« 1545 中国は見る(758) 鳩山首相の献金疑惑の説明に 74%が納得せず | Main | 1547 中国は見る(760) 平山郁夫氏死去 »

1546 中国は見る(759) 元外務省高官が出廷 「日米沖縄密約の存在」を認める

1.元外務省高官が出廷 「日米沖縄密約の存在」を証言

2.元高官  「日米沖縄密約の存在」を認める

1.日本前外省高官出庭证实存在日美冲

2009-12-01 22:00:47 来源:

2.日本前高官证实存在日美冲

2009-12-01 21:46:45 来源: 中国新(北京)

1.元外務省高官が出廷 「日米沖縄密約の存在」を証言

新華ネット東京12月1日電(記者:劉贊):吉野文六元外務省アメリカ局長が1日、東京地裁の法廷で証言に立ち、「日米の沖縄返還交渉で密約があった」ことを認めた。 

吉野氏の今回の証言は、密約の日本側の交渉当事者が初めて法廷の場で公的に認めたものである。 日本のメディアは、この証言は日本の新政権の密約問題調査を促進させることになると見ている。 

吉野氏は、1972年、米国が日本に沖縄を返還する前、日米双方が、「米側が負担すべき返還関連費用を、日本側が肩代わりする」密約を交わしていた。 この密約により、日本側は本来米国が負担すべき米軍用地の現状回復費400万ドルを肩代わりすることとなった。 日本は米側の費用を肩代わりする事実を隠すため、この費用を日本が負担する核兵器移転費用の中に含ませた。 

1971年6月、米国が沖縄返還協定に調印した後、《毎日新聞》西山太吉記者は同紙に上述の密約があるという記事を載せた。 この後、西山記者は逮捕され裁判にかけられ判決が下った。 罪名は取材の過程で違法な手段で機密電文を取得した。 今年3月、西山など25人のメディア人と学者が、日本政府に密約文書の開示を求める訴訟を東京地裁に提起した。 日米沖縄返還密約は日本の新政権が現在調査中の日米間の四つの密約の一つである。 これまでの日本政府は一貫してずっとこの密約の存在を否定していた。 しかし、関係者の証言と米側の秘密文書開示から、これら密約の存在が明らかとなっていた。

岡田外相は政権発足直後、密約調査チームと有識者からなる第三者委員会を立ち上げた。 現在、調査結果を検証中で、来年1月発表を予定している。  (本文出所:新華ネット)

2.元高官  「日米沖縄密約の存在」を認める

中新ネット121日電:1972年、米国が日本に沖縄を返還する際、両国に密約があったかを巡る裁判で、1日、東京地裁で4回目の口頭弁論が行われた。 吉野文六元外務省アメリカ局長(91歳)が、原告側証人として出廷、証言した。 吉野氏は当時の交渉責任者の一人である。 彼は法廷で初めて密約の存在を認めた。 日本政府はこれまで一貫して、この密約の存在を否定していた。

共同通信社によると、元高官が法廷で密約の存在を公的に認めるのはきわめて異例なことである。 これは、鳩山政府が「日米の沖縄返還と米核搭載艦船の入港密約の真相解明」を推進させることになると伝えている。 

吉野氏は尋問に対して、米軍用地の現状回復費400万ドルの費用を日本側が負担する密約があったことを認めた。 証言の中で、“沖縄返還協定の文書と実際の情況は違っていた。 実際には、日本側が肩代わりした”と述べた。 また吉野氏は、“アメリカの声(VOA)の国外移転費1600万ドルも肩代わりした”ことを認めた。 

米側密約文書上の“BY”のイニシャルについても、吉野氏は、“局長室で署名した。 その場にいた事務官がコピーしたことを覚えている”と証言した。また、日本がこの費用を肩代わりした理由について、“当時は米国の財政が悪化しており、米国の議会が、対米貿易で大儲けしている日本にお金を出すのなら、沖縄返還しないほうがいいと主張していることを耳にしていたからだ”と述べた。

吉野氏は、“米国の秘密文書が開示されたことが密約の存在を認めるきっかけとなった”と述べた。 また“日本も、一定の時間が経過したら誰でも外交文書の内容を研究することができるよう、このような制度を採用すべきだ”とも語った。 

元《毎日新聞》記者、原告の一人である西山太吉(78歳)氏が外務省機密漏洩事件で1972年12月受けた裁判では、吉野氏は検察側証人として出廷し、密約の存在を否定していた。 吉野氏は2006年からメディアに対し、密約の存在を認めていた。 そして今回の法廷で37年ぶりに西山氏と対面した。

吉野氏が東京地裁に証人として出廷し、米軍用地の原状回復費400万ドルを日本が肩代わりする密約の存在を認める証言をした。 鳩山首相は、吉野氏の証言について、“貴重な証言だ”と語った。 鳩山政権が発足直後、“日米密約の真相解明に尽力する”としていた。 吉野氏が出廷証言したことで、長い間密約の存在を否定してきた政府見解が早晩修正されることになりそうだ。 

鳩山首相は記者団に対し、“政権としても事実関係が確認できたあかつきには国民にお知らせしたい”と述べた。

岡田外相も記者会見で、“もし裁判で真相が明らかになれば、その意義は大きい”と語った。

外務省の第三者専門家委員会は、現在、密約の検証作業を進めている。政府は委員会が結論を出した、見解を修正することにしている。

1.日本前外省高官出庭证实存在日美冲

2009-12-01 22:00:47 来源:   0  手机看新

121(者刘)前日本外省美洲局局吉野文六1日在京地方法庭作,存在日美返

吉野此次作是密的日方判当事人首次在法庭上公存在。日本媒体认为这将促日本新政府约问题调查

吉野在作证时说,1972年美国向日本返,日美双方达成一,决定由日方代替美方承担返关费用。根据,日方花400万美元将美用地恢复为农,用本由美方承担。隐瞒日方替美方出的事,用被入日方承担的移核武器用中。

19716月日美署返绳协定后,日本《日新者西山太吉在该报上撰文披露了上述密,此后西山被逮捕并判刑,罪名是在采访过程中用非法手段取机密文。今年3,西山等25名媒体人士和学者向京地方法院提起诉讼,要求日本政府公文件。

日美返是日本新政府正在调查的日美4个密之一。此前的日本政府一直否存在些密,但相人士言和美方解密档案均些密的存在。

新政府外相田克也上台后成立了密约调查和由有之士成的第三方委会。目前调查结果正在检验,定于明年1月公布。 (本文来源:)

2.日本前高官证实存在日美冲

2009-12-01 21:46:45 来源: 中国新(北京)  1  手机看新

中新网121 围绕1972年美国向日本归还绳时两国是否达成密而展诉讼1日在京地方法院行了第4次口头辩论。前日本外省美洲局局吉野文六(91)原告方人出庭作。吉野是当负责人之一,他在法庭上首次公存在密。日本政府一直否存在一密

日本共同社道称,前政府高官在法庭公存在密的情况极对鸠山由夫政府明日美有绳归还及默军载船停靠的密真相起到推作用。

吉野在接受讯问时存在有400万美元的美用地恢原状补偿费由日方承担的密,作证说绳归还协定的文字与实际情况并不一实际上是由日方承担的。他日本支付了美国之音(VOA)广播台迁至国外的1600万美元用。

美方密文件上的“BY”字母写,吉野表示是在自己的局署的。得在的事还复印了。他就日本承担该费用的原因表示:美国化,我听到美国国会有人主如果向(易中)了的日本出,不如不归还’”

吉野表示,美国解密相文件是他决定承存在密的契机。他指出:日本也应该采用这种制度,在经过一段时间后使任何人都能研究外交文件的内容。

前《日新者、原告之一的西山太吉(78)因外省机密泄漏事件于197212月接受庭审时,吉野作为检人出庭否了密的存在。吉野从2006年起向媒体证实存在密,并在此次庭37年与西山面。

于吉野文六在京地方法院出庭作证时存在有400万美元的美用地恢原状补偿费由日方承担的密山由夫首相就此赞扬吉野提供了贵证词山政府上台后便致力于明日美密的真相。于吉野已出庭作期以来否定密存在的政府必将被修改。

对记者表示:政府将在事实关系得以确后告知国民。外相田克也也在者会上表示:如果通过审判能使真相大白,件事意重大。

于外省的第三方家委会目前行密检证工作,预计政府将在委会得出结论后修改解。

(本文来源:中国新)

|

« 1545 中国は見る(758) 鳩山首相の献金疑惑の説明に 74%が納得せず | Main | 1547 中国は見る(760) 平山郁夫氏死去 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1545 中国は見る(758) 鳩山首相の献金疑惑の説明に 74%が納得せず | Main | 1547 中国は見る(760) 平山郁夫氏死去 »