« 1310 中国の三面記事を読む(570) 南京大虐殺映画 (下) 《南京!南京!》 | Main | 1312 中国は見る(611) 日本 北朝鮮ロケット発射で大騒ぎ »

1311 中国は見る(610) 日本 北朝鮮ロケット発射から10分以内に国民へ公表

日本将在朝火箭10内通知国民

2009-04-03 08:48:36 中国新

共同通信社2日配信:日本政府のミサイル情報伝達ルートによると、北朝鮮が“人工衛星”名目で長距離弾道ミサイルを発射した場合、政府は5~10分以内に情報を公表するという。 米軍の早期警戒衛星の発射情報は、直ちに東京横田基地の在日米軍司令部を通じて、防衛省に伝達され、すぐ首相官邸と関係部門に報告される。

報道によると、北朝鮮が“ミサイル”を発射すると、米軍の早期警戒衛星が、まず赤外線の検出設備で噴射熱源を探知し、この情報はその後、米国西部のコロラド州北米防空司令部(NORAD)から、在日米軍司令部を通じて防衛省地下3階の中央指揮所と迎撃担当指揮に当たる航空自衛隊の航空総隊司令部(東京都府中市)に伝達される。

早期警戒衛星の探知情報は直ちに日本近海の米国海軍のイージス艦に伝達される。 最新の情報伝達システム“LINK 16”を通じて,日本海と太平洋上に配備されている3隻の日本のイージス艦もこの情報は共有される。

この外、早期警戒衛星から発表された情報は在日米軍の三沢基地(青森県三沢市)の移動情報システム“JTAGS”(統合戦術地上ステーション)を通じて日本側に伝えられる。

“ミサイル”は、10分以内に日本領域に入る。 自衛隊は発射情報により、イージス艦と地上レーダーの弾道追跡を利用し、ミサイルがもし日本領土あるいは領海に落下する判断をした場合、迎撃する。

防衛省の中央指揮所は米軍の情報に基づき、自動音声電話システムを通じて“何時何分どこから発射”などの内容を首相、官邸、防衛大臣および関係閣僚や部門に連絡する。

防衛省の情報を受けた首相官邸は、最初は統一的に緊急情報の“Em-Net”システムを通じて、一分以内に各自治体に通知する。 各メディアもほとんど同時にこのニュースを受け取れる。 各自治体は発射後5~10分には情報を受け取り、落下地点も発射後の30~60分には伝えられる。

今回、Em-Netシステムが初めて使用された。 3月31日までに、日本全国の1800の市区町村のうち1287ヶ所がこのシステムを導入した。 日本政府が“衛星”が墜落するのを防ぐため、3月27日に「破壊措置命令」を発令した後、秋田と岩手両県のすべての市町村はEm-Netシステムの導入を完了させた。

官邸の危機管理センターの責任者はホスト・コンピュータから各自治体の防災部門のコンピュータに統一して“飛行物体が発射された”、“東北地方上空を通過”などの情報を提供することにしている。 情報を受け取ったコンピュータは警報を出し、各自治体の責任者は直ちに情況を掌握できることになっている。

どのように住民にこの情報を伝えるかは各自治体がそれぞれ決定することになる。 行政の防災無線通信システムを利用して発表することになるようだ。 実際には、多くの住民はテレビ、ラジオのニュース速報で発射のニュースを知ることになる。 発射一時間後に、河村建夫官房長官が記者会見を開き、発射時間、着弾地点などの詳しい情況を公表することにしている。

日本将在朝火箭10内通知国民

2009-04-03 08:48:36 中国新

据日本共同社2日消息,根据日本政府制定的导弹信息达流程,一旦朝人造义发导弹,政府将在510内将情况告知国民。美过预星探知的射情将瞬过东京横田基地的日美司令部省,随后首相官邸及相

道称,一旦朝鲜发导弹,美星将首先通过红线传设备探知射的源,之后将从美国西部科拉多州的北美防空司令部(NORAD)日美司令部达至防省地下三的中央指所,以及负责挥拦截行的航空自卫队航空总队司令部(京都府中市)

星探知的情报还将瞬间传达至部署在日本近海的美国海宙斯盾上。通最新型的情报传达系“LINK 16”,部署在日本海及太平洋上的3艘日本宙斯盾将共享一情

此外,布的情报还将通过驻日美基地(青森)的移“JTAGS(战术地面站)”日本方面

 导弹将在10入日本域内。自卫队将根据射情,利用宙斯盾及地面雷达追踪道,如果判断导弹将落入日本土或海,截。

  防省中央指所将根据美,通动语电话几点几分从何处发等内容首相、官邸、防相及相关阁僚和部

  收到防省消息的首相官邸将在第一时间过统急情“Em-Net”,在1内通知各地方政府。各新媒体也将在几乎同收到消息。地方政府收到消息估将在射后的510,而预测落点将在射后3060

  此次将是Em-Net首次投入使用。截至331日日本全国1800个市区町村中已有1287个加入了。日本政府落而于327日下达摧措施命令后,秋田和岩手两下属所有市町村目前均已完成Em-Net的接入工作

官邸危机管理中心的负责人将从主控电脑向地方政府防灾负责电脑统行物已北地区上空等信息。收到信息的电脑出警,便于地方政府负责人及掌握情况。

如何向居民布消息将由地方政府自行决定,预计将会利用防灾行政无线统进布。而事上,多居民将通过电视、广播中的新讯获射的消息。1个多小后,官房官河村建夫将召开记者会,通报发时间、着地点等详细情况。

|

« 1310 中国の三面記事を読む(570) 南京大虐殺映画 (下) 《南京!南京!》 | Main | 1312 中国は見る(611) 日本 北朝鮮ロケット発射で大騒ぎ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1310 中国の三面記事を読む(570) 南京大虐殺映画 (下) 《南京!南京!》 | Main | 1312 中国は見る(611) 日本 北朝鮮ロケット発射で大騒ぎ »