« 1409 中国の三面記事を読む(605) 張愛玲が大陸から離れた理由(4) | Main | 1411 中国は見る(672) 自民党 東京都議会選挙で惨敗 »

1410 中国の三面記事を読む(606) 張愛玲が大陸から離れた理由(5)【完】

张爱玲告

2009-06-24 04:35:58 来源: 网易  143 手机看新

月が明るいのは誰のため?

6 張愛玲は人気の頂点から見向きもされないという、大きな落差に見舞われた。 “異端小説”の評判が、ずっと影のようについて回り、彼女を困惑させた。 《秧歌》、《赤地之恋》を書き上げ、彼女は自分の作家としての才能が歳月と激しく変わる時代に衰え、その上“政治に関わらない”と主張していた自分が、“恐ろしい”政治に近付き、落ち込んでしまったことに気付いた。 彼女は“周囲の目から逃げることができない” またこのような“孤独の抑鬱状態”に我慢できず、現実的に妥協しようとした。 しかし、彼女は自分の作品の吸引力がすでに限界になったこと、香港でも彼女の前途がないと考えるようになった。 そこで環境を替え、彼女に面倒と不快を感じさせるところから遠く離れようと決心した。

14 当時、米国の駐香港領事館の文化専門員のリチャード・マッカーシー氏が、彼女のアメリカ移民の保証人になった。 1955年秋、35歳の張愛玲は“プレジデント・クリーヴランド号”に乗って香港を離れアメリカに向った。 また“難民名義”で米国の永住者となり、ロサンゼルスに住むことになった。 彼女は20数歳で上海文壇に華々しくデビューした。 しかし、米国での数年間は続けざまに原稿の返却という目に遭い、生計のためテレビドラマを書いていた。 彼女はラジオドラマ《荻村伝》を書いたり、《紅楼夢》の脚本、アンリモーパッサンの西洋小説の書き直し、英文小説《北地臙脂》を出版したりした。 香港の親友・宋淇が勤めていた香港の映画会社の依頼で、張学良のシナリオ《少帥伝奇》を書くため、彼女は1961年、台湾に行き資料を収集し、最終的に原稿だけは完成した。 張愛玲が数十年隠遁生活を送った中で、二つの重要な仕事を行った。 一つは胡適、劉半農から“蘇州方言文学の第一傑作”といわれる《海上花列伝》の中国語版と英語版の翻訳を行ったことで、この方面の空白を埋めたこと。 もう一つは、10年に亘り《紅楼夢》の研究に力を尽くし、(紅楼夢)は創作であって、自伝ではない。 書き直しや遺稿などの7つの問題を提起し、24万字の《紅楼夢》を書き上げ、1977年台湾で出版した。 張愛玲はこの時期、彼女の最後の小説《同学少年都不賎》を書いた。 長いこと埋もれていたが、26年後にやっと台北の皇冠出版社から出版された。

2 非難を浴びた二つの小説を、張愛玲はずっとそれらの運命に関心を持っていた。 1957年3月、彼女は(《秧歌》)に引き続き《赤地之恋》を英文に翻訳し、タイプ原稿をニューヨークの出版社に送った。 CBSは《秧歌》をシナリオに書き直し、テレビドラマを作り放送して、張愛玲に原稿料1440ドル(1ドル360円固定で換算:約52万円相当)を支払った。 1968年、彼女は香港の友達の宋淇に依頼し、台北の皇冠出版社と契約を交わし、《秧歌》と《赤地之恋》を再版した。

10 創作という共通の話題により、張愛玲はを米国で親友に出会い、彼女の孤独で寂しい生活に転機をもたらした。 その人は米国の急進的な左翼作家、ハリウッドのシナリオ・ライターのフェルディナンド・ライハーFerdinand Reyher)氏である。彼はマック・ダウウェル文芸(Mac DowellColony)の集まりで張愛玲に出会い、彼女の才能を非常に気に入った。 張愛玲は《秧歌》の英訳本をライハー氏に渡し、彼の意見を伺いたいと言った。 ライハー氏は読んだ後、“あなたの文章がこんなにきれいで、上品だとは思わなかった” 張愛玲は彼に、この小説は“反共文学”だと言われたことを話した。 ライハー氏は、“しかし政治的観点と芸術は、何の関係もありません”と言った。 共通の趣味と関心が、二人の気持ちを急速に近づけた。 1956 年8月14日、36歳の張愛玲と65歳のライハー氏はニューヨークで婚礼を挙げた。 二人は11年間共に生活したが、ライハー氏は心臓病で亡くなった。 その年、バークレイのカリフォルニア大学の中国研究センターは張愛玲をこのセンターの高級研究員に採用し、彼女に“中国共産党専用用語”の研究を担当させた。 このしようもないポストで26年間仕事を続けた。この間、彼女はまったく小説を書かなかった。

9 張愛玲の晩年は皮膚病に悩まされ、うつうつとして楽しみもなく、独りぼっちで門を閉ざし、来客も断る寂しい日を送っていた。 若い時の張愛玲は自分の才能や仕事に自信を持っていた。 しかし、晩年の彼女は人生に屈服し、この世界にも屈服していた。

1995年9月8日の夜、張愛玲はロサンゼルスのウェストウッドのマンションで逝去した。

この日は中秋節で、白く光る月光が、遠く異国の地にいる孤独な魂をやさしく慰めていた。 

12_2 彼女の遺体は1週間後、警察に発見された――“広々とした大広間のきれいな絨毯の上に横たわっていた。 テーブルの上に、広げられた原稿用紙とペンがあった” 同時に彼女が自分で書いた遺書も見つかった。

“1、個人の品物は香港の宋淇夫妻に渡してください。 2、いかなる葬式も行わないでください。 遺体を火葬にして、骨灰はどこか広々とした荒野にまき散らしてください”

彼女の遺言状の執行者の林式同先生は彼女の遺体を919日の明け方、ボイジャー霊園で火葬にした。 張愛玲には子供がいなかったので火葬の時、身内の出席は誰もいなかった。 生前の希望に従い、彼女の遺骨は氷のように冷たい太平洋上に撒かれた。 

張愛玲の死去により、また世界のメディアの注目を集めた。 中国国内の各新聞・雑誌も大々的に報道した。 張愛玲の小説は急遽出版され、張愛玲“語録”も飛ぶように売れた。 “張愛玲ブーム”が80年代に継いで起こり、再度中国大陸を席巻した。 この世に比類なき才女の“死”はメディアと読者の中に甦った。

張愛玲の75年の人生は、世の中の矛盾の輪廻を味わったといえる――熱狂と寂寞、はでやかさと物寂しさ、大きな喜びと大いなる悲しみ。 正にこのようなことを予言したような言葉が《金鎖記》の中にある。 “30年前の月はとっくに沈んでしまい、30年前の人も死んでしまった。 しかし30年前の物語はまだ続いている……”

《文学と歴史の精華》2005年第11 作者:継増 (本文出所:網易歴史 作者:継増) …から抜粋

月亮为谁而明

张爱玲从大大紫到冷落凉,形成了巨大反差。的名声始像一个影一的跟随着她,使她困惑不已。写完《秧歌》、《赤地之恋》后,她感到自己的写作才情已被月和幻的代所消磨,而且她发现标从未及政治的自己,竟然已靠近、陷入了可怕的政治。她无法逃避周窥视,忍受不了这种孤独的始向现实。她感到自己作品的吸引力已很有限了,香港似乎也没有她的前途,便决心更换环境,来麻和不快的地方。

的美国香港文化专员·麦加充当了她移民美国的担保人。1955年秋,35张爱玲乘克利夫总统离港赴美。又以身份成美国的永久居民,住在洛杉。她二十几就在上海文横空出世,但来美国的几年里却连连遭到退稿的命运,不得不靠写一些电视剧谋生。她也曾写广播《荻村》,改编过楼梦》,改写莫泊桑、亨利的西方小,出版英文小《北地胭脂》。香港友宋淇所在的香港影公司约请,写学良的本《少帅传奇》,此她1961年曾去台湾收集料,但最只完成文字稿。张爱玲几十年居生活中,做的最重要的两件事,一是将被胡适、刘半文学的第一杰作的《海上花列》翻译为版和英文版,填方面的空白;二是历时10年致力于《楼梦》的研究,提出是作而不是自、改写与稿等7个问题,写成24万字的《楼梦梦》,1977年在台湾出版。张爱写了她最后一篇小《同学少年都不》,封26年后才由台北皇冠出版社出版。

于受到非的那两部小张爱玲一直注着它的命运。1957年3月,她继续把她的《赤地之恋》翻成英文,并把打印稿寄往纽约出版。哥广播公司将《秧歌》改写成本,制作成电视剧目中播出,付给张爱玲稿酬1440美元。1968年,她委托香港朋友宋淇与台北皇冠出版社签订合同,重印了《秧歌》和《赤地之恋》。

对创作的共同言使张爱玲在美国遇到了知音,她孤寂的生活来生机。个人就是美国激的左翼作家、好莱坞编剧甫德南·雅,他在麦克道威艺营的一次聚会上遇到了张爱玲,十分欣她的才张爱玲把《秧歌》英本拿给赖雅,希望得到他的指正。没想到,你的文章写得那漂亮,文笔又是如此美。张爱玲告篇小曾被成是反共文学雅指出可是政治点和艺术并没有什必然共同的志趣和心使他的感情快速升温。1956年8月14日,36张爱玲与65雅在纽约举行了婚礼。他共同生活了11年后,雅因心病去世。就在一年,柏克莱的加州大学中国研究中心邀请张爱玲担任中心的高研究她的任是研究中国共词汇,并在个无奈的位上工作了26年。,她没有写一个字的小

张爱年受皮病的折磨,她郁郁寡,孤身一人闭门谢客的冷清日子。年轻时张爱玲有着自本,可是年的她却屈服了人生,也屈服了个世界。

1995年9月8日张爱在洛杉西木公寓逝世。

一天是中秋,皎的月光慰着一缕远在异国他的孤魂。

她的体一星期后才被警署发现——“地躺在空的大中精美的地毯上,桌子上有一沓铺开的稿和一支未合上的笔。同时发现自己立下的嘱:一,所有私人物品留香港的宋淇夫;二,不行任何葬礼,将体火化,骨灰撒到任何空荒野。

她的行人林式同先生将她的体于9月19日清晨在惠捷墓园火化;张爱玲没有留下后代,火化也没有一个人到。遵照愿将她的骨灰撒在了冰冷的太平洋中。

张爱玲的逝世再次引起世界媒体的嘱目,国内各大刊都作了重要的道。张爱玲的小加速出版,张爱玲的语录而走,张爱80年代起之后再度席卷中国大世才女的来在媒体和者中的

张爱玲75年的人生月里,可以说经历了世矛盾的——热闹与寂寞,浮凉,大喜与大悲。也正因如此,才有了张爱玲在《金锁记》里的言:三十年前的月亮早已沉下去,三十年前的人也死了,然而三十年前的故事没完……”

摘自:《文史精2005年第11 作者:于 (本文来源:网易 作者:于)

|

« 1409 中国の三面記事を読む(605) 張愛玲が大陸から離れた理由(4) | Main | 1411 中国は見る(672) 自民党 東京都議会選挙で惨敗 »

文学」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1409 中国の三面記事を読む(605) 張愛玲が大陸から離れた理由(4) | Main | 1411 中国は見る(672) 自民党 東京都議会選挙で惨敗 »