« 1311 中国は見る(610) 日本 北朝鮮ロケット発射から10分以内に国民へ公表 | Main | 1313 中国は見る(612) 北朝鮮ミサイル ついに発射 (1) »

1312 中国は見る(611) 日本 北朝鮮ロケット発射で大騒ぎ

1.日本政府 北朝鮮ロケット発射警報取り消し

2.北朝鮮ロケット発射で 日本過剰反応 

1.日本政府撤回朝鲜发射火箭警

2009-04-04 11:34:30 来源: 时报(北京)  

2.朝日本反

2009-04-04 03:41:00 来源: 北京青年(北京)  

1.日本政府 北朝鮮ロケット発射警報取り消し

AFP通信4日発信:日本政府が北朝鮮ロケットの“飛翔体が発射されたもよう」と発表した警報が取り消された。 ロイター通信の報道によると、日本の首相官邸事務室からの電子メールの中で、北朝鮮のロケット発射は誤発表で、発射はまだ確認されていない。

(本文の出所:環球時報。http://www.huanqiu.com/ )

2.北朝鮮ロケット発射で 日本過剰反応

Photo いくつかの通信社の情報を総合すると、北朝鮮の飛翔体は、早くて4日打ち上げられると予想している。

北朝鮮と日米韓などの国との“宇宙の平和な開発”だとか“国連決議違反”だとかの争いについて、専門家は法律に手落ちがあったと指摘する。また日本が、北朝鮮の打ち上げについて、ミサイル迎撃システムなどの“大げさな”配備をしていることについて、世論は“やりすぎ”との見方も。

打ち上げを待つだけ

Photo_2 ロイター通信3日報道:北朝鮮ロケットすでに発射直前、“最後の準備段階”に入ったと伝える。

“彼らがやっていることと、私達の推測していることは、4日発射で一致している” 米国の国防関係者はロイター通信にこう語った。 ロイター通信は、北朝鮮が発射するのが北朝鮮がいう“光明星2号”通信衛星のテストだろうと、日米韓などが疑っている“テポドン2”型の長距離弾道ミサイルだろうと、一度試射に成功しており、“北朝鮮に誇りを与えた”と論評している。

法律を試す?

Photo_3 今回の北朝鮮の衛星打ち上げは、2方面で論議を呼んでいる。 一つは、北朝鮮が発射するのは通信衛星をテストするのだと主張しているが、日米韓は北朝鮮が米国アラスカ州まで到達可能の“テポドン2”型の長距離弾道ミサイルの射程テストをするのだと見ている。 二つ目は、北朝鮮は宇宙の平和的開発利用の権利があると主張しているのに対し、日米韓は、北朝鮮は国連決議に違反していると非難している。

今回の論争は、2006年の国連安全保障理事会が北朝鮮を制裁した時のいきさつを連想させる。

Photo 北朝鮮は当時7月に日本海で何発ものミサイルを試射すると発表した。国連安全保障理事会は数日後、第1695号決議を採択し、北朝鮮に弾道ミサイル計画に関わる全ての活動の停止を要求した。 その年10月、北朝鮮は地下核実験を行うことを宣言した。 国連安全保障理事会は直ちに第1718号決議を全員一致で採択し、北朝鮮の核実験に対し非難を表明、北朝鮮に対し核兵器と核計画を放棄するように求め、直ちに無条件に六ヶ国会談に戻るよう求めた。 また同時に、北朝鮮の核、ミサイルなどの大量破壊兵器に関連する分野の提供の制裁措置をとった。

しかし、今回北朝鮮は、発射するのは衛星だという。 国連安全保障理事会第1695号と1718号決議は、ミサイルについて触れているだけで、衛星には言及していない。

《宇宙空間条約》は1967年に制定され、すべての宇宙に関する法律の基礎を定めており、宇宙空間に対しては、いずれの国家も領有権を主張することはできない。 また、すべての国は宇宙空間を平和目的のために使用できると明確に規定されている。 この条約は、今も宇宙開発の指導方針となっている。

パリに本部がある国際宇宙法律学院ツワン学長は、AP通信記者の取材に対し、国連安全保障理事会の決議は、“衛星の発射技術が弾道ミサイル技術を基礎とするものであろうと、北朝鮮の民間用の衛星の発射を禁止していない。 

ブリュッセルの知能集団:国際危機グループは、最近の報告の中で、国連安全保障理事会の決議用語の中で、“北朝鮮に衛星発射という余地を残し、北朝鮮が日米韓などと論争するスキを作ってしまった。

北朝鮮が衛星発射を急ぐのは、国際危機アナリスト:ピンクストン氏によると、今年下半期に韓国が観測衛星を発射する前に、北朝鮮が“出鼻をくじこう”とする意図が大きいという。 “韓国が衛星を打ち上げる前に、打ち上げることは北朝鮮にとっては、大きな勝利の宣伝戦争である”とピンクストン氏は語る。

AP通信:今回の北朝鮮の発射は関連法規の“テスト”だと伝える。

過剰反応

アナリストによると、日本の北朝鮮の衛星発射計画に対する反応は、“とても大げさ”すぎる。 このような過剰反応は、対話で朝鮮半島の核問題を解決しようとすることと今回の衛星問題を解決するにあたっては、弊害が多くて利点が少ないものである。 AP通信は3日、アナリストの論評を引用し、日本のこのやり方は情勢を緩和するのに役立たないばかりか、日本が心配する2種類の状況が発生する確率もきわめて低いものである。

日本の政治評論家の藤志高雄氏は、AP通信記者に次のように語った。“周辺国が、長い間絶えず衛星やらミサイルを発射し、日本上空を通過することはよくありました。 これまでこうした発射に対して、日本はほとんど無視してきました……北朝鮮に対して、日本はやりすぎです”。彼は、日本が今回、大規模に迎撃システムを配備したのは、多分に“政治カード”で、麻生首相の最近の支持率の厳しさと不景気が関係していると見ている。

日本の民衆も取材に対し、政府のやり方は“ちょっとやりすぎ”と見ている。 秋田県で漁業で生計を立てている藤原昌実さんは、AP通信記者に対して、“こんなやり方は間違っている” 秋田県は今、日本で最重点警戒地区の一つであり、日本の迎撃ミサイルシステムが配備されたところでもある。

もう一人の政治評論家・森田実氏はこう語る。 “もし迎撃が失敗したら、日本の国防史上大変な失態となる。 大金をかけて装備したミサイル防衛システムが実際は効果がないとわかってしまうんですから”

1.日本政府撤回朝鲜发射火箭警

2009-04-04 11:34:30 来源: 时报(北京)  1  手机看新

法新社4日消息,日本政府撤回稍早时发布的朝火箭据信已经发射升空。据路透社消息,日本首相公室在一份件中称,有鲜发射火箭的声明是个会,并称证实 (本文来源:时报 更多精彩,击环球网 http://www.huanqiu.com/ )

2.朝日本反

2009-04-04 03:41:00 来源: 北京青年(北京)  0  手机看新

多家通社援引不同消息源道,朝鲜发射物已待预计最早4日可升空。

  针对与美日等国之和平开发太空合国决之争,认为法律有漏洞,存在争;至于日本就朝鲜发射而部署导弹拦截系舆论

  全面待

  路透社3日文章道,朝火箭已经进射前的最后准备阶

  所做的一切与我4射一致,一名美国国防官路透社。路透社,无鲜发射的是朝方所光明星2试验通信星,是美日等国怀疑的大浦洞2”型洲际弹导弹,一次成功都会予朝人以

  测试法律

  次朝鲜发星引的争在两个方面:一是朝射的是试验通信星,而美日韩怀疑朝意在测试射程可达美国阿拉斯加州的大浦洞2”型洲际弹导弹;二是朝鲜坚称有和平开发利用太空的利,而美日鲜违合国决

  次争论让想起2006合国安全理事会制裁朝的前前后后。

  朝当年7月宣布在日本海射多枚导弹合国安理会数日后通1695号决,要求朝方重新作出导弹试验的承。同年10月,朝宣布行一次地下核试验合国安理会随后一致通1718号决试验表示谴责,要求朝方放弃核武器和核划,立即无条件重返六方会,同决定针对朝方核、等大杀伤性武器相关领域采取制裁措施。

  然而,一次朝宣称射的是星。合国安理会第1695号和1718号决只提及导弹,未提及星。

  《外》制定于1967年,所有其他有太空的法律奠定基。条明确定,任何国家不能将太空的任何部分据己有,所有国家必将外用于和平用途。一条迄今仍是宇宙开发的指

  在巴黎的国太空法律学院主席万接受美者采访时认为合国安理会决没有禁止(朝射民用星,尽管射技导弹术为

  布智囊机构国危机组织近日的一份合国安理会决言用鲜发星留出了余地与美日等国的争制造了空

  朝之所以急于星,在国危机组织分析平克斯看来,相当大程度上于朝方面想在今年下半年射一枚探测卫星之前抢发国之前抢发卫星,而言不啻于一次取得重大利的宣传战役,平克斯顿说

  美社称,次朝鲜发射是法律的一次测试

  反应过

  不管怎,一些分析师认为,日本针对鲜发划作出的反。而激反对话解决朝问题以及问题,都弊大于利。美3日援引分析评论报道,日本一做法无助于和局,况且日本担心的两状况生几率极低。

  日本独立政评师藤志高雄(音)告者,周国家期以来一直不断地星或导弹,途日本上空是常有的事情,以往的射,日本大多忽略……,日本做过头。他认为,日本次大模部署截系可能是政治牌,与首相麻生太郎近期支持率重不景气相

  一些日本民众接受采访时认为政府行不要相信那些政客的在日本秋田靠捕鱼为生的藤原昌实对作将证实秋田眼下是日本重点警戒的地区之一,也是日本导弹拦截系的新近部署点之一。

  另一名政评师森田实说如果截失,将是日本防史的重倒退,因民众会认为重金装导弹防御系没有效。

  文/凌朔(新社特稿) (本文来源:北京青年 )

|

« 1311 中国は見る(610) 日本 北朝鮮ロケット発射から10分以内に国民へ公表 | Main | 1313 中国は見る(612) 北朝鮮ミサイル ついに発射 (1) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1311 中国は見る(610) 日本 北朝鮮ロケット発射から10分以内に国民へ公表 | Main | 1313 中国は見る(612) 北朝鮮ミサイル ついに発射 (1) »