« 1279 中国の三面記事を読む(548) 戦艦「大和」を引き揚げ? (下) | Main | 1281 中国は見る(601) 飯島愛さんの「お別れの会」が開かれる »

1280 中国の三面記事を読む(549) 円明園から流出した「十二支像」のネズミとウサギ オークション続報 (1) 落札者は中国人

円明園の流出動物の銅像落札者は中国の収集家・蔡銘超氏

明园流失中国收藏家蔡

2009-03-02 12:20:01 来源:  跟帖 11562

Photo 3月2日、中華海外流出文物救援基金の副総裁・牛憲鋒氏(左一)と円明園のウサギとネズミの像をオークションの現場で落札した蔡銘超氏(右3)が記者会見。 新華社記者 羅暁光 撮影

Photo_2 落札者・蔡銘超氏。 中華海外流出文物救援基金の収集顧問(32日撮影)。 新華社記者 羅暁光 撮影

Photo_3

中国円明園のネズミとウサギの銅像

Photo_4 新華ネット3月2日電:中華海外流出文物救援基金の副総裁・牛憲鋒氏は、3月2日、北京で開いた記者会見の席上、華海外流出文物救援基金の顧問・蔡銘超氏が、円明園のウサギ、ネズミのフランス・パリでのオークションに参加し、最後の落札者になったと明かした。

Photo_5 牛憲峰氏は次のように記者に語った。 蔡銘超氏は、総額3149万ユーロ(約39億2000万円)の価格でフランス・パリで円明園のウサギ、ネズミの銅像を落札したけれど、まだ代金を払っておPhoto_6 らず、しかも現在代金支払い期限中である。 従って、オークションの取引が最終的に成立するかどうかわからない。

蔡銘超氏は記者会見で、“私は金を払うつもりはない。 あの時、あのような情況の下では、中国人なら誰だろうと立ち上がったろう。 私はただ自分の責任を尽くしただけだ”

蔡銘超氏と中華海外流出文物救援基金についての紹介:

蔡銘超氏:アモイ(厦門)の某芸術会社の社長。 2006年に1億1660万香港ドルで“明・永楽の釈迦牟尼座像”を落札、高額な芸術品を手に入れる中国国内の買い手である。

 

中華海外流出文物救援基金は中華人民共和国文化部主管の全国的民間団体で、中国人民銀行を通じて1992年認可され、中華人民共和国民政部に1993年登録(公募基証字第0017号)された。 創始者は、有名な劇作家の大家・曹禺先生である。

“海外流出文物救援基金は中華社会文化発展基金会と中国の文物専門家の学者、社会の知名人が共同提案し、2002年10月18日に正式に成立したものである。 中国国内で初めて海外流出文物を救援することを目的とした民間の公益組織である。 成立の日から、救援基金は社会各界、特に企業とメディアの支持と援護を受けた。 その最初の寄贈者は中国保利集団公司だった。

組織・機構

海外流出文物救援基金管理委員会

主任:張永年副主任:馬保平

 

事務局長:王維明委員:康明と蒋迎春

法律顧問:天達弁護士事務所

財務税理顧問:京都会計士事務所

目的と職責

 

政府に協力し、社会の力を動員して、共に協力して国内外の人類の文化遺産を尊重し、中華文明を熱愛する組織と個人で、広く資金を募り、贈物方式、買い戻し、返還要求などで、多くのルートを通じて海外に流出した国宝を一日も早く祖国に復帰できるよう助力する。

基金の管理

国宝の救援活動の失敗をなくすため、救援基金は50数名の権威ある専門家、国内外の有名な弁護士を顧問に招聘し、会計士事務所が標準とした監査制度と財務管理などで公平、公正、公開、透明を図っている。

基金の出所

◆国内外の組織と個人の寄贈による

◆国際無償援助

 

◆国家財政と関連部門の出資援助

◆基金の合法的な収益

基金の使途

◆流出文化財の調査研究を組織

◆流出文化財の祖国への復帰

◆祖国復帰文化財の修繕と保管

◆祖国への復帰文化財の宣伝と展示

国家税務総局は国税文書[2002]890号を通じて、企業など社会の大きな力に対し、中華社会文化発展基金会の公益のため、救援的寄贈などで発展文化事業を支持し、流出海外文化財の公益事業を推進するよう奨励している。

受贈口座名:中華社会文化発展基金会

取引銀行:北京銀行砂灘支店

銀行口座番号:01090325200120111****22

明园流失中国收藏家蔡

2009-03-02 12:20:01 来源:  跟帖 11562

 

32日,中华抢救流失海外文物专项基金副干事牛宪锋(左一)和明园兔首鼠首拍卖现场举牌人后面的委托人蔡超(右三)在新闻发布会上。新 罗晓

是委托人蔡超,他是中华抢救流失海外文物专项基金的收藏顾问(32)。新 罗晓

中国明园鼠首和兔首像

网北京3月2日 华抢救流失海外文物专项基金副干事牛峰3月2日在于北京召的新闻发布会上,中华抢救流失海外文物专项基金收藏顾问超参与了明园兔、鼠首在法国巴黎的拍,并成了最后拍者。

峰告诉记者:然蔡超以总计3149万欧元的价格在法国巴黎拍下了明园兔、鼠首,但由于尚未付款,且目前仍在付款期限内,因此拍能否最成交尚属未知。

 

超在新闻发布会上我不会付款。在当的情况下,一个中国人都会站出来,我只是尽到了自己的任。

超和中华抢救流失海外文物专项基金要介

超,厦艺术公司总经理。他曾于2006以一亿一千六百六十万港元拍得明永乐释迦牟尼坐像,是第一位将天价艺术品收入囊中的内地家。

 

社会文化展基金会是中人民共和国文化部主管的全国性公募型基金会,中国人民1992年批准,中人民共和国民政部1993年登(公募基字第0017号),始人著名戏剧曹禺先生。[详细

]

(本文来源: 作者:唐湘)

华抢救流失海外文物专项基金简历

救流失海外文物专项基金由中社会文化展基金会与中国文博界家学者、社会知名人士共同倡议组建,于20021018日正式宣告成立,是中国国内第一个以救流失海外文物宗旨的民公益组织。自成立之日起,专项基金得到了社会各界,尤其是企和媒体的拥护和支持,其第一个捐者是中国保利集公司。

  组织机构
  救流失海外文物专项基金管理委
  主任:永年副主任:保平
  干事:王明委:康明蒋迎春
  法律顾问:天达律
  顾问:京都会计师

  宗旨与职责
  助政府,动员社会力量,合国内外尊重人文化遗产热爱文明的组织和个人,广募金,通、回讨还等方式,多渠道促成流失海外的国宝早日回祖国。

  基金管理
  了确保国宝救工作万无一失,专项基金已聘五十多位家作顾问,并聘国内外知名的律、会计师审计度和财务管理等工作,以做到公平、公正、公、透明。

  基金来源
  国内外组织和个人的捐
  援助
  国家政及有
  基金所实现的合法收益

  基金使用
  组织流失文物的调查研究
  流失文物的回
  文物的修和保管
  的文物的宣和展示 

  国家税务总出国税函[2002]890号文件,鼓励企等社会力量通社会文化展基金会的公益、救性捐支持展文化事,推动抢救流失海外文物公益事

  受赠户名:社会文化展基金会
  开户银行:北京行沙支行
  号:01090325200120111****22
     2009-03-02 15:13:37 被【儿兄】修改

|

« 1279 中国の三面記事を読む(548) 戦艦「大和」を引き揚げ? (下) | Main | 1281 中国は見る(601) 飯島愛さんの「お別れの会」が開かれる »

中国関係」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1279 中国の三面記事を読む(548) 戦艦「大和」を引き揚げ? (下) | Main | 1281 中国は見る(601) 飯島愛さんの「お別れの会」が開かれる »