« 1288 中国の三面記事を読む(553) 円明園から流出した「十二支像」のネズミとウサギ オークション続報(4) ビックリ価格の像 20年前はたったの1500ドル(約150000円) | Main | 1290 中国の三面記事を読む(555) 日本:アメリカに尖閣諸島の安保適用を確認 »

1289 中国の三面記事を読む(554) 円明園から流出した「十二支像」のネズミとウサギ オークション続報(5) 海外の中国文化財

明园天价20年前只1500美元

2009-03-02 08:30:37 来源: 中国新(北京) 跟帖 143  

“海外の中国文化財 取り扱いは区別する必要がある”

では、私達は海外に流出した中国の文化財にどういった態度をとるべきだろうか? 謝辰生氏は次のように考えている。 “文化財の流出は、二つの時期に分かれている。 新中国成立前の100年余りは、中国は貧しく弱く、侵略されるままで、大量の文化財が流出した。 これは、経済問題だけでなく、政治問題、歴史問題であった。 もう一つの時代は1990年代から現在までで、多くの文化財が墓の盗掘や密輸のため流出した。 これは主に経済問題だった。

海外の中国文化財について、謝辰生氏は、そのうちのいくつかの情況について区別しなければいけないと考えている。 “貴重な文化財と普通の文化財、合法的に出て行ったものと違法に持ち出された文化財、昔出て行ったものと今出て行く文化財などである。 私達は重点的に考えるべきです。 貴重なものは、昔のものであろうと、今のであろうと、それが回収可能なものであれば、必ず回収しないといけない。 私は中国の文化財をすべて買い戻すのには賛成しません。 普通のものについては買い戻すことはない。 外国で文化交流に役立てればいいのです。

過去と現在では、重点を現在に置くべきです。 現在、多くの文化財が流出しています。 今やれば取り戻せるし、同時に犯罪に打撃を与えることができます。 調査の過程で手がかりを提供し、犯罪グループを探し出すことができます。 また買い戻しについては、合法的に出て行ったものを買うべきであって、違法なものは絶対に買うべきではありません。 買ったら、その合法性を認めたことになります。 政府が国際公約のルートを通じて手に入れるべきです。 

数百年前の文化財の良いものは、ほとんど人のものになっています。 現在、取り戻すのは困難です。 でも取り戻せるなら、引き続き取り戻すべきです”

“円明園のことは、怒りで終わりにすべきではない”

龔良氏は、“墓の盗掘と密輸撲滅に力を入れ、大金を使っても国内に現存する文化遺産を保護する方が、あんなべらぼうなウサギとネズミの像を買うのより、よっぽど意義があります” 略奪された文化財が高値で戻ってきたり、一方では中国の文化財が絶えず流出し、墓の盗掘犯や密輸犯が、中国の文化財に大きな破壊をもたらしている。 このようなことは心配でなりません。

謝辰生氏は、現在、墓の盗掘はもうチェーン組織が出来上がっていて、盗掘してから密輸、そして国際市場に出回るのに、1ヶ月もかかりません。 一つの文化財が盗まれて数ヶ月後には、海外市場に流出しています。 先頃、中米は文化財保護の覚書きに署名し、文化財の流出防止に協力してあたることになり、密輸に打撃を与えています。 これこそ、私達がやるべき当面の重要なことです。

有名な文化人・梁文道氏がこういう文章を書いています。 “今回の円明園は私達に何を教えたか? 私達に注意したのだ。 今日、私達の周囲では、無数の文化財が違法に流出し、貴重な建築物がブルドーザーの下で倒されているではないか? もし中国人自身が文化財を破壊するのを阻止しないなら、どうしてギリシアのように国際世論から高く評価され、共感を得ることができようか?”

ひょっとしたら円明園のことは、私達に残してくれた教訓かもしれない。

[関連ニュース]

外国に流出した貴重な国宝

速報訊(記者 陳曦):“文化財の価値についていうと、ウサギとネズミの像と現存のフランス国立図書館の敦煌書画、大英博物館の《女史箴図》、商・周の青銅器などとは同等に論じることはできません。 これら海外に流出した国宝は、その数は膨大なもので、大体1000万件にも上ります。 そのうちの大量の逸品は、個人収集家の手元にあるものと思われます” 中国文物学会名誉会長の謝辰生氏はこう述べた。

1、                大英博物館

中国の文化財を一番多く収集している博物館で、東晋画家・顧愷之の《女史箴図》、商の双羊尊、西周の康侯簋、邢侯簋などの青銅器がある。

2、                ルーブル美術館

中国の文化財は3万件以上ある。 そのうちの原始社会の彩陶器、商・周の青銅器、磁器の収集量は6000件余に達する。

3、フランスの国立図書館

敦煌の文化財を1万数件収集している。 そのうちの敦煌書画の3種類の唐の拓本は世にも珍しい宝物である。

4、ボストン美術博物館

中国の文化財の陳列室が全部で10室あり、彫刻、絵画、銅器、陶磁器などに分かれている。 唐代の画家・閻立本の代表作《歴代帝王図》、張萱の《搗練図》がある。

5、東京国立博物館

中国芸術品と考古資料が1万余件ある。 書画には馬遠の《寒江独釣図》などがある。

6、ニューヨーク市立美術館

龍門石窟《皇帝礼佛図》がある。

1861年、フランスの作家・ユゴーは手紙の中で円明園に突入した二人の強盗について書いている。 “一人の強盗はフランス人で、もう一人はイギリス人だ” その当時であろうと後世であろうと、百数年前の歴史について、何人だろうと否定できないことは言うまでもない。 しかし今回、私達は所有者の“良心の発露”に望みを託し、自主的に返還を望んだが実現されなかった。円明園の流出文化財のオークションは、多くの中国人を憤慨させ、この文化財は元の持ち主に返すべきだと感じる人が多かったが、一方、どうしても“手の打ちようがない”もどかしさに直面することにもなった。

もし私達が失望したり、もどかしかったりした後、ただ限りない怒りだけで何も考えなかったとしたら。 それでは、次回槌の音が鳴った時、私達はただ怒るだけだ。 だから、文化財の専門家達はこう呼びかけている。 “積極的に国際協力に参加し、証明があって調べることができる流出文化財を追い求め、すぐ文化財をしっかり保護することが、流行している墓の盗掘、密輸に打撃を与えることになる。 このことが目下の急務である。 失ってから、大切なものだ貴重なものだといっても遅い!

明园天价20年前只1500美元()

2009-03-02 08:30:37 来源: 中国新(北京) 跟帖 143

海外的中国文物,要区别对

,我们该以何种态待流失海外的中国文物呢?辰生认为,文物流失分两个期,新中国成立前的100多年,中国积贫积弱,任人宰割,大量文物流失,不经济问题,更是政治问题问题。另一个期是2090年代到在,很多文物因盗墓、走私而流失,主要是经济问题

于在海外的中国文物,辰生认为,其中有几情况要区一个是珍文物与一般文物,一个是合法出去的与非法出去的文物,一个是去出去的和在出去的文物。我们应该分重点来看。是珍的,不管是去的在的都一定要收,只要能收就一定要收。我不成是中国文物都往回。一般的没必要,在外头还能起到文化交流作用。

去和在的,应该把重点放在在,在很多文物出去,你上去弄回来能同犯罪,能在调查过程中提供线索找出犯罪集呢。而只能合法出去的西,非法的西绝对不能回来了以后等于承其合法性了。只能政府通的渠道去得到。

几百年前的文物那些好西基本上已人家的,在再要回来是很困了,但能要回来的一定要继续要。

明园的故事,不止于

下大力气打盗墓和走私,花大价国内存的文化遗产,比起天价收一两件首或更有意一方面被掠的文物高价回流,另一方面中国的文物在不断流失,盗墓和走私犯中国文物造成了极大的破坏。这样的局面人揪心。

辰生在盗墓已成了一个产业链,从盗掘到走私,再到出在国,短的用不了一个月时间,一件文物被盗几个月后就能流落到海外市。前段时间中美署了有文物保手防止文物流失,打走私,才是我当前更重要的事。

著名文化人梁文道撰文指出,今天的明园能呢?它有没有提醒我,就在今天,就在我周遭,仍有无数的文物非法外流,仍有可的建筑倒在推土机下呢?假如中国人自己不示出阻止文物坏的决心,又如何能像希腊那在国际舆论上站道德高地,取广泛的同情呢?

就是明园的故事,留的一些启示。

[]

流失在外的尖国宝

报讯( )“就文物价,它()存法国国立图书馆的敦煌、大英博物的《女史箴》、商周青器等根本无法相提并些流失海外的国宝,数目相当大,大1000万件,其中有大量的精品,而流落在私人藏家手中的就更多了。中国文物学会名誉会长谢辰生表示。

1、大英博物

是收藏中国文物最多最好的海外博物,收藏了晋画家顾恺之的《女史箴》,青器包括商双羊尊、西周康侯簋、邢侯簋等。

2博物

中国文物达3万件以上,其中原始社会的彩陶器、商周青器、瓷器的收藏量达6000多件。

3、法国国立图书馆

收藏敦煌文物达1万多件,其中敦煌画的三唐拓本是稀世珍宝

4、波士博物

共有10个中国文物列室,分雕刻、画、器、陶瓷等。有唐代画家立本的代表作《代帝王》,萱的《捣练图》。

5京国立博物

有中国艺术品和考古1万余件,所藏画包括马远的《寒江独钓图》等。

6纽约大都会博物

龙门石窟《皇帝礼佛》。

1861年,法国作家雨果在一封信中述了明园的两个盗,一个盗叫法西,另一个盗叫英国然,于那段生在一百多年前的史,无是在当时还是后世,任何人都无法否。但次,我寄希望于有者良心发现,主动归还没有实现。一方面,明园流失文物的一次拍让许多中国人慨不已,认为这些文物本原主;另一方面又不得不面可施尬。

如果我在失望、尬之后,得到的仅仅是无怒而无自省。那,当下次槌声响起,我得到的将只是怒。此,文物呼吁:极参与国合作,追的外流文物,做好当下的文物保,打猖獗的盗墓走私才是当之急。不要等失去了,才知道珍惜和宝!(中国经济-代快 (本文来源:中国新 )

|

« 1288 中国の三面記事を読む(553) 円明園から流出した「十二支像」のネズミとウサギ オークション続報(4) ビックリ価格の像 20年前はたったの1500ドル(約150000円) | Main | 1290 中国の三面記事を読む(555) 日本:アメリカに尖閣諸島の安保適用を確認 »

中国関係」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1288 中国の三面記事を読む(553) 円明園から流出した「十二支像」のネズミとウサギ オークション続報(4) ビックリ価格の像 20年前はたったの1500ドル(約150000円) | Main | 1290 中国の三面記事を読む(555) 日本:アメリカに尖閣諸島の安保適用を確認 »