« 1361 中国は見る(648) 新型インフル ますます拡大(6) 日本の新型インフルエンザ流行地(神戸・大阪)見聞記(上) | Main | 1363 中国は見る(650) 北朝鮮が核実験(1) »

1362 中国は見る(649) 新型インフル ますます拡大(7) 日本の新型インフルエンザ流行地(神戸・大阪)見聞記(下)

Photo_2 Infuru

日本流感疫区见闻

20090521 08:08:54  来源:新华网

医者は小走り

Innfuru253 神戸のインフルエンザ感染は、埋め立て地区の中央市民病院で主に受け入れていた。 この病院は海に隣接し、大橋を通じて市街地と繋がっている。 どうやら、神戸市当局は指定病院を選ぶのに相当苦労したようだ。

Photo_3 病院はマスクをした保安要員がしっかり守っている。 各出入り口、タクシーの降車場、バス停留所には、彼らの姿が見える。 車でくる乗客は例外なくマスクをつけていた。

神戸市で16日、最初の感染者が見つかって以来、感染者はどんどん増えていった。 わずか3日余りの間に、大阪府と兵庫県の二区域で感染者は190人近くになった。

新型インフルエンザ患者を受け入れていたが、病院は外来診療も普段どおり受け付けていた。 中の医師はすべてマスクを着け、整然と行われていた。

Photo_4 感染拡大を防ぐため、中央市民病院は病院の外に臨時に専用病棟とテントを建て、発熱患者の対応に当っている。 防護服を着た医者がテントの内外を行き交う姿が見える。 みんな小走りである。

発熱外来の外では、各地からやって来た記者達がしきりに中を覗いて、シャッターを切っていた。 日本の記者の多くは防毒マスクのような高性能のマスクをして、ものものしい姿だった。 家族3人がマスクをつけて診察を受けに来た。 保安係が急いで飛んできて、殺到する記者達を排除した。 3人はテントの中に入っていった。

Photo_5 間もなく、救急車のサイレンが遠くから近くに鳴り響いてきた。 発熱外来は“戦争態勢”に入った。 スピーカーから“あと3分で到着します”、“あと1分で到着”の声が流れた。 見る間に、救急車の音がテントのそばに到着した。 看護士がすぐに患者を下ろし診療室に搬送した。

学校 “台風の目”となる

Photo_6 今回の阪神地区での感染発生以来、確認された患者の多くは、神戸、大阪両地区の高校生だった。 そのうち、大阪茨木市の私立関西大倉高校の感染者は39人となった。 

大倉高校は茨木市内から離れた山の中腹にあり、学校の正式名称は私立関西大倉学園といい、中学、高校コース、10数棟の教室と体育館があり、最新鋭の施設を持つ。 感染発生のため、学校は今休校となっている。 記者は、ちょうど開かれた大船重幸Photo 教頭の記者会見に出席した。マスクをした大船教頭は沈痛な顔付きで、記者からの質問に玉の汗を拭いながら答えていた。 記者会見終了後、教頭はメディアに向って深々とお辞儀をしていた。

外来診察室の記録を見ると、5月初めから、大倉高校の143人の生徒

と教師が続々とインフルエンザ、発熱などの症状になっていて、一日で

40人もの生徒が欠席していたのに、学校側は何の有効な防衛措置も取

らず、保健所にも連絡していなかった。

日本国内で初めての新型インフルエンザと確認されて、学校はやっと気がついたが、その時はもう手遅れで、人から人への感染が阪神地区で蔓延してしまった。 感染者の多くは生徒達だった。 新型インフルエンザに対する認識不足か、それとも不注意によるものか、大倉高校の教訓は、ともあれ今後の戒めとすべきである。

市民は過剰に心配

Photo_2 感染者が続出した地区の市民は大わらわである。 神戸三宮の駅は神戸市内で一番人通りの激しいところであり、商業施設の最も集中している場所である。 駅で働く人は全員マスクを着けていた。 駅の外の広場は、目の及ぶところ6割以上の通行人がPhoto_3 マスクをしていた。 交通巡査もマスクを着け交通を指揮していた。 若い夫婦が途中で子供のためにマスクを着けさせ、慌ただしく道を急いでいる姿も見られた。

三宮地区一帯のデパート、銀行、スーパーマーケット、旅行社などの営業の施設の従業員はほとんどがマスクを着用していた。 三宮駅の側の旅行社のカウンターの人目を引く位置に“新型インフルエンザ厳重警戒中”のポスターが貼ってあった。 旅行社の従業員は、“新型インフルエンザの発生以来、旅行客のキャンセルや旅行日変更の電話が多く、5月はいままで日本の国内旅行のゴールデン・ウイークなのに、インフルエンザで旅行者のスケジュールをメチャクチャにしてしまいました”と語っていた。

ラッシュアワーのピークの大阪市街地の、その中でも忙しい大阪駅と梅田駅は神戸市内の光景とほとんど同じで、慌ただしい人の流れとマスクの人の海だった。

大阪駅近くの一等地にある牛丼の松家フーズは、平日夜だったら人声がうるさい店の中が閑散としていた。 記者が中へ入った時、U字形の大きなカウンターに1人だけ食事していた。 約20分の間に、新しく入って来たのは2人だけで、記者を含めて4人が、それぞれ離れて坐り、黙々と食べていた。

記者が東京へ戻った翌日、東京の街にマスクを着けた人ががぜん目立つようになった。

日本の厚労省が20日発表すしたところでは、当日夜8時現在、新型インフルエンザ感染者は258人となった。 東京で、20日初めて確認された患者は、ニューヨークから帰国した16歳の女子高生だった。

日本流感疫区见闻

20090521 08:08:54  来源:新华网

    医生一路小跑

    神户的流感病例主要由位于填海地区的中央市民医院收治。这家医院毗邻大海,仅通过大桥与市区相连。看来,神户市当局在选择定点医院上颇费了一番心思。

    医院由戴口罩的安保人员严加守卫,各个出入口、出租车停靠站、巴士站和停车场都能看到他们的身影。来往车辆上的乘客无一例外戴着口罩。

    神户市16日确诊首例非输入性流感病例以来,确诊病例数暴涨。短短3天多时间里,大阪府和兵库县两地的确诊患者已近190人。

    尽管收治流感患者,医院门诊大楼如往常一样开放,里面所有医患人员都戴上口罩,秩序井然。

    为防疫情扩散,中央市民医院在院外临时搭建活动房屋和帐篷,接待发热患者。身穿生化防护服的医生在帐篷内外穿梭,多是一路小跑。

    在发热门诊外,来自各地的记者使劲向里张望,快门声不断。许多日本记者戴着类似防毒面具的高性能口罩,一付如临大敌状。有一家三口戴着口罩前来就诊,执勤的保安赶紧拦住蜂拥上来的记者,3人由医生迅速接入帐篷内。

    不一会儿,随着救护车警声从远至近响起,发热门诊进入“战备”状态,喇叭中传出“还有三分钟抵达”、“还有一分钟抵达”的声音。很快,救护车呼啸开进帐篷区,医护人员迅速下车转移患者,送进诊室。

519日,在日本首都东京,一些刚到东京的外地中学生带着口罩走在街头。据日本厚生劳动省报告,截至当日1630分,日本全国确诊甲型H1N1流感病例达178例,其中非输入性174例。 新华社记者任正来摄

    学校成“风暴眼”

    此次阪神地区流感疫情暴发以来,确诊的多为神户、大阪两地高中生。其中,位于大阪茨木市的私立关西大仓高中确诊病例超过39例。

    大仓高中坐落在远离茨木市区的半山腰上,学校全称关西大仓学园,包括小学,中学,高中各部,拥有十几栋教学楼和体育馆,设施先进。由于疫情,校园已停课封校。记者正赶上学校教务主任大船重幸召开新闻发布会。戴着口罩的大船满眼愁云,回答记者提问时额头汗珠滚动,发布会结束后他向媒体鞠躬致意。

    从门诊室记录来看,自5月初以来,大仓高中143名师生陆续出现感冒、发热等症状,一天内就有40多名学生缺席,但校方未采取任何有效防范措施,也未通报上级卫生部门。

    直到日本确诊首例输入性甲型流感病例,学校才如梦方醒,但为时已晚,非输入性流感病例已在阪神地区蔓延,确诊者多为学生。不论是因为对甲型流感认识不足还是疏忽大意,大仓高中的教训都值得引以为戒。

    市民如临大敌

    出现疫情地区的市民如临大敌。神户三宫车站是神户市内人流最密集、商业设施最集中的区域之一,所有站务人员都戴上口罩。车站外广场上,目之所及,6成以上行人戴有口罩。交通协管员戴着口罩指挥交通,一对年轻夫妇途中为小孩戴上口罩后才匆匆赶路。

    遍布三宫地区的商场、银行、超市、旅行社等营业设施工作人员大多戴着口罩。三宫站旁一家旅行社柜台上醒目位置摆着“严防新型流感”的告示牌。一名工作人员说,自流感疫情开始以来,他们接到大量旅客退单和修改行期的电话。5月份向来是日本国内旅游黄金期,流感显然打乱了旅行者的出行计划。

    在下班高峰期的大阪市区,繁忙的大阪站和梅田站地区与神户市内景象几乎一样,全是匆匆人流和层层口罩。

    在大阪站附近黄金地段一家主营牛肉饭的松屋快餐店,平日晚饭时间人声鼎沸的店堂门可罗雀。记者进去时,U字形的大餐桌上只有一人用餐。大约20分钟时间内,新进来两人用餐。包括记者在内,4名食客远远相坐,默默进食。

    记者返回东京第二天,东京街头的戴口罩身影显著增多。

    日本有关方面20日发布的疫情通告显示,截至当天晚8时,甲型H1N1流感确诊病例已达258例。东京都20日出现首例确诊病例,患者为一名从美国纽约回国的16岁女高中生。(任正来)

|

« 1361 中国は見る(648) 新型インフル ますます拡大(6) 日本の新型インフルエンザ流行地(神戸・大阪)見聞記(上) | Main | 1363 中国は見る(650) 北朝鮮が核実験(1) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1361 中国は見る(648) 新型インフル ますます拡大(6) 日本の新型インフルエンザ流行地(神戸・大阪)見聞記(上) | Main | 1363 中国は見る(650) 北朝鮮が核実験(1) »