« 1462 中国は見る(704) 日本の政治の動き⑭ 鳩山首相 16日にも誕生! | Main | 1464 中国は見る(706) 日本の政治の動き⑯ 世界の論調から見る“新しい日本” (上) »

1463 中国は見る(705) 日本の政治の動き⑮ 民主党政権登場 日米関係重大試練に 

Photo_2

分析:民主党政権登場 日米関係重大試練に

分析民主党上台使日美系面重大考

2009年09月01日04:10  中国青年

8月30日、鳩山由紀夫民主党党首は民主党の立候補者の名10簿の前に立っていた。 衆議院選挙の最終結果は31日未明に明らかとなった。 民主党が衆議院480議席農地308議席を獲得し、衆議院の絶対安定数の241議席を上回り、空前の勝利を収めた。

新華社/AFP

本紙日本駐在記者:裴軍

11 日本と中国、韓国などのアジアの国との外交には大きな変化がないという判断に対し、民主党政権下での日米関係には大きな変動があると見られている。 来年は日米同盟条約締結50周年の記念の年である。 半世紀の長きに亘り“アメリカ主体、日本追従”の日米同盟関係は本当に変わるのだろうか?

オバマ政権 新しい日米関係が見えない

Photo_3 “われわれは、強固な日米同盟と緊密な日米関係が新政権でも継続すると確信している。 オバマ大統領は、日本の新しい首相が、世界、地域、および2国間のさまざまな課題を新首相と協力して取り組むことを期待している” 8月30日、米国ホワイトハウスの報道官は民主党政権の誕生に対し、このような声明を発表した。

実際に、鳩山政権下での日米関係は更に安定、強化するのか、それとも逆行、衝突となるのか? 現在、アメリカは見当がつかないでいる。 というのは、鳩山、小沢の日米関係の現状に対する態度と民主党政権のマニフェストの中の日米同盟に関する記述からまったく“(日米関係)を引き続き安定化し強化”する意志があるのか見えないからである。

日本のメディアの8月31日の報道によると、オバマ政府はゲーツ国防長官を10月中旬日本に派遣させ、日米安保政策について議したいと考えている。 また、これより前の9月16日頃にキャンベル国務次官補を日本に派遣させ、民主党とハイレベルの会談を行いたいとしている。米側の動きから見て、今回の日本の新政権下の日米関係について、非常に緊張していることがわかる。

民主党:日米は“対等な同盟関係”を築くべき

これからの日米関係について、民主党は、日米関係は日本の外交の基軸である。 しかし、“緊密で対等な同盟関係”を作るべきだとしている。鳩山由紀夫代は、これについてこう明している。 “日本が築くべきは、対米依存型ではなく、自立した対米関係である。 安全保障について、日米間は適切な距離を持つことだ” 民主党は日米関係の調整について具体的な提案をしている。 “日米の地位協定の改正、《テロ特措法》を再延長せず、来年1月の自衛隊のインド洋給油からの撤退、米軍基地の予算削減、米軍の再編計画見直し、普天間米軍基地の沖縄からの移転などである。

上述のどの方针も米国が望まないものだといえる。 米国の政府関係者は、はっきりと語っている。 “民主党の対米政は日米同盟関係を弱め壊すものである。 現在、米国政府が確認できないのは、これら主張が民主党が選挙用で使ったスローガンなのか、それとも本当に日米関係を「新たに定義し直す」と考えているのかだ。

米国:G7首脳は鳩山理論には同意せず

8月27日、米国《ニューヨーク・タイムズ》(電子版)に、鳩山由紀夫党代表が書いた論文《日本の新たな道》が掲載された。 鳩山代表は論文の中で“《日米安保条約》は(日本)外交の礎石である”としているが、しかし、彼は同時に米国の“市場原理主義”を批判、“日本は米国主導のグローバリズムという名の市場原理主義に翻弄され続け、人としての尊厳を喪失してしまった”と書いた。

また彼は、“小泉純一郎元首相の政権以来、自民党政権は米国に追随し、日本の地域社会を破壊した”と語っている。 “イラク戦争の失敗と金融危機により、米国主導のグローバルリズムは終結に向かい、世界は多極化の時代を迎えた” 中国の影響力が日増しに強まる情況の下、日本は“米中が覇権を争う中”、いかにして自国の利益を守るかが日本の直面する問題である” 鳩山代表は、“民主党政権は自分が主張する“友愛”精神に立脚し、地域社会を再建し、東アジア共同体を創設したいと強調した。

米国の専門家、政府関係者は鳩山代表のこの発言に大いに不満である。 その“米国主導”批判とアジアを中心とする経済と安保体制に、現実性にけると考えている。

鳩山代表がグローバルな米国式資本主義を批判していることに対し、専門家は、民主党が米国の主張をいうなら、国際通貨基金の金融支援体制や経済再生の優先順序やドル体制をどうするのかと疑問を呈した。 更に米国の政府関係者はこう指摘した。 “G7の首脳達は鳩山の極端な理論に賛成する人はいないだろう。 彼が首相になった後は、これまでの評論家のような思考方式を改めるべきだ”

理想主義を貫くか? それとも現実路線を行くか?

政権を執った後、選挙で公約した約束をどう実現するか? 忠実に履行するのか? それとも情況を見ながら、“約束どおりにせず”実施するのか? 民主党はとても困っているのだ。 もし日米関係を“理想”どおりに事を進めるなら、日米関係は必然的に大衝撃を受け、外交基軸の不安定さは必ず来年7月の参議院選挙に影響を与える。 もし現実路線を行き、柔軟に対応するなら、野党・自民党は“言うことがいい加減だ”と攻撃するだろう。

政権の安定を守り、参議院選挙で勝利を得ることが、民主党新政権の最優先とする任務だ。 日米関係で、民主党は最も現実的、柔軟路線を歩くかもしれないと分析するものがいる。

実は選挙の時、民主党はすでに現実的路線の兆候を見せていた。 例えば、当初、政権交代したら“直ちに”自衛隊の給油活動中止と“日米地位協定の改定”に取り組むと主張していたのに、それぞれ“期限がきたら延長しない”と“改定を提する”とった。

最近、民主党は日米関係に触れる時、“まず重要な事は、鳩山代表とオバマ大統領の信頼関係を築くことだ”と強調している。 その他の問題は話し合いの場に持ち出さないようにしている。 9月の国連総会、G20金融サミットおよび11月、オバマ大統領の日本訪問は、民主党にとって“日米首脳の相互信頼”の二大チャンスである。

将来の日米関係が一体どうなるか? 民主党は“対等な同盟関係”を求めているが、具体的にどのように実施するのか? これらはすべて鳩山代表とオバマ大統領の“会談”を待たなければならない。その後、はっきりするだろう。

分析民主党上台使日美系面重大考

2009年09月01日04:10  中国青年

830日,在日本首都京,日本民主党党首山由夫站在民主党候人名展板前。

报驻日本者 裴

于日本与中、洲国家外交不会生大化的判断,各方普遍认为民主党政下的日美系将面临较大波。明年是日美缔结同盟条50周年念,延了半个世之久的美主日从的日美同盟系真会生巨变吗

奥巴政府新的日美系感到没底

确信,固的日美同盟和密的日美系将在新政步发展。奥巴马总统衷心期待与日本新首相就全球、地区及双边课题进行合作。”830日,美国白宫发言人针对日本民主党政表了上述声明。

山政下的日美系到底会更加固、化抑或是倒退、摩擦?在美方心里也没什底。因为鸠山、小泽对于日美状的度以及民主党政于日美同盟的表述根本看不出有继续稳固和化(日美系)的意思。

据日本媒体831道,奥巴政府正在考派遣国防部盖茨10月中旬访日,就日美安保政策协调。而在此之前会于916日左右先行派出副国卿助理卡特访日,与民主党行高级别。从美方的举动看,此次美国日本新政下的日美系走向感到很紧张

民主党:日美建立等同盟

针对未来的日美系,民主党提出,日美系是日本外交的基,但更应该构建等的同盟山由夫曾此解释说日本需要建立的不是美依型、而是更自立的系。于安全保障,日美可以保持适当的距离。民主党针对日美整的具体提案有:提修改日美地位定;不再延《反恐特措法》,明年1月自卫队退出印度洋供油行;削减美基地算;整美编计划,将普天基地迁出冲等。

可以,上述政策都是美国不愿看到的。不少美方官明确表示,民主党的美政策将重削弱和坏日美同盟。目前美国官方不能确定的是,些主只是民主党因竞选需要而喊出的口号,是真了心要日美史性的重新定

美国:G7不会同意山的理

827日,美国《纽约时报》网版刊登了民主党代表山由夫撰写的文章《日本的新道路》。山在文中表示《日美安保条》是(日本)外交的关键,但他同美国的原教旨主,以及日本受到美国主的市原教旨主和全球化的冲,人正在失作人的尊

他表示,日本前首相小泉一郎政以来,自民党政追随美国,破坏了日本的地域社会。由于伊拉克争的失和金融危机,由美国主的全球化将走向终结,世界将迎来多极化。在中国的影响力日益增的情况下,日本如何在美中争霸中维护本国利益是日本面问题强调,民主党政将立足于自己所倡精神,力争重建地域社会、构筑东亚共同体和永久性共同安全机制。

美国的家、官员们对鸠山此番言认为其批判美国主并致力于构建以中心的经济和安保体制缺乏现实性。

针对鸠山批全球化是美国式本主,有疑日本民主党能否在美国主之外,找到有于国际货币基金的金融援助体制并改复经济重生的序和美元体制。更有美国政府相人士指出,“G7的首脑们没有一个会同意山的极端理,他当上首相后应该评论家一的思方式

持理想主义还是走现实线

上台后如何兑现中的各?是忠履行情况打折?民主党很是为难。如果遵循日美系的理想行事,日美系必然受到巨大冲,外交基的不定必会影响到明年7月的参选举。如果走现实线,灵活应对,又会在野的自民党攻言而无信的口

有分析认为维护权稳定和确保参选举获胜是民主党新政先的任。在日美系上,民主党最有可能走现实、灵活的路线

选举,民主党已出了走现实线的苗。例如,原本在夺权立即停止卫队供油行行修改日美地位定的主,分别变成了不再延修改

近来,民主党一提到日美系就强调当前要是确立新首相和奥巴马总统的信赖关,其他问题尚不急于拿上判桌。9月的大会G20金融峰会以及11月奥巴马访日是民主党建立日美首互信的两大机遇。

未来的日美系到底怎走?民主党等同盟措具体怎样实施?些都要等山与奥巴商量之后再情而定了。

报东831

|

« 1462 中国は見る(704) 日本の政治の動き⑭ 鳩山首相 16日にも誕生! | Main | 1464 中国は見る(706) 日本の政治の動き⑯ 世界の論調から見る“新しい日本” (上) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1462 中国は見る(704) 日本の政治の動き⑭ 鳩山首相 16日にも誕生! | Main | 1464 中国は見る(706) 日本の政治の動き⑯ 世界の論調から見る“新しい日本” (上) »