« 1579 中国は見る(776) 日米密約問題 40年ぶりに明るみに (上) | Main | 1581 中国の三面記事を読む(668) 北京:新年に大雪 また40年ぶりの最低気温に見舞われる »

1580 中国は見る(777) 日米密約問題 40年ぶりに明るみに (下)

美日核密约隐40年后首度曝光

2009-12-25 07:28:25 来源: (北京) 

日本の政治への信頼に 疑問符?

今回の“密約文書”の発見は、鳩山新政権にとっては、もちろん自民党政権の過ちをまた見つけたことになる。 しかし、今はもう秘密でなくなった“密約”は新たな問題をもたらそうとしている。 この密約を承認するのか? もし今後また他の密約が見つかったら、どう対応するのか? 《毎日新聞》が指摘しているように、この文書には両国トップの署名があり、米側はおそらくこの文書を有効と見ている。 

鳩山政権にとって、もしこの密約を承認しないという選択をした場合、必ず米側の了解を得なければならない。 しかし、日米の間は最近、普天間基地問題で相当ギクシャクしている。 ゲイツ米国防長官が10月に訪日した時、日本側に密約の調査を日米関係に影響しないよう求めた。 鳩山政権がもし“密約”の有効性を否定するようなことになったら、恐らく米国の鳩山政権に対する不信感は更に悪化することになるだろう。 また、米国の“核の傘”は日米安保と日本の防衛戦略の基本の一つであり、この“密約”こそ実際には米国の核の傘の一部分である。 これも鳩山政権の判断に影響するものである。

もし、この“密約”を承認する選択をした場合、間違いなく更に面倒なことになる。 “密約”は“非核三原則”の“核兵器を持ち込ませず”の内容に完全に抵触するからである。 日本は、原子爆弾を投下された歴史を持っているため、日本国内の核兵器に対する問題は非常にデリケートになっている。 国民の反核意識はとても強く、“非核三原則”を変更することは、政治的に恐らく鳩山政権には難しいだろう。 更に重要なことは、今回明らかとなったのは、4つの密約のうちの1つだけである。 今後もし、調査の進展に従い、また新たな“密約”が暴露されたら、日本の政治、外交への影響は更に大変なことになるだろう。

今回の公開された“密約”で、他の国は日本の政治と外交について、改めて理解したに違いない。 一国の指導者ともあろう人が、“非核三原則”のような高邁な道徳的提案をしながら、一方で個人的外交方式で、提案した精神とはまったく矛盾する二国間協定を締結しているのだ。 そして“非核三原則”により得た栄誉を平然と受けている。 これは現実主義、功利主義、“密室政治”の高度に結合したやり方ということができる。 このことは世界の人々に日本の政治と外交の進め方に新しい認識をもたせたに違いない。 

機密の全文 (極秘)

ニクソン米大統領と日本の佐藤首相が1969年11月21日に発表した共同声明に関する合意議事録

米国大統領:

我々が共同声明の中で述べているように、米国政府は日本へ正式に施政権を移管する前に、沖縄から核兵器をすべて撤去する。 それ以後は、《安全保障条約》および関連する諸取り決めが沖縄に適用される。 これは共同声明で説明した通りである。 

しかし、米国が日本を含む極東国家の防衛のため負う、国際的義務を効果的に果たすため、重大な緊急事態が発生した際には、日本と事前協議を行った後、米国政府は核兵器を再度沖縄に持ち込むことを求めると共に、沖縄を通過する権利を持つこととする。 米国政府は肯定的な回答が得られることを期待する。 米国政府は重大な緊急事態を想定し、現存する沖縄の核兵器貯蔵地の、嘉手納、那覇、辺野古と“ナイキ・ハーキュリーズ”ミサイル基地をいつでも使用できる状態で維持したい。

日本国首相:

日本政府は、大統領が述べた米国政府の重大な緊急事態の要求を重く受け止め、事前協議後には直ちにこの要求を受け入れる。 大統領と首相は本文書に異議はない。 本文書を2通作成し、大統領と首相官邸に保管し、米国大統領と日本国首相はこの文書を極秘文書として取り扱う。

ワシントン

1969年11月19日

(本文出所:国際先駆導報)

日本政治信遭

此次发现对鸠山新政而言,无疑是找到了自民党政的又一笔旧。但是,份如今不再成秘密的,却来了一个新问题,是否承认这一密?如果以后又找到了其它密,又将如何待?正如《日新》指出,由于份文件上有两国领导人的名,美方很可能仍有效文件。

对鸠山政而言,如果选择不承认这一密,必须获得美方的解。但日美之近期因普天基地问题气氛已经显得相当尬,美国国防部盖茨10访也要求日方调查不要影响日美系。一旦山政否定的有效性,很可能步恶化美国对鸠山政本已不佳的感。另外,美国的核保护伞是日美安保系和日本防卫战略的基之一,实际上也是美国核保护伞的一部分,也会是影响山政做出判断的因素。

如果选择认这,无疑会来更多的麻完全抵触无核三原中的不运核武器内容。由于日本遭受原子弹轰炸的史,日本国内核武器问题一向非常敏感,国民的反核情绪较重,要更改无核三原,其政治成本恐怕是山政权难以承受的。更重要的是,此次公布于世的,仅仅4个密之一,如果今后随着调查深入,又不断有新的露,日本政治和外交的影响无疑会更大。

此次公布的很可能会其他国家重新认识日本政治和外交。一位国家领导人,可以在提出如无核三原般高居道德高地的倡的同,又绕开国内行政部,以私人外交的方式签订与公精神完全相悖的双边关定,并无核三原而来的誉安之若素。这种现实、功利主密室政治高度合的做法,必然让观日本的政治和外交运作方式有了新的认识

核密全文

密)

于美国总统尼克松与日本首相佐藤表于19691121日的合公的合意

美国总统

正如双方在合公中所,美国政府划于正式向日本移交行政管理之前从冲绳岛移除全部核武器;此后,《安全保障条》及相关协议将适用于冲绳岛合公中已有明。

然而,有效履行美国包括日本在内的远东国家的国防承担的国际义务,在重大急状况,在与日本行事先商后,美国政府将要求将核武再度携入冲,并且得通利。美国政府期待得肯定的回。美国政府考到重大急状况的需要,存于冲的核武藏地,即嘉手、那霸、野古和利女神-力士型飞弹基地有必要保持可使用的状

日本首相:

日本政府十分重视总统上述的美国政府在重大急状况下的要求,并将在事先商后立即些要求。

总统和首相无异。本一式两份,分总统和首相公室保存,并视为美国总统与日本首相之密文件。

19691119

(本文来源:驱导报

)

|

« 1579 中国は見る(776) 日米密約問題 40年ぶりに明るみに (上) | Main | 1581 中国の三面記事を読む(668) 北京:新年に大雪 また40年ぶりの最低気温に見舞われる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1579 中国は見る(776) 日米密約問題 40年ぶりに明るみに (上) | Main | 1581 中国の三面記事を読む(668) 北京:新年に大雪 また40年ぶりの最低気温に見舞われる »