%的投票者认为不好,而认为的只有20%

  周永生教授在问题认为,日本首相访问南京在一定程度上能起到中日和解的作用,但我们还要看他有怎的表和行,如果像上世70年代西德理勃访问华在死念碑前一跪,我想他会感整个中国

|

« 1583 中国は見る(779) 日本政府:鳩山首相の南京謝罪訪問報道を否定 | Main | 1585 中国は見る(781) 【2010年】 天皇陛下新年のご感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1583 中国は見る(779) 日本政府:鳩山首相の南京謝罪訪問報道を否定 | Main | 1585 中国は見る(781) 【2010年】 天皇陛下新年のご感想 »