« 1402 中国の三面記事を読む(599) 映画「五人の娘」(五朵金花)の栄光と悲惨(下) | Main | 1404 中国の三面記事を読む(601) 新疆・ウルムチで暴動① 死者140人 負傷者828人 »

1403 中国の三面記事を読む(600) 張愛玲が大陸から離れた理由(1)

张爱玲告

2009-06-24 04:35:58 来源: 网易

7_2  張愛玲は1940年代の上海グランドで有名なベストセラー作家だった。 人々が彼女を愛し夢中になったのは、この頃、出版された恋愛小説からだった。 ところで、50年代以降の彼女の作品と経歴について知る人は少ない。 特に彼女が売れに売れていたのに、上海が解放された時、突然、香港と米国に向い、それから二度と帰って来なかった。 これは一体なぜなのか? 彼女が大陸に別れを告げた前後、何があったのか?

張愛玲はなぜ上海を離れたのか?

2_2 張愛玲、本名:張瑛瑛、筆名:梁京、1920年9月30日に上海の官吏の家庭に生まれた。 彼女の祖父の張佩綸は有名な清の官僚で、祖母は文華殿大学士の李鴻章の娘だった。 1939年、張愛玲は極東地区一番の成績でイギリスのロンドン大学に合格したが、その後ヨーロッパの戦争のため、香港大学で勉強することになった。 1942年上海に戻り、23歳の時、小説《沉香屑――第一炉香》を発表、一躍脚光を浴び、一年後には10作品が入った小説集《伝奇》を出版、当時の上海ひいては中国文壇の輝けるスターPhoto_3 となった。 1944年、汪兆銘政府の宣伝部政務次長兼《中華日報》総主筆の胡蘭成と結婚した。 彼女は上海で家庭を持ち、仕事をし、出世を果たした。 しかし、上海解放後、彼女は香港とアメリカに向った。 それはなぜだったのか?

張愛玲は解放後の上海を深く見つめていた。 だが、彼女はずっと新中国の敷居の外をうろうろしていた。 その当時、夏衍が上海の文化面の仕事を担当、主管し、新たな刊行物・新聞の00 設立に当っていた。 張愛玲と何度か一緒に仕事したことがある龔之方などが張愛玲に彼らの《亦報》に原稿を書くよう誘った。 こうして、張愛玲は“梁京”という筆名で、1950年3月から1951年2月まで《亦報》に小説《十八春》を連載した。 この都市の上流社会の家庭を描いた小説は大きな反響を呼んだ。 張愛玲が持っていたものは依然として古いストーリーだった。

1950年7~8月の間、夏衍の手配の下、張愛玲は上海文芸代表団に従って江蘇省北部の農村の土地改革の仕事に参加した。 この2ヶ月の密着した生活は、彼女と中国大衆の距離が一番近付いた過程であると共に、“彼女自身”から一番遠ざかった時期でもあった。 だから、彼女はいたたまれぬ思いに悩んだ時期でもあった。 彼女が見たのは、“貧しくて立ち後れた生活”、“行き過ぎな闘争”で、当時求められていた“英雄を書き”、“土地改革を礼賛”とは大変かけ離れていた。 彼女は書くか、書かないか、書くとしたら何を書くかで、しきりに迷っていた。 友人が彼女に聞いた。 “プロレタリアの話、あなた書けるの?” 彼女は、“できない。 おばさん達のことだったら、少しはわかるけど” “一般的にいわれる“記念碑”的作品は私には書けない。 試してみるつもりもない”と認めていた。(《何を書くか》から引用、《張愛玲文集》第4巻)。 これには時代が要求するものと自身の状況の間の克服できない矛盾が現われている。 ここに彼女の中国から離れれたいという考えが芽生え始めている。

張愛玲が上海を離れることになった一番の直接的要因は、抗日戦争時代の新聞紙上に、彼女が日本の“第3回大東亜文学家大会”に参加したという名前が載ったことである。 “私自身はこれまで釈明することなど考えもしなかった。 しかし、この一年来あれこれ取りざたされ、まるで文化漢売国奴)になったみたい。 自分でもまったくわけがわかりません。 私が書いた文章はこれまで政治とは関係ないし、いかなる手当ももらったことがありません……”(張愛玲:《〈伝奇〉増訂本序言》) 彼女がかつて漢の胡蘭成と結婚したことがある、“漢とまったく同じだ”と言う人もいた。 実は彼女、1946年6月に胡蘭成とと離婚している。 《海派》新聞は、はっきりと貧しさのため米国兵の“ジープ女”になったと書いた……これらの批判は張愛玲の心の中の悩みとなり、彼女に「人言可畏」(人のウワサは恐ろしい)と「政治の圧力」を感じさせるようになった。

Photo_4 夏衍は張愛玲の才能を高く評価し、彼女を上海市の第1回文化代表大会に参加させた。 ほかの人達はみなレーニン服を身につけていたのに、彼女だけは旗袍(チャイナ・ドレス)を着て、みんなとアンバランスだった。 彼女一人ぽつんと立っている反逆者だった。 彼女は新社会と相容れないことを感じていた。 しかし、自分を変えるつもりはなかった。 創作と政治上のいろいろの要素を考えた時、彼女の唯一の選択は“離れる”ことだった。 張愛玲が上海を離れる前、黄河路カールトンアパートに独りで住んでいた。 夏衍は文華映画会社に移っていた龔之方に頼んで、彼女に上海にそのまま残るよう勧めたり、彼女と有名な映画監督・桑弧との“親密交際”を取り持とうとした。 しかし、張愛玲はただ頭を横に振るだけで、“たぶんこの事は可能性はないでしょう”彼女は中国を出る決意を決めていたのだ。

彼女がその時対外的に発表していた理由は、“戦争のため中断していた学業を続けたい”だった。 1952年7月、32歳の張愛玲は単身、大陸を離れて香港に向った。 彼女の人生の軌跡と文学生活はどう変わっていったろうか?

张爱玲告

2009-06-24 04:35:58 来源: 网易  143 手机看新

张爱玲是上个世40年代上海火的高作家。人们对她的崇拜和痴迷,主要是来自期她表的言情小;而她50年代以后的作和经历鲜为人知。尤其是正当她大大紫的候,随着上海的解放,她却突然去了香港和美国,从此再也没有回来。究竟是?在她告的前后生了什

张爱何离上海

张爱玲,原名瑛瑛,笔名梁京,1920年9月30日生于上海的一个官宦家庭。她的祖父是著名的清朝御吏,祖母是文殿大学士李鸿章之女。1939年张爱玲曾以远东地区第一名的成考取英国敦大学,后因欧洲事就于香港大学。1942年回到上海,23岁时以小《沉香屑——第一炉香》一炮走,一年后出版了包括10部作品的小集《奇》,成上海乃至中国文上的一耀眼的明星。1944年与任汪政府宣部政兼《中主笔的胡婚。她迹在上海,事在上海,家庭在上海,然而上海解放后她却去了香港和美国。

张爱玲注着解放后的上海,但她始徘徊在新中国的门槛外。当夏衍接管并主持上海的文化工作,重新组织创办刊物报纸。曾与张爱玲几度合作之方等人便约请张爱的《亦》写稿。这样张爱玲便以梁京笔名,在1950年3月至1951年2月的《亦》上连载了小《十八春》,部描述城市中上旧家庭的小引起巨大轰动张爱存的仍然是旧故事。

1950年七八月,在夏衍的安排下,张爱玲随上海文代表村参加土地改革工作。两个月的深入生活,是她和中国大众距离最近的一段程,但也是距离她自己的一个期,因而也是她感到最尬和苦的一个期。她所看到的贫穷落后火斗争与当要求的写英雄土改相去甚,她在写、不写、写什困惑不已。有朋友她:产阶级的故事你会写不会。只有阿的事,我稍微知道一点。她承一般所说时念碑式的作品,我是写不来的,也不打算尝试(引自《写什》,《张爱玲文集》第4卷)。就出代要求与自身状况之以克服的矛盾。于是她始萌生了去意。

张爱玲离上海最直接的因,是抗战时报纸上曾登她去日本参加第三届大东亚文学家大会的名字,她我自己从来没想到需要白,但是一年来常常被议论到,似乎被列文化奸之一,自己也弄得莫名其妙。我所写的文章从未及政治,也没拿任何津……”张爱玲:《〈奇〉增本序言》)。有人她曾和奸胡结过婚,和奸无二;其她早在1946年6月就和胡离了婚。《海派》报纸干脆她因为穷困做了美国兵的吉普女郎”……议论都是张爱玲心中的隐忧,使她感到人言的可畏和来自政治方面的威

夏衍很赏识张爱玲的才,指名她参加了上海市第一届文代会。人都穿着列宁装,只有她穿着旗袍,很不合群。她是一个世独立的叛逆者。她感到与新社会格格不入,但又不想改自己;考到写作和政治上的多因素,她唯一的选择便是张爱玲离前,独自住在黄河路卡登公寓。夏衍曾委托已到文华电影公司的之方去她留下来,同地撮合她与著名演桑弧的,但张爱玲只是摇头恐怕两件事都不大可能了。她去意已决。

她当时对外公布的理由是继续事而中断的学。1952年7月,32张爱玲只身离去了香港。她的人生迹和文学生涯将会出化呢?

|

« 1402 中国の三面記事を読む(599) 映画「五人の娘」(五朵金花)の栄光と悲惨(下) | Main | 1404 中国の三面記事を読む(601) 新疆・ウルムチで暴動① 死者140人 負傷者828人 »

文学」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1402 中国の三面記事を読む(599) 映画「五人の娘」(五朵金花)の栄光と悲惨(下) | Main | 1404 中国の三面記事を読む(601) 新疆・ウルムチで暴動① 死者140人 負傷者828人 »